ストマック クロー。 フリッツ・フォン・エリック

特撮ヒロピン画像ブログ : 太陽の戦士レオーナV③

ストマック クロー

概要 [ ] 掌全体で相手の顔面をつかみ、指先で握力を使って締め上げダメージを与え、ギブアップを狙う技である。 寝ている相手に対して仕掛ける場合は、この技を掛けている状態でを奪う場合もある。 ので、「アイアン・クロー」という名称は彼が独自に使用している名称であった。 他のプロレスラーがこの技を使うと「 ブレーン・クロー」とも呼ばれる。 しかし、ブレーン・クローといえばエリックのアイアン・クローの印象が強いため、他選手が使っても「アイアン・クロー」と呼ばれる場合がある。 フリッツ・フォン・エリックの息子たちである、、、も同じ技を使用していた(ケリーは未封の缶ビールを握り潰すパフォーマンスを見せたこともある)。 以降もケビンの息子であるとと、ケリーの娘である ()が使い手となった。 以外の使い手としては、、、、、、などがいた。 クラップのクローは ブロンズ・クロー( 青銅の爪)と呼ばれていた。 後年の主な使用者には、( パラライザーの名称で使用) 、、、などがいる。 日本人レスラーではが、この技でギブアップ勝ちを収めたこともある。 応用 [ ] 形だけ見れば単純に相手の前頭部を掴むという技なので、その入り方は多岐に及ぶ。 仰向けにダウンした相手に対して仕掛ける。 ロープに振って返ってきたときなど、走ってくる相手に対するとして以下があげられる。 トップロープから攻撃を仕掛けてきた相手に仕掛ける。 相手の背後から後頭部に向かって仕掛ける。 場外のロープ際にいる相手に場内から仕掛け、そのままリングに引きずり込む。 ギブアップを取るだけに限らず、アイアン・クローの体勢から馬乗りになってそのままフォールを取ることもある。 また、相手の体の一部を掴むことで技から脱出するという場面も見られる。 はのにおける戦で、を決められながらも下からのブレーン・クローでドリーを迎撃するという名場面を見せた。 その他のクロー系 [ ] プロレスでは相手の体の一部を掴んで締め上げる攻撃を「 クロー」「 クロー・ホールド」と総称している。 ストマック・クロー アイアン・クローと同じ要領で腹部(胃袋)をつかむ技。 主な使用者には、などがいる。 フリッツ・フォン・エリックは、この技もとしていた。 ショルダー・クロー 相手の肩、もしくは肩口の頚動脈を握力で締め上げる技。 などの日系・東洋系ヒールやなどの怪奇派レスラーが主に用いるが、などの怪力レスラーも繋ぎ技として使う。 コブラ・クロー 毒蛇絞め、 頸動脈絞めとも呼ばれる。 正面から相手の喉を鷲掴みにし、頸動脈を指先でダイレクトに絞め付ける。 このままフォールを奪うこともある。 がフィニッシュ・ホールドにしていた。 気管ではなく頸動脈を絞めているので、反則のように見えて、実際は反則ではない。 グレープフルーツ・クロー 相手ののを握り締め上げる技。 とに引っ掛けることで相手の動きを封じることができる。 やが使用したことがある。 スロート・クロー チョーク・クロー、 サフォケーション・クローとも呼ばれる。 相手の首を掴み、気管を絞め上げる技。 である。 前述のコブラ・クローと見分けにくいため、タイガー・ジェット・シンは両者を使い分けていた。 マンディブル・クロー の得意技。 相手の口の中に手を入れて呼吸を圧迫する、ソッコと呼ばれる薄汚れた靴下を手に装着して仕掛けることもある。 掴んで絞め上げているわけではないが、これもクロー技に分類される。 オリエンタル・クロー など、日系・東洋系ヒールの使うの総称。 ストマック・クロー、ショルダー・クロー、コブラ・クロー、スロート・クローなど形は様々である。 バイス・グリップ の得意技。 両手で相手の頭を鷲掴みにし絞め上げる技。 は クラニアム・クランチまたは コナ・クラッシュの名称で使用した。 トンガン・デス・グリップ の得意技。 上記のコブラ・クローと同型で、そのまま相手を押し倒してを奪うこともあった。 は カリビアン・デス・グリップの名称で使用。 派生技 [ ] アイアン・クロー・スラム アイアン・クローのまま担ぎ上げ、のように背面から叩きつける技である。 、バイソン・スミス、アラン・カラエフが主に使用し、ブキャナンはアイアンボムという名前で使用している。 もモンゴリアン・クロー・バスターという名前で使用していた。 葉隠II ツナミとも呼ばれる。 では クローホールドSTOと呼ばれている。 のオリジナル技。 アイアン・クローをかけたままの状態で相手の片腕を掴み、のように相手の片足を自分の片足で払うと同時に、体を浴びせながら背面からマットへ押し倒す技。 アイアン・バスター ブキャナンのオリジナル技。 アイアンクローを掛けた状態で、相手の片足を自分の片足で払って、相手を背面からマットへ倒す。 上記の葉隠IIとほぼ同じだが、相手の片腕を掴まない点と、自らの体を相手に浴びせない点で相違がある。 フィニッシュ技のアイアン・ボムへの布石として使用される場合が多い。 バイソン・ボム バイソン・スミスのオリジナル技。 で仕掛けるアイアン・クロー・スラム。 脚注 [ ].

