コロナ 岩手 鳥取。 《新型コロナ》感染者ゼロの岩手県、ひと桁の鳥取県・島根県に見る「共通点」

島根鳥取の現状が悲惨! コロナ感染0も地元民怒り!旅行帰省しないで

コロナ 岩手 鳥取

岩手 鳥取 共通点がヤバい!新型コロナ感染者ゼロの理由が納得! 新型コロナウイルスの感染拡大が広がるなかで ついに7都府県では緊急事態宣言が発令されてしまいました。 そんな中で、現時点で感染者がまだいない県があるようです。 岩手県 鳥取県 4月9日 松江市は9日、1人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。 島根県での感染確認は初めて。 — 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) COVID1948074643 それでは「岩手 鳥取 共通点」について報道された記事を見てみましょう 毎日新聞 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた 新型コロナウイルスの感染者が確認されていない岩手県だが、駅利用者もマスク姿が目立つ=盛岡市のJR盛岡駅で2020年4月8日午前7時50分、小鍜冶孝志撮影 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 政府が首都圏や関西圏など7都府県を対象に初めて緊急事態宣言を発令する中、岩手、鳥取の2県では、感染者が今も確認されていない。 全国的に続々と新たな感染者が判明する中、踏みとどまっている2県。 各県の担当者や専門家に話を聞き、理由を探ってみた。 【感染者ゼロ 2県の共通点は】 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府が7都府県を対象に初めて緊急事態宣言を発令する中、岩手・鳥取の2県では、感染者が今も確認されていない。 各県の担当者や専門家に話を聞き、理由を探ってみた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 岩手 鳥取 共通点とは?新型コロナ感染者がいない理由 岩手と鳥取にまだ感染者が出ていない驚愕の理由とは 岩手県独自の対策があるのか、県のホームページ上で公開されている情報を確認してみた。 しかし、手洗いやうがい、アルコール消毒の推奨など一般的な予防策の記載が並び、目立った記述はない。 同県の担当者に、特別な感染予防対策があるのか聞いてみた。 三浦節夫・感染症担当課長は「もしあれば、こちらが教えてほしい」。 ただ、 2県の共通点については「人の往来が少ない点は共通している」と話す。 鳥取県の推計人口は約55万人で全国で最も少ない。 岩手県も約122万人で全国で30番台の少なさだ。 岩手県の三浦課長は 「当然ながら接触が少ないと感染するリスクも減る」と言う。 鳥取県の担当者も「人口が少ないことに加え、大都市圏と比較し交流人口も少ない」などと語り、同様の見解を示す。 鳥取県はインターネット上などで「コロナ疎開」の行き先として話題に上ることもあるが、同県の平井伸治知事は記者会見で「感染拡大防止や外出自粛に反すると自覚してほしい」と指摘し、同県担当者も「人が集まればそれだけリスクは高まる」と警戒している。 一方、岩手県は人口密度も低い。 県土は約1万5000平方キロで本州一の面積を誇り、四国4県に匹敵する。 総務省のデータ(2015年時点)によると、岩手の人口密度は1平方キロ当たり83人で、北海道に次いで低い。 密閉、密集、密接の「3密」になりにくい環境も影響しているとみられ、三浦課長は「県土の大きさも一因ではないか」と説明する。 ただ、感染のリスクと隣り合わせの状況は変わらず、「すでに感染者が出ているのではないか」という声も上がる。 3月末には、北海道小樽市で新型コロナウイルスの感染が確認された40代男性と濃厚接触していた岩手県内の4人がPCR検査を受けた。 結果は陰性だったが、2週間の健康観察となった。 岩手県によると、8日までに県内で実施したPCR検査は、わずか127件だけ。 岩手より人口が少ない鳥取県と比較しても検査数で劣る。 三浦課長は「保菌者がいた可能性は完全に否定はできない」とした上で「重症者がいれば必ず情報が上がってくる。 その報告はない」としている。 専門家にも意見を聞いてみた。 感染症に詳しい「けいゆう病院」(横浜市)の菅谷憲夫医師は「人口がまばらで、東京や大阪など都市部との行き来も少ない。 感染者が出ていない理由として、間違いないだろう」と話す。 その上で、都市部を中心に人から人への感染が拡大していると指摘し、「ウイルスは風に運ばれて人に感染するわけではない。 人同士の接触が少ない県は、当然感染のリスクも低くなる」と見解を示した。 確かに 「当然ながら接触が少ないと感染するリスクも減る」 これはまさにその通りですね。 人同士の接触が少ないということは 新型コロナウイルスに感染することもその分少なくなるわけですから。 岩手 鳥取 共通点のネットの反応は? 岩手 鳥取 共通点ついてネットの反応はどうなのでしょうか? 島根県内で10代女性がコロナにかかりました。 皆さん家にいましょう。 鳥取や岩手や沖縄諸島に旅行に行くのはやめましょう。 拡散希望。 島根・鳥取・岩手の感染症病床数。 島根:12 鳥取:30 岩手:38 感染爆発が起きたら、あっという間に医療崩壊しそうです。 — ふる どうでしょう藩士 moonkiba 岩手、島根、鳥取に観光に行くのはやめて下さい。 拡散希望。 『すたばはないけど、すなばはあるよ』そんなご縁の2県😊 — ふーこ 3284fk.

