宝塚 ライン ダンス。 ダンスが上手い男役歴代トップスター5名といえば…!

宝塚でダンスで輝くジェンヌたちを特集!タカラヅカ・名ダンサー列伝をピックアップ!

宝塚 ライン ダンス

100年続く宝塚歌劇の歴史は、創設者のひらめきで始まった 宝塚歌劇の幕開けは1914年、大正時代にさかのぼります。 宝塚歌劇を創設したのは、阪急電鉄の発展に貢献し、日本初のターミナルデパート阪急百貨店の開業や、東宝グループの創設にも力を尽くした小林一三(いちぞう)翁。 一三翁は、鉄道の乗客誘致の一環として1911年に誕生した「宝塚新温泉」(宝塚ファミリーランドの前身)の拡充にあたり、室内プールを目玉にした2階建ての洋館「パラダイス」を開業。 しかし、男女共泳を禁止する時代環境や、温水設備がないことなどから、夏の2ヵ月ほどで閉鎖に追い込まれます。 そこで、この場所を使って余興を見せようとひらめいたのが、宝塚歌劇のはじまりです。 初公演は1914年4月1日、室内プールを改造した劇場で行われました。 プールにフタをして客席に、脱衣所は舞台となりました。 演目は、桃太郎を題材にしたお伽(おとぎ)歌劇「ドンブラコ」と「浮れ達磨」、ダンス「胡蝶」の全3本。 記念すべき初舞台を踏んだのは、12歳から17歳までの少女17名でした。 男役あっての娘役、娘役あっての男役。 全員が女性だから奥が深い 宝塚歌劇は、未婚の女性だけで構成される世界でも珍しい劇団です。 当然ながら、女性の役だけでなく、男性の役も女性が演じることになります。 男性の役は「男役」、女性の役は「娘役」と呼ばれ、男役は普段から短い髪、娘役はロングヘアと、見た目にも男役と娘役の区別は明快です。 どちらの役を担当するかは身長や声域、本人の意思などで決まりますが、途中で男役から娘役に転向するケースもあります。 本当は女性なのに男の色気漂うかっこいい男役と、男役を引き立てる娘役。 そのどちらが欠けても宝塚歌劇は成立しません。 男役と娘役のコンビネーションは大きな見どころのひとつです。 宝塚と東京だけじゃない。 全国各地で観劇可能 誕生当初は、常設劇場以外での公演は出張公演と呼ばれ、公演回数も限られていましたが、現在は全国で定期的に行われています。 お近くの劇場で開催されている場合は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の

