バイク プラグ コード。 プラグコードの改良

バイクのプラグコード交換

バイク プラグ コード

走行距離3,000km~5,000kmで交換 とされています。 ここで言うメーカーはNGKさん。 スパークプラグの大手メーカーですね。 国内のバイクメーカーである、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキもNGKのプラグを純正で多く採用しています。 ちなみに、NGKだけでなくDENSO(同じくプラグで有名)でも、バイクの場合には3~5,000kmでの交換を推奨しています。 そのため、 メーカーの推奨で言えば、3,000km~5,000km走行したら交換するのが適切と言う事です。 バイクと車ではプラグの交換時期が違う 車(4輪)の場合、車検の時にしかプラグを交換しないと言う人も多いと思います。 人によっては車検の2年に1度のタイミングだと、20,000km以上走行しているケースも少なくないでしょう。 ただ、車の場合には20,000kmでのプラグ交換でも問題ないのです。 なぜなら、車とバイクの交換時期は大きく異なるため。 NGKによると、一般的なプラグの交換時期は以下のようになっています。 【 プラグの交換距離の目安(NGK 】 四輪車 15,000~20,000km 軽四輪車 7,000~10,000km 二輪車 3,000~5,000km なぜ、車とバイクではこれほど違うのでしょう。 スパークプラグは、使用しているうちに電極が消耗して火花ギャップが広がっていきます。 (ギャップとはプラグの先の隙間のことです) ギャップが広がっていく事で火花の飛びが悪くなり、交換時期を迎えると言うわけです。 ポイントになるのは、 火花を飛ばすことで消耗すると言う事。 つまり、同じ1,000kmを走る場合でも、車よりバイクの方がたくさん点火(消耗)していると言う事です。 言い換えると、 バイクの方が車より高回転で走っていると言う事です。 確かに一般論では、常用回転数は 普通自動車>軽自動車>バイク と言っても間違いないでしょう。 バイクは車よりたくさん火花を飛ばしているから、交換時期が早いと言う事ですね。 バイクでも1万kmくらいはプラグ交換しなくても平気? メーカー推奨の交換目安が3~5,000kmと言うのはさておき、バイクでも10,000km以上交換しない人もたくさん居るのではないでしょうか。 また、それでも問題ないというケースも多いでしょう。 プラグに限った事ではありませんが、消耗部品である以上、 バイクの種類や使い方にも左右されることは間違いありません。 例えば、同じバイクでも• 加速がスムーズになる• エンジンの始動性が良くなる• アイドリングが安定する• 燃費が良くなる などの効果があります。 しかも、明らかに体感できることも多いです。 プラグは、エンジンの動かすために、混合気に点火するという非常に重要な役割を担っています。 そのため、特に問題がなかったとしても、10,000kmほど走行した時は交換することをおすすめします。 また、早めに交換したとしても、良いことはあっても悪影響はありません。 イリジウムプラグの寿命は長い? 一般的に、イリジウムプラグは高寿命だと言われています。 ただ、一概には言えないので注意が必要です。 高寿命なのは「中心電極と外側電極の両方が貴金属のタイプ」。 バイクのプラグは、イリジウムプラグでも「中心電極のみ貴金属の片イリジウムプラグ」のものがほとんどなのです。 そのため、バイクの場合はイリジウムプラグでも3,000km~5,000kmで推奨されています。 (交換目安8,000km~10,000km) 一概に「イリジウムプラグ=高寿命」ではなく、中心電極と外側電極それぞれの素材の問題と言う事になります。

