口内炎 早く 治す に は。 口内炎を早く治すためのポイントと治りにくい時の原因

[医師監修・作成]口内炎を早く治す治療法

口内炎 早く 治す に は

口内炎にはいくつか種類がありますが、今回は患部の表面が白くなる「アフタ性口内炎」をとりあげます。 実は口内炎の原因ははっきりとはわかっていないのですが、このタイプの口内炎ができる原因として機械的刺激・免疫低下・栄養不足の3つが考えられます。 機械的刺激 噛んだり歯が当たったりして口内の粘膜が傷ついてしまうことを、機械的刺激と呼びます。 頬や舌を噛むのはある程度は避けようがないアクシデントですが、同じところにずっと口内炎ができる場合はとがった歯や歯医者で治したかぶせもの・入れ歯が粘膜を刺激している可能性があるので、歯科医で診てもらうことをおすすめします。 免疫低下 睡眠不足だったりストレスがたまる生活を続けていたりすると、免疫力が下がります。 そうすると機械的刺激を与えなくても、急に口内炎ができることがあります。 お仕事が忙しい方や夜勤のある方は口内炎ができやすいと言えます。 栄養の偏り 偏った食生活が原因で口内炎ができることもあります。 しかし、どの栄養素が欠けたら口内炎になるかは、わかっていません。 「このビタミンを摂っていたら口内炎を防げる」ということは断言できないので、日頃からバランスの良い食事を心がけることが大切です。 口内炎になってしまったときは、ぜひご自身の食生活を振り返ってみて、欠けていた栄養素を洗い出してみましょう。 口内炎改善にも効果的ですし、からだ全体の健康保持にも有益でしょう。

次の

口内炎を早く治すためのポイントと治りにくい時の原因

口内炎 早く 治す に は

久しぶりに口内炎ができてしまいました。 何も食べられないくらい痛いけれど食べたい! ごはんの時は、口内炎のできていないほうだけで噛んでみたり、かと思えば口に入れるときに口内炎に当たって叫んでみたりと毎回大騒ぎ。 小さな炎症でも、口内炎ができてしまうとそれだけでごはんの時間が憂鬱ですよね。 どうにかして口内炎を予防したり、早く治したりすることはできないのかしら? さっそく調べてみると、口内炎の予防には日々の生活習慣が大切だということがわかりました。 第一三共ヘルスケア株式会社のホームページによれば、口内炎の原因はビタミン不足と菌の繁殖なのだそう。 特に、ビタミンB2、B6、Cが不足することで口内炎が起こりやすくなるんですって。 口内炎を予防するためには、これらのビタミンを積極的に摂取する必要があるということですね。 ビタミンB2といえば豚肉、ビタミンB6はにんにくやまぐろ、ビタミンCはレモンをはじめとする柑橘類に多く含まれているから、豚肉のガーリック炒めとまぐろのカルパッチョを食べたら一気に摂取できそう! さらに、口の中で菌を繁殖させないことも重要です。 歯磨きやうがいはもちろんのこと、意外にも口内の菌の繁殖の原因となるのは「乾燥」。 気が付いたら口呼吸をしていないか、気を付けるのも大切ということです。 それでも口内炎になってしまったら……。 まずはしっかりと栄養を摂って口内炎を早く治しましょう。 特にビタミンB2は粘膜の再生を早くする働きがあるそうなので、豚肉は積極的に食べたいところですね。 もしお肉が苦手な場合は、うなぎや納豆、卵もおすすめです。 ちなみに、ビタミンB2はサプリメントで摂取してもOKです。 過剰に摂取しても体外に排出されやすく副作用のない成分なので、安心してサプリメントを飲むことができます。 せっかくビタミンを摂取しても、アルコールやたばこ、甘いお菓子を摂るとビタミンが破壊されてしまいます。 これらを控えて健康的な生活を送るのも、口内炎を早く治す秘訣だそうですよ。 さらに、身体の免疫力を高めるためにも睡眠をしっかり取ったり、ストレス解消したりするのも理想的ですね。 おいしいお肉を食べてゆっくり休んでストレス解消、なんて理想的な生活! 風邪やインフルエンザがはやっている時には、免疫力を高めることで予防にもなりますよね。 「口内炎を早く治すため」「風邪の予防」という観点からも、毎日おいしいお肉を食べてぐっすり眠りたいものです。 参照:.

