美白化粧水。 美白化粧水ランキング上位は?プチプラのちふれ、無印も!「美白化粧水」で秋肌づくりをはじめよう

プチプラ化粧水のおすすめランキング!美白・毛穴などお悩み別優秀化粧水を厳選

美白化粧水

そのため経済的に負担なく使い続けられる商品かどうかしっかり見極めよう。 基礎化粧品のひとつである美白化粧水は、・そばかすや肌の老化を引き起こす紫外線ダメージのケアに欠かせないアイテムです。 肌のトーンアップを目指してスキンケアしたいけれど、どんな美白化粧水を選べばいいかわからないと悩んでいませんか? 数が多すぎて選びきれない!という方のために、おすすめの美白化粧水を紹介します。 今人気がある美白化粧水の実力を、元エステティシャンの筆者が厳しくチェック。 肌質や悩みにあわせた美白化粧水の選び方も徹底ガイドします! 目次• 美白化粧水の基礎知識 化粧水にはさまざまな種類があり、適している肌質や悩みは異なります。 化粧水のなかでも特に人気がある美白タイプは、どのような効果が得られるのでしょうか? 知っているようで知らない美白化粧水についての基礎知識を紹介します。 「美白」とはどんな効果のこと? 化粧水のパッケージに「美白」と書いてあると、肌によさそうで試してみたくなりますよね。 化粧水だけでなく美容液やクリームでもよく見かける美白ですが、これには肌の色を黒くする原因である色素の生成を抑える効果があります。 メラニン色素とは肌内部にあるメラノサイトという部分で作られる黒い色素のことで、紫外線が肌の奥に届かないようブロックする防御壁のような役割を持つのが特徴です。 肌を守る大切な色素ではあるものの、紫外線ダメージが溜まるとシミ・そばかすを作ってしまったり、の元になったりします。 そんな肌悩みをブロックするために活躍するのが、美白化粧水というわけなのです! 美白有効成分には、メラニン色素の生成を抑制して肌が黒くなるのを抑える効果が認められており、ポイントは、これからできるメラニン色素をブロックすること。 すでにできてしまったシミ・そばかすを消す効果はないので、その点は理解しておきましょう。 将来できてしまうかもしれないシミ・そばかすを美白化粧水で未然にケアすることが、透明感のある肌をキープするために大切なのです。 美白有効成分の種類と特徴 厚生労働省が認可している美白有効成分には複数の種類がありますが、どれも効果は「メラニン色素の生成を抑える」という表記で統一されています。 それならどの美白有効成分を選んでもいいのでは?という印象を受けますが、実は成分ごとに得られる美容効果は異なるのです! 日本で販売されている美白化粧水に含まれることが多い代表的な成分の名称と、それぞれの特徴を紹介しましょう。 美白効果に加えて過剰な皮脂分泌を抑えたり、肌の弾力をケアできたりするのが大きな特徴です。 皮脂の分泌量が過剰でテカリが出てしまう方や、肌のハリが低下して毛穴がたるんで見えてしまう肌悩みを抱えている方に適しているでしょう。 ビタミンC誘導体は細かく分類すると複数の種類がありますが、そのなかでも美容効果を実感できると人気なのがAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)です。 この成分はほかのビタミンC誘導体よりも浸透性と吸収効率がよいため、美肌効果を実感しやすいのですが、APPSを配合した化粧水は最低でも1本3,000円程度します。 「何よりも効果実感重視!」と考えているなら、APPSに注目して美白化粧水を選ぶといいでしょう。 【こちらもCHECK】ビタミンC誘導体に関連するおすすめ記事はこちら 美白化粧水の近年のトレンド 紫外線ダメージをケアして透明感を引き出す美白化粧水は、ここ数年保湿力があるタイプの化粧水として人気が急上昇中。 近年は7~9月に35度を超える猛暑日が多く、エアコンが効いた室内にいる時間が自然と増えています。 エアコンが効いた室内にいると空気の乾燥により肌の水分量が低下しやすいため、夏でも保湿力がある化粧水が必要です。 普段から室内にいることが多い方は、冬だけでなく暖かい季節も保湿力が高い美白化粧水を使ってスキンケアをしてください。 美白化粧水の人気ブランド 美白化粧水は国内外問わず多くのメーカーが開発しており、以下のブランドが特に人気です。 資生堂• ソフィーナ• ドクターシーラボ• アスタリフト これらのブランドは取扱店が多く、スーパーやドラッグストアの化粧品売り場で簡単に見つけることができます。 はじめて使うものは、テスターを手にとって使用感を確かめておきたい!という方は、大手ブランドの美白化粧水から試してみるといいでしょう。 【こちらもCHECK】美白化粧水に関連するおすすめ記事はこちら 美白化粧水をはじめて買うならここを必ず押さえよう メラニン色素の生成を抑えて肌の透明感を底上げしてくれる美白化粧水は、製品ごとに配合成分や使い心地が異なります。 まずは今の自分の肌質をしっかりチェックして、適した化粧水選びをしましょう。 肌質別に適した美白化粧水は以下の通りです。 オイリー肌:油分が多くテカる肌質 皮脂の分泌量が過剰でテカりやベタつきが気になるオイリー肌には、さっぱりした美白化粧水がおすすめです。 植物オイルやなどの油成分が入っているとベタつきを助長させてしまうため、オイルフリータイプが適しています。 過剰な皮脂で悩んでいるなら、前述の通りビタミンC誘導体を配合した美白化粧水を選んでください。 混合肌(インナードライ肌):表面は皮脂でテカテカ、内部は水分量が低下している肌質 皮脂で化粧が崩れやすいのに、保湿ケアを入念にしても乾燥してしまう……このような混合肌のトラブルに悩む女性が増えています。 ストレスやエアコンによるダメージで油分と水分のバランスが崩れた肌は、とにかく保湿することが大切。 水分量をキープできる美白化粧水で肌のバランスを立て直し、トラブルが起きにくい環境に整えましょう。 毛穴に皮脂が詰まって大人ニキビができやすい肌質の場合は、オイルフリータイプの化粧水がおすすめです。 