履歴書 スマホで作成。 【履歴書の書き方】まだ手書き?スマホで作成・送信が常識!

履歴書の作成は″スマホで″ 17歳エンジニアが「PDFを介さず履歴書を送る」仕組みを開発

履歴書 スマホで作成

1.Webで履歴書を作成しても問題ない会社は少なくない 履歴書は手書きでないといけないと思い込んでいる方は多いですが、近年はパソコンで作成した履歴書でも問題ないとする企業が増えています。 直筆のほうが心がこもっているので意欲をアピールすることができるという意見はもう古い意見だと言えます。 手書きの履歴書かパソコンの履歴書か、どちらが良いかは企業によって異なりますので、自分で判断する必要があります。 「直筆の履歴書送付」と明記されている場合は分かりやすいですが、特に指定が無い場合は迷ってしまいますよね?基本的にはwebからエントリーするようになっていたり、「履歴書はメールで送付」と定められている場合はパソコンで履歴書を作成してOKです。 このようなケースで手書きで履歴書を作成すると、スキャンしてデータを読み込む必要が出てしまいます。 そうした手間が増えるのは企業側も想定していません。 近年、大手企業の多くはwebからエントリーし履歴書を提出する形式をとるようになっているので、パソコンでの履歴書作成を容認しています。 また、IT企業やベンチャー企業に応募する際に、手書きの履歴書を送付してしまうと「まさかパソコンが使えないのか?」とマイナスイメージを抱かせる原因にもなります。 このように、近年は手書きよりもパソコンの履歴書が主流になってきているのです。 2.スマホで履歴書作成ってどうなの? パソコンで履歴書を作成してもよいことは分かりましたが、最近はスマホが普及したことでパソコンを持っていない就活生も多くなりました。 キーボードの使い方が分からない学生もいるそうです。 パソコンを持っていない方は履歴書は作れないのでしょうか?いやいや、そんなことはありません。 アプリやブラウザを利用すれば、スマホで履歴書を作成することも可能なのです。 実際、パソコンを使わずスマホだけで就職活動を乗り切った学生は増えてきています。 スマホで履歴書を作成するメリット スマホで履歴書を作成するメリットは手間がかからないことです。 パソコンで作らなければならないとしたら、パソコンを新たに購入したりコワーキングスペースを利用しパソコンを借りる必要が出てきますので、手間とコストがかかってしまいます。 総務省の出した調査結果によると、20代のスマホの普及率は9割を超えています。 就職活動を行う学生はほぼスマホを持っているため、スマホで履歴書を作れば、ほとんどの人は追加費用が発生せずに履歴書が作成できます。 また、スマホは場所も取りませんから、通学の電車の中や大学の講義の休み時間などちょっとした空き時間を利用して、効率的に履歴書が作れます。 スマホで履歴書を作成するデメリット スマホで履歴書を作成するデメリットは誤字や脱字など記載ミスが発生しやすいことでしょう。 スマホはパソコンに比べ画面が小さいこともあり入力ミスしても気づきにくいです。 必ずプレビュー画面で確認するようにしましょう。 3.履歴書作成できるスマホアプリ 履歴書作成できるスマホアプリを3つご紹介します。 全て無料でインストールできます。 実際に使ってみた感想も記載していますのでぜひ参考にして下さい。 レジュメ レジュメは、あの就職情報誌「タウンワーク」制作しているリクルートジョブズが開発したアプリ。 豊富に有している就職や転職に関する経験やノウハウを生かし、企業側のニーズを満たすようなフォーマットや例文を用意しています。 履歴書記入から写真撮影、印刷まで履歴書作成の全てのステップをスマホひとつで終わらせられます。 住所や学歴は驚くほど簡単に入力することができ、志望動機も様々な例文が用意されており、スムーズに作成が可能です。 履歴書のテンプレートはバイト用・資格重視用・自己PR用の3つから選択できます。 完成した履歴書は、近くのコンビニでサクッと印刷できるので、面接直前でも慌てることがありません。 