ソフトバンク光 wi-fi。 ソフトバンク光に市販のルーターを使う。おすすめのバッファロー機種と接続方法

初心者でも大丈夫!ソフトバンク光で市販のルーターに交換して利用する方法

ソフトバンク光 wi-fi

ソフトバンク光でWi-Fiを使う方法と必要機器は? ソフトバンク光は、光回線を使った高速インターネット通信で、通信速度は最大1Gbpsとなっており、大量のデータ通信が必要なゲームや動画再生などをする時でも大変快適です。 ソフトバンク光は、Wi-Fiの電波を使った無線通信もすることができ、ソフトバンク光でWi-Fiを使う方法は3つあります。 ソフトバンクエアーを利用する• ソフトバンクの光BBユニットをレンタルする• 自分で無線LANルーター用意する 以下に項目を分けて、その特徴や使い方などをご説明していきます。 Softbank AirでWi-Fi通信をする方法 Softbank Airは、ソフトバンクが提供するインターネットサービスのひとつで、ソフトバンク光とは別契約になります。 ソフトバンク光は、宅外にあるNTTの電線から光回線ファーバーを引き込む工事が必要になりますが、Softbank Airは、工事なしでコンセントに機器をつなぐだけですぐにWi-Fi通信でインターネットが始められるのが特徴です。 ソフトバンク光の有線接続と比べると、Softbank Airの通信速度は遅くなりますが、「工事ができない」「光回線の接続が面倒」という方から選ばれています。 Softbank Airの利用料金 Softbank Airの月の利用料金は、機器をレンタルする場合と、購入する場合で異なります。 どちらの場合も、「始めようSoftbankAir割」を受けられるので、24ヵ月間はお得な料金で利用できます。 Softbank Airの月額料金 事務手数料:3,000円(契約時のみ) AirTerminalをレンタルする場合 基本料金:4,880円 レンタル料:490円 始めようSoftbank Air割:-1,080円 24ヵ月間:4,290円(割引適用時) 24ヵ月後:5,370円(割引終了後) AirTerminalを購入する場合 基本料金:4,880円 機器の割賦金:0円 始めようSoftbank Air割:-1,080円 24ヵ月間:3,880円(割引適用時) 24ヵ月後:4,880円(割引終了後) AirTerminalと呼ばれる機器を購入する契約を選ぶ方が、月の利用料金を安くすませることができます。 購入の方が安くなる理由は、AirTerminal購入の場合は機器代金に対し「月月割」が適用され、24回の分割代金と同額が24カ月うけられ、AirTerminal代金が実質無料になるからです。 これに対し、レンタルの場合は、AirTerminalレンタル料(月490円)がいつまでもかかるので、購入より高くなってしまうのです。 ソフトバンクのスマホとセットで、月額料金が割引になる「おうち割光セット」も受けることができ、その際には「始めようSoftbank Air割」の割引き金額が-580円となります。 Softbank Airの設定は3ステップ SoftbankAirは、3つのステップで簡単に利用開始することができます。 スマホやタブレットなどの機種によってWi-Fiの設定方法は異なりますが、一般的な方法を紹介します。 光BBユニットとおうち割光セット ソフトバンクのスマホとネット回線のセット契約で割引きが受けられる「おうち割光セット」の適用には、以下のいずれかのオプションサービスの申込みが必要です。 光BBユニット• Wi-Fiマルチパック• ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれか 光BBユニットは、「おうち割光セット」を適用条件オプションの一つですので、その点からも利用価値があります。 これらのオプションは個別に料金が設定してありますが、「おうち割光セット」を申込むとセット料金で月額500円で利用できるのでお得です。 光BBユニットの種類 光BBユニットにはバージョンがあり、機器の横のラベルで確認できますが、光BBユニットの2. 1にはラベルがありませんので、ラベルのないものは2. 1だと判断してください。 光BBユニット(EWMTA2. 光BBユニット(EWMTA2. 1) Wi-Fi通信は「2. 4GHzと5GHz」という帯域の異なる電波が存在し、5GHz帯の電波の方が電波干渉を受けにくいのでより快適にネット通信が可能となります。 この中で5GHz帯域の無線通信に対応しているのは、光BBユニットの2. 3のみで、それ以外は2. 4GHz帯域での通信しか出来ません。 なお、2. 1はADSL用のルーターで、光回線の通信速度に対応していないルータですので、2. 1が送られてきたらソフトバンクに交換を要求しましょう。 光BBユニットはIPv6通信に必要 光回線では、従来型の「IPv4」と次世代型の「Ipv6」という2つの通信技術が存在し、多くの光ネット回線で利用されているのは「IPv4」です。 現在、一部の光回線でのみ「Ipv6」を提供しており、ソフトバンク光でも「Ipv6」を利用することが可能ですが、その為に「光BBユニット」のレンタルが必要になります。 「Ipv6」でより快適なネット通信を希望する方は、光BBユニットのレンタルをおすすめします。 市販のWi-Fiルーターの選び方 ソフトバンク光でWi-Fi通信を行う場合、光BBユニットをレンタルする以外に、家電量販店などでWi-Fiルーターを購入するという方法もあります。 Wi-Fiルーターには、3,000円代の格安の機器から、何万円もするものまでありますが、光回線の高速ネット通信に対応しているルータを選ぶと、Wi-Fi接続でもインターネットが快適に利用できます。 光回線に対応しているルーターの条件を紹介しますので、機器の購入の際に参考にしてください。 有線側の速度が1Gbpsを超えている(無線を使う場合は無線側の速度も確認)• 無線の規格は11acを選ぶ(5GHz帯域の通信も行えるもの)• スマホやタブレットを多く使う場合は外付けアンテナが多い方が良い• 設定が苦手な場合は簡単に設定できるものを購入すると良い せっかく光回線を引いても、その速度を体感できないのはもったいないので、Wi-Fiルーター選びで間違えないようにしてくださいね。 市販のWi-Fiルーターの接続方法 ご自身で用意したルータを接続する方法を紹介します。 設定で困ったときの問い合わせ先 ソフトバンク光で接続設定をする方法はホームページに説明してあります。 携帯のデータ量を節約したい場合• Wi-Fi接続のみのタブレットを使う場合• ノートパソコンなどをWi-Fiでつなぎ家の中で自由に使いたい場合 このような場合に、Wi-Fi通信を行うととても快適にインターネットが利用できます。 そのためには、Wi-Fiルーターと呼ばれる機器が必要となり、「ソフトバンク光でレンタルする」あるいは「自分で好みのルーターを購入する」方法があります。 またソフトバンクでは、無線通信用のSoftbankAirという機器を契約する事もでき、工事不要ですぐにインターネットが始められるのでとても便利です。 ど選択するかはご自分の利用状況やお住いの環境で違ってきますので、一番快適な方法でWi-Fiを利用してくださいね。

