テニス スライスサーブ。 テニスの勝率がスライスサーブを身につけて大幅UP!超簡単な打ち方をご紹介

テニス】スライスサーブはとても重要【読めば覚えたくなる】

テニス スライスサーブ

こんにちは!すっかりスピンサーブの感覚を忘れて、フラットサーブから調整しなおしているSAKIです。 今回のテーマは「 高速スライスサーブ」の打ち方です。 何故スライスサーブかっていうと、・・・これから挑戦しようと思っているからです。 ^^;) 10年以上も前、私はで、スピンサーブに挑戦しまくりました。 正確にいうとキックサーブに挑戦したんですけど、あれってかなり難しくて挫折しました。。。 最終的には、下から上へこすりあげるというよりも、 スピンスライス気味に プロネーションを効かせた、高速スピンサーブって感じのサーブに落ち着いたんですが、 これをひさびさに打ってみたところ、みごとにフレームショット連発となったわけです(涙)。 スポンサードリンク すっかり忘れたプロネーションを使った回転のかけ方 ひらたくいうと、 「すっかり感覚を忘れた」ってやつですね。 何の感覚を忘れたかというと、 腕のプロネーションを使ってボールに回転をかけるっていう感覚です。 これって回転系サーブの肝ですよね? うーん。 困った・・ 昔みたいにテニスサークルとかやってたら、サーブ練習をひたすらやったりするんですが、 いまはテニススクールに週一通っているだけですからね。 試合でダブルフォルト連発ってわけにもいかないので、 まずは、比較的習得がしやすいと言われるスライスサーブに挑戦しようと思ったわけです。 ちなみに「高速」ってつけている理由は、初心者によくあるリンゴの皮むき回転だけかかるサーブではなく、プロネーションが効いた威力のあるサーブを打ちたいからです。 まずはフラットサーブを調整してみた まずはプロネーションを効かせてサーブを打つ感覚を思い出すため、 フラットサーブを打ってみました。 ちなみに私の目指しているサーブは、基本サーブにはプロネーションを使って打ち スイングスピードを極端に変えずに回転量を調整するサーブです。 フラットサーブは、スイングする方向とボールの飛ぶ方向が一致するので、 大好きなサーブです。 ^^) なんせ解りやすいですよね。 しばらく調整したところ、テニススクール中級レベルだと 入ればかなりの高確率でエースがとれるサーブとなりました。 完全にドフラット、つまり無回転だとさすがに確率が悪いので、 ちょっと回転をかけてます。 セカンドではこの回転量をもっと大きくしていけば、 高速回転系のサーブの出来上がりです。 回転系サーブの難しいところは、 ラケットを振る方向と ボールが飛んでいく方向が違うところです。 なので、この差が少なめのスライスサーブから調整しようと思ったわけです。 テニス仲間のスライスサーブから基本を学ぶ そういえば、昔とった画像が・・・ ありました!スライスサーブを武器としていた仲間の連続写真です。 なるほど、この写真から読み取れるのは、 トスを右に上げるとスライスサーブを打ちやすいってことですね。 それじゃ、ボクシングでいうところのテレフォンパンチみたいに、 トスでサーブの種類がわかっちゃうじゃん! って思うかもしれませんが、回転のかけ方を復習するのが目的なので、問題なしです! リンゴの皮むきのように、ラケットを巻き込むのではなく、 右側にふりぬいてボールをはじいているのも見て取れますね。 そうそう、大事なのは「ボールをはじいて回転をかける」ってことです。 肘の位置を落とさないってのも大事ですね。 スポンサードリンク 初心者に多い羽子板サーブ あなたは試合でどんなサーブを打ちますか? テニススクールの中級レベルで多いのは、ファーストにスピンサーブ、 セカンドで 入れてけサーブって方ですね。 入れてけサーブっていうのは、とりあえずスイングスピードを落として ダブルフォルトをしないためのサーブです。 これは、グリップもちょっと厚めの、まさに 羽子板サーブなんですが、 驚くことに中級レベルだと、同等のサーブをセカンドサーブに使うひと多いです。 うーん。 本来 、セカンドサーブはファーストとスイングスピードをほぼ落とさず回転量で 確率をあげるっていうのが目指すサーブのはずなんですが、 テニススクールでは、ダブルフォルトは練習の妨げになるので「悪」とされる 雰囲気があって、将来性のない入れてけサーブが黙認されるんですね。 ちなみに、私はセカンドも振り切るので、どうしてもスピードが出てしまいます。 もちろんちゃんと入るわけですが、生徒のサーブからはじまる陣形の練習で このサーブを打ったところコーチから 「セカンドサーブを打って!」 って言われました。 いまのがセカンドサーブですけど・・・^^; 振り切ったほうが、スイングが安定するし回転がかかるので、最終的には確率があがります。 でも 完成するまでは、時間がかかるので、敬遠されるわけです。 なんせテニススクールでは、ダブルフォルトは「悪」ですからね。 サーブの練習の時間じゃないよ! っていうのがコーチの心の叫びかもしれません。 でもですよ、テニスを習いにいっているのに、こうあるべきだというテニスを教えない テニススクールってなんなんだろう?って思っちゃいます。 まあ、でも確かに、試合をやってみんなほとんどフォルトで試合にならないっていうでも 困っちゃいますけどね。 まとめ かなり話題があっちこっちといってましたが、高速スライスサーブの打ち方のコツについてまとめました。 ・トスをいつもよりも少し右側に ・プロネーションを効かせてボールをはじくイメージで回転をかける ・肘の位置をインパクトにむけて落とさないように をポイントに練習したいと思います。 コツがつかめたら、また書き込みますね。 お楽しみに! スポンサードリンク•