赤みを伴うニキビを落ち着かせたいのであれば、抗炎症効果を持つ有効成分を配合した化粧水を選びましょう。 【こちらもCHECK】混合肌向け化粧品に関連するおすすめ記事はこちら 乾燥肌:油分・水分両方が少なくカサつく肌質 肌を守る皮脂の分泌が少なく、水分量も低下している乾燥肌には保湿力がある美白化粧水が必要です。 季節を問わずにカサつく肌質には、水分量を保つのに適した・・を配合しているものが適しています。 乾燥肌は油分が不足しているため、美白化粧水のあとは油分を配合した乳液やクリームで素早く保湿ケアをしてください。 乾燥が進んで肌のバリア機能が低下し敏感になっている場合は、刺激を感じにくい美白化粧水でスキンケアしましょう。 赤み・ヒリヒリが出やすい乾燥肌の方は、アルコールや香料を配合していない化粧水がおすすめです。 美白効果をしっかり感じたいなら3~6ヶ月は使い続けるつもりで化粧水を選んでください。 背伸びをして高級なものを購入しても、1本だけで使用をやめてしまっては効果をあまり感じられません。 美白化粧水を選ぶ際には、経済的に負担なく使い続けられるかどうかをしっかり考えましょう。 直接肌につける化粧水はテクスチャーが感覚にあわないと不快感を覚えてしまうため、使用感は必ずチェックしておきましょう。 ベタつく基礎化粧品が苦手ならサラサラしたテクスチャーの化粧水を、しっとり感を求めるならとろみのある化粧水がおすすめです。 美白化粧水の上級者目線の選び方 毎日降り注ぐ紫外線のダメージをケアする美白化粧水は、数え切れないほどのブランドから発売されています。 じっくり選んで満足できる買い物をしたい!という方のために、上級者目線の選び方を紹介。 夏は皮脂分泌が活発になりやすく冬は逆に皮脂が少なくなるため、季節に応じたお手入れをするようにしましょう。 夏になると肌のベタつきやテカりが気になるなら、さっぱりした質感の美白化粧水がおすすめです。 カサつきやすい冬はセラミドやヒアルロン酸など、保湿成分を豊富に含むしっとり系のものに切り替えるのがベスト。 1つだけの美白化粧水にこだわらず、季節の変化にあわせて選びわけてみましょう。 例えば、炎症を抑える成分(グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなど)を配合した美白化粧水は、紫外線ダメージとニキビを同時にケアできます。 そのほかにも水溶性を配合した美白化粧水は、肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)を助けてキメを整える効果も期待できるので、肌悩みを効率的にケアしたいなら、美白成分だけでなく、ほかにどのような成分が配合されているのかもチェックしておくといいでしょう。 【こちらもCHECK】それぞれの効果に合わせた化粧水のおすすめ記事はこちら 美白化粧水の最安値と価格帯の特徴一覧 肌の透明感キープに役立つ美白化粧水は、製品ごとに価格帯に大きな差があります。 予算を決めてから美白化粧水を選びたいと考えている方は、価格帯ごとの特徴をチェックしておきましょう。 最安値 売れ筋・人気 高額・高級品 価格 約500円~ 1,500円~5,000円 約5,000円~ 特徴 安価な原料で作られている美白化粧水はワンコイン価格から購入可能です。 1,000円以上する化粧水に比べると効果を実感しにくい傾向にあるものの、続けやすいことが一番の魅力。 肌のほてりを取るためのローションパックにも惜しみなく使えます。 肌質や悩みにあわせて選べる豊富なラインナップが魅力で、有名国内メーカーの製品も数多く並びます。 ドラッグストアで販売している美白化粧水はこの価格帯が多く、幅広い選択肢があるのが魅力的です。 デパコスブランドの美白化粧水は最低でも5,000円~で、高級品になると数万円にもなります。 美白化粧水おすすめ人気ランキングTOP10 日焼けやくすみをケアして透明感をキープする美白化粧水は、国内外問わず多くのブランドから発売されています。 どれから選べばいいのかわからないという方のために、実力派美白化粧水10本をピックアップ! 人気の製品を「保湿力」「コストパフォーマンス」「浸透性」の3つの基準で筆者がランクづけしました。 向いている肌質や使用感の違いを比較して、今の肌状態にあった美白化粧水を探しましょう! 10位 ベネフィーク マルチコンディショニングローション Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:145mL 美白有効成分:トラネキサム酸 その他の有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム 保湿成分:カモミラエキス、濃グリセリンなど 使用感:さっぱり 詰め替え用:なし 調子が狂いやすい不安定な肌におすすめなのが、資生堂のブランドであるベネフィークの化粧水です。 「マルコン」という愛称で親しまれているこの化粧水は、混合肌の20代に向けて作られています。 乾燥と皮脂によるベタつきを同時に抱えやすい20代の肌をさっぱり潤し、美白と肌荒れケア効果を持つトラネキサム酸が悩みにアプローチ。 保湿成分として配合されているカモミラエキスは肌の水分量キープを助けるだけでなく、透明感アップをサポートする効果もあります。 サラっと軽いテクスチャーでベタつきにくく、とろみがある化粧水が苦手な方にぴったりです。 季節の変わり目や生理前後に大人ニキビができやすい方や、油分と水分のバランスが崩れてキメが乱れている肌質の方に適しています。 9位 ファンケル ホワイトニング 化粧液 Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:30mL 美白有効成分:ビタミンC誘導体 その他の有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム 保湿成分:ゼニアオイエキス、酵母エキスなど 使用感:さっぱり・しっとりの2種類 詰め替え用:なし 元祖無添加化粧品ブランドとして知られるファンケルの美白化粧水は、肌質や季節にあわせて2種類の使用感から選べます。 