それが答えだ 動画。 第13話 それもう答え出てるだろ|貧乏神が!|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

それが答えだ!〜動画視聴Ver.〜(ウルフルズ) / コード譜 / ギター

それが答えだ 動画

そして今は山小屋にこもっている。 時折マネージャーの樫尾と酒屋の出前が訪ねてくるくらいで他に訪れる人もない。 一年以上も仕事がない。 酒屋の出前(池田邦男)は、地元の中学教師(体育)。 突然オーケストラ部顧問の任についたが、音楽のことはさっぱり分からない。 ピアノが壊れていることに気づいた池田は鳴瀬を楽器屋と勘違いし、修理を頼みに行く。 一旦は断る鳴瀬だったが、学校に出向き修理する。 試しに弾いた曲に学校中の人々が魅了されてしまった。 マネージャーの樫尾が仕事を持ってきた。 憤る鳴瀬だったが、その日の食事にも事欠く有様となったうえ、楽団への多額の借金返済のため受けざるを得ない状況に。 自分から辞めれば違約金を払わねばならない。 だが先方から辞めて欲しいといわれれば払う必要はない。 ならばそのように。 出来るだけ早い時期にそうなるように。 当然、周りの教師や生徒たちからは憤りや不満の声が続出する。 生徒や教師・村の人々と過ごすことにより、鳴瀬は少しずつ変わっていく。 生徒たちの人を憎むことも疑うことも知らない心、人を愛し、信じ、許すことの出来る心が、鳴瀬に今までの自分の音楽にはないものを見つけさせたのだった。 ではそれを表現する場は、鳴瀬も気に入り村人も残留を熱望するこの村なのか、または、世界の舞台へと続くプロのオーケストラなのか。 鳴瀬が出した答えは…。 キャスト [ ]• 鳴瀬 望 -• 池田 邦男 -• 平林 有理子 -• 安藤 千恵 -• 浅丘 幸美 -• 小野 たみえ -• 樫尾 林太郎 -• 平林 亨太郎 -• 宮園 総一朗 - (特別出演)• 大沼 長作 -• 池田 徳三 -• 水野 和音 -• 石原 律子 -• 榊 演也 -• 大河原 奏 -• 富樫 弦太 -• 神崎 美鈴 -• 霧島 唄子 -• 柳川 響介 - ()• 小泉 謡司 - (ジャニーズJr. 立原 楽人 - (ジャニーズJr. 瀧山 千歌 -• 田中 真琴 -• 楽人の父親 -• 小淵沢村議会長 -• 駐在 - ゲスト• (第4話)• 大河原 公子 - (第5話)• 篠原 聡志 - (第5話・第6話)• 結城 由紀子 - (第8話・第9話)• レポーター - (第9話)• 城之内 - (友情出演、第10話・第11話)• 開倫中学校の教師 - (第10話・第11話)• 開倫中学校の生徒・徹 - (第10話・第11話) 主題歌 [ ]• 「」 スタッフ [ ]• 企画:、• 脚本:• 音楽: (メインテーマ ピアノ演奏:)• 音楽監修:• プロデュース:• 演出:、、• 演出補:、、ほか• 制作:フジテレビ、 受賞歴 [ ]• 第14回• 助演男優賞(萩原聖人)• 監督賞(若松節朗、西谷弘) サブタイトル [ ] 話数 放送日 サブタイトル 演出 Symphonie Nr. 1 1997年7月 02日 最低最悪の教師 若松節朗 Symphonie Nr. 2 1997年7月 09日 学校がキライな子 Symphonie Nr. 3 1997年7月16日 こんなひどい先生 西谷弘 Symphonie Nr. 4 1997年7月23日 恋を殺した先生 若松節朗 Symphonie Nr. 5 1997年7月30日 負け犬はいらない 西谷弘 Symphonie Nr. 6 1997年8月 06日 生徒たちの涙 若松節朗 Symphonie Nr. 7 1997年8月13日 万引き少年とマエストロ 高丸雅隆 Symphonie Nr. 8 1997年8月20日 教師の失恋 若松節朗 Symphonie Nr. 9 1997年8月27日 天才が昔愛した女 西谷弘 Symphonie Nr. 10 1997年9月 03日 出場停止処分 若松節朗 Symphonie Nr. 11 1997年9月10日 最後の決断 西谷弘 Lezte Symphonie 1997年9月17日 卒業 若松節朗 備考 [ ]• 現在では、やといった若手人気俳優のデビュー作品ということで注目を集めることが多い作品だが、生徒役で出演していたの逮捕、事務所解雇により、再放送及びDVDソフト化が難しい状況となっている。 オーケストラの演奏シーンには、、などの楽団が出演している。 物語の舞台となる白八木中学校は、(現・)の増富中学校(閉校)にて撮影されている。 前番組 番組名 次番組.