ラインダンスの衣装が可愛かったあの初舞台公演

宝塚 ライン ダンス

2014年には創立100周年を迎える宝塚歌劇団。 「宝塚歌劇団って?」と思われた方、ビギナーの方、ぜひお読み下さいませ! 宝塚は歌、踊り、芝居などで構成されるエンターテインメントです。 なぜ、女性だけなの? 創設者・小林一三は、当時人気のあった大阪三越呉服店の少年音楽隊からヒントを得て、大正2年 1913年 、15歳以下の16名の少女による「宝塚唱歌隊」を結成しました。 これがタカラジェンヌの始まりです。 少女だけのそれがとても好評だったため、その後も女性だけで演じる劇団となっていきました。 しかし実は「高尚な国民劇を目指すためには男女混合であるべき」と小林一三は考え、1919年と戦後数年間に、男性を入学させています。 しかし、タカラジェンヌやファンらの反対も強く、男子部は解散となったという経緯があります。 各組は、どのように構成されているの? 主役を演じるトップスター、その相手役を演じる娘役トップスターがいます。 その下に"二番手""三番手"……などと呼ばれるスターがいます。 そして、中堅、新人と約70名~80名で構成されています。 トップスターよりベテラン 上級生 もいます。 トップスターと娘役トップは正式に発表されますが、"二番手""三番手"などは公に発表されません。 でも配役などで感じるものです。 どこでどんな公演をしているの? 宝塚大劇場 専用劇場である宝塚大劇場と東京宝塚劇場では、年間を通じてどこかの組が常に公演しています。 この2劇場は舞台機構も大掛かりで、出演者も多く、上演される作品は豪華でもっとも宝塚らしい作品です。 約1時間半の芝居 ミュージカル &約1時間弱のショーやレビューの2本立てが主で、約2時間半の芝居 ミュージカル の1本立ての場合もあります。 他、宝塚バウホール、梅田芸術劇場、シアタードラマシティ、中日劇場、博多座などでも、抜粋メンバーにより上演しています。 また年に3回、全国ツアーも行っています。 男役と娘役の分かれ目はやはり身長。 なので、どんなに男役になりたくても、身長が低ければ無理ということになります。 歌劇団が用意するということはまずありません。 通称、ロケットと呼ばれています。 日本で最初のレビューである昭和2年の『モンパリ』に登場して以来、宝塚の舞台にかかせないダンス場面で、主に入団して3、4年までの下級生が踊ります。 また入団したてのタカラジェンヌは初舞台公演で、同期生全員でこれを踊ります。 ロケットという呼び名の由来は……ニューヨークのラジオシティでラインダンスをするダンサーが、ロケットガールと呼ばれていたからだそうです。 舞台上に設置される階段で、段数は26段、1段の幅は24cm、高さは4. 29mあります。 舞台奥に縦に置いてあるものが、自動制御によって前にせり出してきて、約140秒でセットされます。 フィナーレで出演者全員がこの大階段を下りてきて挨拶をするのは、宝塚のシンボル。 トップスターの立つ段数は、上から16段目と決まっています。 大階段の歴史は古く、手動形式で16段のものは、1927年 昭和2年 『モンパリ』より使用されています。 1950年 昭和25年 『アラビアン・ナイト』のフィナーレのパレードより使用されており、飾りについていた鈴の音が「シャンシャン」と聞こえたからこの呼び名になったと言われています。 リボンの長さは2. 電飾がついているものもあります。 毎公演、その作品に合わせて作られますが、シャンシャンではなく、ペンライトやステッキ、羽根扇の場合もあります。 背中に付いている大きな羽根のようなものは? C 宝塚歌劇団 C 宝塚クリエイティブアーツ 背負い羽根。 通称、羽根。 主にショーやレビューのフィナーレの衣装に付いています。 羽根自体の種類は、オーストリッチ、キンケイ、ギンケイなどを使用しており、色もデザインも、その作品やそのタカラジェンヌに合わせた完全オリジナルです。 トップスターのものとなると、重さが平均10kg以上、全長2mほどになります。 昔は、ランドセルのように両肩に掛けるという形でしたが、それだと見た目が美しくないので、現在はワイヤーを使って衣装に付けてます。 舞台前面にあるエプロンステージは? 銀橋 ぎんきょう。 舞台とオーケストラボックス オーケストラピット の間にあります。 1931年『ローズ・パリ』より使用されており、客席に一番近い位置にあるため、臨場感が味わえます。 幅は約120cm。 フィナーレでここにずらっと並ぶのが有名ですが、芝居でも使います。 でも、そうではない人、「ただ宝塚歌劇の舞台が好き」「ショーやミュージカルが好き」という方も大勢います。 なぜファンは同じ演目を何度も観るの? 舞台はナマモノです。 演じる側にとって、同じ作品であろうと、同じ舞台はありません。 なら観客にとっても毎回違うものであり、感動は同じではありません。 また、好きなシーンやお気に入りのタカラジェンヌを、この作品で退団してしまうタカラジェンヌを何度も観たいという思いもあります。 男性ファンやカップルの観客もいる? います。 男性ファンはどちらかというと、男役より娘役の方がお好きな方が多いようですね。 また恋人同士で、ご夫婦で観劇する方も大勢います。 なぜ宝塚ファンは熱いの? 宝塚には「宝塚の舞台が好き」だけではなく、個々のタカラジェンヌのファンが大勢います。 しかしやがてそのタカラジェンヌは退団してしまいます。 それはいつやってくるかわかりません。 限られた時間とわかっているからこそ、ファンは熱くなるのです。 とても純粋な可愛い人たちです。 お気に入りのタカラジェンヌが退団して宝塚ファンから卒業してしまう人もいますが、また宝塚を、また別のタカラジェンヌを応援してくれるファンが大勢います。 就職や結婚を機に宝塚から遠ざかっていたけれど、また何かのきっかけでファンとして復活する人も。 親子孫三代という宝塚ファンも珍しくありません。 決してディープなファンばかりではありません。 数年に一度だけ観劇する人も宝塚ファン。 劇場で観劇することができずTVだけで宝塚を観る人も宝塚ファン。 色んなファンがいて、色んな接し方で宝塚を愛して下さるからこそ、宝塚歌劇は100年も続いているのだと思います。 いつの時代も宝塚歌劇は、多くのファンの応援により育てられてきました。 ファンなくして、宝塚歌劇の歴史はありえません。