次の

高速スライスサーブの打ち方のコツはプロネーションを使えるか否か?

テニス スライスサーブ

ダブルフォルトはもったいない 一般の大会でもよく見られるダブルフォルト。 非常にもったいないですね。 相手は何もしなくてもポイントが取れてしまうんです。 そこで2ndサーブでは安定感抜群にするために回転をかけていきましょう。 とにかくサーブが入るようにしたいという人は1stサーブで回転をかけていきましょう。 スライスサーブの打ち方 よく見られがちなのがボールの右側をカットするような打ち方です。 これでは横回転はかかりますが推進力がたりません。 そのため威力をだしていくためにプロネーションを使ったスイングが必要になるのです。 プロネーションといってもフラットサーブの時に使うのとは少し違います。 フラットサーブでは手のひらを一気に外側に返していくのに対して、スライスサーブでは面を少し開いた状態から、ボールの右半分をとらえてまっすぐ押し出すようにスイングします。 ここでも注意が必要で、フラットサーブ同様に強く返してしまうと、かすれた当たりになってしまうんですね。 スライスサーブではプロネーションを強くしないので、マスターできてない人やサーブが苦手な人には嬉しいサーブです。 まずはスライスサーブから習得していき、プロネーションを覚えてからフラットサーブを打つのもいいと思います。 スライスはボールの右側を弾くように打つので、巻き込む感覚がある人には少し難しい。 弾く感覚を得るために、思いきってインパクトした瞬間にスイングを止めてみましょう。 スイングが加速するので、巻き込むイメージを変えられるきっかけになると思います。 スライスの感覚を得るための練習法として、ボールを地面につく練習をしましょう。 スライスは切るよりも、はじく感覚で打つのでボールの右半分をとらえてつく練習をします。 はじいて回転をかける感覚が身についたら、その感覚のままアンダーサーブでスライスをかけてみましょう。 この練習をやると、ボールをはじくためのスイングができるようになるため、自然とスライスサーブが打てるようになります。 私もよくアンダーサーブで、スライスをかける練習をしています。 この練習は、はじくための練習ですが、タッチの感覚も同時に養うことができるのでいい練習になります。 スポンサーリンク スピンサーブの打ち方 これは特に打てない人が多いサーブになります。 フラットとスライスはボールを後ろから打っていくため自然にスイングできますが、 スピンサーブでは強い縦回転が必要なので、下から上に打つというイメージで打つ感覚がわかりづらい人が多いです。 まず身につけるのは、前への推進力を抑えるため横に振ることを覚えましょう。 ベースラインと平行にスイングしていくことによって、回転をかけることだけに集中することができます。 では、ボールを上にこすり上げていきましょう。 ここでも必要なのがプロネーション。 前への推進力がなくなるため鋭いスイングをすることが大切になってくるからです。 ボールをこすり上げた後に一気にプロネーションします。 これによってスイングスピードが上がり、バウンド後に高く跳ねるサーブになるんですね。 注意することはフラットやスライスと違い、ボールを打った後にプロネーションをすることです。 私がスピンサーブを練習した時は右に飛んでいったり、スライスみたいになりました。 ボールを上に向かって打つ意識に変えてからは、スピンの変化になり楽しくなってきました。 また、トスは頭よりも後ろに上げることも大切です。 頭よりも後ろに上げると、ラケットが下から出てくる軌道のところで打つことができるので、縦回転をかけることが可能に。 スイングする時も、右足を前に出してラケットとくっつけるような感じにすると、バランスがとりやすくなります。 スイングスピードも落とさずに、最後まで振り抜くことができます。 まずは回転をかけるということを意識して、その後にコントロールという流れで練習していきましょう。 まとめ やはりテニスはサーブから始まり2ndサーブだからといって打ち込まれていては試合に勝てなくなってしまいます。 2ndサーブになった時でも自信を持って打てるとプレーにも余裕がでて、焦ることも少なくなります。 ぜひ強烈なサーブをマスターして楽しく試合をしましょう。 スポンサーリンク.

次の

高速スライスサーブの打ち方のコツはプロネーションを使えるか否か?

