毒 女 ニュース 終了。 まもなく配信終了

まもなく配信終了

毒 女 ニュース 終了

半保護または全保護になる恐れがありますので、ガイドラインに抵触した編集を行わないようにしてください。 第103回までの放送日時は制作局のCSのDHCシアター基準で記し、ネット局一覧においてネット局の放送日時を記す際、24時間表記で行うものとし、必要があればそこに24時超え表記または前日深夜表記を括弧書きで従表記するようにしてください。 基本的に遅れ幅の明記は出来ません。 また、編集の前にまずをご一読ください。 2017年4月の第155回放送分以降は制作元であるDHCテレビジョンが放送事業者に対し、従前通りの番販ネットを実施()。 『 ニュース女子』(ニュースじょし)は、が過去に放送し、現在では定時配信をしているである。 から『女は悩まない 女の世直しニュース女子』の番組名で毎週日曜日1:00 - 2:00(土曜日深夜)に、のちに毎週金曜日21:00 - 22:00にまで、『ニュース女子』に改題してからまで、それぞれ放送した。 以降はDHCシアターから組織変更したDHCテレビジョンが、従前通りにに対して放送枠を購入してしている。 概要 [ ] 「日本を代表する論客(オジサマ)たちが女性にも楽しく分かりやすくニュース解説し、次代を担う若い女性達に日本の未来を託すべく集まった社交界」を基本思想に、論客と女性やの一般人女性がニュースとを論ずる番組である。 と共同制作で、で隔週木曜 の夕方以降に収録し、2015年10月からDHCシアターがのチャンネルで後日に配信し、9月からので同時配信が開始された。 TOKYO MXは2015年10月8日から、メインチャンネルである091chのTOKYO MX1で制作局同月9日放送分よりを開始し 、DHCシアター社長で番組制作統括を兼務する濱田麻記子が、2016年3月31日に番組リニューアルの発表会見で 「を潰しにいきます」とに挑戦する意思 を表し、制作局で2016年4月8日放送分の4月4日放送から放送時間をへ変更した。 2017年3月31日に、制作局のDHCシアターが閉局して第103回の本放送で制作局の放送を終了 した。 4月にDHCシアターから組織変更したのDHCテレビジョンは、第104回以降も一部地域のやをネットする各局で放送枠を購入して放送し、後日にYouTubeで配信している。 3月1日にTOKYO MXは、「2017年1月の騒動をうけて今後は本番組の制作者となり責任の所在を明らかにするべくと協議したが、3月末で放送を終了する」ことを発表 した。 2018年3月までは、地上波・BSでの放送終了後に順次配信していたが、同年4月2日から毎週月曜22時 - 23時に地上波・BSでの放送に先駆けての定時配信に移行した。 出演者 [ ] 司会者 [ ]• (・)• () パネリスト [ ] 2017年4月以降は制作元が放送事業者ではなくなり、(地上波やBSで制作元が放送枠買い取りによる放送がなされるも)制作元ではネット配信しかできなくなったため、放送枠を買い取ったネット局のいずれかでの放送日での記載は行わないでください。 第104回から第154回までおよび(通常配信ではなく特番として別枠で)ネット配信のみ行った回については、それがあった日を記載してください。 ( 2018年3月) 現在 [ ] ニュース解説• ( 特任)• (元、大学院 教授)• (ジャーナリスト)• (国際問題)• (ジャーナリスト)• (教授、「政策工房」代表取締役会長)• (「政策工房」代表取締役社長)• (政治経済学部)• (元、官僚、嘱託講師)• (ジャーナリスト) - 2016年10月7日、2017年1月20日、8月29日 、第144回• (ジャーナリスト) - 2016年10月7日、2017年1月20日、3月17日、第120回、2017年8月29日 、第145回、第208回(2019年4月8日)、• ( 兼)• (産経新聞社 社会部編集委員、前支局長)- 2017年9月4日、12月11日、第208回(2019年4月8日)• (政治評論家、元政策委員長)- 