肌表面がベタつきやすい方にはさっぱりタイプ、乾燥が気になる方にはしっとりタイプがおすすめです。 2タイプともとろみがあるテクスチャーですが、ベタつきが残りにくく浸透性に優れています。 保存料・防腐剤・香料・アルコール(エタノール)をカットした処方で、なるべく添加物を避けてスキンケアしたい方にぴったり。 ビタミンC誘導体がメラニン色素の生成を抑えながら過剰な皮脂をケアし、油分と水分のバランスを整えます。 炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しており、ニキビケアも一緒にできるのが高評価ポイントと言えるでしょう。 アオイ科の植物であるゼニアオイのエキスが炎症を起こしやすい肌を落ち着かせ、水分を与えてやわらかく保ちます。 過剰な皮脂が原因でニキビができやすい肌質の方におすすめです。 アミノシールド、ベニバナエキスなど 使用感:さっぱり 詰め替え用:あり オイルフリー化粧品を取り扱うブランドであるオルビスの美白化粧水は、肌のバリア機能が弱っている方におすすめです。 外部刺激から肌をガードし、バリア機能をキープするW. アミノシールドという保湿成分が、乾燥や紫外線ダメージを受けにくい健康的な肌環境に整えてくれます。 オイル成分を含まない処方で、オイリー肌・混合肌のスキンケアにぴったり。 スッと肌になじむ浸透力のよさがあり、朝のメイク前に手早くスキンケアするのにも向いているでしょう。 しっとり感がある化粧水で保湿すると肌がベタついてしまう方や、オイル成分を含む基礎化粧品を使うとニキビができやすい肌質の方におすすめです。 ニキビのもとができにくい「ノンコメドジェニック処方」で、繰り返しニキビができやすい肌質の方に向いています。 抗炎症効果が期待できるオウバクエキスを配合しており、大人ニキビをケアできるのもおすすめポイント。 月下香という植物から抽出したチューベロース多糖体とは水分を保つ効果に優れた成分で、ヒアルロン酸の10倍の保水力があるといわれています。 ユーカリエキスは肌内部に存在するセラミドの働きを助け、水分が逃げにくい環境に整えてくれる成分です。 アルコールフリーでヒリヒリを感じにくく、部分的に敏感になりやすい混合肌でも使いやすいのが高評価の理由といえるでしょう。 ビタミンC誘導体が美白効果を与えながら過剰な皮脂分泌を抑え、油分と水分のバランスを整えてくれます。 とろみがあるリッチなテクスチャーですが浸透が早く、ベタつきが残りません。 さっぱりした化粧水だと保湿力が物足りないけれど、乾燥肌向けのしっとりした化粧水だとベタベタするという肌質で悩んでいる方におすすめです。 【こちらもCHECK】「ソフィーナ ジェンヌ 混合肌のための高保湿化粧水」とおすすめのスキンケアを紹介している動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:170mL 美白有効成分:4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩) その他の有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム 保湿成分:水溶性コラーゲンなど 使用感:さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3種 詰め替え用:あり 保湿力がある化粧水が好みの方におすすめしたいのが、資生堂の人気スキンケアラインであるエリクシールホワイトです。 3種類の使用感から選べる美白化粧水で、しっとり・とてもしっとりの2つはとろみがあります。 さっぱりタイプはサラっと軽い質感でも保湿力がしっかり感じられ、表面がベタつくのに肌内部が乾燥する混合肌の方にぴったりです。 この美白化粧水は資生堂が独自に開発した4MSKという有効成分を配合しており、これは4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称で、メラニン色素の生成を抑えるだけでなく肌に溜まったメラニンの排出を助ける効果を持つのが、ほかの美白成分と違うところです。 20代のころは日焼けしても自然に肌色が戻ったのに、最近はくすみが抜けないという悩みを抱えている方に適しているでしょう。 【こちらもCHECK】エリクシール「ホワイト クリアローション」のレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:150mL 美白有効成分:APPS その他の有効成分:- 保湿成分:コラーゲン、アミノ酸など 使用感:しっとり 詰め替え用:なし ドクターズコスメブランドとして知られるドクターシーラボの化粧水は、APPSと呼ばれるビタミンC誘導体を配合しているのが特徴です。 この成分は「浸透型ビタミンC」ともいわれるもので、従来のビタミンC誘導体よりも浸透性に優れています。 効率よくビタミンC成分が肌に届けられるため効果を実感しやすく、ビタミンC配合化粧品特有のツッパリ感やベタつきが残らないのも魅力のひとつです。 とろみがあるしっとりした使い心地で乾燥肌でも満足できる保湿力がありながら、肌表面がヌルつかないのが高評価ポイント。 APPSを配合した化粧水は100mLで3,000円を超えるものが多いですが、こちらの化粧水は150mLで3,000円台とコストパフォーマンスに優れています。 保湿力がある美白化粧水を探している方や、過剰な皮脂と乾燥に悩む混合肌の方におすすめです。 水分量が低下した角質層に水分を抱え込ませるケラチン繊維(たんぱく質の一種)を配合しており、乾燥が原因でごわつく肌をやわらかく整えます。 ブランド自体は30~40代向けですが、乾燥に悩む20代女性にも人気があります。 しっとりタイプはサラっとしたテクスチャーで浸透性がよく、とてもしっとりタイプは肌表面にモチモチ感が残る使用感で、浸透性のよさを求める方にはしっとりタイプが適しているといえるでしょう。 