次の

「それが答えだ!」で生徒達がコンクールで演奏した曲

それが答えだ 動画

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• あなたは、安倍内閣を支持しますか。 支持しませんか。 政党名でお答えください。 あなたは、衆院を解散して総選挙をするのはいつごろがよいと思いますか。 今年中がよいと思いますか。 それとも、来年がよいと思いますか。 評価しませんか。 発揮していないと思いますか。 あなたは、こうした観光支援策を、22日に始めることに賛成ですか。 反対ですか。 評価しませんか。 その必要はないと思いますか。 感じませんか。 あなたは、この政策を評価しますか。 評価しませんか。 それほどでもありませんか。

次の

朝日新聞世論調査―質問と回答〈7月18、19日実施〉:朝日新聞デジタル

それが答えだ 動画

いま現在」 の予算委員会で、の議員(64)からこんな質問を受けた首相(65)。 対策費を盛り込んだ補正予算案を審議している予算委員会の場。 当然、は即答するかと思いきや、なんと1分以上にわたって、答えに窮してしまったのだ。 森議員が質問すると、手元の書類に目を落とした。 しばらく書類を凝視したのち、あたりを見まわして、後ろに座っている加藤勝信厚生労働大臣(64)の方に指を向けるが、森議員に「総理に」と言われてしまう。 そばに近寄ってきた官僚に書類を渡され、何やら説明を受けて、はようやく答弁に立つ。 森議員の質問が終わってからおよそ1分10秒が経っていたが、第一声は森議員への文句だった。 「いまの、その、現時点で、いまの数というご質問はいただいてなくてですね。 いま、あの、これにあるのは『を解除、延長する基準、判断時期を明確にされたい』、というのが、私への答弁、質問でございまして、いましておられることについては、質問の通告はされていないということは、まず申し上げておきたいと思います」 議場がざわつくと、さも心外といった口調でこう続けた。 「それはそうですよ。 だって…こ、これに書いて、これに、これに、これに書いてないじゃないですか。 その上でですね……」 がいう「これ」とは、おそらく森議員の「質問通告」が書かれた書類のことを指している。 「質問通告」とは、正確な答弁ができるように、質問する側が事前に質問の要旨を政府に通告すること。 あくまでも慣習なので、通告にない質問をしてはいけないという決ないのだが、安倍政権では「事前通告がない」ことを理由に、閣僚が答弁を例が常態化している。 だが、ここは対策費などを審議している場。 当然、の数は審議の前提になるし、直前の答弁では「の拡大状況」がの判断基準になると答えている以上、おおよそでも現状の数字は把握してそうなものだが……。 ちなみには対策本部のでもある。 「全部書かないと答えられないの? それももう許されないよ。 何を言ってるんですか」 そう森議員が声を荒げると、は書類に目を落として、ようやく政府が取りまとめている検査の陽性者数を読み上げたのだった。 一連のやり取りが、上などで広まると、こんな声が挙がった。 《数聞かれた時の答弁、知らない事聞かれたから。 情けない…》 《感染症対策をしなければならない責任者が数すら把握していない。 通告がなくても答えなければならない数字だ。 他人から言われなくても毎日把握しておくべき数字だ》 《安倍ちゃん最高責任者なのに現在の数すら知らんのか…挙げ句の果てに「質問通告書に書いてないんだから答えられないのは当然」みたいなこと言ってる》 さらに、作家の平野啓一郎氏(44)はやり取りをまとめた動画とともに、した。 《「こ、これに、これに、これに書いてないじゃないですか。 」彼が首相で、この危機を乗り越えられるとはとても思えない。 》 関連ニュース•

次の