デブ 菌 減らす。 デブ菌退治には納豆。でも気を付けないと逆効果!?

デブ菌を減らすには?デブ菌と痩せ菌

デブ 菌 減らす

デブ菌のエサになるのは、ラーメンやギョーザ、焼き肉、フライドポテトなど脂っこい、高脂肪食だ。 「これらはゼロにはできないと思いますが、頻度を減らすこと。 一方で、ヤセ菌のエサとなる食材を意識して摂取すればいいのです。 食物繊維はもっとも大好物の栄養素で、善玉菌を優位にする効果があります。 だから、とにかく野菜はたくさん食べてほしいですね。 たとえば、キャベツは腸内細菌を活性化する水溶性・不溶性の食物繊維やビタミンC・Uを豊富に含んでいる。 とんかつを食べるなら、必ずキャベツをお代わりすることを心掛けるだけでも違ってきます。 ラーメンを食べた翌朝はサラダを2人前の量にするなど野菜をいつもの2、3倍とりましょう。 また、添加物はすべての腸内細菌のバランスを崩してしまうので、無添加の調味料や加工品を選んでほしいです」 ほかに、ヤセ菌を増やすのが、お酢やしょうゆ、みそ、みりんなどの発酵食品だ。 発酵食品に含まれる植物性乳酸菌は、善玉菌を増やす効果がある。 特に酢酸は脂肪燃焼や便秘の改善、アミノ酸は内臓脂肪を減らし、疲れをとる働きもあるため、田和さんは「酢キャベツ」を薦めている。 胃腸の働きを整えて悪玉菌の増殖を抑えるという。 食べ方は、千切りキャベツに無添加のお酢をかけるだけでもいいし、お酢で和えたキャベツを冷蔵庫で1日ほど寝かせれば漬物のように味わえる。 「酸味が強く食べにくいという方は、お酢の代わりにリンゴ酢と塩麹を合わせたもので和えると食べやすいです」 食前に酢キャベツ100グラム(小皿1杯分)食べるのがポイントだ。 まずは、ひとつのものばかり食べないこと。 単一食材だけを食べ続けるのは、腸内細菌にも腸にとっても負担となる。 次に、カロリーよりも栄養素で決めること。 エネルギー量は単なる数字でしかない。 炭水化物であるお米にも食物繊維は含まれ、腸内細菌の栄養源になるので、野菜とともに食べることが大事だ。 ダイエットにはささ身がいいといわれるが、肉の種類は関係ない。 魚料理にも共通するが、大事なのは食べ方で、肉じゃがや煮魚などの煮込み料理やしゃぶしゃぶにすることで、揚げ物のような油を多く使った調理は減らしていく。 「飲み水は市販の天然水がいい。 天然水は、カルシウム、マグネシウム、シリカ、サルフェートなどの天然ミネラルをバランスよく含んでいるので、腸管の働きをよくします。 糖分の入っていない炭酸水でももちろんOK。 適量は、1日1リットル、ペットボトルで2本分飲むだけで、ヤセ菌を増やせる腸内環境をつくれます」 薬や抗生物質への依存も腸活の妨げになるので、注意したい。 ゆいPはGYAO!が配信する動画「吉本StayHome劇場」の中で、ダイエット法を公開している。 注目したいのが「野菜スープ」を食べ続けていたことだ。 やはり田和氏の指摘通りだ。 玉ねぎ2個、にんじん2本、ネギ1本、ブロッコリー2株、カットキャベツ、サラダチキン3パックが入った具だくさんのスープで、これを3~4日かけて食べるという。 <別表>でも紹介した、玉ねぎやキャベツをはじめ、たくさんの野菜を摂取するのはやはり効果的なようだ。

次の

デブ菌減らす方法!ヤセ菌増やすにはサプリも効果的!