次の

プラグコードの改良

バイク プラグ コード

プラグコードの改良 NGKのプラグコードキットをつけてみた 交換方法や効果と結果 よくある 効率アップのようなパーツを付けてみる改造・・・ 燃費アップグッズや電気系統のUPの品が数々売られている。 しかし効果のほどは・・?? というのが多いが こういうのは 付け替えて変化を楽しむ改良品だと思えば 楽しめる (当然効果なしもあるが それ自体を楽しむ) バイク小僧の時はいろいろ試した。 回りのウワサを聞いたりして、改良や速くなったパワーアップを仲間内で楽しむ。 今更こんなことをするとは思ってもいなかった。 安いキットなので買ってみるのは手軽だが、取り付けないといけない。 こういう手間暇と効果アップを楽しめるかがバイク小僧になる必要がある。 (バイク小僧はヒマと好奇心だけはいっぱい プラグコードを効率品に変えてみる改造 純正のプラグコードとキャップは一体品に見えるがそうでなく(知る限りでは)、コードにキャップのネジの接点をねじ込む構造になっている。 NGK パワーケーブルキット NGKが出しているパワーケーブルとプラグキャップなどのキットを付けました。 左 NGKキット 右 純正 昔から、ちょっとした効果アップのメンテとして、プラグキャップを外し、コードを少し切ってまたねじ込むのが昔から知られています。 古びてくると接触などの問題で接続が弱くなる、そこを新たにちょっと切って新しいところにいれるとちょっと接点の調子がよくなる ということらしいです。 パワーアップの原理は? もっとも電圧が必要なプラグ部分なので、ここは少しの抵抗でも減ると効果があるようで古いバイクでは効果が体感できることもある。 そこを 一体型で電気の効率のよいコードとキャップにするキット スパーク電圧が少しでも改善すれば、火花がよくなってエンジンレスポンスが変わるのだ(原理上の) 市販の効果アップの製品の効果はまちまちだが、 NGKがじきじきに出している取り付け品なので トライしました。 NGKサイトより もちはモチ屋 = NGKが出しているのでそれなりの効果は期待 一応 性能測定の表がある NGKパワーケーブル キット 価格:1,900円(税込、送料別) 純正のコードの径に合わせて選ぶ。 色も選べる。 色がカラフルなのが魅力でもありました。 赤 青など プラグキャップの形状もいくつか種類あって選べます。 純正と形状の似ている V型にしました。 キャップとコードが一体なので、他端のコードの根本から付け替える方式。 バイク本体ののプラグコードの根本もねじ込み式になっています。 しかし、 コードの径が このNGK製品が純正の(つまり元のコード)より1mmほど太いのでそのまま付け替えられない。 (アダプターが付属) 上側の根本が付属の接続ジョイント(アダプター) これがケーブル径の違いを吸収 NGK パワーケーブルの効果 結論から・・ さて エンジン始動 普通に始動できる。 走り出すと 力強い! 低速トルクがアップしている 体感できる力強さです 低速でアクセルを開けると ググッとそれに付いてくる手応えが感じられる。 さすがはNGK といったところかな。 これなら装着してよかったと思えるね。 しばらく乗り慣れると忘れるんだけど こういうのは変化を楽しむものなのだ と思っている。 プラグ交換やバルブクリアランスと一緒にやったので、燃費の効果はよくわからないけど燃費にも効果はあるでしょう。 車、バイクは電装、電気の知識ある人が周りにほとんどいないものです。 高校生当時は電装系は壊れたら怖いので、勇気に機材にお金もないのであまり手を出さなかったところ。 今はいろいろ経験と技術上がったので、勇気もいっぱい。 取り付け方法 製品説明の取り付け方法では、 純正のコードの根本近くをちょん切り・・付属のアダプターでこのNGK製品のコードと接続するようになっている。 コードをちょん切る!というのも勇気がいるので、 1mmの差なら無理矢理ねじ込むつもりでいたが・・ 取り付け説明の注意に そういうことする人がよくいますが 、そんなことしないように・・・ との趣旨の注意があった。 (見透かされているようです・・) 根本付近をちょん切って、アダプターで接続。 たしか、このような説明書は付属してなかった記憶なので、参考に。 取り付けには、(車種のプラグケーブルの直径によっては)プラグケーブルを切断します。 ケーブルを切断するには勇気が必要ですが、事前にサイズを測り、説明通りにやれば取り付けできます。 赤もあるけど 青にした。 青にした! シャインブルー かっこいいゾ 見えないとこだが気分一新 スクーターは覆い隠れるのでケーブルが見えずにおしい ネイキッドで多気筒だと、外から見えてドレスアップにもなるのに。 (多気筒用もある) 交換自体は割と簡単 ケーブルを付け替えるだけなので、それほど難しくない。 エンジンのシート下を開けたときについでに出来る ただ、プラグのコードをちょん切るのに 勇気がいります、ちゃんと純正の直径を測っていれば間違いなく装着可能です 取り付けで重要なデータ NGKパワーケーブルの径(つまりこのケーブル) 直径8mm バイクのプラグケーブルは、直径7mmが多いので バイクのケーブルを測って直径7mmのコードならアダプターで取り付け 直径8mmならそのまま付く。 アダプタで延長するので長くすることも可能だが、長くても抵抗損失増えるので、もとの長さぐらいで取り付けに支障がない長さにキットのケーブルも切断するとよい。 NGKパワーケーブル まとめ プラグとの効果はいちおう このように NGKパワーケーブルに変えたプラグ各種と組み合わせ結果 プラグとの組み合わせ をテストしてみた。 (バイク:RV125JP)• スパークノイズの防止効果に優れる• 中速域~高速域で全般に少しパワーアップ• 45kmからの10秒間の全開加速が3割ほどUP効果が認められる とのこと イリジウムプラグは効果を感じないこともありますが 、このケーブルの電圧安定アップとイリジウムプラグで相性がいいのかもしれない。 でも3. イリジウムプラグ と これ(NGKパワーケーブル)は 心なしか始動性がほんのり悪くなったような気がする(パルブクリアランス調整後なので詳しい関係は不明) キットも安いし、取り付け難しくなく、プラグコード色もきれいでドレスアップも出来た。 結果、パワーアップが感じられて、楽しめたから十分価値アリでしょう。 選ぶときは、プラグキャップの 形状で種類があるので注意 プラグキャップの曲がり角度も注意 角度が大きく違うと、バイクによっては、どこかが当たってカッチリ差し込めないので、もとのプラグキャップに近いタイプを選ぶ。