普段からエアコンが効いた室内にいることが多く、一年を通して肌の乾燥が気になる方におすすめの美白化粧水です。 玄米成分がストレスによる肌荒れやざらつきをケアし、季節の変わり目や生理前後にゆらぎやすい肌を整えます。 とろみがあるしっとりした質感ですが、肌表面にベタつきは残らない浸透性のよさがあり、スキンケアを手早く済ませたい方におすすめ。 細胞が糖分と結びついて起こる糖化による黄ぐすみもケアできるのが高評価ポイントといえるので、日焼けによるくすみだけでなく、肌が黄色っぽくくすむ悩みを抱えているなら、ジバンシイの美白化粧水でのケアをはじめてみてください。 2位 アスタリフト ホワイトブライトローション Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:130mL 美白有効成分:アルブチン その他の有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム 保湿成分:コラーゲン、海藻エキスなど 使用感:さっぱり 詰め替え用:あり 年齢が気になり出す40代からのスキンケアにおすすめなのが、富士フイルムのブランドであるアスタリフトの美白化粧水です。 有効成分アルブチンがメラニン生成を抑えるだけでなく、エイジングケア成分であるが肌の老化をケア。 アスタキサンチンとはエビやカニなどに存在する天然の赤い色素のことで、肌老化の原因のひとつである活性酸素を除去する効果があります。 紫外線やストレスによって発生する活性酸素が肌細胞を傷つけて老化を進めてしまうのをブロックし、ハリ低下やくすみをケアしてくれるのがこの美白化粧水の大きな魅力です。 美容成分をナノ化(分子を小さくする技術)してあるため浸透が早く、次の保湿ステップにすぐ移れるのも人気の秘密といえるでしょう。 サラっとしていて軽いつけ心地なのに保湿力があり、乾燥による肌トラブルもケアできます。 肌年齢が気になってきた方や、紫外線やストレスのせいで肌に疲れを感じている方におすすめです。 【こちらもCHECK】アスタリフト「ホワイトブライトローション」の使い方を紹介している動画はこちら 1位 サエル ホワイトニング ローション コンセントレート 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:125mL 美白有効成分:アルブチン その他の有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム 保湿成分:セラミド、海藻エキスなど 使用感:しっとり 詰め替え用:あり 乾燥やストレスのせいでバリア機能が低下し、赤みやヒリヒリを感じやすい敏感肌におすすめなのがこちら。 低下したバリア機能を正常化するパルマリンという成分がキメを整え、刺激に弱い肌をしっとり潤します。 美白成分のなかでも作用が穏やかで刺激を比較的感じにくいアルブチンを配合してあるのがおすすめポイント。 水分キープに優れているヒト型セラミドを配合しており、保湿力を求める方におすすめです。 ややとろみがあるテクスチャーですが浸透性がよく、肌にのせるとスッと入っていく使い心地も高評価ポイントといえるでしょう。 しっとり感と浸透性のよさを両立した優秀な美白化粧水です。 【こちらもCHECK】サエル「ホワイトニング ローション コンセントレート」の使い方を紹介している動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:180mL 美白有効成分:アルブチン、ビタミンC誘導体 使用感:さっぱり系 詰め替え用:あり プチプラで高品質なことで評判を呼んでいるちふれ化粧品の美白化粧水は、有効成分をダブルで配合。 アルブチンとビタミンC誘導体が肌の透明感をキープし、紫外線ダメージをケアしてくれます。 サラサラしたテクスチャーでさっぱりしており、とろみがある化粧水が苦手な方におすすめです。 ちふれ化粧品は全国のドラッグストアで購入でき、使い切ったらすぐ買い足せるのも魅力のひとつといえるでしょう。 皮脂分泌量が多く肌表面がベタつきがちなオイリー肌の方や、水分と油分のバランスが崩れがちな混合肌タイプの方におすすめです。 4位 アクアレーベル ホワイトアップ ローション Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:200mL 美白有効成分:トラネキサム酸 使用感:さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3種 詰め替え用:なし 資生堂のスキンケアブランドであるアクアレーベルは、とろみがある美白化粧水が人気です。 季節や肌質にあわせて3つの使い心地から選べるのがおすすめポイントで、「夏になったらさっぱりしたものに切り替えたい」「秋にさしかかってきたからもう少ししっとりした化粧水が使いたい」というニーズに応えてくれます。 美白有効成分として配合されているトラネキサム酸は、抗炎症効果も持つのが特徴。 乾燥した肌を潤すアミノ酸も配合しており、ドライに傾きがちな大人ニキビ肌をケアするのにもおすすめといえるでしょう。 【こちらもCHECK】アクアレーベル「ホワイトアップ ローション」おすすめのスキンケアを紹介している動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:140mL 美白有効成分:ビタミンC誘導体 使用感:ややしっとり・しっとり・とてもしっとりの3種 詰め替え用:なし 乾燥が原因で赤みやヒリヒリを起こしやすい「乾燥性敏感肌」の方におすすめなのが、刺激を受けやすい肌向けのスキンケアブランドであるキュレルの美白化粧水です。 肌の水分をキープする成分であるセラミドの働きを助けるユーカリエキスを配合しており、しつこい乾燥をケアしながら美白できるのが人気のポイント。 刺激のもとになりやすい香料・着色料・アルコールを含まない処方で、敏感な肌をいたわりながら保湿します。 