テニス スライスサーブ

この方法では、 低い打点からフォアハンドスライスに近い形で 下回転をかけて打つ所から、 徐々に打点を高くしていく事でスライスサーブのコツをつかんでいきます。 フォアハンドスライスが打てない方は、そちらの練習を先にしてみてください。 実際にボールを打っていく前に、腕を直角に曲げた状態で、肘から先を時計回りに動かすと、自然と手の平が下を向いていき、反時計回りに動かすと手の平が上を向いていくことを確認します。 (当サイトで言うところの「見かけ上の回内、回外動作」になります。 ) 手の平がずっと上を向いて動かない場合、手を固定するために余計な力が入ってしまっていますので、腕をリラックスさせるようにしてみてください。 自然と手が回転する動きが確認出来たら、この動きを使い、下回転をかけてボールを打っていきます。 ラケットの持ち方は、 コンチネンタルかそれ以上薄いグリップで握ります。 上の動画では、コンチネンタルで握っています。 握りは薄いほど回転がかかりやすいです。 コンチネンタルよりも厚いグリップだと強い回転をかけるのが難しくなります。 左利きの方は、横回転が強くかかったスライスサーブが非常に強力な武器となりますので、薄いグリップ(バックイースタン程度)をおススメします。 下回転をできる限り多くかける事を意識してボールを打ってみてください。 ボールの軌道は気にしなくても大丈夫ですので、回転量を多くする事に集中してください。 (この際、サイドスピンがかかってしまっても問題ありません。 ) 本当は手の平が下を向く方向に回転している途中でボールを打つのですが、これだと下回転をかけるイメージが分かりにくいと思います。 ですので、まずは、手を固定した状態でボールを打って、打球後に手の平が回転していくイメージで打ってみてください。 何度もボールを打って余計な力が抜けてくれば、自然と手が回転している所でボールを打てるようになるはずです。 回転を多くかける感覚がつかめてきたら、同じ腕の使い方で、徐々に打点を高くしていきながら、回転をかけボールを打っていきます。 この際、 打点を高くするほどラケットを立てて(地面と垂直に近づけて)いきます。 こうすると徐々にボールの回転方向が変わっていくのが分かると思います。 スライスサーブの打ち方だと、インパクト時のガットの横糸とほぼ平行の向きにボールが回転します。 右利きの場合は、横糸と平行に右方向、左利きの場合は、左方向に回転します。 ですので、ラケットが地面と平行に寝ていると主に下回転がかかります。 ラケットを地面と垂直に立てるにつれ、下回転が減り、横回転の量が増えてくることになります。 ラケットが地面と垂直に立つ位置でほぼ純粋な(トップスピンのほぼない)横回転を打つことができます。 これがスライスサーブの打ち方になります。 しばらく下の方から打点を上げていく練習を繰り返し、強い横回転をかける感覚をつかんでください。 コースは気にせず回転量を多くすることだけに集中してみてください。 なお、純粋な横回転に近い(トップスピンの少ない)スライスサーブを打とうとすると、打点は、フラットサーブと比較し、かなり右の方になり、トスもフラットサーブの時より右の方に上げる必要があります。 理想はフラットサーブと同じトスでスライスサーブも打てることですが、それには、ジャンプし、左右の肩を結んだ肩のラインが傾いた状態で打つ事がほぼ必須になります。 (フラットと同じトスでスライスサーブを打つ方法について詳しくは、別記事で紹介予定です。 ) ジャンプせず、両足が地面に着いた状態で打つ場合は、フラットサーブと同じトスではスライスサーブを打つのは難しいので、最初は、同じ位置にトスをしようとせず、右にトスを上げてください。 横回転をかけるコツがつかめてきたら、低い打点から始めるのをやめ、 高めの打点で横回転をかける練習だけをしていきます。 まずは、コースは気にせず、横回転を多くかけることだけに集中してみてください。 いきなりサービスボックス内に収めようとすると回転をかけるのが難しくなります。 途中で回転がかからなくなってきたら、また 低い打点で下回転をかける練習に戻り、そこから徐々に打点を上げてみてください。 回転をかける感覚を取り戻せるはずです。 横回転がしっかりとかけられるようになってきたら、あとは、ボールをサービスボックス内に入れる練習をしていけば、曲がるスライスサーブをしっかりと打てるようになります。 トップスピンをかけたスライサーブを習得する この方法を応用すれば、トップスピンのかかったスライスサーブ(トップスライスと呼ばれることもあります。 )を打つことも簡単にできるようになります。 やり方は簡単で、横回転だけをかける時よりも、打点を左上にし、 インパクト時のラケットの向きを左に傾けるだけです。 ラケットの横糸と平行の方向がボールの回転方向になりますので、例えばラケットが左に45度ほど傾いていれば、ボールの回転方向が右上に45度傾くことになり、トップスピンと横回転がほぼ同じ量かかる事になります。 もう少し、トップスピンを減らし、横回転を増やしたければ、ラケットをもう少し立てます。 逆にもっとトップスピンを増やしたければラケットを更に寝かせます。 最大限ラケットを寝かせれば、この打ち方でもかなり強いトップスピンをかけることが可能です。 上手く回転がかからなければ、また低い打点で下回転を多くかける練習に戻り、徐々に打点を上げてみるようにしてください。

次の