次の

岩手県にコロナがいない理由!感染者0人はなぜ?

コロナ 岩手 鳥取

スポンサーリンク こんにちは!カポです! 2020年にはいりかなり経ちますが、いまだ世界的に感染者が増え続ける新型コロナウイルス感染症ですが、終息の兆しは見えてない状態です。 早く世界中の皆さんが、健やかに過ごせるようになることを願うばかりですが、今回はそんな拡大し続ける新型コロナウイルス感染症の感染者がデータ的にはいないところが 僕たち住む日本の県のなかにあるということで、とても興味深いですよね。 なので「岩手と鳥取がコロナ感染者ゼロの理由は?2県の共通点や対策方法を調査!」と題して、未だ新型コロナウイルス感染症の感染者がゼロの岩手県と鳥取県の共通点や県独自の対策方法など詳しく調査していきたいと思います! それでははりきっていってみましょ~! 目次• 未だ毎日の感染者が数百人以上出ている現状で、岩手県と鳥取県は地方で、いわゆる田舎といわれる地域ではありますが、日本は47都道府県あり、いわゆる田舎や地方と呼ばれる地域は岩手県と鳥取県以外にもたくさんあるわけです。 そんな中、岩手県と鳥取県が新型コロナウイス感染症の感染者がゼロの理由が気にありますよね。 そこで、まず1つずつの県の特徴を考えてみると 鳥取県は人口55万人全国で一番人口が少ない県 ここが大きな理由ではないかと言われています。 確かに主要都市に比べれば、かなり人口は少なく、そうすると緊急事態宣言があった7都道府県よりも圧倒的に人との接触が少ないのではないかと、考えることが出来ます。 さらに感染のクラスターとも言われている、満員電車などは、鳥取県の電車や新幹線は他の都道府県に比べても本数が低く、それがわかっている、鳥取県民は電車での移動を選択肢としてそもそも入れていない 会社への出勤や買い物などは基本的に車移動ということも大きな理由ではないでしょうか? ここで、鳥取県は人口自体が日本で一番少ないというのはわかるが、岩手県よりも人口が少ない都道府県も感染者が出ているのはなぜ?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、 岩手県は人口122万人全国で30番目に人口が少ない県 それに加え 岩手県は人口密度が一番低い県 という特徴があります。 なので、人口と県の面積の比率がかなり低いので、おのずと人との接触は他県よりも少ないといえます。 岩手と鳥取の2県の共通点や対策方法は? 【県庁は段ボール・ビニールで仕切り】 新型コロナウイルス対策として鳥取県は県庁職員の机を段ボールやビニールで仕切る「鳥取型オフィスシステム」を導入。 インターネット上で話題となり全国の自治体からも問い合わせが寄せられているそうです。 現場の状態とも照らし合わせるととてもよくわかり、緊急事態宣言が出されたり、外出自粛を国が呼びかけ、全体的にかなり外出する方は減ったようですが、 岩手県と鳥取県に関しては、人の往来は新型コロナウイルス感染症のパンデミックが起こる前とあまり変わらないそうです。 やはり今のような現状に岩手県と鳥取県の行動遷移があまり変わらないのは、車社会であることや、人口自体が少ない、人口密度が低いという点は2県に共通してきますね。 