肌の乾燥がひどくサラっとした化粧水では物足りない方や、もっちりとした仕上がりの化粧水が好みの方におすすめです。 【こちらもCHECK】キュレル 美白化粧水のレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:170mL 美白有効成分:トラネキサム酸 使用感:しっとり・ノーマルの2種 詰め替え用:あり ベタベタする化粧水は苦手だけれど、保湿力を求めたいという方にぴったりなのがこちらの化粧水です。 ロート製薬のスキンケアブランドである肌ラボの浸透美白化粧水は、ネーミングの通り浸透性がよく肌表面にベタつきが残らないのが特徴。 分子の大きさを小さくしたナノ化ヒアルロン酸を配合しており、肌へ素早く潤いを届けます。 美白効果に加えて抗炎症作用を持つトラネキサム酸を配合しており、肌荒れケアも一緒にできる優秀な化粧水です。 もっちりした仕上がりのしっとりタイプとサラサラしたノーマルタイプがあり、季節や肌の調子にあわせて選びわけできるのも人気のポイントといえるでしょう。 コストパフォーマンスがよいため、コットンパック用の化粧水として使うのもおすすめです! サッと肌になじむ美白化粧水が好みの方や、肌荒れ対策をしたい方に適しています。 1位 メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水 Amazonの情報を掲載しています 保湿力 浸透力 コストパフォーマンス 総合おすすめ度 内容量:170mL 美白有効成分:ビタミンC誘導体 使用感:スーっとした清涼感があるさっぱり系 詰め替え用:あり ロート製薬のプチプラ美白ブランドであるメラノCCの化粧水は、スーっとした清涼感ある使い心地が特徴です。 ほてりをしずめるメントールを配合しており、運動や入浴で熱がこもった肌をクールダウンさせてくれます。 肌表面にベタつきが残らない浸透性のよさがあり、湿度が高い季節のスキンケアにぴったりで、また爽やかなかんきつ系の香りがする化粧水なので、レモンやオレンジなどの香りが好みの方におすすめできるでしょう。 美白有効成分であるビタミンC誘導体が紫外線ダメージをケアするほか、炎症を抑える効果を持つグリチルリチン酸ジカリウムがニキビをケアします。 プチプラ美白化粧水のなかでも値段がお手ごろで詰め替え用もあり、コストパフォーマンスのよさはトップクラス。 コットンにたっぷり含ませてローションパックに惜しみなく使えます。 美白とニキビケアが同時にできる化粧水を探している方や、清涼感を楽しめるものを使いたい方におすすめです! 【こちらもCHECK】メラノCC「薬用しみ対策 美白化粧水」のレビュー動画はこちら 美白化粧水の使用上の注意点 肌の透明感を底上げしてくれる美白化粧水は、正しく使ってこそ効果を実感できます。 パッケージやボトルの裏側には化粧水の使用目安量が記載されています。 メーカーが推奨している量より少なく使うと、美白効果や保湿力を実感できない場合があるので必ずチェックしておきましょう。 また化粧水は量を多く使っても効果が倍増するわけではありません。 使いすぎはコストパフォーマンスも下げてしまうので、推奨量を大幅に超えることなく、適量を守ってスキンケアしましょう。 せっかく買ったから多少トラブルがあっても使い切ろう!と無理をすると、肌荒れや赤みがひどくなることがあります。 美白化粧水に配合されている成分があわず、アレルギー反応を起こしている可能性があるため、違和感を覚えたら使うのをやめてください。 刺激に弱い敏感肌の方や今まで化粧品によるトラブルを起こした経験がある方は、二の腕でパッチテストをしてから使うことをおすすめします。 パッチテストのやり方は以下の通りです。 お風呂上りに、テストしたい化粧水を二の腕に10円玉大塗る• 30分後(塗ってすぐの状態)と48時間後(成分が浸透して日数が経った状態)の肌の様子をチェックする• 赤みやアレルギー反応がなければ顔に使用する パッチテストをして異常が現れなければ顔に使っても問題ありませんが、季節の変わり目や体調不良時など、肌が敏感なときは赤みが出てしまうこともあります。 その場合は刺激を感じにくい基礎化粧品に切り替えて肌を休ませるなど、負担をかけないスキンケアをしましょう。 化粧水で肌を整えたあとは乳液やクリームなどで必ず油分を補い、水分の蒸発をブロックしてください。 【こちらもCHECK】乳液やクリームに関連するおすすめ記事はこちら 美白化粧水のあとは、どんな基礎化粧品を使うべき? スキンケアに使う美白アイテムは化粧水だけでなく、美容液や乳液など種類が豊富です。 いろいろあると選ぶのは楽しいけれど、どうやって使いこなせばいいのかわからない!と悩んでしまう方のために、美白化粧水のあとにどんな基礎化粧品を使うべきかを解説します。 紫外線ダメージを集中ケアするなら、美白化粧品で統一しよう 毎日降り注ぐ紫外線は季節によって量が異なり、5~8月が最も多くなります。 12~2月の冬場に比べるとピーク時は紫外線量が約2倍になるため、美白化粧水だけではケアが追いつかないこともあるでしょう。 化粧水は水の割合が多く、美白有効成分の量が美容液やクリームに比べると少ない傾向にあります。 紫外線量が多い時期には、化粧水・美容液・乳液(またはクリーム)のすべてを、美白有効成分配合のものに切り替えるのがおすすめです。 シミを作らせたくないなら美容液は必須 将来できてしまうかもしれないシミ・そばかすをケアしたいと本格的な美白を考えているなら、一年を通して「美白化粧水+美白美容液」でのスキンケアをするのがおすすめです。 美容液は基礎化粧品のなかでも比較的美容成分の濃度が高めで、美白効果を実感しやすい傾向にあります。 一年を通して美白化粧品のダブル使いを続けていれば、季節や肌の調子にあわせる乳液やクリームは好みのものを選んでもOK。 紫外線量が増える季節は基礎化粧品をすべて美白タイプに変え、冬場はクリームを保湿力に特化したタイプに変えるなど、肌質にあわせて工夫してみてください。 【こちらもCHECK】美白美容液に関連するおすすめ記事はこちら.