実際に使ってみた感想ですが、とにかく入力が簡単です。 アプリをインストールし、レジュメのアイコンをクリックしたら「新規作成」を選びます。 ここでまずFacebookと連携するかしないかを選択することになりますが、連携を選択すると氏名・住所・声援月日が自動で入力されます。 さらに生年月日が入力されれば、小学校入学時から最終学歴の卒業までの入学、卒業の年度が自動的に反映されます。 つまり、具体的な学校名だけ入力すればいいのです。 学歴の入学年度と卒業年度は覚えていないことも多く面倒と感じがちな部分ですが、レジュメを使えばこの手間が省けます。 レジュメのレビュー 学歴の入力が非常にやりやすく、また自己アピールなどの邪魔な項目がなかったので非常に使いやすかった。 (20歳・男性) 写真を貼る必要がないことがとても便利だった。 (27歳・男性) 機能がシンプルなのが使いやすかった。 不要な項目を消せないのが使いにくかった。 (19歳・女性) 履歴書メーカー 履歴書メーカーの特徴はPDF形式の履歴書を簡単に作成でき、かつ複数保存できることです。 他の履歴書アプリは一度作成し保存したらひとつのデータしか保存できないものが多いのですが、履歴書メーカーならアプリ内にデータを蓄積していくことが可能です。 就活で複数の職種にまとめて応募したい時などは、志望動機や自己PR欄のみ企業に合わせて入力し保存しておけるのでとても便利ですよね。 完成した履歴書の印刷はローソンやファミリーマートで印刷可能です。 使ってみた感想ですが、作成した後のプレビュー画面で表示される履歴書が見やすかったです。 これならプレビューをしっかり確認しておけば印刷してから入力ミスに気づく事態は避けられそうです。 また、保存時にメモを入れられるのも特徴的です。 ここにタイトルを入力しておけば、複数の履歴書も管理しやすいです。 写真が載せられる仕様になっていないことがデメリットですかね。 また、他のユーザーのレビューを確認すると「アプリが途中で止まってしまい利用できなくなった」というレビューが多く見受けられました…。 履歴書メーカーのレビュー 履歴書がそれぞれ企画ごとに用意されており、どういう種類で作成するかが一目で分かるので非常に使いやすい。 また、入力フォームはやや癖があるものの、どの年代でも見やすい配置、配色となっていて好印象だった。 (24歳・男性) 使いやすかった点は、顔写真の画像データを貼りやすかったこと。 使いにくかった点は、メールアドレスを記入する欄がなかったこと。 (40歳・男性) 【使いやすかった点】サンプルがあり初めての履歴書作成でも困らなかった。 卒業年などを自動計算する機能があり、調べる手間が省けた。 【使いにくかった点】資格・免許の欄が少しわかりにくかった。 (19歳・男性) かんたん履歴書 かんたん履歴書は、一般のほか転職回数が多い方向けやアルバイト用など多彩なフォーマットが用意されているのが特徴です。 また、自己アピール欄の入力項目が「資格スキル」や「IT系開発スキル」や「語学スキル」などに分かれていて多角的に自己アピールができます。 フォーマットは全部で8種類に分かれ、A4版だけでなくA3版も用意されています。 印刷できるコンビニはセブンイレブンだけとなっているので注意してください。 実際に使ってみた感想ですが、入力画面が分かりやすく入力しやすかったです。 4.履歴書作成できるサイト アプリをインストールする必要なく、ブラウザでサイトにアクセスし項目を入力し履歴書を作成するタイプもあります。 ここでは履歴書を作成できる4つのサイトをご紹介します。 電子履歴書 電子履歴書はテンプレートが豊富にあり、完成した履歴書はPDFでダウンロードできます。 会員登録しなくても使えますが、データの保存には会員登録が必要です。 出力する項目を選択出来たり、フォントや余白の設定など細かな調整がききます。 新卒採用、中途採用、アルバイト、パート用があり、それぞれB5版、A4版のフォーマットが別に用意されています。 