ゲイ 出会い。 最新ゲイアプリ一覧まとめ!ゲイの出会い系スマホアプリおすすめ15選

MEN'S NET JAPAN ゲイ バイ 同性愛 出会い

ゲイ 出会い

自分がゲイであるとカミングアウトできず、「出会いがない……」「ゲイ同士の交友関係が広がらない」と悩む人はいるのではないでしょうか。 そうした 出会いに悩めるゲイの方にオススメなのが「出会い系アプリ・サイトを通じた出会い」。 アプリの利用者は当然ゲイばかりで、人の目を気にすることなく積極的に出会いや交流がされる場所です。 この記事ではゲイと出会いやすいアプリの中でも特に「口コミ・体験談で評判の良かった」ものを厳選。 真の優良アプリを、「マジメな出会い向き」「デブ専向き」のように、出会えるタイプ別に紹介していきます。 上の画像のように ゲイに最も利用されているのが「出会い系アプリ・サイト」という結果に。 寄せられた口コミを見ても、 今まで サクラとか変な人との出会いはないので、ちゃんとしてると思ってます。 アプリ・サイトを使って50人と出会えました。 無理にカミングアウトしてまで出会いを求めたり、頻繁に開催されないイベントを待ったりせずに、 手軽に出会いのチャンスを得られる所がゲイの心を掴んでいるのでしょう。 おすすめゲイ専出会い系アプリ7選。 タイプ別に紹介 多くのゲイが「出会い系アプリ」で出会っているという事実がわかって、興味出てきたという人もいるでしょう。 Match Japanの口コミ・体験談 他のアプリを使ったことあるんですけど、Match Japanは全体的に大人っぽい男性が多い印象でした。 だからか健全な友達・恋人探しをしていた私にとって、気になる男性との出会いが生まれたんだと思います。 自分も4人と出会えて、しかも1人とは恋人になることができたんです! けっこうプロフに「恋人探してます!」みたいな人も多くて、恋人探しするのに向いている印象です。 遊び目的でも利用できなくはないでしょうが、「真剣な出会い目的」で利用した方がより高い効果が期待できるでしょう。 ハッピーメールの口コミ・体験談 遊び相手を探す人も多いんですが、まずは友達から始めて、段々と仲良くなって恋人に発展……といったスタンスで利用する人が多いと感じました。 また有名なアプリなので業者は見かけず、とくに危険は感じなかったですね。 他アプリよりも出会いやすいのはもちろん、恋人探し・遊び問わず幅広く利用できる点が人気を集めているようです。 また「ハッピーメールはアプリの中でも有名なアプリだから安全」と挙げる人もおり、安全に利用できる点もハッピーメールのメリットとなるようです。 Bridgeの口コミ・体験談 ゲイ向けのアプリって遊び目的の人が多くて、真剣に恋人を探している人にはちょっと怖かった。 でもこれはきちんとユーザーの審査がされて、真面目な相手探しに希望が持てる。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 身分証確認もあるから安心だし、真面目な人が多いアプリ。 ゲイ向けでここまでシステムの整ったアプリは少ないから嬉しいです。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 「徹底した審査・管理体制で安心」といった口コミが多く、真面目に恋人探しをする人の味方になっているようです。 ユーザーの真剣度はダントツで高く、他アプリでは難しい真剣な出会いが期待できます。 登録アカウント :メールアドレス 向いている出会い:恋人探し ガチムチ・ぽっちゃり・熊系男子だらけ。 GMPDなユーザーが多く集まるのが『SCRUFF』です。 近所のユーザーから自分がタイプの男性に絞って検索でき、遊べる相手を探しやすいのもポイント。 SCRUFFの口コミ・体験談 外国人もいるけど、日本人もかなり多い。 しかもほとんどの人が遊び目的で使ってるから、遊び相手を探しててデブ専の自分には使いやすい。 GPS連携で近くの相手を探しやすく、突発的に「遊びたいな」と思ってからでも十分に出会いが期待できるでしょう。 登録アカウント :なし 向いている出会い:遊び セクシー&ワイルドなイケメンを「マッスルウルフ」、中性別でキュートな「スリムキャット」などと、他ユーザーの評価で外見が9種類に分類。 自分好みのイケメンを見つけやすい環境です。 9monstersの口コミ・体験談 9種類の外見の特徴から自分好みの人に絞れるのが良いです。 しかも会員数が多いせいか、他アプリよりも遊べるイケメン遭遇率が高い気がします。 (Applivユーザーレビューから抜粋) ナイモンは好きなタイプの相手を探しやすいのががイイ。 しかも同じの目的の人を探せる機能もあるし、全体的に遊び目的の人が多いから気軽な出会いに使える。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 「イケメン遭遇率が高い」「好きなタイプを探しやすい」など、外見重視の相手探しで重宝している様子が伺えます。 また「会員数が多い」「遊び目的の人が多い」など、気軽な出会いをしやすい環境が人気を集めているようです。 登録アカウント :メールアドレス 向いている出会い:遊び ゲイ活アプリの中でも『Jack'd』は、10代や学生が多い印象。 年齢を絞り込んで相手検索でき、同年代の遊び相手が欲しい10代や、若い人と出会いたい人にはうれしい環境です。 Jack'dの口コミ・体験談 大学生とか10代の人が多いから、自分と同年代のゲイ友探しをしやすいです。 遊び目的だけじゃなくて、友達探しとしても十分利用できます。 (Applivユーザーレビューから抜粋) GPSで近くにいる人がわかって、気軽に「会ってみよう」と声かけやすいです。 