第122回、第193回(2018年12月24日)、第208回(2019年4月8日)、第214回(5月20日)• (タレント)• (タレント)• (タレント、元) - 2018年5月28日• (タレント、元)- 2018年5月21日• (タレント)• (タレント)• (タレント)• (タレント)• (フリーアナウンサー、タレント)- 第222回(2019年7月15日)、第226回(2019年8月13日) 過去 [ ] 肩書はいずれも当時 司会者• (・) - 2015年4月 - 2018年4月、初代司会者 ニュース解説 男性陣• (当時: 社長)• (元・タレント)• (元官僚、 教授)• (ビジネス書作家)• (フリーアナウンサー・元アナウンサー)• (医師・医療ジャーナリスト)• (スポーツライター)• 美根慶樹( 講師)• 山田健太( 教授)• (教授・ジャーナリスト・元テレビ朝日)• (弁護士)• (実業家)• (元議員)• 安倍川元伸(日本大学総合科学研究所 教授)• (政治学者・大学院 国際協力学研究科特任教授)• (元警察官・防犯)• (政治)• (軍事アナリスト)• (ジャーナリスト・元刑事)• (元官僚)• (教授)• (元、弁護士)• (弁護士)• ( 教授、憲法学者)• (ラジオパーソナリティ・DJ) - 2016年12月2日• (者、大学院理学研究科教授) - 2016年12月16日• (ジャーナリスト、元編集次長)• (ジャーナリスト、元記者、編集長)• (北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 救う会 会長)• (危機管理学部教授)• (選挙プランナー)• (元、• (戦場カメラマン)• (元衆議院議員、)• (経済評論家)• (弁護士、元衆議院議員)• (元官僚、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)• 鬼島紘一(作家• 古川勝久(元 制裁委員会 専門家パネル委員)• 大野和基(国際ジャーナリスト)• (編集次長、特別編集委員)• (・、)• (国際政治学者、名誉教授)• (ジャーナリスト、元産経新聞テヘラン支局長)• (弁護士、元議員秘書)• (軍事アナリスト)• (教授) 参加者• (タレント)• (フリーアナウンサー、元アナウンサー)• 篠田恵里香(弁護士)• 香山ひとみ(リポーター)• (グラビアアイドル)- 2016年5月6日• (グラビアアイドル)- 2015年12月23日• (女優)- 2016年5月6日• 町田彩夏(政治アイドル)• ()- 2016年7月8日• (フリーアナウンサー・元アナウンサー)- 2016年7月29日• (フリーアナウンサー、元契約キャスター)• (経済ジャーナリスト) - 2016年10月7日、2017年1月20日、第144回• (弁護士)• (弁護士) - 2016年10月7日、11月4日• 森井じゅん() - 2017年1月20日• 瀬川アニータ(モデル)• (書評アイドル)• (女優) - 第133回• 柿坂沙庸理(リポーター)• () - 2017年8月29日• (グラビアアイドル) - 第130回、第135回• (タレント) - 2018年4月30日、5月14日、6月4日• (ファッションモデル、)• (タレント)• (タレント)• (一般社団法人For The Word代表理事、元アナウンサー、参議院議員) スタッフ [ ] 現在 [ ]• ナレーション:、梅本尚太• 構成:斎藤由紀夫、平野敬太• リサーチ:平野友介• 会場管理:加藤拓也• 会場:阿部正史、北島圭悟• SW:木塚慶• CAM:大畑正人、板村伸太朗、長谷川哲也、柴田洋介• VE:河井吉正、吉村裕翔• VTR:星照光• 音声:稲美勝• 音響:井元裕樹• 照明:西村幸久、杉村光徳• LED:鈴木慶仁、坂部駿椰• 美術プロデューサー:森健彦• デザイン:坪田幸之• 美術進行:椛田学• 大道具制作:福田智宏• 美術:日野信之• アクリル装飾:山田隼人• EED:山本崇央、下林高幸、寺内太郎• MA:池田拓実• 音効:藤澤康太• 写真提供:、• メイク:• 美術協力:• 