電子履歴書のレビュー スマートフォンでも利用出来るので、急に内容を修正しなくてはいけない場合でも、対応出来る点は良いです。 使いにくい点は、少し動作がモサモサして重い点です。 (39歳・男性) 使いやすかった点はシンプルでフォーマットを選びやすいことです。 使いにくかった点は出力したとき微妙にずれることがあり微調整の操作が面倒だったことです。 プレビューできるので使い慣れれば問題ありません。 (29歳・女性) スマートフォンから使える点はとても便利だが、とても操作しにくい。 (24歳・男性) りれきしょ君 履歴書に近いフォーマットにそのまま入力する形式です。 シンプルな機能なので手軽に作成したい方におすすめです。 完成したら自分のメールアドレスに送信すれば、PDF化された履歴書が届きます。 スマホで使うと、やや重い場合があるのでご注意ください。 りれきしょ君のレビュー 文字が大きいので見やすい、わかりやすい。 保存、印刷もそのままできる。 (19歳・女性) 印刷や保存機能など、他のツールよりもシンプルで使いやすかったです。 (28歳・男性) 記入する度、自動で上書き保存される。 PDFに出来るので、データを送信することが出来る。 (36歳・女性) しごとナビ 履歴書 履歴書を作成するには会員登録が必要です。 氏名や住所など履歴書に必要な項目を入力していきます。 入力が終わりプレビューを開くと、履歴書の形式で見ることができるようになります。 ネットプリント機能が仕様になっていて、セブンイレブンなどの大手コンビニで印刷できます。 ユーザー登録すると営業電話がかかってくることがあるそうです。 しごとナビ 履歴書のレビュー 学歴を書くときに、退学などをしていたり、入り直したりしているとバランスが取れなくて不便だったです。 (36歳・女性) それぞれ項目が分かれていて、それに沿って記入していくだけなので非常に簡単に作ることが出来るのはとても良かった。 入学年度や卒業年度など忘れやすいが、それも自動計算してくれる点はかなり良いと思います。 (27歳・男性) 履歴書猿人 会員登録なしで利用ができ、フォントを13種類から選べる、生年月日を入れると学歴の入学年度、卒業年度を自動的に計算する機能などがあります。 入力した内容はPDFで保存でき、保存したファイルにはパスワードを設定することができます。 プレビュー機能が無いのが弱点です。 履歴書猿人のレビュー 履歴書のフォーマットを自由に変更出来るので、自分に最適のフォーマットで履歴書を作成出来る点です。 不満点は特に無いです。 (46歳・女性) フォントとか選べるし、色々多岐に渡るように作成できたところ(28歳・女性) 項目へ入力すれば良いので楽、背景はグレーなのが視認性に欠けていて、この部分がデメリットでした。 (34歳・男性) 5.スマホで履歴書を作成し転職活動にかかる手間を軽減しよう 手書きで履歴書を作成していた時は途中で間違えたら一から書き直す必要があるのでかなり記載に気を使いますよね。 対してスマホで履歴書を作れば、間違えたとしてもその部分だけ修正すればいいので簡単です。 字が汚くて手書きは嫌という方もいるでしょう。 自分の書く文字に自信の無い方にとってはスマホの履歴書は救世主的存在です。 入力が簡単で履歴書作成の手間が大きく減ることがスマホ履歴書のメリットです。 空いた時間を企業研究などに使えますので、より就職活動がうまくいきやすくなります。 ただ簡単にできてしまう分、うっかりミスをする可能性が高いのがデメリットです。 必ずプレビュー機能を使い誤字脱字が無いか確認しましょう。 また印刷して確認できるものは一度印刷し、全体としてどんな感じに見えるのか確認しておくのがいいでしょう。 手軽に作れるからといって、履歴書作成に手を抜いていいわけではありません。 履歴書は就活においてかなり重要なファクターです。 記載内容は手書きのものと同様、しっかりとした内容を入力してください。 丁寧な履歴書作成を心掛けスマホ履歴書を活用し、転職活動を成功させましょう。