車社会であれば、飲酒を居酒屋などの飲食店でする機会が、首都圏よりも少ない可能性が高いことも考えられますよね。 もちろん他の地方も車移動が基本となっていることはありますが、それだけではなく、いろいろな条件の環境が岩手県と鳥取県にそろっているからこそ、今の現状があるといえます。 独自の対策方法がないかも調べてみましたが、岩手県と鳥取県の県庁ホームページなどでは他県と同じように 手洗いうがい、不要不急の外出自粛などの対策が主でした。 それ以外ですと、鳥取県の市役所などの公共機関は職員と利用者の間にサランラップような、透明のシートを隔てて飛沫感染を防止する、面白い対策もしていました。 どちらの県も全国での対策方法を実施することを前提に人との交流がもともと多くないことも重なり、感染者ゼロの状態が実現しているといえるかもしれませんね。 まとめ 今回は「岩手と鳥取がコロナ感染者ゼロの理由は?2県の共通点や対策方法を調査!」と題してお届けしていきましたがいかがでしたでしょうか? 岩手県と鳥取県がなぜ感染者ゼロなのかが少しはわかっていただけたのではないでしょうか? しかし、近い環境であった島根県でもついに感染者が出てしまい、現状は悪化の一方です。 時間の問題でいつしか岩手県と鳥取県も感染者が出る可能性があります。 そんな事態を起こさないためには、県外の方が感染者がいないという理由で観光に来る、 感染者いないという理由で人が集まるようなイベントをする など、感染者を増やしかねない可能性があることを終息するまでは、自粛する協力をしてほしいと個人的には思います。 そして、鳥取県と岩手県は今の新型コロナウイルス感染症の感染者がゼロの状態に誇りを持ち、この状態を維持するように、県民の皆さんと地方自治体やお役さんが一丸となりがんばってほしいですね。 では最後までお読みいただきありがとうございました! また次回の記事でお会いしましょう! さよなら~!•

次の

岩手と鳥取だけが新型コロナ感染者ゼロはなぜ!理由を追及

コロナ 岩手 鳥取

岩手県と鳥取県だけが感染者がゼロなのは? 岩手県と鳥取県だけが感染者が出ていないのか、あらゆる観点から探ってみました。 新型コロナウイルスに感染しない対策として、必要意外に外出しないこと、密集した場所に行かないことを要請しています。 特に岩手県と鳥取県だけが特別なことをしているわけではありません。 では、何が違うのか密集という事に着目してみました。 岩手県人口密度 人口:122万人 面積:152平方キロメートル 人口密度:1平方キロメートル当たり約80人 人口密度が一番低いのが北海道。 その次に岩手県は低く全国第2位。 鳥取県人口密度 人口:55万人 面積:35平方キロメートル 人口密度:1平方キロメートル当たり約158人 人口密度が低い順は全国第11位。 岩手県と鳥取県を全国と比較 岩手県と鳥取県の人口密度を全国と比べると低いですが、他の低い県でも感染者は発生しています。 秋田県の人口密度は岩手県の次に低く、1平方キロメートル当たり約83人と全国第3位ですが、現在確認されている感染者数は11名もいます。 それでは、2県は何か特別な対策をしているのでしょうか。

次の