しかも利用してる人が多いからか、若い人が多い気がします。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 「若い人が多い」という口コミの他に、「遊び相手を探しやすい」「友達を作りやすい」の声が多く見られました。 会員数も多く無料でも利用できることから、気軽な出会いをするには十分な環境が整っているようです。 登録アカウント :メールアドレス 向いている出会い:遊び 欧米を中心に世界で1000万人以上が利用するアプリだけあって、外国人が多い印象です。 細かな検索はできないものの、GPSで近くの相手もわかり、気軽な遊び目的なら十分な環境です。 Grindrの口コミ・体験談 海外のアプリで外国人が結構います。 しかもGPSで近くの人もわかるから日本在住の外国人を探すのも簡単で、気軽に会って遊べる相手と出会いやすいです。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 全体的に遊びな人が多くって、目的が同じ自分としては使いやすい。 他よりも外国人が多いし、外国人好きな自分的にはベストアプリ。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 「外国人が多い」との口コミだけでなく「遊び目的な人が多い」との声も他アプリに比べて多かった印象。 「遊び友達探し」や「友達からだんだんと」といった気軽なスタンスで外国人と出会いたい人にはオススメな内容です。 登録アカウント :Facebook or メールアドレス or Googleアカウント 向いている出会い:遊び 欧米人が中心のGrindrとは違い、こちらの『Blued』は中国人、韓国人といったアジア系の外国人が中心のアプリ。 中国生まれだけあって、他アプリよりもアジア系の外国人と出会いやすいです。 Bluedの口コミ・体験談 他ではあまり見られないアジア系(特に中国、韓国)がかなり多いです。 韓流アイドルみたいな中性的な顔立ちが好きな自分にはありがたいです。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 他のアプリに比べてユーザーは少ない感じがするけど、その分韓国の人は見つけやすかった。 遊び目的でも全然利用できるし、アジア人が好きならいいかも。 (Applivユーザーレビューから抜粋) 「他アプリではあまり見られない韓国人が多い」など、アジア人中心のユーザー層に好感を持つ人が多いようです。 またGPS連携で日本在住の人も探しやすく、気軽な出会いに向いている一面を明かすユーザーも見られました。 登録アカウント :Facebook or メールアドレス or Googleアカウント or Twitter 向いている出会い:遊び 出会い系アプリに似たもので「LINE ID交換掲示板」がありますが、正直あまり オススメできません。 というのも掲示板は、不特定多数の人に自分のIDを公開するシステム。 IDの悪用を目的とした悪質ユーザーの被害に遭うケースもあり、出会いどころかトラブルに巻き込まれる可能性が高いのです。 「男同士」という掲示板があるのはもちろん、利用には「身分証の提示」が必要で、他の掲示板サイトに比べて安全性はかなり高めです。 完全無料ではないものの、投稿は1日1回無料。 出費をID交換時のメッセージだけに抑えられる、安全と安さを兼ね備えたシステムになっています。 登録料金 :0円 掲示板・メール料金:50円 登録アカウント :電話番号 向いている出会い :遊び相手探し アプリ以外の出会いの方法&出会いの場 恋人や仲の良いゲイ友を作るには、なによりも「ゲイとの交友関係を広げる」のが大切。 それだけに出会いをアプリだけに留めておくのはもったいない話です。 以下では口コミで多く見られた「アプリ以外でゲイと出会える場所」について解説していきます。 LGBTイベント 現在では大手婚活パーティー運営会社も「ゲイ限定の婚活パーティー」を開催するほど。 色んな人と出会えるところ。 これまでに10人と出会えました。 アプリに比べると出会える数も気軽さもイマイチな分、「婚活パーティー」の票数は伸び悩みましたが、 「対面しての出会い」にこだわるのであればおすすめです。 その点アプリの中はゲイだけ。 しかもアプリの利用者は、あなたと同じく出会いを求めており、十分に出会いを期待できる環境です。 もちろん出会いにも、真剣な恋人探しをする人や遊び相手探しをする人と、いろいろな種類があります。 お互いが「良い人と会えた」と思えるハッピーな関係になるためにも、自分に合ったアプリ選びが重要です。 この記事を参考にして「自分の会いたい人」をしっかりと考え、出会いのチャンスを掴みましょう。 関連記事 iPhone おすすめ出会いアプリ10選• Android おすすめ出会いアプリ10選• マッチングアプリ体験談• 世間の出会いアプリ利用事情• 自分に合った出会い方を知る• 自分に合ったアプリを選ぶ• 好みのタイプからアプリを選ぶ• アプリを使って出会う• デートして恋人をゲットする• モテるプロフィールを作る• 理想の相手を見つける• 好印象なメッセージを送る• 安心安全な使い方・危険回避• デートに誘う・デートプラン• デート中のテクニック• デート後のケア・お礼メール• 告白を成功させる方法• 脱非モテ・自分磨き• マッチングアプリ別の使い方• Pairs(ペアーズ)• Omiai• タップル誕生• with(ウィズ)• ハッピーメール• PCMAX(ピーシーマックス)• Match(マッチ・ドットコム)• ゼクシィ縁結び•

