クチート 育成。 クチートの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

クチート

クチート 育成

1=344 X=261)にもなります。 ふいうちによる縛り性能も優秀で幅広い範囲に戦えます。 またメガ前の威嚇も優秀で、対面物理相手なら一致弱点を突かれようがだいたい耐えるので初手対面に限れば対面倒せる範囲は広いです。 Sが低く上から被弾することが多く Z技に弱いのと、高速ATなどに対して 縛り関係を逆転するために 要員を入れている構築が多い。 1番多いものが じゃれはたきふい@1で、 ・ は、 低速サイクルへの崩しやふいうちの縛り範囲 ・ カンチは、ドヒドやムドー意識 ・ レンチは、カバやランドグライ意識 ・ 炎牙は、 ナットカグヤミラー等意識 ・ アイヘは、命中不安のじゃれを抜いて命中安定やバナレブルル等への打点として といった採用理由になる。 岩技や気合いパンチなどは汎用性が低いので割愛。 まぁ交代読みやトリル下での役割遂行対象への打点。 以下、調整案。 激戦区である 60族あたりの低速(ポリ2アシレカグヤバンギガルドetc…)やミラーに対して上から殴れる。 Sが過剰と感じればを軽視してもう少しSラインを下げてもよいが、抜きあたりにS調整が集中しているため、ガルドなどS調整をすることが多い他の60族等に抜かれる可能性も高まる。

次の

【ポケモン剣盾】クチートの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

クチート 育成

構築経緯 発売前から「クチート好きで使ってた奴らはメガシンカなくなっても使うんだよなあ!?」とかツイッターや2chなどでバカにしている奴らがいたため、結果を出してそいつらを黙らせて顔真っ赤にしたいがために活動復帰を決意。 当然クチート軸で結果を出さないと意味がないためクチートを中心としたPT構成にした。 ステルスロックが欲しい時に先発で選出。 がんせきふうじ+ステルスロックでいかくをまきながら裏のエース ミミッキュ、オノノクス に繋げる。 初手壁貼りオーロンゲ対策とブラッキー、ドリュウズ、バンギラスに少しでも打点を取るためのかわらわり、ちょうはつは現環境のあくび展開ポケモンは最速クチートの上を取られないため相手の展開を防ぎながらこっちが好きに展開できるようになる。 特性いかくによりドラパルトの特性の判断、初手ドリュウズのダイマックスをさせずに牽制することができる。 ダイマックス技のダイホロウが威力20高いのとダイマックスターンを稼げるのを高く評価しシャドークローではなくシャドーダイブを採用している。 最速ドリュウズの上を取りたいため性格はようきにしている。 バンギラス@じゃくてんほけん 性格:れいせい 実数値:207-155-130-161-120-72 努力値:252-4-0-252-0-0 技構成:あくのはどう だいもんじ 10まんボルト アイアンヘッド 説明:両刀バンギラス。 受け出しでアーマーガアなどが出てきたりと特殊の方が良かった場面が多かったため特殊に全振り。 技が1つ余りニンフィアが重かったためじゃくてんほけんの発動機会を考え、性格をれいせいにしてアイアンヘッドを採用している。 受け出す機会が多くH振りのみだと後投げに不安要素があるのでわんぱくHB型にしている。 HBアーマーガアはミラー意識でS12振りにすることが多いためそれらを上からちょうはつを打つためにS20振っている。 後出ししてくるドラパルトにでんじは+たたりめで崩せるのが強み。 Sに4振りしないとドラパルトをでんじは込みで抜けないためそこは注意が必要。 ボルトチェンジより10まんボルトの方が欲しい場面があったため10まんボルトを採用している。 素早さが欲しくなる場面よりも火力がもっと欲しいという場面が多かったためりゅうのまいではなくつるぎのまいを 採用している。 感想 ここまで読んでいただきありがとうございます。 正直何度もクチートを捨てなければいけないと思い、捨てることも考えてきましたがどうしても諦めきれませんでした。 今回このような成績を出せたのは諦めず考察し続けた結果だと思います。 他にも使ってみたいポケモンがいるため今後また使い続けるかは分かりませんが一番最初はクチートで結果を残したかったので良かったです。 もっとこの記事や動画を含めいろんな人にこの事実を知って貰いたいため記事や動画の拡散にご協力よろしくお願い致します。 構築記事からきた方はこの構築を使用している対戦動画のリンクを張ってありますので良ければそちらも見ていただけると嬉しいです。 最高順位 81位.

次の

【ポケモン育成論まとめ】メガクチートの調整と対策 USUM

クチート 育成

1=344 X=261)にもなります。 ふいうちによる縛り性能も優秀で幅広い範囲に戦えます。 またメガ前の威嚇も優秀で、対面物理相手なら一致弱点を突かれようがだいたい耐えるので初手対面に限れば対面倒せる範囲は広いです。 Sが低く上から被弾することが多く Z技に弱いのと、高速ATなどに対して 縛り関係を逆転するために 要員を入れている構築が多い。 1番多いものが じゃれはたきふい@1で、 ・ は、 低速サイクルへの崩しやふいうちの縛り範囲 ・ カンチは、ドヒドやムドー意識 ・ レンチは、カバやランドグライ意識 ・ 炎牙は、 ナットカグヤミラー等意識 ・ アイヘは、命中不安のじゃれを抜いて命中安定やバナレブルル等への打点として といった採用理由になる。 岩技や気合いパンチなどは汎用性が低いので割愛。 まぁ交代読みやトリル下での役割遂行対象への打点。 以下、調整案。 激戦区である 60族あたりの低速(ポリ2アシレカグヤバンギガルドetc…)やミラーに対して上から殴れる。 Sが過剰と感じればを軽視してもう少しSラインを下げてもよいが、抜きあたりにS調整が集中しているため、ガルドなどS調整をすることが多い他の60族等に抜かれる可能性も高まる。

次の