次の

初心者でも大丈夫!ソフトバンク光で市販のルーターに交換して利用する方法

ソフトバンク光 wi-fi

Wi-Fiマルチパックまとめ• 光BBユニットの「Wi-Fi」が使えるようになるオプション• 「Wi-Fiマルチパック」は、光BBユニットでWi-Fiが使えるようになるオプションです。 光BBユニット単体だと有線LAN接続しかできません。 また、 街中のWi-Fiスポット「BBモバイルポイント」に無料でアクセスできるようになります。 こっちはオマケみたいな感じですね。 Wi-Fiマルチパック加入者は無料で申し込めます。 自前のルーターを用意してWi-Fiを使うなら不要ですが、ソフトバンク光を使う場合は光BBユニットがほぼ必須です。 mobile スマホプランS 500円 Y! mobile スマホプランL 1,000円 ソフトバンク光のスマホ割制度「」は、3つのオプション「光BBユニット」+「Wi-Fiマルチパック」+「いずれかの固定電話サービス」の加入が条件となっています。 (税別) Wi-Fiマルチパックは単体だと月額990円もするので高く感じますが、まとめて契約する事でお得になる仕組みですね。 Wi-Fiマルチパックだけ解約してしまうと、おうち割 光セットも使えなくなってしまい、更に 光BBユニット+固定電話サービスの料金がそれぞれ請求されるので、 基本的には損です。 3Gbps ソフトバンク光は、フレッツ回線を使用した「光コラボ回線」の一種です。 やも光コラボ回線ですね。 フレッツ回線の通信方式は「PPPoE」と「IPoE」の2種類があるのですが、 今まで主流だった「PPPoE」は、通信設備が2020年現在のデータ量に追いついておらず、特に混雑時間の速度低下が著しいです…。 新しく登場した「IPoE」方式は、PPPoEとは異なるルートで通信を処理し、混雑にも強い仕組みとなっています。 よく「v6プラス」や「IPv6 IPoE」などと呼ばれたりもしますね。 これら 「IPoE」方式で通信する回線は通信速度がとても速いです…! 前置きが長くなりましたが…、 ソフトバンク光で「IPoE」を使うには、光BBユニットの利用が必須となっています。 光BBユニットのルーター性能は普通ぐらいですが、それよりも 「IPoE」か「PPPoE」かの方が、通信速度に影響します。 なので、 光BBユニットは必ずレンタルして使いましょう…! もしWi-Fi性能が不満な場合、別途ルーターを購入してで設置するのがおすすめです。 ソフトバンクスマホを使っていない場合、ソフトバンク光自体が高額なサービスとなってしまう Wi-Fiマルチパック単体の料金は990円+税ですが、「光BBユニット」+「Wi-Fiマルチパック」+「固定電話」の3点セットなら合計500円+税で利用できます。 なので、 現在Wi-Fiマルチパック単体で990円請求されている方は、かなり損しています…! 3点セットの500円は「おうち割光セット」に加入している事が条件となります。 ソフトバンクスマホをお使いの方しか加入出来ませんが、まだ加入していないならすぐにでも申し込みましょう! WEB申し込みはこちらから出来ます。 「おうち割 光セット」が使えないとなると、ソフトバンク光自体が料金的にも高額な部類に入ってしまいます。 前述した通り、ソフトバンク光は「」です。 他社の光コラボへ工事不要な「」が可能なので、乗り換えも検討してみてください。 まとめ Wi-Fiマルチパック まとめ• 光BBユニットのWi-Fiが使えるようになるオプション• 光BBユニットと合わせてほぼ必須のオプション• ソフトバンク・ワイモバイルスマホ割の条件にもなっている• もしソフトバンク・ワイモバイルスマホを使っていないなら他社回線への乗り換えがおすすめ この記事では、「Wi-Fiマルチパック」について解説しました。 ソフトバンク・ワイモバイルユーザーで、「おうち割 光セット」のスマホ割も使っている方には「Wi-Fiマルチパック」は必須なので、解約しないでくださいね。 「おうち割 光セット」を使っていない方は、Wi-Fiマルチパックも単体990円で、かなり高額です…。 ソフトバンクの様々な割引も使えないので、別の回線へ乗り換えるのがおすすめです。