デブ 菌 減らす

効率よくダイエット ダイエットが効率よくできたらいいなと思ったことはありませんか? 何かダイエット効率のいいサプリメントを探していませんか? ダイエットはやればその日のうちに効果が出るものではないですし、 効果が出始めるのに1ヶ月以上かかるのは普通だったりします。 しかし、1ヶ月やって効果が全くでないとなると頑張ってきたやる気もなくなってしまうというもの。 そこで、多少はダイエットが効率よくできる方法を紹介します。 痩せ菌とデブ菌 「 痩せ菌」「 デブ 菌」という言葉をご存知ですか? このページを見ていらっしゃる方はこの言葉をご存知の方も多いかもしれません。 「 痩せ菌」というと何か魔法のようなそんな素敵な菌に思えますよね。 食べても食べても「痩せ菌」ががんばって痩せさせてくれそうなそんな菌・・ほしいです。 「痩せ菌?」「デブ菌?」なにそれ?という人もいらっしゃるでしょう。 そもそもそんな菌なんて本当にあるの? そんな怪しい菌誰かが作ったうその話でしょ? この「痩せ菌」「デブ菌」って一体誰が言い出したのでしょうか? 痩せ菌、デブ菌の研究発表 ハ ーバード大学が研究発表でこの「痩せ菌」「デブ菌」の存在を明らかにしたのです。 最初は「痩せ菌?」「デブ菌?」怪しいと思っていた人も、ハーバード大学がいうならそうなのかなと信じる人も増えたかもしれませんね。 この発表を受けて 他の機関が「痩せ菌」「デブ菌」の研究をするようになり、 ワシントン大学の教授がこれと似たような事を論文で発表されています。 うそのような菌は実在していたのですね。 痩せ菌、デブ菌って何? ・ カロリーが多いもの(特に糖質の多いもの)を食べ過ぎたり ・ 規則正しい時間に食事ができなくて、帰りが遅いために 寝る前に食べてしまったり ・ 朝を抜いてしまったり ・コンビニ弁当ばかり食べたり、家でも同じようなものを食べたりすると 栄養が偏ったりすることになります。 「食生活の乱れ」1つをとってもいろいろありますね。 食事だけを見直すよりも 生活環境全体を見直す必要がありそうです。 20代から30代、30代から40代と年齢を重ねるごとにその機能はますます低下していくばかりです。 しかし、この 代謝は20代後半から急激に減少していくことになります。 このように代謝の力(はたらき)が弱まることで腸内フローラへの影響も出てきます。 仕事などの緊張状態が続いたり、ストレスがあって精神的にも休めない状態が続くと自律神経失調症(自律神経の乱れ)なんていうことにつながます。 そのためできる限り 副交感神経を使うように、 家ではリラックスできる時間を作ることが大事です。 腸内環境(腸内フローラ)の改善 腸内環境が良くないと太りやすいデブ菌の腸内環境になるのなら、腸内環境をきれいにしてあげると「痩せ菌」がいる腸内細菌(腸内フローラ)へと変わっていきます。 それでは以下、腸内環境を改善するものを見ていきます。 2.腸内環境がよくなる食べ物を食べる 2種類あります。 ごぼう、かぼちゃ、おくら、アボカド、豆類、イモ類、きのこ類 納豆はごぼうに匹敵するほど食物繊維が豊富なのでおすすめの食べ物です。 痩せ菌を効率的に増やすおすすめのサプリメントを紹介しますので参考にしてみてください。

次の

「デブ菌」とは?「デブ菌診断」で自分の腸内環境をチェックしよう!

