モーラ ナイフ 黒 錆 加工。 OPINELナイフの黒錆加工について

【超簡単!】モーラナイフに黒錆加工を施してみた【MORA KNIV】

モーラ ナイフ 黒 錆 加工

ブッシュクラフトにはゴツめのナイフがお似合い ブッシュクラフトってご存じですか?サバイバルのような意味合いでも使われていますが、本来はもう少し生活に寄り添った言葉のようです。 ナイフを用いてあらゆる事をこなしていくという感じでしょうか。 「生活の知恵」という表現をされている方もいらっしゃいます。 まず、火起こしの中でのブッシュクラフトを考えてみます。 火起こしとナイフ、思いつくのは薪割りですが、それは斧に任せるとして、ナイフでやるのはその前段階の 焚き付け用の細い木材でしょうね。 太い薪の端にナイフを当てて、そのナイフを別の木材で叩いて刃を薪の中に入れていき、裂くように細く切り出します。 これを焚き付けに用います。 また、火種からの着火に用いるのは フェザースティックです。 裂いた細い木材をさらに加工するのですが、木材を薄く削ぐように刃を入れてカールさせることを繰り返し、鳥の羽のように薄い木が何重にも重なっているような加工を施します。 このフェザースティックは火か付きやすく、火を熾すときには必須のアイテムと言えます。 さて、木材をナイフで加工するのですが、このナイフがとても重要になってきます。 アウトドアで使うナイフとなると、カッターナイフのような刃が薄い物では文字通り刃が立ちません。 刃が厚く握りやすい形状の物が必要ですね。 ここでお勧めしたいのは モーラ・ナイフです。 このナイフですとフェザースティックはもちろん、薪を細かく裂くのにも使えます。 モーラ・ナイフ Companion Heavy Duty MG モーラ・ナイフにも多くの種類がありますが、コスパがよく人気なのは Companion Heavy Duty MGではないでしょうか。 こちらのナイフですが、材質がステンレスのものもありますが、切れ味はカーボンスチールの方が良いとのことでこちらをチョイスしました。 悩むのは材質だけではなく、刃の厚みもありますね。 2mmという厚さは、料理にはちょっと使いにくいですが、木を削ったり割ったりするには、このくらいは必要になるとのことです。 私は後者の使い方をしたいので、これを選びました。 さて、カーボンスチールを選んだわけですが、 鉄の包丁ってあっという間に錆びてきますよね。 錆からどう刃を守るかということを考えなくてはいけませんが、常に乾燥状態にしておいてあげれば問題ありません。 しかし、アウトドアで使うとなると、濡れた状態で長い時間ほっぽらかす事もあり得ますよね。 そこで、私がやったのが「 黒錆び加工」です。 これは多くのサイトで紹介されていますが、紅茶とレモン汁に漬け込む事でナイフ表面に黒錆を発錆させて、赤錆が出てくるのを防ぐというやり方です。 詳しくは他のサイトをご覧頂きたいと思いますが、簡単に私の 黒錆加工のやり方を載せておきます。 準備する物は以下の5つです。 ・紅茶ティーバッグ ・ポッカレモン(お酢でも良い) ・お湯 ・ペットボトル(カッターで上部をカット) ・モーラナイフ ペットボトルの上部を切って、ナイフの刃が全部入るくらいのお湯にティーバッグ2つで濃いめに紅茶を作ります。 そこにレモン汁を紅茶に対して7:3または8:2ほどの割合で加えてナイフを入れますと、直ぐに泡がプツプツと出てきます。 化学反応って感じですね、1時間もするとかなりの泡が発生していました。 私はそのまま8時間ほど放置してから取り出しましたが、真っ黒ではなく少し灰色がかった刃に仕上がっています。 若干、酸っぱい匂いが残るのがいまいちですね〜。 数回利用して、かなりナイフ表面は荒れた感じで、若干赤くなっている部分もありますが、ひどい赤錆という状況ではないですね。 刃を研いでから改めて黒錆び加工をした方が良いのかもしれません。 このナイフにはサヤが付いていますが、カチッとはまるので安心です。 このモーラナイフを使って、キャンプを楽しみたいですね!焚火でもナイフは活躍します。 フェザースティックを作ったり、薪を割ったり、工作に使ったり・・・。 他の意味方は無限大です。 道具を使い倒してアウトドアを楽しみましょう! 焚き火に関しても書いていますので、ぜひご覧ください。

次の

オピネルナイフの「黒錆加工」写真付き手順。切れ味は変わる?デメリットは?

