エクセル データ 選択。 【Excel】ドロップダウンリストの選択肢が多すぎ!エクセルで2段階のドロップダウンリストで表示項目を絞り込むテクニック

連続データのセル選択ショートカットキーより更に便利なんです!

エクセル データ 選択

:グラフの作成• Excel エクセル では、シートに入力されたデータから簡単にグラフを作成できます。 エクセルでのグラフの作成手順および各要素の変更・修正方法などを間違いなく簡単に実行できる方法として、グラフツールバーからの操作方法で主に説明しています。 見た目が楽しくなるような絵を利用した、ひと味違ったグラフをエクセルで作成する方法も説明しています。 このページはかなり長いものになってしまいました。 スポンサードリンク• Excel2007以降ではリボンでの操作になっています。 以下のページをご覧ください。 Excel2007• Excel2010、Excel2013• エクセルで最も簡単にグラフを作成するには、グラフにするセル範囲を選択後、[F11]キーを押すとグラフシートにグラフが自動で作成されます。 ここでは、グラフ作成ウィザードを使う方法を説明します。 【練習】下表のデータをグラフ化します。 B C D E 2 各支店別売上高 円 3 福岡支店 宮崎支店 鹿児島支店 4 10月 12,000,000 6,500,000 8,900,000 5 11月 13,500,000 7,200,000 8,200,000 6 12月 14,800,000 7,700,000 9,200,000 7 1月 11,000,000 6,420,000 8,120,000 8 2月 9,820,000 5,870,000 7,580,000 9 3月 10,800,000 7,700,000 8,800,000 10 合計 71,920,000 41,390,000 50,800,000• グラフにするデータ範囲、 B3:E9を範囲選択します。 (注)項目行(3行目)や項目列(B列)を含めて選択します。• [グラフ ウィザード]ボタンをクリックします。 「標準」タブを選択します。 グラフの種類:「縦棒」を選択。 形状:「集合縦棒」を選択。 [次へ]をクリックします。 (参考)「サンプルを表示する」 ボタンを押し続けている間、サンプルが表示されますので、自分の意図したグラフであるか確認できます。 「データ範囲」タブを選択します。 データ範囲:シートで選択していた範囲が間違っていたらここで修正します。 系列に「 列」を選択した場合• 系列に「 行」を選択した場合• 「タイトルとラベル」タブでタイトル等を入力します。 タイトル:「支店別売上高」• 今回は「オブジェクト」を選択しました。 「完了」ボタンをクリックするとグラフが作成されます。 修正の方法は色々ありますが、グラフツールバーを使用する方法で説明します。 グラフツールバー• グラフツールバーはグラフを選択すると表示されます。 【基本操作】• 修正したい場所をクリックして選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 表示される[書式設定]ダイアログで設定を変更します。 (なお、修正したい場所を ダブルクリックして、[書式設定]ダイアログを表示することもできます。 ) [A]数値軸ラベルの修正• 未設定の場合は以下の手順で入力します。 グラフを選択します。 数値軸のラベルを修正します。 修正する数値軸ラベルを選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸ラベルの書式設定」ダイアログの「配置」タブを選択します。 「方向」で「縦」を選択します。 「OK」ボタンをクリックします。 以下のようになります。 [B]数値軸の目盛りの修正• 数値軸の目盛りを修正します。 数値軸をクリックして選択します。 数値軸に四角のマークが表示されます。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸の書式設定」ダイアログの「目盛」タブを選択します。 表示単位で「百万」を選択します。 「表示単位のラベルをグラフに表示する」のチェックをはずします。 [OK]をクリックします。 以下のようになります。 [C] 文字列の修正• 数値軸のタイトルの文字列を修正します。 数値軸のタイトルをクリックして選択します。 (四角で選択されます)• 修正する箇所でクリックします。 (マウスポインターが「I」に変わります)• カーソルが表示され文字の修正が可能になります。 修正後の状況 する• 棒グラフと折れ線グラフを同じグラフに作成する方法です。 【練習問題】福岡支店〜鹿児島支店の売上高を棒グラフで、合計を折れ線グラフで表示しなさい。 B C D E F 2 各支店別売上高 円 3 福岡支店 宮崎支店 鹿児島支店 合計 4 10月 12,000,000 6,500,000 8,900,000 27,400,000 5 11月 13,500,000 7,200,000 8,200,000 28,900,000 6 12月 14,800,000 7,700,000 9,200,000 31,700,000 7 1月 11,000,000 6,420,000 8,120,000 25,540,000 8 2月 9,820,000 5,870,000 7,580,000 23,270,000 9 3月 10,800,000 7,700,000 8,800,000 27,300,000 10 合計 71,920,000 41,390,000 50,800,000 164,110,000• 【解答例】• B3:F9を範囲選択し、グラフウィザードを使って棒グラフを作成します。 (凡例は表示していません)• 合計の系列をクリックして選択します。 グラフの種類ボタンから「折れ線グラフ」を選択します。 「合計」が折れ線グラフに変更されます。 支社の売上高と合計では数値の桁数が異なるので、合計の軸を第2軸に変更します。 合計の系列を選択して、[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸」タブを選択し、第2軸を選択します。 第2軸の目盛を選択し、「書式の設定」ボタンをクリックします。 「目盛」タブの表示単位を百万に変更し、表示するのチェックをはずします。 第2数値軸ラベルを選択し、「書式の設定」ボタンで表示されるの配置を縦書きにします。 完成です• グラフに凡例が表示されている場合 凡例をクリックして選択します。 凡例が四角で囲まれます• グラフに凡例が表示されていない場合 グラフツールバーの[凡例]ボタンをクリックすると表示されます。 グラフツールバーの【書式設定】ボタンをクリックします。 【位置】タブを選択します。 それぞれ選択位置に凡例が表示されます。 凡例の大きさや、位置によってグラフの大きさが変化しますので、グラフエリアの大きさを変更する必要があります。 同様にパターン・フォントの修正もできます。 省略します• データ範囲を変更する方法 3通り説明します [A] カラーリファレンスを使う方法• 10月〜1月のデータをグラフ化した後、データ範囲を3月まで広げる例で説明します。 グラフエリアをクリックするとシート内に選択範囲が青色で囲まれています。 青枠の右下コーナー部をドラッグして選択範囲を広げます。 2月、3月分のデータがグラフに含まれました。 なお、 2 から 1 へは青枠の範囲を狭くすれば良い。 [B] コピー&ペーストでの方法• シート上で2月と3月のデータ範囲を選択し、コピーボタンをクリックします。 グラフを選択し、貼り付けボタンをクリックします。 [C] ドラッグ&ドロップでの方法• シート上で2月と3月のデータ範囲を選択します。 選択範囲の枠線上 マウスポインタが十字矢印の状態 から、グラフエリアへドラッグして、ドロップします。 【A-1】 背景に写真を使う• グラフエリアに写真を入れます。 グラフエリアを選択し、[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの[塗りつぶし効果]を選択する。 「図」タブの[図の選択]をクリックする。 使用する写真を選択する。 グラフエリアに写真が入りました。 プロットエリアを透明にします。 プロットエリアをクリックして選択する。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの「領域」の「なし」を選択する。 プロットエリアが透明になります 【A-2】• グラフ要素に絵を使用します。 グラフ要素を選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「パターン」タブの[塗りつぶし効果]を選択します。 「塗りつぶし効果」ダイアログで、[図の選択]ボタンをクリックします。 使用する図を指定します。 「塗りつぶし効果」ダイアログの、『積み重ね』にチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックします。 各グラフ要素で繰り返して設定します。 絵グラフができました。 【B】• グラフ要素の一部分だけを変更します。 グラフ要素をクリックして選択する。 系列すべてが選択される)• もう一度グラフ要素をクリックする。 (1つの要素のみが選択される)• グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの「領域」の「色」を選択する。 1本だけ色が変わりました。 【C】• 折れ線グラフを滑らかな曲線にします。 折れ線を選択します。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「データ系列の書式設定」ダイアログで、「パターン」タブを選択します。 『スムージング』にチェックを入れます。 青の折れ線が滑らかになりました。 【D】• 棒グラフの棒の太さを変更します。 データ系列(棒)を選択します。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「データ系列の書式設定」ダイアログで、「オプション」タブを選択します。 『棒の間隔』を小さな値にします。 下は『50』にしました。 変更前 変更後 【E】• 円グラフの一部を切り離します。 切り離したい部分を2回クリックし、選択します 外周に黒いハンドルが付きます。 選択した部分を外側へドラッグして、移動します。 グラフ化する元データに空白やゼロ値が含まれていると折れ線が途切れたり、ゼロ値までプロットされてしまうことがあります。 空白を補完する• 品目3の売上金額 B4 が空白になっています。 グラフを選択します。 「グラフ」タブを選択し、『補完してプロットする』にチェックを入れます。 下のように、折れ線がつながります。 ゼロ値を無視する• 品目3の売上金額 B4 が「0」になっています。 データの方を変更します。