次の

履歴書の作成は″スマホで″ 17歳エンジニアが「PDFを介さず履歴書を送る」仕組みを開発

履歴書 スマホで作成

Webで募集している企業にはパソコン履歴書に抵抗のないところが多い 「直筆の履歴書を提出」と募集要項にある場合は、当然、手書きで履歴書を作成しなければなりません。 しかし、実際には、そういったことは稀です。 手書きのほうが印象がいいか、それともパソコンのほうがいいかは、自分で判断しなければなりません。 たとえば、家族経営のアットホームな企業で働きたいのであれば、パソコンで作成した履歴書は「心がこもっていない」とみられてしまうかもしれません。 しかし、IT企業などへ手書きの履歴書を提出すると、「パソコンが使えないのか? 」と不安にさせてしまう恐れがあります。 ただ一つ言えるのは、「履歴書をメール添付で送付してください」と募集要項にある場合は、パソコンで作成した履歴書の提出を想定しているということです。 手書きをしても、スキャンしたデータを送るのでは、直筆の意味があまりありませんよね。 Webでの募集に応募するときには、便利なアプリやサイトを使い、履歴書作成にかける時間を短縮しましょう。 スマホで履歴書が作れるアプリやサイトをご紹介します。 文章記入はもちろん、写真撮影や、コンビニで印刷もできてしまいます。 複数の履歴書を作成して、使い分けることもできます。 media PDF形式の履歴書をスマホやPCで簡単作成できます。 アプリのダウンロードも不要なので、ページにアクセスしてすぐ作成できます。 PC&スマートフォン兼用: かんたん履歴書 こちらも、カメラ機能とコンビニ印刷機能がついた無料の履歴書アプリです。 スマホでサクサク情報を打ち込むことができ、一度使った履歴書は保存しておけます。 得意分野や、「ITスキル」「語学スキル」など特技によって書き込み項目が分かれていて便利です。 かんたん履歴書 iPhone用: Android用: バイトルの履歴書作成 アルバイトやパート用に特化した無料の履歴書アプリです。 カメラ機能があり、コンビニでの印刷が可能なので、パソコンがなくても、プリンターがなくても履歴書をつくることができます。 「志望動機」はサンプルから選んで編集する形なので、「何を書こう」と迷うことがなくなります。 バイトルの履歴書作成 iPhone用: Android用: しごとナビ 履歴書 こちらはアプリではなくサイトですが、パソコンだけではなくスマホからも難なくアクセスできます。 氏名や住所などを打ち込むフォームに次々と入力していく段階では、まだ履歴書の形になっていません。 印刷用紙を選ぶと同時にプレビューが立ち上がり、すでにデータが入った履歴書を見ることができます。 コンビニにデータを送信して印刷できる仕様です。 しごとナビ 履歴書: りれきしょ君 本物の履歴書そっくりのフォーマットに、スマホで入力していくことができるので、イメージ通りの履歴書をつくっていくことができます。 西暦の入力はプルダウン形式で便利です。 完成したらメール送信を行えば、PDF化された履歴書が指定メールに届きます。 りれきしょ君: 電子履歴書 一般的な履歴書はもちろん、自己PR欄が大きいものや簡単なアルバイト用など、さまざまなパターンからフォーマットを選ぶことができ、PDFでダウンロードできます。 会員登録をしなくても使えるのが魅力です。 登録しなければ保存はできませんが、お試しで使ってみるにはもってこいです。 電子履歴書: 履歴書作成でつまづくポイント 学歴欄:義務教育は書かなくても良い 学歴はどこから書くべきか?と疑問に思う方も多いと思います。 アプリによっては指定されているものもあるかもしれませんが、基本的には義務教育以降の学歴を記載します。 中学卒業が最終学歴の場合には、中学校卒業を記載しましょう。 小学校以前の学歴を記載する必要はありません。 特に、高校は「高等学校」が正式名称ですので気を付けてください。 資格欄:「応募職種に関係ない資格」は優先度低め 資格欄には持っている資格を基本的に全て書くものですが、たくさん資格を持っている場合、資格欄に書ききれない場合があります。 その時には資格に優先順位をつけて記載するようにしましょう。 ・業務に関連性の深いもの ・普通自動車免許 ・国家資格 ・語学に関する資格(TOEICなど) は優先的に記載してください。 逆に趣味関連の資格やスポーツの段などは優先順位は低いですが、面接で興味を持ってもらえる可能性があります。 記載欄に余裕があるようなら記載してください。 記載する際には、略称ではなく資格の正式名称を調べてから記載するようにしましょう。 履歴書に記載する資格について詳しくはをご覧ください。 特技欄:特技の見つけ方 履歴書にある特技欄は何を書くべきが迷います。 特技と言えるものがない、と自分では思っていても、他人から見ると特技と言えるものが多くあります。 そもそも特技欄とは、応募者の人柄を知るために設けられた欄ですから「日本一である」「賞を獲ったことがある」ものでなくても記載して良いのです。 安心の定番となる「料理」「読書」、社会で役立つ「PC操作」「整理整頓」、交流で役立つ「スポーツ」「旅行」など身近なことで自分の特技を見つけてみましょう。 どのように特技を見つけたらいいのか、特技の記載例についてもっと詳しく知りたい方はをご覧ください。 最後は必ず自分で確認! ここまで簡単で便利なアプリやサイトを紹介してきました。 手書きで履歴書を書いて最終チェックの段階で字の書き間違いを見つけたり、送り仮名を間違えていたり、細かなミスに気づいて一からやり直し…という経験をされたことのある方も多いことでしょう。 今回ご紹介したアプリやサイトを使って履歴書を作成すれば、本番を作成する前にスクリーンで何度もチェックができますし、修正も直筆のものよりも何倍も簡単にできます。 一方で簡単で手軽だからこそ、アプリやサイトを信用しすぎてうっかりミスを見逃してしまうこともあります。 最後は必ず自分の目で履歴書の内容を確認し、ミスがないことを最後までチェックしてください。 印刷することのできるアプリやサイトであれば、最終版の前に一度紙に印刷して全体像を確認することもぬからないようにしましょう。 就職活動において、履歴書は顔です。 インターネット上やスマホで履歴書を作成することのできるアプリやサイトは大変便利ですが、「いかにも簡単に作った履歴書」で臨んでしまっては望む結果は得られません。 プロセスはぐっと簡易でも、丁寧さは直筆の履歴書を作成するのと同様に心がけましょう。 おわりに これまで手書きで履歴書を作っていた人は、簡単で便利なアプリやサイトに驚くことでしょう。 まるで通販サイトに連絡先を入力しているときのような感覚で、あっという間に履歴書が作れてしまいますから、余った時間を勉強などの自己研さんに使えますよ。 グッと見やすい履歴書をつくることができて、一石二鳥です! 裏技として人材派遣業者に登録するという手もあります。 スタッフ満足度No. 1の実績があるならあなたらしい履歴書の作成をお手伝いします。 さらに自分に合っている職も相談できるので一石二鳥どころか三鳥です!.