次の

美白化粧水おすすめ!美容家の逸品&人気ランキング10選

美白化粧水

美白有効成分• ビタミンC誘導体• トラネキサム酸• アルブチン• コウジ酸• ハイドロキノン ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、コラーゲンの産生を促進、活性酸素の除去作用、メラニン産生抑制、還元作用などの効果が認められています。 トラネキサム酸 トラネキサム酸は、もともと出血を抑えるために用いられていた人工アミノ酸の一種。 シミ(肝斑)の予防や改善に効果があります。 アルブチン アルブチンは、メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。 シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できるとされています。 コウジ酸 コウジ酸は、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑える効果があるとされています。 ハイドロキノン ハイドロキノンは チロシナーゼの活性を阻害し、新たなメラニンの生成を防ぐ効果があります。 医薬部外品を選ぶ 美白化粧水は、有効成分を配合した医薬部外品を選ぶのがおすすめ。 医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。 薬用と記載されているものも同じ意味をもちます。 (薬用=医薬部外品) 保湿力が高い化粧水を選ぶ 保湿力が高い化粧水を選ぶようにしましょう。 肌が乾燥すると、ターンオーバーの乱れからシミ・そばかすなどができやすくなります。 保湿をするだけでも肌のくすみが改善され、肌がワントーン明るくみえる効果があります。 代表的な保湿成分• セラミド• ヒアルロン酸• コラーゲン 適量を使い続けられる価格の化粧水を選ぶ 適量を使い続けられる価格の化粧水を選ぶことも大切。 美白を効果を求めるなら、数ヶ月単位で継続的に美白化粧水を使い続けましょう。 つける量が少ないと、肌への摩擦、付けムラ、乾燥などの原因にもなります。 パッチテストをする パッチテストとは、初めての化粧品を使う前にアレルギー反応がないかを確認することを言います。 どんなに優れた化粧水でも肌に合わなければ、逆効果になっていしまいます。 初めて使う化粧品はパッチテストをすることをおすすめします。 パッチテストのやり方は、化粧水を二の腕の内側に塗り、48時間後にアレルギー反応や刺激反応がないかを確認。 トライアルセット、サンプルなどでテストすることをおすすめします。 スキンケアの基本である 保湿、新陳代謝を高める 血行促進効果、メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ 美白効果、これらの特徴をもつ今最も注目されているスキンケアラインです。 ヘパリン類似物質という美容感度の高い人なら必ず知っている有効成分。 そして、 プラセンタ、 アミノ酸、 セラミドを配合。 1 ヘパリン類似物質 ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、主に 「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、乾燥肌や肌荒れに優れた効果があります。 2 プラセンタエキス プラセンタエキスは、 メラニンの生成抑制の機能がある美白有効成分です。 アミノ酸やビタミン類など肌にもともとある成分が多く含まれており、肌へなじみやすい成分です。 プラセンタは、栄養素の多さから、シミやシワの予防、ハリや弾力を高めるなどの美肌効果があると言われています。 紫外線が強くなる汗をかきやすい季節にもおすすめできるスキンケアラインです。 4 無添加処方 無香料・界面活性剤フリー・エタノールフリー・防腐剤フリー・無鉱物油・無着色料・アレルギーテスト済・パッチテスト済で低刺激処方。 メラニンの生成抑制の機能がある美白有効成分プラセンタエキスを配合。 2つの薬用有効成分が、十分に保湿しながら、メラニンの生成を抑え日焼けによるしみ、そばかすを防ぎます。 ヘパリン類似物質が肌を保湿しながら整え、肌のターンオーバーの乱れに働きかけます。 【デパコス】美白化粧水のおすすめ人気ランキング6選 デパコスの美白化粧水のおすすめ人気ランキングを紹介します。 ETVOS エトヴォス バイタライジングローション アルガン幹細胞配合の贅沢な40代のエイジングケア化粧水 アルガン幹細胞、 45種類のヒト型セラミド、浸透型 ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、 アミノ酸(天然保湿因子)を配合した贅沢なエイジングケア化粧水です。 アルガン幹細胞は、 ハリ・ツヤあふれる肌へ。 5種類のヒト型セラミドが肌を整え、乱れがちなリズムをサポート。 浸透型ヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体、アミノ酸(天然保湿因子)が 乾燥から肌を守ります。 シリコン、パラベン、合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、タール系色素不使用。 とろみのあるテクスチャーで、柔らかいローズ調の香り。 bglen ビーグレン QuSomeローション シミ・シワ・たるみをケアする成分を惜しみなく配合した濃厚美白化粧水 シャクヤクエキスを配合し、光老化の原因 炎症に働きかけハリとシミに一挙にケア。 メラニン生成を四重にブロックする ピュールブランW配合。 コラーゲンの分解をストップして、 お肌のハリを守るSTミラバランも配合。 角質層のすみずみまで浸透し、 乾燥肌にもなじんで整えます。 高い保湿力でありながらべたつかず、肌にのせた瞬間にすーっと浸透。

