アイ リラックス ニコン。 プラスチック Nikon 遠近両用累進レンズ 価格表 〜れんず屋

近くがらく~な『ちかラク』レンズ 「i-relax(アイリラックス)」誕生|株式会社メガネトップのプレスリリース

アイ リラックス ニコン

(眼鏡市場イメージキャラクターはベッキーさん) 株式会社メガネトップ(本社:静岡市葵区、社長:冨澤昌宏)が展開する眼鏡市場は、2012年12月からテスト販売を開始し、お客様から好評の声を頂いているメガネ用レンズ、ネオハイブリット設計レンズ『i-relax(アイリラックス)』のTVCMを、4月19日(金)からオンエアし本格販売を開始します。 仕事の効率や生活の利便性がアップする一方で、現代人の目はかつてないほど酷使されています。 眼鏡市場では、そんな現代人のための近くがらく~に見える『ちかラク』レンズ、「i-relax(アイリラックス)」をレンズメーカーと共に共同開発しました。 『ちかラク』レンズ、「i-relax(アイリラックス)」は、全国の眼鏡市場(めがねいちば)各店で体験いただけます。 その水晶体は毛様体という筋肉の働きにより、遠くを見るときは毛様体筋を弛緩させ水晶体を薄くし、近くを見るときは毛様体筋を緊張させ膨らませることでピントを調整しているのです。 ただ、この快適な距離を超えて長時間近くを見続けると、水晶体を調節している毛様体筋が緊張を引き起こします。 通常、メガネは遠くを見るための度数でお作りします。 そんな遠くを見るためにつくられたメガネで近くを見続けると、当然、目には負担が掛かります。 ピントを合わせる目の調整力をサポート。 レンズ下方は近くがラクに見えるように作用し、レンズ上方は遠くがよく見えるように作用します。 パソコンやスマートフォンを見る頻度が多い30・40代のための、ちかラクレンズです。 こんな30・40代の方におすすめ!• 近頃「目が疲れやすくなった」と感じる方• パソコン・デスクワークの際にメガネを外す方• パソコンや読書をする時、家にいる時、度の弱いメガネに掛け替える方• さらに、手元から遠くまでも違和感少なく見ることができる現代の視生活に合わせた画期的なレンズ設計で、室内生活だけでなく屋外生活も快適にする45歳からのちかラクレンズです。 こんな45歳以上の方におすすめ!• スマートフォン・携帯、PC、デスクワークなど、近くを長時間見ることが多い方• 最近、手元が見えにくくなったと感じている方• 近くを見るときだけ、メガネをかけている方•