会場:nicofarre• 技術協力:、REC、、MONOOTOSTUDIO、東京舞台照明、MSI JAPAN、Y. S、JUNESEP• インターネット:竹村賢治 DHCテレビ 、永田怜 DHCテレビ• 演出:吉田麻里(DHCテレビ)• プロデューサー:山田晃(DHCテレビ)• 製作・著作: 過去 [ ]• 構成:渡邊仁、• 会場管理:神志那大樹• SW:星野伸男• CAM:月村圭、鴨川亮介、梶田悟、本木下オサム、本多晋、坂村伸太郎• VTR:門田夏樹• 音響:小田めぐみ、一色春香• 照明:南順子• EED:竹嶋夕貴、川原沙彩、楠田惣彦、栗原啓、佐藤友彦、春日真弓、邉見和子、杉山愛理、アルセン• 技術協力:CRAZY TV• AP:百瀬和代 BOY'S• ディレクター:髙井将后 BOY'S 、鷲尾拓也 BOY'S 、政香恭平 BOY'S 、川口智久、郡亮太• 演出:枡田貴幸 BOY'S• プロデューサー:三浦真理子 BOY'S 、一色啓人 BOY'S• エグゼクティブ・プロデューサー:• 制作: 放送局及び配信媒体 [ ] 第155回以降 [ ] 配信プラットフォーム• ・・で毎週月曜22:00 - 23:00にオンタイムでの配信を行い、アーカイブは各地方局の放送が終了した後の公開となる。 テレビ放送 地上波放送はいずれもDHCテレビジョンが放送枠を購入して放送をしているが、テレビ局ごとの考査によって局の放送基準に内容が適さないと判断された場合や編成の都合によっては、放送されない回がある。 また、以下の各局の都合により、毎週放送の地域もあれば、隔週又は不定期放送(編成の穴埋め等)の地域もある。 2019年4月現在、放送している局は以下の通りである。 (2020年3月での放送終了に伴い、2019年12月23日放送分で打ち切り ) 第104回から第154回まで [ ] 配信プラットフォーム• いずれもDHCテレビジョンが放送枠を購入して放送をしているが、テレビ局ごとの考査によって局の放送基準に内容が適さないと判断された場合や編成の都合によっては、放送されない回がある。 放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送時間() 2017年4月3日 - 2018年3月26日 月曜 22:00 - 23:00 (ATV) 2017年4月7日 - 金曜 1:55 - 2:54(木曜深夜) (mit) 月曜 1:05 - 2:05(日曜深夜) (AKT) フジテレビ系列 2017年5月20日 - 土曜 1:55 - 2:55(金曜深夜) (SAY) フジテレビ系列 2017年4月4日 - 火曜 1:30 - 2:30(月曜深夜) (FCT) 2017年4月4日 - 2018年3月26日 第1火曜 1:54 - 2:54(第1月曜深夜) (TeNY) 日本テレビ系列 2017年5月20日 - 2018年3月31日 土曜 2:29 - 3:29(金曜深夜) (TUT) TBS系列 2017年4月17日 - 月曜 2:03 - 3:03(日曜深夜) (ITC) フジテレビ系列 2017年4月3日 - 月曜 1:30 - 2:30(日曜深夜) (FTB) フジテレビ系列 2017年4月6日 - 木曜 1:20 - 2:20(水曜深夜) (CTC) 独立局 2017年4月3日 - 2018年3月26日 月曜 23:00 - 翌0:00 (tvk) 独立局 2017年10月2日 - 2018年3月26日 月曜 0:00 - 1:00(日曜深夜) (TVA) 2017年4月7日 - 2018年3月30日 金曜 2:05 - 3:05(木曜深夜) (SUN) 独立局 2017年7月7日 - 2018年3月30日 金曜 1:30 - 2:30(木曜深夜) (BBC) 独立局 2017年5月5日 - 金曜 10:00 — 11:00 (TVN) 独立局 2017年5月6日 - 土曜 23:30 - 翌0:30 (WTV) 独立局 2017年4月25日 - 火曜 9:00 - 10:00 ・ (TSK) フジテレビ系列 2017年4月10日 - 月曜 1:55 - 2:55(日曜深夜) (tys) TBS系列 