次の

美白化粧水ランキング上位は?プチプラのちふれ、無印も!「美白化粧水」で秋肌づくりをはじめよう

美白化粧水

その他3商品に大きな差は見られませんでした。 どの化粧水も肌につけた時はスッと浸透していくので「浸透力がない」というわけではありませんが、化粧水は次使うアイテムの浸透を高める役割があります。 しっかり浸透して、できるだけ肌をほぐしてくれる美白化粧水だと、次使い美白美容液や美白クリームの浸透も高くなるので、アスタリフトホワイトやサエルのようにしっかり浸透してくれるものが好ましいですね。 では、この実験も踏まえ、何が1番良い美白化粧水かランキング化してみましょう。 シミ・くすみの元に働きかけるので、日々のスキンケアでの美白ケアが可能です。 また、3種のコラーゲンも配合されているので、基本の 保湿機能も十分に果たす化粧品といえます。 ドラッグストアで購入もできますが、まず試してみたい方はWebでトライアルセット購入した方がお肌にも良いです。 加えて、若干ではありますが、エトヴォスは変色範囲がその他と比べると若干多いように見えます。 ただ、リプロスキン・ノブAC・アンプルールは、どれも同じくらいのように見られます。 また、変色はあるものの、何も塗らなかったじゃがいもと比べると比較的キレイです。 この3つの決着をつけるべく、 より詳しい美白成分分析・抗炎症成分の配合内容を見て、人の肌でどう働くかを調査してみましょう。 美白化粧水(ニキビ跡対策)ランキング ニキビ跡をケア 美白力 しながらも、ニキビ予防(ニキビケア力)も出来るものを、美白力と抗炎症効果で比較した結果がこちらです。 跡が目立たなった後は通常の美白化粧水に切り替ると美白ケアができるので、今回は価格よりも品質を重視しています。 ニキビ跡はしっかりケアしつつも美白効果も期待できます。 ですが、即効性はないので、より早く美白ケアしたいなら美容液の併用をおすすめします。 Amazonや楽天ではリニューアル前の商品だったり、転売品で割高だったりするうえ、公式ページだけの特典である60日の返金保証制度の権利がつかないのでご注意ください。 人気のプチプラコスメ、美白化粧水は効果があるか? ランキング内の候補にはできませんでしたが、市販のドラッグストアで買えるお手軽な美白化粧水、いわゆるプチプラコスメについて調べました。 美白ケアをしたい方が使うべき化粧水は上述したように、 1位: 2位: 3位: ですが、 「化粧水を切らしてしまった!」と、急いでドラッグストアに駆け込むこともあるので、調査してみました。 今回はドラッグストアの中でも、比較的安く、よく見かけるものを選んでみました。 左から順に ・ アクアレーベル ホワイトアップローション ・ キュレル Qurel 美白化粧水II ・ 肌研 白潤 ・ ちふれ 美白化粧水W ・ ハトムギ化粧水 です。 以下、成分や処方を踏まえ、美白力と保湿力の位置づけ結果です。 他には、保湿成分でヒアルロン酸、透明感を引き出すユキノシタエキス等が配合されていますが、 これまで紹介した化粧品と比べると有効成分は少なめです。 同じ資生堂なら、上述3位のエリクシールホワイトの方がおすすめですね。 成分・処方的にも、エリクシールの方が美白ケア&保湿が徹底できます。 ただ、m-トラネキサム酸は優れた美白成分なので、 もしもの時にはアクアレーベルが役立ちます。 例えば、野菜やフルーツも産地や糖度、育て方などによっておいしさが変わりますよね。 それと同じなのです。 繰り返しになりますが、高い=効果があるわけではありません。 ですが、価格は1つの目安になる、と心に留めて頂ければと思います。 美白化粧水の効果を引き出すおすすめスキンケア方法 美白化粧水の効果を引き出すためには使い方にも気を使わなければなりません。 自己流でつけるのは逆効果ですし、使い方や使用する分量はメーカーによって若干変わってきます。 まずは基本的な使い方を確認して、それ通りにスキンケアしましょう。 ただし、肌荒れしている場合は無理に化粧水を使わず、クリームのみで肌ケアしてくださいね。 また、手でつけるより塗りムラになりやすいです。 シミ・くすみのない美肌を手に入れるためには、まずは正しいお手入れが基本です!もし間違っていたものがあれば、今日から正してみてくださいね。 美白化粧水はどのくらい使えば肌が変わる? ご存知の通り、肌にはターンオーバーという新陳代謝機能があります。 このターンオーバーは約28日周期で行われているのですが、28日経ったからといって肌が劇的にキレイになるわけではありません。 こんにちは!「アンチエイジングの神様」管理人の安藤美和子です。 シミ・くすみ・ニキビ跡ケアは、どれも短期的なケアで解消はできません。 そのため予防をすることが大切になります。 シミができる原因の8割以上が紫外線! 年齢とともにシミが気になりだしますが、その原因の8割は紫外線です。 肌は紫外線を浴びるとメラノサイトが刺激されます。 すると、メラノサイトがシミの原因となるメラニン色素を放出するのです。 「日焼け肌」になるのも、このメラニン色素が原因です。 普通であれば、このメラニン色素は肌のターンオーバーとともに垢(汚れ)となって剥がれ落ちます。 しかし、 ターンオーバーが乱れているとメラニン色素が肌に留まり、定着してシミとなってしまうのです。 SPF値は日焼け止めを塗って、肌がダメージを受けるまでの時間を指し、その時間は 「SPF1=20分」となっています。 SPF20で約8時間カットできるので、普段はSPF20で問題ないということなのです。 他にも、パウダーファンデーションを使うのも有効的です。 