次の

k@toom・ゲイ掲示板・九州のゲイサイト

ゲイ 出会い

どうも、ゲイライターの みぃのすけです。 今回は、ゲイの人とはどこで友達を、そして恋人を探すために出会うのかを書いていきたいと思います。 私は関西在住なので、知っている場所で、堂山にあるMASH大阪が運営されている「」などがあります。 資料や読み物もあり、またノンケやゲイ以外のセクシャリティのLGBTでも入ることが出来るので、出会い目的だけではなく、当事者と会って話がしてみたい方も来ることが出来ます。 友達を作ったり、情報共有したりするのには良い場所だと思います。 デメリットは、 恋人探しなどの目的ではあまり期待をしない方がいいところでしょう。 コミュニティスペースはもともと恋愛の出会いを対象とした場所ではありません。 募集しているものを明確にすれば出会える可能性は非常に高いです。 出かけた時も、アプリを開けば近くにいるゲイがぱっと分かるので便利です。 デメリットは、ネットなので 本当に本人の写真なのか分からないこと、 約束してもすっぽかす人がいることなどです。 また、初対面でのお泊まりも避けた方が無難だと思います。 お金を盗まれたり、個人情報盗んだりする人もいるみたいで相手と会うまでどんな人か全く分からないのもマイナスです。 参加してみた感想で言うと 真面目そうな人(出会いに真剣な人)が多いと思いました。 参加者はまず、プロフィールカードを記入して、ローテーションで自己紹介をしていきます。 その後、フリータイムで気になった方とお話をして、気になった人の番号を書いて提出します。 最後に、同じ人を記入した人が、結ばれて2人で帰っていきます。 恋愛の出会いに特化した場であり、アプリよりも真面目な出会いを求めている人がやはり多いです。 ゲイの真剣な出会いの場は限られているので、こういったゲイ限定のパーティーに参加してみるのもいいと思います。 ただ、デメリットはなさそうですが、形式に問題があると思います。 まず、 タチが圧倒的に少なく、ネコばかりしかいないことです。 必然的にネコは余るので、結ばれないことも多いです。 参加費もネコが高く設定されており、結ばれなかった人が友達になることも出来ないので、割に合わないところも大きいです。 もう少し、結ばれなかった人への配慮もほしいと思います。 恋人探しが目的ならば、断然オススメですが……。 ただし、他の3つよりも、コミュニケーションに自信がないと結構つらいです。 人見知りする人にはオススメしにくいです。 稀に運命の人と出会えることもあるようですが、ほぼないです。 その日限りのお相手を求めて来ているゲイが非常に多いです。 連絡先を交換することもほとんどないです。 友達や恋人探しではなく、 一夜のお相手との出会いをメインに利用しましょう(笑) 他にも掲示板での出会いなどもありますが、今はこのあたりが主流かと思います。