モーラ ナイフ 黒 錆 加工

OPINEL 黒錆加工&オイル仕上 OPINELの黒錆加工とオイル仕上のご紹介です。 はじめに、購入時のOPINELはステンレス、カーボンスチール共通で刃がちゃんと研がれていない為あまり切れません。 切れ味が気になる方は黒錆加工の前にナイフを研いでから黒錆加工をすることをおすすめします。 今回使用する道具はこちらです。 お酢 2. 紅茶(できるだけ濃いもの) 3. シリコンオフスプレー 4. クルミオイル(乾性油) 5. 紙ヤスリを巻いたもの 6. プライヤー 7. OPINEL 8. 針金 9. ウエス(タオルなどでも可) 10. ジップロック 11. ポンチ 12. ハンマー 13. テープ(写真になくてすみません使用しているのはマスキングテープです) それでは作業に入りましょう! まず、ブレードを閉じたままロックをかけます。 ロックパーツを外すときにパーツが飛んで行ってしまうので、ロックパーツにテープを貼付け、そのあとプライヤーでブレードを開いてロックパーツを外します。 ブレードを止めているピンを外します。 出っ張っている方の逆側からポンチとハンマーで叩いてピンを押し出します。 ピンが出てきたらプライヤーで抜き取ります。 ラジオペンチやニッパーよりもプライヤーの方がしっかりつかめるので抜きやすいと思います。 プライヤーでブレードを外します。 最後に、グリップについている金属パーツをひねって外したら分解が完了です! ブレードについている錆や汚れを耐水ペーパーをあてて落していきます。 だいたい1000番くらいでいいと思います。 錆や汚れをとったら、洗剤で十分洗ったあと、油分をシリコンオフスプレーでしっかり落します。 ここでの脱脂があとの黒錆の乗りに大きく影響してきますので丁寧に脱脂作業を行ってください。 紅茶8に対してお酢2を混ぜ合わせ、よく脱脂したブレードを1時間程度つけこみます。 紅茶はできるだけ濃いめでつくると綺麗に黒錆がのるような気がします。 今回は800ccに対して3パック使用しました。 一時間後の液体です。 漬込むと泡がプクプクでてきてだんだんと液体が黒く濁ってきます。 ブレードをつけこんでいるい間に OPINELは水分を含むと木製のグリップが膨張してブレードの出し入れがしずらくなるのでブレードが止まっていた部分にヤスリをかけて広げていきます。 一時間経ったらブレードを上げます。 ここで綺麗に乗っていない場合は脱脂が不十分だったと思われるのでもう一度ヤスリがけからやり直しましょう。 今回は綺麗に黒錆がのっています。 うまく黒錆が乗っていれば分解の反対の要領で組み上げて黒錆加工は完了です!! OPINELは木製のグリップ部分に水分を含むと膨張してブレードの出し入れがしずらくなるので、グリップの部分が水分をあまり含まないようにするために一日オイルに漬込んで染込ませます。 使用しているオイルはクルミオイルを使用していますが、他にも、えごま油など食用の乾性油があればベストだと思います。 クルミオイルやえごま油は木製食器などの仕上にも使用されている油ですので口に入ったり食材についたりしても安全です。 ここでオリーブオイルなどが入手しやすく使ってしまいがちなのですが、オリーブオイルは不乾性油といって酸素と結合しにくく、放置してても乾燥して塗膜を生じないのでいつまでもベタベタしてしまい仕上にはあまり適していません。 一日漬込んだあと、一日乾燥させたものがこれです。 乾燥させるときは、ブレードのオイルをまんべんなく伸ばし軽く拭き取ってから、ブレードを出した状態で乾燥させることをおすすめします。 クルミオイルは乾性油で、酸素と結合して乾燥し塗膜をつくるのでブレードを閉まったまま乾燥させてしまうとオイルだまりがそのまま乾燥して固着してしまったりムラになったりしてしまうので気をつけましょう。 これでオピネルの黒錆加工とオイル仕上は完了です。 自分でカスタムしていくと道具に対してドンドン愛着が沸いてきて、ますます大事に使いたくなっていいですよね。 それでは、みなさんも是非チャレンジしてみてください!.

次の

ナイフの黒錆加工について質問です。先日アマゾンで、Opinelのナイフ(...

モーラ ナイフ 黒 錆 加工

人気記事• 引用:モーラナイフ あなごカーボンナイフに憧れるけど手入れがめんどくさそうナイフって何を選べばいいの?... GWに備えて、新たなキャンプ用品をゲットしました。 ・オピネル#9 カーボンスチール ・... オピネルの刃が出ない! 水に浸かったり、湿気で持ち手の木が膨張するとオピネルの刃が出なくなるこ... あなご・ キャンプ初心者でも本格的なアウトドア料理が楽しめる方法は?・毎回カップラーメンだけどもっと... キャンプでも魚がさばきたい。 アウトドアで魚を捌く簡単な方法を知りたい。 こんな悩みを解... 日焼け止めを塗り忘れて真っ赤になり痛いほどの火傷になった。 こんなときに使える、簡単なアフターケアの方法が見つか... モーラナイフとオピネルを黒錆加工します! 黒錆加工とは、簡単に言うとタンニンとクエン酸の化学反応で、...

次の