トム twitter。 グラマラスな目もとへ。「トム フォード ビューティ」からアイメイクだけのコレクションがデビュー!

トムハンクス(Tom Hanks)がTwitterで状態を更新

トム twitter

- 2020年 5月月3日午後12時13分PDT 大胆に、しかし程よく地のホワイト部分が残されたタイダイ。 さらにスリのセンスが光るのが、そのコーディネート。 カジュアルなピンクのタイダイワンピースに黒のマニッシュなローファーを合わせることで、キリっとしまったワンピーススタイルを完成させた。 スリといえば、最近ではファッションだけでなく、メイクにも興味を持ち始めており、色つきのリップグロスをしている姿などが目撃されている。 14歳ですでに洗練されたセンスを持つスリの将来に期待がかかる。 父トムと会っていないとみられるスリ 撮影のために宇宙に行くという、価値もリスクも高い予定が発表されたトム。 命の危険もともなうともなれば、娘スリと時間を過ごしておきたいと考えるのが親というもの。 しかしトムとスリは、ここ何年も会っていないと見られている。 2015年にニューヨークのマンハッタンで目撃されたトムとスリ。 2018年に米Us Weeklyがでは、トムにはスリと月に10日間は会える許可が出されているため、面会自体に問題はない。 またトムは、長年住んでいたロサンゼルスから、サイエントロジーの総本山があるフロリダ州のクリアウォーターに拠点を移しているため、物理的にも距離があるよう。 とはいえ、トムが宇宙に行く決断をしたとあって、スリとふたたび微笑ましい2ショットを見せる日がくるのではないかと予想するファンも少なくない。 (フロントロウ編集部).

次の

トム・ハンクスが駆逐艦艦長としてドイツUボート軍団の脅威に立ち向かう映画「GREYHOUND」予告編公開

トム twitter

2020年03月10日 19時02分 トム・ハンクスが駆逐艦艦長としてドイツUボート軍団の脅威に立ち向かう映画「GREYHOUND」予告編公開 小説「 」を元に、トム・ハンクスが脚本を担当、 が監督を務める戦争映画「 GREYHOUND」の予告編が公開されました。 撮影には実際に第二次世界大戦で使われたフレッチャー級駆逐艦「 」やカナダ海軍の「 」などが使用されています。 舞台は1942年、太平洋戦争のさなかの、北大西洋です。 駆逐艦「キーリング」 水兵たちが整列しています。 「主よ、守護天使たちよ、私と共に」と唱えるのは艦長のアーネスト・クラウス 演:トム・ハンクス そしてキーリングを静かに囲むのは、ドイツ国防軍の潜水艦「 」 海面からは穏やかに見えますが…… 水中ではUボートがキーリングを狙っており…… 一度攻撃が始まるとあっという間に戦火のさなかに。 少し時はさかのぼり、人々が浮き足立つクリスマスのホテル。 クラウスは「艦長になったんでしょう、おめでとう」と祝福を受けています。 第二次世界大戦の初期、Uボートの潜む北大西洋を横断する37隻からなる連合国輸送船団を護衛することが、クラウスの初任務でした。 トラブルが発生し、「次の5日間、君の指示でしのがなければならない。 経験は?」と尋ねられ…… 「これが初めてです」と答えるクラウス艦長。 その言葉で、船内に緊張が走ります。 Uボートの存在を探知し…… 砲撃。 潜水艦への攻撃が成功し、つかの間の喜びが船艦に訪れますが、Uボートは水面下にまだまだ潜んでおり、戦いが終わることはありません。 攻撃につぐ攻撃。 「最前線に立つよりも危険なのは」 「目的地につくまでの戦いだ」 「目標は1つだけです、艦長」と告げられ…… 静かに振り向くクラウス艦長。 そのレーダーが映し出すのは…… 捉えきれていなかった大量のUボートでした。 GREYHOUNDは2020年6月12日に全米公開予定で、日本での公開日は記事作成時点で未定です。 なお、原作となった「駆逐艦キーリング」のあらすじやレビューは以下から読むことができます。 アメリカからイギリスへ向かう新旧寄せ集めの37隻の輸送船団を、たった2隻のコルヴェット艦と2隻の駆逐艦で護衛する。 その護衛艦隊の指揮官が主人公で初陣のクラウス中佐。 出世は遅れ気味で経験不足だけど、苦悩しながらも2日間不眠不休で船団を守り抜きます。 熱いコーヒーのうまそうなことと、時々ふっと思い出す別れた妻への未練の描写がいいです。 船団護衛が主任務だから、Uボートは必ずしも撃沈しなくてもいいんだな。 スピードを上げると騒音ですぐに使えなくなるソナーにもなるほどなぁと感心しました。 冒険小説として非常に評価が高いのに、どうしてこの作品が絶版のままなんだろう。 著作権上の問題かな?「女王陛下のユリシーズ号」や「鷲は舞い降りた」に充分肩を並べられる一級品として、心から復刊を望みます。