パウダーファンデーションには紫外線散乱剤が含まれているので、紫外線対策にも役立ちます。 美白のためには肌のうるおいも重要です! メラニンの生成を抑えるのは美白成分の役割です。 ですが、美白成分だけではシミ・くすみ・ニキビ跡の改善は見込めません。 肌は乾燥するとターンオーバーが乱れ、古い肌細胞(角質)が居座り続けます。 すると、いつまでたってもキレイで新しい肌細胞が、肌表面に表れることができないのです。 そこで肌をうるおすことが非常に重要になります。 ここで1つ忘れてはいけないのは、化粧水に配合しやすい保湿成分と配合しにくい保湿成分があるということです。 例えば、高い保湿力で定評のあるセラミドは油溶性のため、水が多い化粧水には配合しにくいのです。 化粧水の保湿成分は、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸がおすすめですよ。 洗顔後に肌がつっぱる方やシワにも悩んでいる方はこのタイプ。 甘いものが好きな人に多い。 むくみやすい人や運動不足の方はこのタイプ。 古い角質によってくすんで見える。 メラニンくすみは、シミケアしたい方と同じくメラニンの生成を抑える化粧水を選びましょう。 その他のくすみは、美白化粧水よりも効果的なものがあるので、の記事を参考にしてみてください。 業界の裏事情!美白化粧水の効果にまつわる2つの真実 もともと筆者は、化粧品メーカーに勤めていました。 仕事の内容としては、主にプロモーションを担当していましたが、化粧品の企画やお客様やモデル様への美容アドバイザーも経験し、担当は美白化粧品でした。 実はこの業界の裏側には、 一般消費者のみなさんは知らない真実が隠されているのです。 もちろん全てのメーカーに当てはまるわけではありませんが、一部こうした裏情報もあることを心に留めておいてください。 隠された真実2 広告の体験談はサクラの可能性も… 薄々気づいているかもしれませんが、広告によく記載されている体験談のお客様はモデルさんである可能性が高いです。 副業として、あるいは主婦のかたわら仕事として取り組んでいるというわけです。 ただ、それ自体は特段問題ありません。 1番問題なのは、あまり使用もしていないのに効果があったと語っている場合です。 それではイメージモデルと変わらないですよね。 もちろん、実際のご愛用者の方である場合や、数ヵ月使ってもらって効果が出たモデルさんに協力してもらっているメーカーもあります。 ただし、本当に使ってもらったかどうかを見分けるのは難しいので、 あくまでも参考程度として見た方が良さそうです。 間違って認識しているものはありませんでしたか? もちろん、これらの情報について 全てのメーカー・商品に当てはまるわけではありません。 むしろ、「お肌に悩んいる女性を助けたい」と、1人でも多くのお客様の一助となれるよう、日々熱心に研究・開発、お客様サポートをしている場合がほとんどだと筆者は感じています。 実際、筆者が以前勤めていた会社も同様で、お客様から寄せられるご意見は、全社員毎日チェックしていました。 「雑誌で人気だから」「なんとなく効果がありあそう」で美白化粧品を選ばず、中身や処方も確認して自分の肌と向き合ってくださいね。 効果を検証|敏感肌の美白ケアに!おすすめオーガニック化粧水 上述したように、シミ・くすみの原因はメラニンです。 医薬部外品は明確に「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」と言える化粧品です。 とはいえ、化粧品を探す際、限りなく肌にやさしいものや、オーガニック製品にこだわりたい女性も多いはずです。 ですが、 オーガニックコスメは自然成分でできているので、当然ながら医薬部外品ではありません。 効果がないというわけではありませんが、オーガニックコスメに肌本来の力をじっくり引き出す化粧品です。 医薬部外品と比べると、美白ケアの実感力には大きな差があります。 美白ケアを徹底するのであれば医薬部外品がオススメです。 おすすめのオーガニック美白化粧水を見る(ページ上部へ) これまでご紹介した美白化粧水は、どれも敏感肌にも使える美白化粧水なので、まずはトライアルセットで試して、合う・合わないを判断することをお勧めします。 美白化粧水で化粧でごまかさない美肌に! 明るくて透明感あふれるお肌は、女性に憧れですよね。 でも「美は1日にしてならず」と言うように、美肌づくりは長期戦です。 特に美白ケアは保湿ケアなどと違って即効性を感じにくいスキンケア。 ですが、毎日のスキンケアが積み重なることで、1ヵ月後、半年後、1年後と嬉しいお肌の変化を実感できるはずです。 だからこそ、日々のお手入れを「楽しむ」意識で取り組んでみてくださいね。 肌にハリを与えたり、皮脂の分泌を抑制するので、アンチエイジングやニキビ対策にも活躍します。 シミの大元であるチロシナーゼに直接働きかけ、メラニン生成を防ぐ。 メラニン色素を除去する働きもある。 メラニンの生成を抑える働きをする。 シミを作り出すチロシナーゼに働きかけ、若々しさや透明感を引き出す作用がある。 比較的肌への刺激が少ない。 正式名称は「4-n-ブチルレゾルシノール」。 メラニン色素を作るメラノサイトが増殖・活性化するのを防ぐ。 チロシナーゼを分解して、メラニンの生成を防ぐ。 ハーブのカモミールから抽出される。 「メラニンを作れ」という指令にアプローチし、早い段階でメラニンの生成を抑制する。 メラニン生成を抑制しつつも、シミ部位で生じているターンオーバーの不調に作用して、溜まったメラニンを排出する。 チロシナーゼの活性化を防ぐのではなく、チロシナーゼの成熟を阻害する成分です。 メラニン色素のもととなるチロシナーゼという酵素を阻害する。 炎症を抑える作用もある。

次の