次の

自宅で口内炎を早く治す4つの流れと5つのステップ

口内炎 早く 治す に は

口内炎の治し方について、2009年02月25日にNHKの情報番組「NHK ためしてガッテン」で 「口内炎スピード完治!」が放送されました。 そこでの内容を紹介したいと思います。 NHKのWebサイトに内容がまとまっているのでそちらを見ていただいても良いのですが、 昔わたしが気に入っていたガッテン流お好み焼きの作り方のページが古くなりNHKのサイトから 消えてしまった事件がありました。 その時有志の方が別のサイトに記事をまとめてくれていたので、無事レシピにたどり着くこと が出来ました。 わたしも要点を絞ってまとめたいと思います。 ためしてガッテンの素敵なところは、ちゃんとモニターの人、被験者を用意して実験してくれる ので非常に説得力や安心感があるところですよね。 10代から80代の男女を対象に口内炎についてアンケート を取ったところ、当然?ながらほとんど全員が口内炎 経験ありと回答しました。 さらに、その中で塗り薬や飲み薬を使うか、またその 効果はどうかというアンケートに対して、 「効き目あり」「まあまあ効く」と答えたのは半数以下 だったそうです。 >>> 別の放送で皮膚の傷の治し方について特集を組んだ際、 ちょっとした皮膚の傷を治すには 水洗い、消毒しない、ぐちゅぐちゅでもOK、という感じで 基本的に自然治癒に任せるのが一番という対策でした。 口内炎も特効薬はありませんので、基本的には自然治癒で 良いのだとわたしも思います。 口内炎において1つ違う点は、口の中の特殊性です。 皮膚と何が違うのでしょうか。 それは、口の中に生息?している細菌が数十億匹 いることにほかなりません。 常在菌と呼ばれる細菌だそうです。 そのため、その細菌が入り込んだ傷が炎症を起こし 口内炎へと発展していくのです。 ただ、それを守ってくれるのが唾液の役割なのですが、 唾液が減るどと守れずに口内炎になってしまうのです。 ストレスやカラオケをすることで唾液が減り、細菌が 繁殖していく実験をしています。 カラオケ6時間歌うと舌の表面が白くなるほどに細菌が 繁殖してしまいました。 これは意外な実験結果ですよね。 カラオケ行ったら少なくともうがいは必須だなと思い ました。 一般的な塗り薬であるステロイド剤がなぜ「効かない」 のか、という検証を行っていました。 検証結果はわたしのサイトでまとめているものと同様 でしたね。 >>> 口の中の殺菌こそが口内炎におすすめの治療であるという ことで、なにを使ってうがい、殺菌するのが良いのか実験 しました。 食塩水、洗口液(マウスウォッシュ)3種類、うがい薬 を使っての細菌数の調査です。 念入りに20秒のうがいを3回です。 結果としては、 殺菌成分の入った洗口液3種とうがい薬は10分の1まで細菌 を減らすことが出来ました。 且つそれが3時間持続しました。 3時間しか持続しないのか?という気もしますけど。 洗口液よりもうがい薬のほうが若干効果が強かった結果 になっています。 このあたりも同じ見解ではありますが、わたしの記載も参考 にしてみてください。 >>> わたしにとっても新しかったのはビタミン剤についてです。 もちろんビタミンB2不足で発症した人には効果があります。 最後に怖い話なのですが、それは癌の話です。 実は口内炎と癌は無縁ではないのです。 口内炎だと思っていたら、実は癌だった、がんの発見が遅れたという ケースがあると医師は言っています。 口腔癌の事です。 口腔がんと関係する、癌に発展する口内炎の症状は2つあるそうです。 これだけだと正直家庭で判断するのは難しいですよね。 医師も話していますが、口内炎が2週間以上治らない場合は、なんらか 異常がある場合もあるので、医師に相談するのが良いそうです。 以上です! NHK ためしてガッテン 2009年02月25日放送 口内炎スピード完治!.

次の