次の

プラスチック Nikon 遠近両用累進レンズ 価格表 〜れんず屋

アイ リラックス ニコン

個人の見解や印象などが大いに入っていますので、軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。 天体望遠鏡も作っている株式会社ニコン ニコンと言えば、銀塩フィルム時代の一眼レフカメラや、 高性能デジタル一眼レフカメラのイメージが強いですが、 天体望遠鏡も製造している光学機器メーカーです。 現在は、大型天体望遠鏡を受注で生産しているだけですが、 昔は、個人用の小型天体望遠鏡を量産していたことがあり、天文ファン憧れの機材でした。 中古市場で人気があるニコン製天体望遠鏡 ニコンが小型望遠鏡の製造を終了したのは、20年以上も前ですが、 ニコン製の天体望遠鏡は現在でも人気が高く、中古市場などでは高値で取引されています。 ニコンの小型天体望遠鏡の中でも特に人気があるのが、EDレンズを使った口径10センチの屈折望遠鏡です。 口径10センチで焦点距離1200ミリというF値に余裕を持った設計で、 今でもこの天体望遠鏡の恒星像が最も綺麗と評する天文ファンもいるほどです。 ちなみにニコンED10cm屈折望遠鏡は、当初は赤道儀でセット販売されていましたが、 分割でも購入できるようになりました。 右上の画像は、その当時販売されていた、ニコンED10cm屈折望遠鏡の鏡筒です。 立派な木箱に入れられているのが、歴史を感じさせますね。 ファインダーに暗視野照明装置が付けられているのが、当時としては先進的に感じられました。 ニコン製天体望遠鏡は、日本だけでなく、海外でも人気があります。 ニコンのED10センチとタカハシのフローライト鏡筒等と比較したレビュー記事もあり、 ニコンファンにとっては興味深い内容だと思います。 ニコン天体望遠鏡が人気があるのは、性能面だけでなく、 日本光学工業が造った望遠鏡への憧れもあると思います。 東京天文台木曽観測所をはじめ、ニコン製の大型天体望遠鏡は、日本各地の天文台に納入されています。 ニコンブランドへの憧れと信頼は、日本人天文ファンにとってはとても大きなものだと思います。 ニコンと言えば双眼鏡 個人用の天体望遠鏡の製造は終了してしまいましたが、双眼鏡は現在も製造・販売が続けられています。 ニコンの双眼鏡は星空観望の分野でも定評があり、昔から人気があるメーカーです。 ニコン双眼鏡の豊富なラインナップの中でも、昔から変わらず人気があるのが、 プロフェッショナルシリーズの「ニコン 7X50SP」です。 ニコン7x50 SPは、写野周辺まで鋭い製造を結び、双眼鏡の比較記事でもよく取り上げられている名機です。 ただニコン7x50 SPは、現在の他の双眼鏡と比べると、大きく重いので、 よほど本格的に星空を観望する人以外には、お勧めしにくい機種かもしれません。 アダプターを使って三脚に固定して、じっくりと星空観望を楽しみたい方向けの双眼鏡です。 ニコンD810A 天体望遠鏡を製造販売しているニコンですが、天体写真撮影用のデジタルカメラの分野では、 キヤノンに遅れを取っており、ニコン天体望遠鏡ユーザーとして残念に思っていました。 しかし、2015年5月末に天体撮影専用のデジタル一眼レフカメラ、ニコンD810Aが登場し、 徐々にですが、天体写真分野でのニコンカメラの人気が復活しつつあると感じています。 ニコンD810Aの成功をきっかけにして、ニコンが再び小型の屈折望遠鏡を製造・販売し始めれば、 天文界も大いに盛り上がることと思います。 ミラーレスカメラなどの台頭で、経営的には厳しい局面にあるとは思いますが、 是非、ニコンならでは新しい切り口で、魅力溢れる製品を作っていただきたいと願っています。 ニコンWXシリーズの特徴は、広い見かけ視界と周辺までの良好な星像です。 特に星空観望用として、最高の性能を目指したということですが、その分、 価格は非常に高価で、メーカー小売価格は60万円を超えています。 ツアィスやスワロフスキー製の高級双眼鏡が2台買えてしまう価格です。 ニコンWXシリーズは、非常に重く、重さは2,500g弱もあります。 「大きくて重いが、高性能」と評されるニコン7x50 SPの重さが1500g程度ですから、 同じスペックで、どれだけ重くなっているかがよくわかるでしょう。 ピント合わせ機構はIFで、価格も重さもかなりマニアックな性能ですが、 現在、私が知りうる限りは世界最高の双眼鏡のように思います。 60万円の価格ですので、それほど販売台数が伸びると思いませんが、 WXシリーズのような尖がった製品を世に送り出せるのは、優れた技術を持つ、ニコンだからこそ可能なことでしょう。 これからも、私たちを驚かせ、世界の注目を集めるニコンであって欲しいです。

次の

これって眼精疲労?目の疲れのセルフチェックの方法と対処法

アイ リラックス ニコン

株式会社メガネトップ(本社:静岡市葵区、代表取締役社長:冨澤昌宏)が展開している眼鏡専門店の「眼鏡市場」は、スマホ時代の疲れ目に対応したスマホ快適レンズ「アイリラックス」を12月4日(水)に発売しました。 また同社では、「アイリラックス」の発売に伴い新TVCM「アイリラックス篇」を製作し、全国エリアにおいて同日から放を送開始していますます。 スマホ快適レンズ「アイリラックス」は、レンズ構造がスマホなど近くを見る際の目のピント調節を助ける設計になっているため、目の緊張状態を和らげ、目の疲れを軽減することができます。 アイリラックスには、20代からの「R20」と、50代からの「R50」の2種類があり、スマホを使うあらゆる世代を対象にしたレンズとなっています。 原因は、スマホやPCによる目の疲れ。 その対策といえば、液晶画面が発するブルーライトをカットすることがこれまでは一般的でした。 今回、眼鏡市場が提案しているのは、デジタル社会で近くを見る機会が増えたユーザーの悩みを解決するためのレンズです。 メガネを作る場合、多くの人は遠くをよく見えるようにすることを考えて度数を決めます。 しかし、スマホを長時間見るということは、手元の近い距離を見つめていることが続くため、目には大きな負担がかかってしまいます。 近くのものを見るとき、眼球内でピントを合わせるため、水晶体を膨らます毛様体筋が働き、焦点を合わせます。 これを続けることで、毛様体筋は緊張状態となって疲労が蓄積。 結果、遠くを見るときにボヤけるということにつながります。 今回同社が提案するレンズ「アイリラックス」は、毛様体筋の働きをサポートすることで緊張を和らげ、ピントを合わせる際の負担を減らすことを目指して開発されたレンズです。 目の悩みは、世代によって全く違います。 近年はとくに、20代・30代がスマホやPCを見つめ続けることで目を酷使し、ピント調整力が低下する『スマホ老眼』が問題視されています。 2種類のレンズを用意することで、幅広い世代の悩みに応えてます。 価格は、ブルーライトをカットする機能も付いて、メガネ一式価格に+4,400(税込)となっています。 投稿ナビゲーション.

次の