さば の 味噌 煮 レシピ。 給食のプロ直伝!さばの味噌煮の美味しい作り方やレシピを徹底解説!

さばの味噌煮のレシピ/作り方:白ごはん.com

さば の 味噌 煮 レシピ

以前に紹介しました和食の基本「ウマい煮魚」を作るコツ。 今回はその応用編で、こってりしてご飯に合う「さばの味噌煮」を作るコツを紹介します。 「さばの味噌煮」も、お客さんから 「出来上がりがシャバシャバで味噌汁みたいになってしまう」「煮込みすぎて身がパサついちゃって……」などなど、作り方をよく聞かれる魚料理のひとつ。 その解決法は超カンタン! ポイントは「煮汁を作る時の水の量」、そして「煮る時間」。 基本は煮魚のコツと同じなんです。 違うのは味噌を加えたことによって、他の調味料の量が変わったことくらい。 酒の量を増やし、しょうがも加えています。 あとは煮汁をかけながら仕上げて照りを出せばOK。 ほぐした身を煮汁につけてお召し上がり下さい。 魚屋三代目の「さばの味噌煮」 【材料】2人前• さばの切り身 2切れ• 長ネギ お好みで(4~5センチに切り、グリルやオーブントースターで焼いておく)• しょうがスライス 4~5枚• 針しょうが お好みで (A)• 味噌(今回は赤味噌。 ふつうの味噌でもOK) 30g• 砂糖 大さじ3• みりん 大さじ2• しょうゆ 大さじ1• 酒(日本酒) 大さじ4• 水またはお湯 80ml (B)• 味噌(今回は赤味噌。 ふつうの味噌でもOK) 5g(味噌強め、味濃い目が好みの方は10g)• 酒(日本酒) 大さじ1 作り方 1. まずは煮る前に下ごしらえ。 キッチンペーパーを外し、汚れが浮いてきたらお湯を切り、 冷水を注いで残った汚れや血合いなどを洗い流します。 新鮮なさばが手に入ったときや、どうしても時間がない時はカットしてもOKです。 さばを煮ていきます。 鍋に(A)の調味料を加え、よく混ぜながら一煮立ちさせたところに、 1のさばとしょうがのスライスを入れ、 アルミホイルなどで落としぶたをし、鍋のふたをして中火で7~8分煮ます。 (もし吹きこぼれそうでしたら火加減を弱めに調節して下さい) 3. 鍋のふたとアルミホイルの落としぶたを取り、 合わせておいた(B)を加えてスプーンなどで煮汁をさばの切り身に数回かけて照りを出します。 (火加減は中弱火~弱火。 器に盛り付け、お好みで焼いた長ネギを添え、針しょうがを天盛りにします。 (一緒に煮たしょうがスライスもまたウマし!) 多めに煮て、翌日は表面を焼いて食べるとさらにウマし! このさばの味噌煮、翌日、電子レンジで温めてから、 表面だけグリルやオーブントースターで焼くのがまたウマい! 焼けた味噌の香りと香ばしさがたまらないよ~。 多めに作っておくとこんな楽しみもあります。 ちなみに、さばは鮮度が命! できるだけ新鮮なものを使うのもおいしい味噌煮を作るコツです。 写真のように、 「血合いがくすんでなくて、きれいな色(赤、ピンク色)」のものを選べば間違いなし。 それから、 「三枚おろしよりも二枚おろし、中骨付きのもの」がオススメ。 骨からもうま味が出ます!.

次の

さばの味噌煮のレシピ/作り方:白ごはん.com

さば の 味噌 煮 レシピ

下記にレシピも掲載してあります。 ぜひ、ご家庭でも給食の味を再現してみてください。 鯖って、 どんな魚? サバはアジやマグロに並び、 世界的に消費量の多い魚です。 日本の太平洋周辺で水揚げされるサバは、 秋が旬で、秋サバと言われています。 また、九州沿岸で水揚げされるサバは、 冬が旬で、寒サバと呼ばれています。 ノルウェー産のサバも秋が旬なので、 サバの旬は基本は秋と覚えときましょう。 秋サバを嫁に食べさせてはいけない理由 『秋サバは嫁に食わすな』という、 言葉が昔からありますが、 昔は脂がのった美味しい秋サバを 嫁に食わすのは勿体ないという意味で 使われていたそうですが、 現在では、秋サバは脂がのって美味しいけど、 脂肪を多くとりすぎてしまうので、 カラダによくないという、 心配を込められた意味で解釈されるそうです。 ・生姜は大きめスライス だいたいのレシピが生姜の切り方は、 千切りになっています。 ですが、大きめのスライスがオススメ。 生姜嫌いな子だと、クタクタになった 千切り生姜がサバにまとわりついて、 お残しの原因に繋がります。 大きめスライスにして、 一緒に煮ていき、食缶の隅にでも、 生姜スライスを配缶しとけば、 生姜好きな子がクラスで 勝手に食べてくれます。 よく煮た生姜は、辛さもなく、 甘じょっぱくて、ごはんが進みます。 ・サバの下に食材を敷く その日の材料にネギや昆布を使用していれば、 さらにうまく煮れます。 ネギなら廃棄してしまう頭の部分を、 昆布なら、出し汁を取って、 不要になった昆布を使用します。 サバを並べる前に下にこれらの食材を 敷いてあげると、 釜の底が焦げないのでオススメです。 ネギや昆布にも味が染み込んで、 とても美味しいので、 それらも一緒に配缶をします。 こどもたちも喜んで食べてくれます。 ・煮込む時間は60~90分程を目安 鯖は煮崩れしやすいので、 火加減に注意しましょう。 クッキングシートで落し蓋をします。 ・火止めする 20分ほど火止めします。 冷めることにより、 味がしっかり染み込みます。 ・配缶しながら、汁をかける バットに数を数えて、 配缶したら、煮汁を上から少しかけます。 この煮汁を片栗粉でトロミをつけて、 かける現場もあります。 【さばの味噌煮 1人分の分量 g 】 さば・・・・・・60 生姜・・・・・・1. 5 しょうゆ・・・・・1 砂糖・・・・・・3. 胡麻醤油和え キャベツと小松菜の胡麻醤油和えです。

次の

あさイチさばの味噌煮のレシピ。柳原一成さんの作り方。

さば の 味噌 煮 レシピ

2、鍋に水、昆布を加えて30分間置く。 3、さばの皮に一文字に切れ目を入れる。 さらに半分の長さに切る。 両面に塩を多めに振り、約30秒間おく。 4、鍋に熱湯を沸かし、皮を上にして、約30秒間身の表面が白くなるまで湯にくぐらせる。 5、別の鍋に味噌、砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。 酒を加え、弱火にして照りが出るまで焦がさないようによく混ぜ合わせる。 6、2の昆布を取り出し、中火にかける。 沸騰してきたら4の皮目を上にして入れる。 しょうがの薄切りと、4等分に切った焼き豆腐を加えて5を回し入れる。 水で濡らした落し蓋をして、弱火で約10分間味噌の色ととろみが5と同じくらいになるまで煮る。

次の