シバター 八百長。 朝倉未来VSシバター勃発!?Youtubeでの発言やこれまでの経緯を時系列毎にまとめてみた!

シバターが朝倉未来に八百長試合をお願いして炎上!?

シバター 八百長

・そもそもどういう経緯で朝倉海とシバターが対戦するのか?? ・朝倉海VSシバターの試合結果は?? といった疑問について詳しく紹介していきます! ちなみにシバターは元々 OUTSIDERに参戦しており、 戦績は9戦3勝5敗と負け越しているものの、観客を沸かせる試合運びで一時期はかなりの人気選手でした。 なので、格闘技に関して全くの素人というわけではありません。 (OUTSIDERでの試合は検索すると出てきますが、貼り付けが出来なかった為、他団体での試合となります) 【今回のもくじ】• 朝倉海がシバターと対戦!対戦までの経緯はYoutubeでの宣戦布告? 2020年2月2日、愛媛プロレスで行われた 朝倉海VSシバターの試合は大きな反響を呼び、普段プロレスを見ない層までがこぞって検索するほどの話題となりました。 そもそもなぜ、RIZINファイターである朝倉海とYoutuberであるシバターが対戦することになったのでしょうか。 兄・朝倉未来がシバターに圧勝 理由として今回、朝倉海がシバターと対戦する背景には、 朝倉海の兄である朝倉未来の存在が大きいです。 シバターは2019年10月、登録者100万人超えを誇る自身のYoutubeチャンネルで 「朝倉未来は自分より弱い奴としか戦わない弱虫だ」 といった動画を投稿し、大きな話題を呼びました。 炎上系Youtuberからのいきなりの絡みに最初は戸惑いを隠せなかった未来ですが、自分より登録者数の多いシバターをうまく利用し、 シバターとの対戦が決定します。 ついにシバターに絡まれた— 朝倉未来 Mikuru Asakura MikuruAsakura こうして2019年11月4日に朝倉未来とシバターの対戦が行われ、 結果としては 1R 25秒で朝倉未来が勝利しています。 朝倉未来に惨敗したシバター、弟の朝倉海に目を付ける 前述したとおり、 2019年11月に朝倉未来に惨敗したシバター。 この試合では 「対戦を受け入れるまで帰らない」 と頑固なシバター に遂に折れた朝倉海は、 シバターとの対戦を承諾することとなります。 その場で試合の舞台が決まり、両者は2020年2月2日、愛媛プロレスで対戦することとなりました。 試合直前、シバターがグローブを外し素手でのマッチを提案 試合当日、両者の試合はエキシビション総合格闘技として行われました。 前日の朝倉海のツイートを見ると、いつもの試合の時と同じような戦闘モードとなっています。 二度と絡んでこれないように黙らせます。 試合前の挨拶の際には朝倉海に対して 「一生のお願いなので今回だけ負けてください」 と土下座をした様子がYoutubeにアップされていました。 そんなこんなで茶番は終わり、遂に両者がリングイン。 両者がリングに上がり、いざこれから試合が始まるとなった瞬間、 シバターが朝倉海にグローブを外すよう要求するという事件がおこります。 元々グローブを着用しずにリングに上がってきたシバターは、朝倉海にバンデージのみでの デスマッチを提案。 朝倉海もこれを受け入れると、本当にバンデージのみで 試合開始。 遂に試合開始。 朝倉海が23秒で完全勝利し兄貴越え達成 開始のゴングと同時に前に詰めた シバターが超大振りの右アッパー。 これを朝倉海が楽々と交わすと、リング中央を取り 強力なボディーを喰らわせます。 ボディーを効かされ堪らないシバター。 必死でテイクダウンを狙い、タックルを仕掛けますが、その際に 朝倉海の右ストレートを顔面に被弾。 タックルも簡単に切られ、 朝倉海のパウンドを喰らいまくります。 パウンドの中で隙を見出した 朝倉海がチョークを決め、23秒で一本勝利。 体格差があるだけに、どうなるか分からないと言われた勝負でしたが、シバターに何もさせず 朝倉海の圧勝となりました。 兄の朝倉未来がシバターと対戦した際、25秒でのTKO勝利であったことから、不本意ながらも兄の記録を超えたこととなります。 今回のまとめ 今回は朝倉海選手とシバターの試合についてまとめてみました! 簡単にまとめてみると、試合までの流れはこのようになります。 マネルケイプとのタイトルマッチには残念ながら敗北してしまった朝倉海選手ですが、Youtubeでは兄の朝倉未来選手に迫る勢いで快進撃を続けていますね。 これからも格闘家・Youtuber両方の面でとても楽しみです。 兄の朝倉未来選手についてはこちらで記事を書いていますので、是非ご覧下さい。 それではまた次回の記事でお会いしましょう。 アデュー! kairox.