2017年4月7日 - 金曜 1:42 - 2:42(木曜深夜) (RSK) TBS系列 2017年5月23日 - 2018年3月27日 火曜 2:20 - 3:20(月曜深夜) (JRT) 日本テレビ系列 2017年6月12日 - 2018年3月26日 月曜 1:55 - 2:55(日曜深夜) (RNB) 日本テレビ系列 2017年4月9日 - 2018年3月25日 日曜 4:10 - 5:10(土曜深夜) (KUTV) TBS系列 2017年5月21日 - 日曜 2:12 - 3:12(土曜深夜) (FBS) 日本テレビ系列 2017年5月18日 - 2018年3月29日 木曜 3:04 - 4:04(水曜深夜) (sts) フジテレビ系列 2017年4月8日 - 土曜 1:25 - 2:25(金曜深夜) (NIB) 日本テレビ系列 2017年4月9日 - 2018年3月25日 日曜 1:35 - 2:35(土曜深夜) (OBS) TBS系列 2017年5月28日 - 日曜 3:08 - 4:08(土曜深夜) (KKT) 日本テレビ系列 2017年6月13日 - 2018年3月20日 隔週火曜 2:59 - 3:59(隔週月曜深夜) (UMK) フジテレビ系列 2017年7月8日 - 土曜 2:17 - 3:17(金曜深夜) (KYT) 日本テレビ系列 2017年4月17日 - 2018年3月26日 月曜 2:25 - 3:25(日曜深夜) 日本全域 2017年4月21日 - 2018年3月 月曜 23:00 - 0:00 BS放送 2017年7月6日 - 2018年3月29日 木曜 2:00 - 3:00(水曜深夜) 第103回まで [ ] テレビ放送 放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送時間() 備考・脚注 2015年4月7日 - 2017年3月31日 金曜 21:00 - 22:00 制作局 2015年10月8日 - 2017年3月27日 月曜 22:00 - 23:00 (TVA) 2016年10月7日 - 金曜 2:05 - 3:05 (木曜深夜) 2016年11月22日 - 火曜 2:59 - 3:59 (隔週月曜深夜) (sts) 2017年1月9日 - 月曜 1:15 - 2:15 (日曜深夜) 日本全域 2017年1月13日 - 4月14日 金曜 10:00 - 11:00 (CTC) 独立局 2017年1月16日 - 月曜 19:00 - 20:00 (SAY) フジテレビ系列 2017年1月17日 - 火曜 1:30 - 2:30 (月曜深夜) (FTB) 2017年1月19日 - 木曜 1:20 - 2:20 (水曜深夜) (ITC) 2017年1月23日 - 月曜 1:05 - 2:05 (日曜深夜) ・ (TSK) 月曜 2:00 - 3:00 (日曜深夜) (RSK) 2016年11月22日 - 火曜 2:20 - 3:20 (月曜深夜) (TUT) 2016年11月28日 - 月曜 2:03 - 3:03 (日曜深夜) 単発放送の実績のある放送局• (、日本テレビ系列)• 、日本テレビ系列• (、日本テレビ系列)• (、日本テレビ系列)• (、日本テレビ系列)• (、日本テレビ系列)• (、日本テレビ系列)• (、日本テレビ系列)• (、TBS系列)• (、TBS系列)• (、TBS系列)• (、TBS系列)• (、TBS系列)• ネット配信• 騒動 [ ] 沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対デモ報道に関する騒動 [ ] ・高江の基地ヘリパッド建設工事反対デモを報道した第91回(制作局では2017年1月6日放送)の番組内容に対して、批判やその反対に番組側を擁護するなど様々な意見が出された。 第101回(制作局では同年3月17日放送)では制作局による独自の自主検証放送を行った。 2017年12月、 は第91回放送について、TOKYO MXの考査には「重大な放送倫理違反があった」との意見を公表した。 