次の

MEN'S NET JAPAN ゲイ バイ 同性愛 出会い

ゲイ 出会い

ゲイの人の出会いって、ノンケ 異性愛者 の人以上に難しいところですよね。 ここ十年ぐらいでLGBTへの意識もかなり変わってきているとはいえ、どうしても一般的な男女の出会い、恋愛・結婚と比べると問題が多いところ。 自分がゲイである事を公開する事の難しさからゲイ同士で出会いにくい、ゲイの人がノンケの男性に恋をした場合も相手に受け入れてもらえるかの難しさなど、簡単に解決できないでしょう。 地方で暮らしている、田舎の方で暮らしている、といったゲイの人の場合、人口数的になおさら出会いにくくて都心に出るしかない、なんてことも。 ゲイであるとオープンにしても問題ない!本来の自分の魅力に気づいてくれる人と出会うチャンス アナタが良くてもアナタの家族や友人など、周囲の人達の手前、自分がゲイである事をオープンにできない人もいるでしょう。 『そもそもゲイである事をオープンにしたくない』という人もいるでしょう。 これらの理由から、出会いの場として営業している飲食店、男女の出会いがメインの出会いアプリやサイトではアナタの魅力を発揮できず出会えません。 外見や中身を磨いても、もともと好かれるものを持っていたとしても、それを魅力的だと気づいてくれる人と出会えるチャンスが極端に少ないのです。 しかし、ゲイの人のための出会いアプリならば別です、利用者は同じくゲイの人ですからアナタの悩みや好みに共感してくれる人、自分を偽らずに受け入れてくれる人、思わず『この人ともっと話したい』となってしまう人との出会いが豊富です。 アナタが持っている本来の魅力をちゃんと理解してくれる人達との出会いを実現できる手段、それがゲイの人のための出会いアプリです。 もちろん、恋愛的な出会い以外は絶対禁止!なんて事はありません。 一目惚れで一言目に「付き合ってください」で成立する可能性もゼロではないとはいえ、まずは出会って仲良くなってみないと話は始まらないですからね。 まずは友達作りのつもり、ゲイ同士で仲良くできる人を探すぐらいの気持ちで使ってみるのだって全然有りです。 出会うために引っ越しをする必要なし!お金も時間も無駄にせず出会える可能性大! 先に書いたように、地方暮らしや田舎暮らしな人の場合は出会いが極端に少なくなってしまうもの。 男女の恋愛でもそうですが、ゲイの人となるとなおさら深刻な問題ですし、出会いを求めて人口の多い都会へと引っ越しをする人もいます。 しかし、それでは当然お金と手間がかかります、物件・荷物搬送・住民票の移動や水道光熱費などの手続きなどなど・・・。 自分で荷物を運んだりと節約しても引っ越し費用はかかりますし、都会の方が物価も高いですから、引っ越し後の生活だって地方暮らしや田舎暮らしの時よりお金がかかります。 これで出会いのために飲食店に行ってみたり、なんて事をすれば、ますます生活は大変に・・・。 ですが出会いアプリを使えば、わざわざ引っ越しをしなくても遠方にいる人とだって出会えるチャンスはいつでもあります! 今の生活を保ったまま出会える、出会って仲良くなって『もっと一緒に居たい、近くに居たい』と思う状況になったら引っ越す、これなら今の生活や将来の生活を無理に崩す事もありません。 出会いアプリは24時間常に出会いのチャンス!出会いの自販機みたいなもの 出会いアプリの良いところは遠方の相手との出会い以外にも、プロフィールを作っておけば24時間出会いのチャンスだというところ。 出会いたいからといって、常にアプリを使い続けるわけにはいきませんよね。 食事もしたいしお風呂にも入りたい、家族や友人や1人ででも出かけたい、仕事に行かなきゃだし、睡眠もとりたい。 出会いアプリの場合、当然ですがこういう他の事をしている間もずーーーっと出会いのチャンス状態なわけです。 写真を載せる、趣味について書く、自分の性格について書く、好みのタイプについて書くなどなど、アナタがどんな人か?というプロフィールを公開していれば、いつでも出会えるチャンスなのです。 