次の

K

シバター 八百長

2019年11月24日、朝倉未来とシバターの試合が実現しましたね。 そもそも、プロレスラー兼YouTuberのシバターが一方的に朝倉未来に文句つけて喧嘩売ってた状態だったのを、朝倉未来が試合を受けてあげたって感じです。 試合の結果や試合時間はどのくらいだったのでしょうか? 朝倉未来とシバターの試合動画は朝倉未来のYouTubeチャンネルに投稿されているので、動画から試合結果や試合時間を調べてみました。 また、動画には観客が移っていますが、どんな会場でチケットはいくらだったのでしょうか? テレビ中継放送はあったのでしょうか? 色々気になったので、朝倉未来vsシバターの試合動画から試合時間や試合結果、チケットの値段とテレビ中継放送の有無について調査してみました。 スーパーシート:5,500円• プレミアム席:5,000円• スタンダード席:3,500円• 自由席:3,000円• 立ち見:1,000円 テレビ中継やテレビ放送はありませんでした。 シバターvs朝倉未来の試合は、会場で生で観戦した人以外は、YouTube動画でみるしかなかったんですね。 RIZINは試合の規模も違うので、プロレス興行とチケット料金を比べるのはおかしいですが、5,500円で朝倉未来の試合を間近で見られるなんて破格でしたね! まとめ(朝倉未来vsシバター動画の試合時間と結果・チケットやテレビ放送) シバターと朝倉未来で話題になってるけど アウサイの表紙で隣同士とか、めっちゃ近くにいるの今更ジワるw シバター相変わらずブサイクwww 朝倉未来はかっこいいー! — テン tenten44ten 朝倉未来vsシバターの試合動画から試合時間や試合結果、チケットの値段とテレビ中継放送の有無について調査してみました。 朝倉未来とシバターの試合結果は、試合時間わずか25秒で、朝倉未来の圧勝でしたね! まさか、あんなに朝倉未来を弱虫だの卑怯者だのと罵っていたシバターが、低姿勢に八百長を持ちかけてくるとは思いもよりませんでした。 朝倉未来の方が格上で才能が違うって分かってはいたんですね。 シバターは炎上商法で成功しているYouTuberなので、朝倉未来にかみついていたのもただの売名行為だったんでしょうね。 それが思いがけず朝倉未来が試合を承諾してくれて、「嬉しい!できることなら勝ちたい!YouTubeも会員増えそう!」となってお金払って八百長でもいいから~ってなっちゃったんでしょうか。 YouTubeの動画で全ての流れが見れるので、とても面白かったです。 また、テレビ放送はなくチケット料金は最前列で5,500円、この金額で朝倉未来選手の試合を間近でみれたのはRIZINチケットから考えると破格。 ですが、シバターが泣きの再戦を頼み込んで、次回パチスロで対決するそうです。

次の

シバターが朝倉未来に八百長試合をお願いして炎上!?