次の

ソフトバンク光が遅い原因はルーターにあり|絶対速くする4つの方法を教えます

ソフトバンク光 wi-fi

今どきのWi-Fiルーターってすごいんだね。 ポケットWi-Fi、無線ホームルーターの場合は制限かも 光回線ではなく、モバイルタイプのWi-Fiやソフトバンクエアーなどのホームルーターの場合、たとえ明記がされていなくても利用しすぎると通信制限が掛かります。 すると突然回線がほとんどつながらなくなってしまうことがあります。 ポケットWi-Fiはほぼ制限がある ポケットWi-Fiは月間通信無制限としていますが、例外なく注意書きに「過度に使いすぎると制限することがある」と記載されています。 「過度な利用」がどれくらいなのか、明記されていないのでわかりませんが、毎日動画を視聴するとある日突然回線がとても重くなったりしてしまいます。 制限されると場合によってはほとんどつながらなくなってしまうので、ポケットWi-Fiを使っていて「急に繋がらなくなった」という場合は速度制限によるものかもしれません。 ソフトバンクエアーなどのホームルーターも制限がある ソフトバンクエアーを始めとする無線タイプのホームルーターも月間制限こそありませんが、過度に使いすぎると制限がされてしまうことがあります。 いずれにしても翌日には普通に使えることが多いのでわかりにくいですが、通信が不安定になる原因は「速度制限によるもの」の可能性が高いです。 通信を安定させるためには 5GHz帯の無線通信は自宅の機器に干渉することは少ないですが気象レーダーや衛星通信、航空機等屋外の通信が原因で障害が起きてしまうケースが稀にあります。 まずは落ち着いて基本的なことを一つずつ確認していきましょう。 光コンセントにONUのケーブルがちゃんと刺さっているか? 2. ONUやルーターの電源はちゃんとコンセントに刺さっているか? 3. 説明書を確認して状態を把握しましょう。 ルーター2はONでもいいですが、ルーター1はブリッジモードではなくルーターモードである必要があります。 停止したらつながる場合はセキュリティソフトの設定に問題があります。 問題がONUにあるのかルーターにあるのかを特定するところから始めましょう。 パソコンを用意します(スマホではできません) 2. ONUとパソコンをLANケーブルでつなぎます 3. パソコンのネットワーク設定からプロバイダ情報を入力します この方法でネット接続できないばあいはONUに問題がある可能性があります。 光回線のプロバイダに問い合わせましょう。 つながる場合はルーターに問題がある可能性が高いので、まずは 1. ONUとルーターを繋ぐケーブルの確認 2. ルーターの初期化 4. プロバイダ情報の登録 をやってみてダメなら製造メーカーに問い合わせましょう。

次の