次の

アイアンクロー

ストマック クロー

魔人アブネージャンに圧倒され、敗北寸前まで追い詰められたレオーナ。 教え子達の助けによって辛うじて危機を逃れたものの、教え子に同伴していた父親が身代わりになり捕まってしまう。 教え子の父親を探すレオーナ。 父親を見つけ声をかけた瞬間、背後から飛んで来たロープがレオーナの首に絡みつく。 振り返ったレオーナの前に現れたのはアブネージャン。 父親は仕留め損ねたレオーナを誘き出すための罠だった。 「あれだけやられてまだ懲りないのか。 ならば、望みどおりもっと苦しめてやる。 」 アブネージャンはそう言うと、ロープを引きレオーナの首を締め付ける。 ロープを引っ張られ、振り回されるレオーナ。 アブネージャンはロープを手繰り寄せ、レオーナを手元に引き寄せる。 全身に絡みついたロープに締め付けられ、苦しむレオーナ。 更にロープはクレーンにかけられ、吊り上げられたレオーナは完全に身動きが出来なくなってしまう。 レオーナに近づき、ボディブローを見舞うアブネージャン。 責めに苦しみながらも「あなたには屈しない!」と、強い姿勢を崩さないレオーナ。 そんなレオーナに対し、アブネージャンも攻撃の手を緩めない。 レオーナの腹を掴み、ストマッククローを喰らわせる。 強力な力で腹部を握られ、悶絶するレオーナ。 更に背後から抱き付くように組み付き、強烈な力でレオーナを締め上げる。 そしてレオーナが弱点としている鉱石を取り出すアブネージャン。 それを押し付けられ、レオーナは鉱石が放つ光に悶える。 更に今度は胸元に押しつけられ、絶叫するレオーナ。 鉱石が放つ光を受け続けたレオーナは耐え切れず、ぐったりと気絶してしまう。

次の

アイアンクローとは

ストマック クロー

魔人アブネージャンに圧倒され、敗北寸前まで追い詰められたレオーナ。 教え子達の助けによって辛うじて危機を逃れたものの、教え子に同伴していた父親が身代わりになり捕まってしまう。 教え子の父親を探すレオーナ。 父親を見つけ声をかけた瞬間、背後から飛んで来たロープがレオーナの首に絡みつく。 振り返ったレオーナの前に現れたのはアブネージャン。 父親は仕留め損ねたレオーナを誘き出すための罠だった。 「あれだけやられてまだ懲りないのか。 ならば、望みどおりもっと苦しめてやる。 」 アブネージャンはそう言うと、ロープを引きレオーナの首を締め付ける。 ロープを引っ張られ、振り回されるレオーナ。 アブネージャンはロープを手繰り寄せ、レオーナを手元に引き寄せる。 全身に絡みついたロープに締め付けられ、苦しむレオーナ。 更にロープはクレーンにかけられ、吊り上げられたレオーナは完全に身動きが出来なくなってしまう。 レオーナに近づき、ボディブローを見舞うアブネージャン。 責めに苦しみながらも「あなたには屈しない!」と、強い姿勢を崩さないレオーナ。 そんなレオーナに対し、アブネージャンも攻撃の手を緩めない。 レオーナの腹を掴み、ストマッククローを喰らわせる。 強力な力で腹部を握られ、悶絶するレオーナ。 更に背後から抱き付くように組み付き、強烈な力でレオーナを締め上げる。 そしてレオーナが弱点としている鉱石を取り出すアブネージャン。 それを押し付けられ、レオーナは鉱石が放つ光に悶える。 更に今度は胸元に押しつけられ、絶叫するレオーナ。 鉱石が放つ光を受け続けたレオーナは耐え切れず、ぐったりと気絶してしまう。

次の