次の

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル データ 選択

ビジネスマンがよく使用するツールのひとつに、Microsoft Officeシリーズの「 Excel(エクセル)」があります。 エクセルにはデータ整理に関するさまざまな機能が搭載されているため、使い慣れると非常に便利です。 今回は、 エクセルでプルダウンリスト 正式名称:ドロップダウンリスト を作成する2つの基本的な手順と、 プルダウンリストの視認性を上げて使用しやすくするための応用手順を紹介します。 バージョン等によってはメニューの表示場所が多少変更されている場合がありますが、基本的にそれほど大きく変更されていませんので、解説と同じ場所にメニューが見当たらない場合にも、エクセル上に類似のメニューがないか探すようにしてください。 Excel(エクセル)でドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成する方法 1:一からプルダウンリストを作成する 最も手軽で基本的なプルダウンリストの作成方法です。 初めてエクセルでプルダウンリストを作成する方は、まず以下の手順を覚えてください。 プルダウンリストを作成したいセルを選択する• メニューから入力規則を選択する• 元の値にリスト化したい項目を入力する 具体的に見ていきましょう。 まずエクセルを開き、プルダウンリストを設定したいセルをクリックして選択状態にします。 画面上部に「データ」というメニューが表示されていますので、クリックして表示されたプルダウンメニューの中から「入力規則」を選択してください。 「データの入力規則」というボックスが表示されます。 このボックス上部に表示されているメニューのうち「設定」をクリックし「入力値の種類」の中から「リスト」を選択します。 ボックス内に「元の値」という入力ボックスが表示されますので、ここにプルダウンで選択したいリスト項目を入力します。 項目と項目の間は、 半角カンマで区切ってください。 次に「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックします。 これでプルダウンリストの設定は、完了です。 リストを削除・編集したい場合は「元の値」を変更することで修正可能です。 2:入力されている項目をもとにプルダウンリストを作成する 続いて、あらかじめプルダウンリストの項目が他のセル内に用意されている場合の、プルダウンリストの作成方法をご紹介します。 まず、あらかじめ適当なセル上にプルダウンリストの項目に使用したいキーワードを入力します。 このとき、プルダウンリストを作成したいセルとは別のセル上に入力するよう注意してください。 step2、step3は「1. プルダウンリストを設定する」の手順と同様です。 プルダウンリストを作成したいセルを選択状態にし、画面上部のメニューから「データ」をクリック、表示されたプルダウンメニューから「入力規則」を選択します。 表示されたボックス内のメニューから「設定」を選択し「入力値の種類」から「リスト」を選択し「元の値」ボックスを表示させます。 「元の値」ボックス内をクリックして選択状態にしたまま、step1で作成したリストのセルをドラッグして範囲を指定してください。 「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックし、プルダウンリストの作成完了です。 Excel(エクセル)のドロップダウンリスト(プルダウンリスト)をより活用するための応用操作2つ 1:書式設定をして閲覧しやすく整える 特定の項目の フォントを変更したりセルに色をつけたりすることで、データを把握しやすくなります。 まず、プルダウンリストを設定したセル全体を選択状態にします。 エクセル画面上部のメニューから「ホーム」を選択し、その中にある「条件付き書式」をクリックしてください。 プルダウンでメニューが表示されますので、この中から「セルの強調表示ルール」をクリックします。 そのままメニューが表示されますので「指定の範囲内」を選択してください。 「新しい書式ルール」というボックスが表示されます。 上画像赤枠部分が「指定の値を含むセルだけを書式設定」になっているか、緑枠部分が「特定の文字列」になっているかを確認し、黒枠部分に色を付けたいリスト上のキーワードを入力してください。 「書式」のリストを開き「 ユーザー設定書式」をクリックします。 「セルの書式設定」というボックスが開きます。 ボックス上部に表示されている3つのメニューでは、それぞれ以下の内容の書式を変更することが可能です。 ・フォント:フォントやスタイル、フォントサイズの変更、色などを設定することができます。 ・罫線:セルの枠に色をつけたり線のスタイルを設定することができます。 ・塗りつぶし:セルを塗りつぶして色で見分けられるように設定することができます。 この3つのメニューのうち、最も視認性に優れているためオススメです。 書式設定を行ったら「OK」をクリックしてください。 設定後にプルダウンリストを確認すると、指定したキーワードのセルのみ着色されていることがわかります。 このように色分けをすることで、進捗状況などのデータをひと目で把握しやすくなります。 2:入力ミスを防止する 入力規則をあらかしじめ設定しておき、かつ、設定値以外に値が入力された際にエラーメッセージが表示されるようにしておけば、ほとんどの場合入力ミスを防ぐことができます。 まず、入力規則を設定します。 入力規則を設定したいセル全体を選択状態にし、画面上部のメニューから「データ」をクリック、表示されたプルダウンメニューの中から「入力規則」を選択してください。 「データの入力規則」ボックスが表示されますので、ボックス上部のメニューから「設定」を選択し「入力値の種類」をクリックします。 入力規則したい項目が日付や時刻の場合は、メニューからそのまま選択して構いません。 ここでは特定の値を入力するものとして「文字列」を選択します。 選択後に表示された項目 画像赤枠部分 を入力し、入力できる項目を指定してください。 入力が完了したら「OK」をクリックすれば、入力規則設定の完了です。 続いて、エラーメッセージの表示設定を行います。 「データの入力規則」ボックスを表示させ、ボックス上部のメニューのうち「エラーメッセージ」を選択してください。 「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」にチェックが入っていることを確認し、スタイルや タイトル、エラーメッセージを入力します。 入力後「OK」をクリックすれば、設定完了です。 Google(グーグル)スプレッドシートでも応用できる Googleドライブ内のスプレッドシートでも同様の手順でプルダウンリストを作成できます。 Googleスプレッドシートは社内でで共有することが多いツールです。 プルダウンリストを活用して、より入力しやすくしておけば、ミスの防止や業務効率アップに繋がるでしょう。 Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)は入力ミスを防止 プルダウンリストを使用することは、あらかじめ設定した項目から選択できるようになるため入力ミスの防止策になります。 また、プルダウンリストから選択するだけで入力できることで作業を効率よく進められる、表記が統一され誰でも確認しやすくなるなどのメリットがあります。 本記事を参考に、エクセルだけではなくスプレッドシートでもプルダウンリストを活用して効率よくデータ整理を行いましょう。 Excel(エクセル)を効率的に使いこなす フォント フォントとは、同一の特徴を持った文字の形状を一揃いでデザインしたものです。