次の

ダルマって何…?宝塚専門用語解説!それは魅惑の衣装の名前…

宝塚 ライン ダンス

宝塚歌劇について質問です 第二部のレビューでラインダンスがありますが、あれは音楽学校を出たばかりの同期(約40名)が初舞台で行うもの、と認識しています。 そうですか? それとも組の舞台なので二年目、三年目でもラインに加わり完成させているのですか? それかラインダンスだけは一年目の生徒が行うもので、各組に配属になっても、舞台がある度に一年目の同期が召集して行っているのですか? それからテレビ番組(バラエティなど)に出演している現役タカラジェンヌはいつも決まった組(。 AQUA5で水夏希さんの所属している雪組とか)のように感じます。 満遍なく5つの組が番組に出演しないのはなぜですか? なかには「あっちの組はバラエティとか出れていいなぁ・・・」なんて不満を持つタカラジェンヌがいるのではないか、と。 先の方の書かれたとおりです。 初舞台生は毎年4月の公演でお披露目となります。 今年は、兵庫で行われてる月組公演でロケットをしてます。 次は同じ演目で東京に来ますが(東上)出演はしません。 なので4月の兵庫の公演が、初舞台生全員が揃った、最初で最期のロケットです。 (10年に一度とか特別なイベントで、そのメンバーで東上することもありますが) その初舞台公演中に組配属が決まるので、今年だと月組配属になった数人は、 そのまま東京の公演に出演し、 月組内の下級生も混じってロケットをします。 宝塚の公演は通年で、兵庫の宝塚大劇場と東京宝塚劇場を同時にやってますし、 両方に出てない組は全国ツアーで地方を回っていて大忙しです。 なので、ロケットはその時の公演のメンバーの中で下級生から順にロケットの担当になります。 二枚目路線の男役さんでも、学年が下だとお芝居では渋い二枚目でもショーではロケット、 ショー無しのお芝居1本立てでは、フィナーレでロケットをやります。 そこも面白いところです。 関西ではテレビやラジオにも出ているようですが、全国区となるとTBSが多いですね。 たまにフジや日テレくらい。 水さんはメディア担当かなって感じで良く出ますね。 テレビ出演はあくまでも時間があるから出てるだけの存在な気がします。 局の上層部の奥様がご贔屓とかかも~~ どちらにしても宝塚ファンもあまりテレビ出演には期待はしてません。 あくまで舞台での活躍を見たいです。 いわゆるラインダンスは、ロケットと云います。 ロケットは初舞台生お披露目のときは、別として普通は組毎の公演なので公演の組の下級生が行います。 地方公演等では、研究科5年、6年あたりでもロケットのメンバに入っている場合がありました。 組配属後は特別の場合を除いて他の組に出演する事はありません。 プログラムをご覧になるとロケットのメンバが載っていますので、お判りになるかと思います。 テレビ出演は、在団中の生徒さんは劇団を通じて出演するので、その辺は劇団が考慮しています。 但し、劇団の本拠地は兵庫県宝塚市ですから、東京では放送していないけれどもと云う番組は多々あります。 テレビ等の出演予定は、雑誌「歌劇」誌に掲載されています。 雑誌の〆切後に決まったものや、簡単なインタビュー程度だと逸になっているケイスもありますが。 御参考にならば幸甚です。 A ベストアンサー 受験時に暗黙の了解というかルールがあって 実技試験時は 娘役志望 髪が肩より長い はバレリーナのようなお団子 男役志望 短髪 は宝塚独特のリーゼント でそれ以外の髪型だとお手伝いの音楽学校生が髪型を作ってくれます。 面接時の格好には指定はないですが、間違っても流行の服なんて着ていけない空気です 中もきちんとしたワンピースなどですし。 合格発表時はすぐ後に入学説明会みたいなのがあるそうで、これもまたきちんとした格好で行くので。 淡い色が多いのはわかりませんが 春だし明るい色を選んだだけかも 、就職活動中の人がベージュのトレンチコートにナチュラルメイクに…と同じ格好になってしまうのと同じ様にお決まりというか、未来のタカラジェンヌらしい試験官の好みそうな格好になるんだと思います。 またお団子やリーゼントにも似合うような服になってしまうのもあると思います。 宝塚受験のスクールに通っている人はレッスン中も行き帰りもそういう髪型だったりしますし 必死でレッスンしてきた人たちですから流行や自分の好きな服を買ったりする余裕がないのもあるのかもしれませんが。 