次の

2輪車用プラグキャップ/ キャップ&コード|NGKスパークプラグ プラグスタジオ

バイク プラグ コード

バイクに使える点火プラグは3種類 一般・イリジウム・MotoDX それぞれの寿命は、• 一般プラグ、イリジウムプラグは、3,000~5,000km• Dの断面形状をした外側電極(D-Shape外側電極)とルテニウム配合中心電極で抜群の燃焼効率を実現しました。 を引用 点火プラグが劣化する理由 点火プラグは消耗品 点火プラグは燃焼室内で、• 2~3万ボルトの火花を飛ばし• ガソリンを爆発させる• その後の吸気で急激に冷やされる そんなことを、 1分間に数千回行ってます。 を引用 最初は電極のエッジが立ってますが、だんだんエッジが削れて丸くなって来ます。 火花は鋭角のところから飛びやすいので、丸くなってくると火花が飛びにくくなり 交換が必要になります。 初期の電極エッジが立ったプラグが使い込んで電極が丸くなると寿命です を引用 点火プラグの交換時期 点火プラグは、 火花を 飛ばした回数で交換時期が決まります。 同じ距離を乗っても、• 自動車はエンジン回転数が低いので、点火回数は少ない• バイクはエンジン回転数が高いので、点火回数は多い このため、同じプラグでも 自動車で使うのと、バイクで使うのでは4倍も寿命が変わります。 点火プラグの寿命 四輪車 軽四輪車 二輪車 一般プラグ・白金プラグ・ イリジウムプラグ 15,000~ 20,000km 7,000~ 10,000km 3,000~ 5,000km MotoDXプラグ - - 8,000~10 ,000km 白金プラグ(長寿命タイプ)・イリジウムプラグ 長寿命タイプ ~ 100,000km - - 特にこだわりが無ければ、 一般プラグを3,000km程度の早めに交換するのがおすすめです。 バイク用3種類のプラグの違い。 一般プラグ メーカ純正のプラグ 3,000~5,000kmで交換 通常点火プラグ リジウムプラグ 中心電極にイリジウムを使い、細くしたタイプ 細いので火花が出やすい 3,000~5,000kmで交換 イリジウム MotoDXプラグ 電極の形状・材料をバイクに最適化し、始動性や燃費を向上したタイプ 8,000~10,000kmで交換 を引用 プラグの種類の選び方 好みで選んで構いませんが、 違いを体感するのはムリです。 最近のバイクは燃料噴射ですので、プラグの影響は出にくくなりました。 どれを使っても、始動性やパワー・燃費の差を体感することは出来ません。 5,000km走った、 くたびれたプラグと新品の違いは誰でもわかりますが、 新品同士で一般・イリジウム・MotoDXの違いはわかりません。 高性能なエンジンを街乗りばかりで低回転で使っていると プラグが温まらずにカーボンが貯まりやすい。 熱価を下げて低回転でのカーボンを押さえます。 高性能なエンジンも宝の持ち腐れです。 交換方法 交換作業は、簡単です。 プラグコードを引き抜く• プラグレンチで、既存のプラグを外す• 新しいプラグを手で回せる間は手で回す• てで回せなくなったら、最後にプラグレンチでトルクを掛ける 新品プラグ:90度回す 再使用:30度回す 作業は簡単ですが、 ねじ山を傷めないように注意が必要です。 プラグのねじはエンジンに直接切ってあるので、 ねじをなめると、 エンジンを下ろして修正する必要があり、 自分では直せないし、ショップに依頼すると高価な作業になります。

次の