普段生活しているよりも出会える確率は格段にアップですし、逆にアナタだって他のアプリ利用者の人のプロフィールを好きな時に見てメッセージを送れる、という縛られない出会いが期待できます。 ネットの無料ブログサービスとかにプロフィールを載せるのと違って、ゲイの人のための出会いアプリにプロフィールを載せるので、『出会いたい』という目的を持ってる人達がアナタのプロフィールを見ます。 出会いアプリは大量に有り、中にはサクラまみれで出会えないのに、「出会える!」と嘘をついてインストールと課金させるだけのアプリもあります。 略してナイモンと呼ばれるこのアプリは、利用者の数が豊富なため多くのゲイの人と出会える可能性が高い出会いアプリです。 また、ナインモンスターズ独自の機能が充実しているところも注目ポイント。 例えばブリーディング機能というものがあり、これは自分が気に入った相手を選んでいくと、アプリが自然と利用者を牛や熊や猫や犬、といった9つの動物タイプの内のどれかに分類します。 この分類がある事で出会える確率がアップするんです! 犬タイプの人は可愛くて懐っこい性格、熊タイプはゴツくてたくましい体格で毛深い、といった感じに動物のタイプで利用者の見た目・性格・好みなどがわかるなど、楽しくかつ出会いやすくで使えます。 ナインモンスターズと同じく、アンバーも無料で使えますし、使える機能が増える有料プランもあります。 アンバーの特徴はコミュニティ機能があるところ。 『外見も内面も大事にしたい、どんな人なのかアプリ上でもわかりたいし、そこからもっと仲良くなりたい』という思いを重視している人には、アンバーのコミュニティ機能はピッタリです。 例えば〔映画を見るのが好き〕、〔ドライブに行きたい〕などの趣味関連のコミュニティもありますし、〔ヤリ目はお断り〕といった考え方に対してのコミュニティもあります。 コミュニティに参加すると、同じコミュニティにいる人達が気づけるようになっており、そこから知り合うきっかけになって出会えるというもの。 趣味嗜好の意思表示がアプリ上で手軽にできるので、文章を考えて入力してとするのが苦手な人でも手軽ですし、相手がどういう人なのかわかりやすいので、自分が関わりたくない人と出会ってしまうなんて可能性は低いです。 「遊び目的やなんとなく仲良くなりたい人はお断り、マジで生涯を共にする人を探したい」、というような真剣な出会いを求めるゲイの人向けのアプリなので、そういった人に特にオススメです。 ブリッジは完全会員制という特徴があり、年齢確認ができる書類の提出や、利用者が間違いなく存在している人物かの確認が必要。 『めんどくさそう』と思うかもですが、これだけキッチリと確認をとるのは、身元確認無しの匿名で使える出会いアプリよりも、出会いに本気な証拠。 管理体制がしっかりとしている分、サクラや変な業者は「適当に名前つけて適当な写真でプロフィール作って騙そう」という事ができない、だから面倒な分きちんと出会える確率も高いです。 課金は必要ですが、安心がお金で買えると思えば決して高い金額ではないと思います。 『え?それってなんか不安』と思う人もいるかもですが、そこまで警戒しなくても大丈夫です。 このグラインダーはゲイの人向けの出会いアプリとしての長く人気があり、ナインモンスターズが登場するまでは日本でも大人気だったアプリです。 一説ではグラインダーが登場した当時、アイフォンの発売日が重なったため、「携帯を新しくアイフォンに変えた男はグラインダーを使いたいからだ」と言われるほどだったとか。 グラインダーは画面表示が英語なので、ちょっと使いにくいところはありますが、日本人だけに限らず外国人のゲイの人と出会える可能性があるアプリ。 海外のゲイの人と出会いたい人にはピッタリですし、ゲイ専用ではなくバイの人も利用しているため、アナタの周りでバイで出会いが無くて困ってる人に教えてあげたり、バイの人と出会いたいと思っている人にもオススメです。 地域から絞り込んで相手を探せるという機能があり、地元で使うも良し、旅行に行った際に使うも良しです。 世界規模で出会いを探したい人は、特に使ってみる価値有りです。

次の