次の

職務経歴書を作るときパソコンない。スマホのアプリで書けるか?

履歴書 スマホで作成

履歴書作成ツール「俺の履歴書」とは? は、ITエンジニア専門の履歴書作成ツールです。 パソコンやスマホのブラウザ上で、履歴書を簡単に作成することができます。 まずは、特徴をみていきましょう。 パソコンやスマートフォンで履歴書が簡単に作れる• 画像アップロード&トリミング機能で、面倒な写真貼り付けが不要• アカウントを作ると、クラウド上でデータ保存でき、別のデバイスやブラウザで閲覧・編集できる• 無料で使える 『俺の履歴書』の使い方 それでは、早速、使い方をみていきましょう。 『俺の履歴書』のにアクセスし、「履歴書を作成」のボタンを押すと、以下のような入力画面が表示されます。 使い方は、ブラウザ上で各項目を入力していくだけなので、とても簡単です。 パソコンの場合 スマートフォンの場合 『俺の履歴書』はスマートフォンにも最適化されています。 忙しい社会人であれば、「出先でちょっと履歴書を修正したい」といったこともあると思います。 いちいちパソコンを開かずとも、スマートフォンで手軽に修正ができるのはとても便利です。 テンプレートの入力項目 入力項目は、次のような項目があります。 標準的な履歴書と変わらないので安心して使えますね。 必要に応じて使ってみましょう。 姓名・生年月日• 連絡先• 扶養関係• その他 画像アップロード&トリミング 履歴作成で面倒なもののひとつが「写真の貼り付け」です。 『俺の履歴書』には、画像アップロードとトリミングの機能があるのですが、これが想像以上に便利です。 顔写真をアップロードし、ガイドに合わせてトリミングすれば、バランスよく写真を配置することができます。 わざわざ印刷後に、写真をノリ付けする手間が省けるのは嬉しいですね。 学歴・職歴 『俺の履歴書』は、学歴や職歴の数を必要に応じて調整することができます。 例えば、勤務した企業の数が多い方などは、市販の履歴書では足りない場合もあるでしょう。 俺の履歴書は追加ボタンひとつで項目を追加することができます。 記載内容をpdfで確認する 記載内容は、pdf形式で確認することができます。 記載途中でも確認できるので、最終的な見た目を確かめながら進めていっても良いでしょう。 ダウンロード・印刷 作成した履歴書を使いたい場合は、pdfをダウンロードしましょう。 企業から、データではなく、紙で提出するよう求めている場合は印刷が必要です。 自宅にコピー機がない人は、大手のコンビニエンスストアがコピー用のアプリを出していますので、活用してみましょう。 アカウントを作るともっと便利 『俺の履歴書』でアカウントを作ると、クラウド上でデータを保存することができます。 そのため、作成した履歴書データをパソコンとスマートフォン、どちらでも閲覧・編集できるようになります。 いつでもどこでも使えるのでおすすめです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 履歴書作りって面倒だな…と思っている人はきっと多いと思います。 そんな時は、ブラウザ上で簡単に履歴書が作成できる『俺の履歴書』が便利です。 現在、対応しているのは履歴書のみですが、今後は職務経歴書も作れるようにしたり、テンプレートも増やしていく予定です。 これから転職活動を始めようとしている方は、是非使ってみてください。 以下の記事も参考にしてみてください。

次の