その後、この1件でTOKYO MX側からDHCテレビに対し、番組の制作に関与したいと申し入れて交渉していたが、DHCテレビが拒否をしたため、2018年3月を持って、TOKYO MXでのネット受けが終了されることが報道され 、3月限りで同局の放送は終了した。 同局が制作、放送、配信していた、『やらまいか〜真相はこうだ! 〜』の収録日含め• 第103回は閉局日時の都合上、再放送は無し。 以下に記載のある日付は注釈のある場合(特別回のため、制作元DHCテレビがインターネット生配信をした等。 )を除き、制作局DHCシアターが放送事業者として放送していたときの制作局基準での放送日である。 第104回以降はDHCテレビが放送事業者ではなくなったため、特定のネット局での放送日を書き入れることは不適切であることから、具体的な配信回(ネット局各局では放送回)を記載• 2代目司会者。 就任前はニュース解説者であった。 2015年9月28日放送分から。 TOKYO MXでのネット受け前は討論参加者であった• 西川休業中の代理進行• 毎回5名、無いし6名出演。 話題によって、スポットで入れ替わる場合有り。 ただし、2016年10月7日放送分は男女関係無く全員ニュース解説• 」企画にて『』での出演。 芸能人及びエキストラの一般人2人ずつの出演が原則だが、エキストラの中にタレント活動をしている者、法律について扱う場合は女性弁護士の出演があったが、2017年から参加者全員が何かしら、芸能の仕事をしている人間の場合がある• 2015年12月下旬以降、女性出演者の脚を見せる演出に対し嫌悪感を持ち自ら降板を申出て、演出を止めない限り出演しない旨を自身の会社を通して局に伝達していた事をブログのエントリーにて表明。 この日にDHCテレビがネット配信した「番組横断 DHCテレビ祭り! 」企画にて『』のMCとしてコメントを入れる役として出演のため、スタジオ端のLEDビジョン下に番組大道具の机に着席させる扱い• DHCテレビ入社以降、BOY'S離脱前の2018年3月迄プロデューサー• 2017年2月から3月にかけては火曜 14:50 - 15:50で放送。 単発放送の実績あり。 2017年9月までは1:05 - 2:05に放送。 2017年7月までは隔週放送。 稀に土曜深夜に放送することがある。 『DHCシアターアワー』枠内の放送、2017年までは金曜 10:00 - 11:00の放送。 140、 141、 147、 148、 151~161は未放送。 第116回から放送開始。 放送事業者の放送番組としての放送期間。 本放送日の翌日(土曜) 3:00 - 4:00、13:00 - 14:00、20:00 - 21:00、翌々日(日曜)23:00 - 24:00にリピート放送• 2015年9月末迄は日曜 1:00 - 2:00(土曜深夜)。 第103回に限り、閉局日時(2017年3月31日24時)との兼ね合いで本放送のみ放送(リピート放送は行わない)。 2016年3月末迄は木曜 2:40 - 3:40(水曜深夜)。 『DHCシアターアワー』枠内の放送 出典 [ ] []• 2016年4月1日. 2016年9月14日閲覧。 2016年3月31日. 2016年9月14日閲覧。 2016年3月27日. 2016年9月14日閲覧。 時事ドットコム. 東京: 時事通信社. 2018年3月1日. 2018年3月2日閲覧。 産経ニュース 東京:. 2018年3月1日. 2018年3月2日閲覧。 毎日新聞 東京:. 2018年3月1日. 2018年3月2日閲覧。 朝日新聞デジタル 東京:. 2018年3月1日. 2018年3月2日閲覧。 共同通信. 東京: 共同通信社. 2018年3月1日. 2018年3月2日閲覧。 青山繁晴の道すがらエッセイ/ON THE ROAD 2016年1月15日. 2016年9月14日閲覧。 ビーエスFOX(2019年11月14日作成). 2020年2月13日閲覧。 DHCテレビ(2019年12月3日作成). 2020年2月13日閲覧。 2018年3月1日. 2018年3月1日閲覧。 外部リンク [ ]• dhcnewsgirls -.