次の

エクセルは、0.3秒でデータを「全選択」できる

エクセル データ 選択

エクセルの入力規則「リスト」ってどんな機能? 住所録や商品一覧といったような表を作成する場合、いくつかの限られたデータを繰り返し入力する項目があります。 例えば、商品一覧であれば、「食品」「文具」「生活雑貨」・・・といったデータを入力する「分類」項目です。 こういった項目を入力するときに便利なのが「入力規則」機能の「リスト」です。 では、入力規則のリストを設定する方法についてご紹介します。 入力規則のリストが設定されているセルを選択すると、右側に矢印ボタンが表示され、このボタンをクリックすると、その項目に入力できるデータが一覧で表示されます。 その中から、入力したいデータをクリックすると、セルにデータが入力されます。 入力できるデータが一覧から入力したいデータをクリックすると、セルにデータが入力される これなら、同じデータを何度も入力する手間が省けますし、入力ミスも防げますね。 早速、ご覧頂いたサンプルを題材にして、設定する方法をご紹介しましょう。 <Index>• 「リスト」設定方法1. 入力するデータを準備する まずは、入力するデータを準備します。 ここで注意すべき点は2つ。 「基本的には」としたのは、ひと手間かければ、別なシート上のデータも利用できるからです。 この方法については別項で紹介することとして、ここでは、基本的な形をとります。 こういった行数、列数の変化の影響を受けないセル範囲にデータを入力しましょう。 下図のとおり、表の右下のセル範囲であれば影響を受けません。 上記の内容を踏まえて、データを入力します。 入力するデータの準備ができたら、入力規則を設定してみましょう! 「リスト」設定方法2. 「元の値」のボックス内をクリックしてから、入力するデータを準備したセル範囲を選択して「OK」ボタンをクリックします。 以上で、入力規則の設定は終了です。 設定したセルを選択して、動作を確認してみましょう。 これで、セルの右側に表示された矢印ボタンをクリックする手間も省くことができます。 ちなみに、一覧にないデータを入力しようとすると、次のようなエラーメッセージが表示されます。 このしくみによって、間違いのないデータ入力を実現できるわけです。

次の