シバター 八百長

注意 こちらの記事には 過剰なヘイト表現や、『似たような人物』などの本来の趣旨から離れた内容の書き込みが行われる事があり、それが原因となって編集合戦へと発展する事がたびたびありました。 編集及びコメントをされる場合は、公正な立場・情報を用いて行うようにお願いします。 人物 出生。 経営学部卒業。 本名は齋藤光。 からP'sLAB横浜に入門し、総合格闘家として活動。 からはインターネット上でストリーミング配信を始め、などを経て現在は主にで動画配信を行っている。 「シバター」の名前はのに顔が似ていることに由来し、総合格闘技の兄弟子であるによって付けられた。 佐藤とは本名が1文字違い 「さいとう・ひかる」と「さとう・ひかる」 でもあるが、佐藤の本名は「佐藤弘明」である。 ゲーム実況や商品レビューのほか、釣りや料理などの動画を制作・投稿している。 「物申す系」として知られ、歯に衣着せぬ過激な言動が特徴。 他のYouTuberに対する批判的な意見も多く発しており、インターネット上の炎上騒動などにも言及している。 その活動や姿勢には賛否両論があり、動画コメント欄や匿名掲示板でのアンチコメントも多い。 ただし、自身に対する意見に対しては真摯に討論の場を用意して受け答えをする場合もある。 かなり過激な内容ではあるが、本人は『法に極力触れないギリギリのところでやっている』との持論を持っている。 これは、格闘家・プロレスラーとしての活動に影響するのを防ぐためとしている。 また、ロケの場合は一般人の顔を映さない・企画に不用意に巻き込まないなどといった配慮を行っている。 などのマネジメント事務所には所属しておらず、「株式会社プロレスリングシバター」を法人として立ち上げている。 また、2017年からYouTuberのプロデュースを行なっている。 格闘家としての活動 に所属する・プロレスの舞台にも上がるプロレスラー 本人曰くリアルアマプロレスラー の活動も行っている。 2016年以降はYouTuberとしての活動が多忙なためか、総合格闘技・プロレスのリングに上がる事はほとんどない。 YouTubeでの活動 『人を不快にする動画作り』を掲げ、で再生数を稼ぐのをモットーとしている。 シバターの動画スタイルはニコ生やツイキャス時代に確立されたものと思われる。 当時、他の配信者に喧嘩凸 生配信中にコメントで直接批判するなど をしかけることで他所の配信のリスナーを自分の放送に(アンチとして)引き込み、結果として視聴者数を増やしていたのを、YouTubeでも再生数を稼ぐための手段として取り入れたのである。 もともと炎上系のは数多くいたが、このような手法をYouTubeジャパンに持ち込み、ビジネススタイルとして確立したという点において、シバターはパイオニア的な存在だといわれている。 炎上狙いの過激なパフォーマンスばかりが注目されているが、ニュースやYouTubeの運営体制に関して、真面目な意見を述べることもあり、他の大手が言及しにくいようなビジネスやを取り巻く商業的な事情を詳しく取り上げることもあった。 なお、本人が明かしたところによると『批判対象として挙げている他のYouTuber自体は自分としてはそこまで嫌っているわけではない』とのことである。 ただし、後述のガチTVの頃にシバターに接触して出演するようになった とある一人のYouTuberだけは本当に嫌っているらしい。 総合格闘技やプロレスの試合の動画に関しては特に真摯に制作しており、試合の勝敗関係なしに自身の解説を交えつつ試合内容を振り返っている。 ウェアラブルカメラを装備し、一人称視点で迫力のある試合の様子を撮影する事もあった。 これらは「総合格闘技やプロレスの面白さを、動画を通して知ってもらいたい。 さらに実際の会場に足を運んでもらって知ってもらいたい」という彼なりの想いが込められている。 格闘家・プロレスラーとしての彼は試合に臨む事を真面目に捉えており、2015年の「ZST 49」における平信一選手との対戦後に観客から「八百長」呼ばわりされた事に非常に不快感を表した動画を投稿している。 2015年には『ガチTV』と称した新チャンネルに参加し、主にパチスロ店での新台実践・廃校舎でのホラーゲーム実況プレイといった新しい試みも行っていたが、2016年に脱退。 後に『パチンコ・パチスロ日本代表』でパチンコ・パチスロ実践動画などを再開している。 また、自身と自宅を題材にしたアクション脱出ゲーム『シバターごっこ』がAndroidとiOSにてリリースされており、シバター自身も実際にプレイする動画を公開した。 2020年にに名古屋でのロケ中に凸を受ける事態に遭遇し、果てはシバターのYouTube活動とは全くの無関係にある家族を件の人物は盗撮かつさらにプライベートでのシバター本人に再び凸をかける事態になった。 しばらくこの件には触れていなかったが、件の人物が数々の迷惑行為で逮捕された事で初めてこの一件に言及かつ批判の動画を公開した。 件の人物の売名行為に加担する形にしたくない事とそれ以上に家族に危険が及ぶリスクを考慮しており、警察にも被害を届けた上で件の人物が逮捕された事でようやく一連の出来事を語った。 引退の可能性 2019年6月にYouTubeで新たな動画投稿のガイドラインが追加。 「 不当に炎上を招く、扇動する、または他者を侮辱するコンテンツ」と「 個人もしくはグループに対する嫌がらせ、威嚇、いじめに当たるコンテンツ」など、炎上目的の動画もこれに該当する危険がある。 これを受け「 YouTubeからの 引退も視野に入れている」と発言。 しかし、その後も動画投稿を続けており、しばらくは引退を考えていないことが窺える。 関連タグ …動画で目をつけコラボを行う。 関連リンク …メインチャンネル 関連記事 親記事.

次の