次の

エンタメニュース

毒 女 ニュース 終了

人気ゲーム『モンスターハンター』(以下、モンハン)シリーズのオンラインゲーム『モンスターハンター フロンティアZ』(MHF-Z)が、18日午後9時を持ってサービスを終了した。 2007年7月より『モンスターハンター フロンティア オンライン』(MHF)としてスタートした同シリーズだが、約12年半の歴史に幕を下ろした。 『MHF』は、ハンティングアクションゲーム『モンハン』シリーズ初のPC向けタイトルとして発売したオンラインゲーム。 過去に発売された『モンハン』とプレイ方法はほぼ同じだが、ネットを活用しチャットで連携を取りながら、狩りの対象であるモンスターを大人数で倒し、クエストをクリアーしていくスタイルが人気を博し、13年4月に『モンスターハンター フロンティアG』、2016年11月に『モンスターハンター フロンティアZ』と改題し大型アップデートを実施してきた。 今回のサービス終了について公式は「より良いサービスを提供できるよう日々尽力して参りましたが、今後もお客様にご満足いただけるサービスを継続して提供することが困難であるという結論に至りましたため、サービスを終了する運びとなりました」と説明。 具体的にプロデューサーの宮下輝樹氏は「主な理由は、12年間というサービス開始時には想像もつかないほどの非常に長い期間、『モンスターハンター2(ドス)』(PS2)をベースとした仕組みの上で開発を続ける中、様々な制約が生じてきたことにあります。 これまでもそれを乗り越えるべく、ハンターの皆様のご協力のもと、データベースサーバーのハードウェア交換やソフトウェアアップデートなど数々の手を尽くしてまいりましたが、今回、今後も長期にわたりご満足いただけるサービスの提供が難しいという結論に至りました」。 アシスタントプロデューサーの砂野元気氏も「ハード面・ソフト面の両面から、長くサービスを続けるための対策を講じてきましたが、宮下からの説明にあります通り、12年前から連綿と続く現在の開発環境においては、今後も長期にわたってハンターの皆様にご満足いただけるサービスを提供することが難しいという結論に至りました」と伝えた。 また、砂野氏は「12年間という年月はハンターの皆様にとってはもちろん、我々にとっても、とても長く、言葉にするにはあまりに多くの出来事がありました。 『MHF』が『MHF-G』となり、今は『MHF-Z』として12年間サービスを続けてこられたのは、『MHF』を愛して支えてくださった多くの皆様がいらっしゃったからです。 すべてのハンターの皆様および関係者の皆様に、心より深謝申し上げます。 本当に、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

次の

エンタメニュース

毒 女 ニュース 終了

人気ゲーム『モンスターハンター』(以下、モンハン)シリーズのオンラインゲーム『モンスターハンター フロンティアZ』(MHF-Z)が、18日午後9時を持ってサービスを終了した。 2007年7月より『モンスターハンター フロンティア オンライン』(MHF)としてスタートした同シリーズだが、約12年半の歴史に幕を下ろした。 『MHF』は、ハンティングアクションゲーム『モンハン』シリーズ初のPC向けタイトルとして発売したオンラインゲーム。 過去に発売された『モンハン』とプレイ方法はほぼ同じだが、ネットを活用しチャットで連携を取りながら、狩りの対象であるモンスターを大人数で倒し、クエストをクリアーしていくスタイルが人気を博し、13年4月に『モンスターハンター フロンティアG』、2016年11月に『モンスターハンター フロンティアZ』と改題し大型アップデートを実施してきた。 今回のサービス終了について公式は「より良いサービスを提供できるよう日々尽力して参りましたが、今後もお客様にご満足いただけるサービスを継続して提供することが困難であるという結論に至りましたため、サービスを終了する運びとなりました」と説明。 具体的にプロデューサーの宮下輝樹氏は「主な理由は、12年間というサービス開始時には想像もつかないほどの非常に長い期間、『モンスターハンター2(ドス)』(PS2)をベースとした仕組みの上で開発を続ける中、様々な制約が生じてきたことにあります。 これまでもそれを乗り越えるべく、ハンターの皆様のご協力のもと、データベースサーバーのハードウェア交換やソフトウェアアップデートなど数々の手を尽くしてまいりましたが、今回、今後も長期にわたりご満足いただけるサービスの提供が難しいという結論に至りました」。 アシスタントプロデューサーの砂野元気氏も「ハード面・ソフト面の両面から、長くサービスを続けるための対策を講じてきましたが、宮下からの説明にあります通り、12年前から連綿と続く現在の開発環境においては、今後も長期にわたってハンターの皆様にご満足いただけるサービスを提供することが難しいという結論に至りました」と伝えた。 また、砂野氏は「12年間という年月はハンターの皆様にとってはもちろん、我々にとっても、とても長く、言葉にするにはあまりに多くの出来事がありました。 『MHF』が『MHF-G』となり、今は『MHF-Z』として12年間サービスを続けてこられたのは、『MHF』を愛して支えてくださった多くの皆様がいらっしゃったからです。 すべてのハンターの皆様および関係者の皆様に、心より深謝申し上げます。 本当に、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

次の