デブ 菌 減らす

この記事の目次• デブ菌とは? 腸内フローラには大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が生息しています。 そのうちデブ菌とは、悪玉菌と仲間に含まれ、腸内環境を悪化させたり脂肪を溜め込んだりとカラダにとって悪さをする菌のことです。 デブ菌はその名のとおりデブのもとで、デブ菌が増えると肥満になっていってしまいます。 デブ菌は、体内に入った食べ物の栄養や水分を、身体の中にどんどん溜め込む働きをします。 通常の人の場合、食事の80パーセントほどの栄養や水分は小腸で吸収され、残りの20パーセント程は吸収されずに便として排出されます。 デブ菌が多い体だと、この排出分が少なくなってしまい、体重が増えていく一方なのです。 ダイエットしても体重が減らない、痩せないという人は、運動や食事制限より先にデブ菌対策をした方がいいかもしれません。 最近ではデブ菌を減らして腸内環境を整える菌活サプリも人気です。 デブ菌が増える原因 まず、なぜデブ菌が増えるのかという点について確認してみましょう。 腸内環境が悪化することがデブ菌増加の一番の原因です。 具体的には、以下の7つの原因があります。 1,不規則な食事 食事の時間がいつも一定でないと、腸の負担が大きくなりデブ菌が増えてしまいます。 決まった時間に食べないと消化のリズムが乱れ、ホルモンの分泌も崩れてしまいます。 2,野菜、果物不足 野菜や果物にはミネラルビタミン、食物繊維が含まれています。 これらの栄養素は消化・吸収など腸の働きを助けているので、不足すると腸内環境が悪化し、デブ菌増加につながります。 3,間食が多い 食事と食事のあいだに間食をしていると、空腹を感じる時間が少なくなってしまいます。 空腹と満腹の区別がなくなってしまい、腸の蠕動運動が鈍ってしまいます。 また、常に消火活動を行う状態になるので、胃や腸の負担が大きくなります。 4,炭水化物から食べる 炭水化物はデブ菌の一番のごちそう。 お腹にたまるご飯やパンは、美味しくてついついたくさん食べてしまいがちですが、これは控えましょう。 いきなり炭水化物を抜くとカラダが悲鳴をあげますが炭水化物の量を減らして脂肪の蓄積を抑えるこちらのダイエット方法も人気です。 5,甘い物のとりすぎ 菓子パンやお菓子などは、炭水化物と同じくデブ菌の大好物である動物性脂肪がたくさん含まれた要注意食品!食べる順番を後ろに回し、食べる量にも気をつけましょう。 6,塩分のとりすぎ 塩分をとりすぎると、体内の塩分濃度を調節するために水分を溜め込もうとします。 しょっぱいものを食べると喉がかわくのもこのためです。 余計な老廃物の排出も滞り、デブ菌が増えやすくなってしまいます。 7,寝る前に食べる 腸の働きは、夜リラックスして寝ている間が一番活発です。 しかし、夜寝る前にものを食べてしまうと、腸はリラックスできず、寝ている間も休まず消化しつづけなくてはなりません。 腸本来の働きができない上、胃にも負担がかかり、腸内環境は悪化。 デブ菌も増えてしまうのです。 デブ菌が増える事で起こるカラダのトラブル デブ菌はデブのほかにも、おそろしいトラブルを引き起こします。 まずは 便秘をはじめ、 むくみや停滞腸など消化システムのトラブル。 便秘になると、身体に老廃物や毒素を溜め込んでしまうことになるので、あらゆる病気の原因になります。 デブ菌が増えて活発になると、腸にポリープができることもありますし、発ガン物質をつくってしまい最悪の場合はガンを発症することも。 また、腸は「セロトニン」という「幸せホルモン」を分泌する器官でもあります。 デブ菌が多いとセロトニンの量が減り、気分が落ち込んでしまいます。 ひどい時は情緒不安定になったりうつ病になったりする危険性があるのです。 便秘などで身体のめぐりが悪くなると、肌も荒れてしまいます。 排出されない老廃物や毒素が肌に到達し、吹き出物や肌トラブルのもとに。 デブ菌のせいで、全身にさまざまな悪影響が現れてくるのです。 デブ菌を減らす方法とは? ではそんなデブ菌を減らすにはどうしたらよいのでしょうか。 さきほどご紹介したデブ菌を増やす生活習慣を正したり、デブ菌と対抗する善玉菌を増やしたりする対策が有効です。 善玉菌を増やすには、ビフィズス菌や乳酸菌を含んだ食品を食べるのが手っ取り早い方法と言えます。 ヨーグルトをはじめ、味噌や納豆などの発酵食品を摂取することで善玉菌を増やし、デブ菌と対抗していくことができます。 食べるタイミングは、腸の働きが活発になる時間を考慮し、寝る一時間前がおすすめです。 また、水溶性の食物繊維やオリゴ糖を含む食べ物を摂取するのもおすすめです。 水溶性食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌のエサとなり、働きを活発化させてくれます。 まとめ デブ菌が増える原因は、主に乱れた生活習慣。 良くない習慣を直したり善玉菌を増やしたりすることで、デブ菌の引き起こすさまざまな症状を改善できます。 デブ菌は万病のもとですので、ダイエットの観点からだけでなく健康に長生きするためにも、一刻もはやく改善していきましょう。 最近ではヨーグルトなどに含まれる良質な善玉菌を腸内に届けて善玉菌を増やす事が出来るこちらの菌活サプリも人気です。 合わせてご覧下さい。

次の