次の

トム・クルーズ娘スリ・クルーズ、14歳で「才能」爆発!母ケイティ・ホームズが報告

トム twitter

2020年03月10日 19時02分 トム・ハンクスが駆逐艦艦長としてドイツUボート軍団の脅威に立ち向かう映画「GREYHOUND」予告編公開 小説「 」を元に、トム・ハンクスが脚本を担当、 が監督を務める戦争映画「 GREYHOUND」の予告編が公開されました。 撮影には実際に第二次世界大戦で使われたフレッチャー級駆逐艦「 」やカナダ海軍の「 」などが使用されています。 舞台は1942年、太平洋戦争のさなかの、北大西洋です。 駆逐艦「キーリング」 水兵たちが整列しています。 「主よ、守護天使たちよ、私と共に」と唱えるのは艦長のアーネスト・クラウス 演:トム・ハンクス そしてキーリングを静かに囲むのは、ドイツ国防軍の潜水艦「 」 海面からは穏やかに見えますが…… 水中ではUボートがキーリングを狙っており…… 一度攻撃が始まるとあっという間に戦火のさなかに。 少し時はさかのぼり、人々が浮き足立つクリスマスのホテル。 クラウスは「艦長になったんでしょう、おめでとう」と祝福を受けています。 第二次世界大戦の初期、Uボートの潜む北大西洋を横断する37隻からなる連合国輸送船団を護衛することが、クラウスの初任務でした。 トラブルが発生し、「次の5日間、君の指示でしのがなければならない。 経験は?」と尋ねられ…… 「これが初めてです」と答えるクラウス艦長。 その言葉で、船内に緊張が走ります。 Uボートの存在を探知し…… 砲撃。 潜水艦への攻撃が成功し、つかの間の喜びが船艦に訪れますが、Uボートは水面下にまだまだ潜んでおり、戦いが終わることはありません。 攻撃につぐ攻撃。 「最前線に立つよりも危険なのは」 「目的地につくまでの戦いだ」 「目標は1つだけです、艦長」と告げられ…… 静かに振り向くクラウス艦長。 そのレーダーが映し出すのは…… 捉えきれていなかった大量のUボートでした。 GREYHOUNDは2020年6月12日に全米公開予定で、日本での公開日は記事作成時点で未定です。 なお、原作となった「駆逐艦キーリング」のあらすじやレビューは以下から読むことができます。 アメリカからイギリスへ向かう新旧寄せ集めの37隻の輸送船団を、たった2隻のコルヴェット艦と2隻の駆逐艦で護衛する。 その護衛艦隊の指揮官が主人公で初陣のクラウス中佐。 出世は遅れ気味で経験不足だけど、苦悩しながらも2日間不眠不休で船団を守り抜きます。 熱いコーヒーのうまそうなことと、時々ふっと思い出す別れた妻への未練の描写がいいです。 船団護衛が主任務だから、Uボートは必ずしも撃沈しなくてもいいんだな。 スピードを上げると騒音ですぐに使えなくなるソナーにもなるほどなぁと感心しました。 冒険小説として非常に評価が高いのに、どうしてこの作品が絶版のままなんだろう。 著作権上の問題かな?「女王陛下のユリシーズ号」や「鷲は舞い降りた」に充分肩を並べられる一級品として、心から復刊を望みます。

次の