htm 受験時に暗黙の了解というかルールがあって 実技試験時は 娘役志望 髪が肩より長い はバレリーナのようなお団子 男役志望 短髪 は宝塚独特のリーゼント でそれ以外の髪型だとお手伝いの音楽学校生が髪型を作ってくれます。 面接時の格好には指定はないですが、間違っても流行の服なんて着ていけない空気です 中もきちんとしたワンピースなどですし。 合格発表時はすぐ後に入学説明会みたいなのがあるそうで、これもまたきちんとした格好で行くので。 淡い色が多いのはわかりませんが 春だし明るい色を... A ベストアンサー 退団の理由は人それぞれです。 事情があるんでしょう。 本人に聞くしかないことですが あえて考えられることをあげてみると まず、健康上の理由です。 1週間で公演が10回、1日2回公演が4日もあり、それが1ヶ月以上も続くというのは ほかの劇団では考えられないほどの過酷なスケジュールです。 それも女性が、です。 やっぱり体を壊したり足を傷めたりする人も多いです。 自分がスターになれる人間かそうでないかは音楽学校時代にたいていは気づくものです。 公式の場では、同級生でも必ずスター候補生を先頭にして一列で歩くくらいです。 自分がどの程度のランクなのかはっきりと認識させられる毎日でしょう。 なので、入団してから芽が出ないことに悩むということは少ないんじゃないでしょうか。 その分、スター候補生以外の人は歌劇団を卒業した後の将来について早い段階で真剣に考えているはずです。 若いうちなら別の道を選ぶことができると考える人もいるでしょう。 芸事の基礎はみっちり仕込まれていますから。 それこそお嫁さんになるという選択もあるでしょう。 関西では特にタカラジェンヌは躾もしっかりした女性としてお嫁さんに引っ張りだこです。 入団後7年間は月給制なので、どんなに舞台に立とうと一律OL並みのお給料だそうですが 7年目でタレント契約を結びます。 つまり、7年目まではどれだけこき使おうと同じお給料で済むので経営者側としては楽です。 同じことをやらせるのなら、お金を払って7年目以降の人間を使うより下級生の方がお得と劇団は考えます。 経費節減のためタレント契約の人数を減らそうとする、これが肩たたきです。 実力はあっても人気はいまいちという地味なジェンヌさんはねらわれます。 ですから、3、4年で肩たたきにあうのは考えにくいですし そうだとしたらよっぽど問題のある人だったんでしょう。 トラブルを起こしてやめていく人も結構いるみたいです。 もう一つ、タカラジェンヌであるためには相当お金がかかります。 娘役さんはアクセサリーはすべて自前ですし、かつらもほとんど自前です。 出待ち入り待ちのファンが毎日チェックしているようなものですから 同じ服や安カワ服を着るなんてみっともないことはできません。 レッスンも受けたいですし、お金がかかって仕方ありません。 実家がお金持ちなら問題ないのですが 普通のサラリーマンのおうちだったりすると、スポンサーになってくれる人を探さなければいけません。 まあスター候補生なら、探すまでもなく向こうから寄ってくる世界ですが。 後援者も見つからないとかそういうことはちょっと、という人だったら これ以上実家に負担をかけたくないと退団を考える人も多いんじゃないかと思います。 男役と娘役は基本的には自分の希望のはずです。 それに自分が男役タイプか娘役タイプかくらいはわかるでしょう。 娘役希望で音楽学校に入学したのに背が高くなって、仕方なく男役に転向したというのは聞きますが 何も考えずに振り分けるなんてことはありません。 女性ばかりの世界ですし、人間関係は大変だろうとは思いますけどね。 退団の理由は人それぞれです。 事情があるんでしょう。 本人に聞くしかないことですが あえて考えられることをあげてみると まず、健康上の理由です。 1週間で公演が10回、1日2回公演が4日もあり、それが1ヶ月以上も続くというのは ほかの劇団では考えられないほどの過酷なスケジュールです。 それも女性が、です。 やっぱり体を壊したり足を傷めたりする人も多いです。 自分がスターになれる人間かそうでないかは音楽学校時代にたいていは気づくものです。 公式の場では、同級生でも必ずスター候補生...

次の