セファドール。 セファドール錠25mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セファドール(ジフェニドール)の作用機序:めまい治療薬

セファドール

透析患者に禁忌の薬一覧 透析患者に禁忌とされている薬は多い。 薬物動態のADME(吸収・分布・代謝・排泄)における排泄の部分で腎臓の果たす役割が非常に大きいからである。 透析患者に禁忌といっても、禁忌の部分に「透析患者」と記載されている薬は少なく、「重篤な腎障害」「高度の腎障害」「無尿」など、記載方法はさまざま。 検査結果がわかればそれを参考にできるが、何も語らない患者もいるので、それぞれの腎障害の程度のニュアンスの違いを知り、疑義を持ったときには医師に問い合わせる姿勢が必要である。 CKD(慢性腎臓病)の重症度分類では以下のようになっている。 透析導入の目安としては、eGFR15ですが、あくまで目安。 しかし、確実に高度から重度の腎障害であると言えるだろう。 腎臓の血流量を低下させ、腎機能を悪化させる。 尿の出ていない透析患者に利尿剤は無意味であることは容易に想像できる。 しかし、透析患者が全て無尿であるとは限らない。 しかし、正直言って、何が透析に禁忌の薬か、透析専門の診療所の門前薬局に勤めている薬剤師でもなければピンとこないのではないかと思う。 目薬や軟膏で透析に禁忌の薬というのは、まったくもってピンとこない。 透析を行っているという患者や、カリウム吸着剤やクレメジンなど飲んでいる患者に遭遇したら、処方されている薬の添付文書を全て調べる姿勢が必要であろう。 686• 184• 257• 190• 251• 103• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の

メニエール病の治療に有効なセファドールとは

セファドール

作用 平衡感覚にかかわる神経の働きをよくしたり、血流を改善する作用があります。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 眼圧が上昇するおそれがあるので、緑内障のある人は慎重に用います。 前立腺肥大などで尿の出にくい人、腸に閉塞や通過障害のある人も注意が必要です。 適さないケース..重い腎臓病。• 注意が必要なケース..緑内障、前立腺肥大、腸閉塞のある人など。 【使用にあたり】 症状によって、飲む量、飲み方が異なります。 指示どおりに正しくお飲みください。 効能 内耳障害にもとづくめまい。 錠..通常成人1回1〜2錠、1日3回経口服用する。 年齢、症状により適宜増減する。• 顆粒..通常1回0. 25〜0. 5g(塩酸ジフェニドールとして25〜50mg)を1日3回経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 わりと多いのは、口の渇きです。 また、人によっては、かえってフワフワ感や不安定感を感じることがあるかもしれません。 安全性の高いお薬で、そのほかの副作用はほとんどありません。 口の渇き、食欲不振• 浮動感、不安定感、頭痛、頭重感、眠気• 目のかすみ、まぶしさ、動悸、尿が出にくい• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

セファドール錠25mg

セファドール

メリスロン(ベタヒスチン)とメニエール病 めまいの症状に対して処方される有名な薬の一つに、メリスロン ベタヒスチン があります。 そして、めまいやその他の症候から、メニエール病、症候群、目眩症などと診断される事があります。 メニエール病は、 回転性のめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感の4症状が同時に表れ、症状が数日から数ヵ月おきに繰り返されることが特徴です。 メニエール病は30~40代の女性に多いといわれ、また発展途上国ではみられず先進国に多い難病です。 めまいと言えばメニエール病!?と近年とても有名ですが、ストレスが原因であるとされつつも、そのメカニズムは未だ明確にされていません。 メリスロン錠6mgについて エーザイから出ている薬で、メリスロン錠の一番小さなものが、直径6mm程の、白い6mgの錠剤です。 ベタヒスチンというのは主成分で、ベタヒスチンメシル酸塩というものです。 後発であるジェネリックには、デアノサート、バイメニエルなどや、ベタヒスチンメシル酸塩錠という名前のついたものが数多く存在します。 ベタヒスチンは、血圧降下作用がありめまい改善に効果があるとされたヒスタミンの構造を変え、口から飲んでも腸で分解されずにめまいの改善に役立つように造られた物質で、ヒスタミンとよく似ています。 用法・用量 1回6~12mg 1~2錠 を1日3回食後に服用するのが一般的です。 しかし使用量は、症状や年齢によって増減されます。 服用時は必ず医師の指示、もしくは指定された服用法を守ることが大切です。 うっかり飲み忘れてしまった時は、気がついた時に早めに飲むようにしましょう。 飲み忘れたからといって、次の服用時にメリスロン錠6mgをまとめて2回分飲む行為は厳禁です。 もし次に飲む時間が近いのであれば、飲み忘れた分は飛ばしてかまいません。 スポンサードリンク 効果・効能 めまいが起きる時、その多くは耳が関係しているとされています。 周りがぐるぐる回っている感覚、フワフワした感じなどはメニエール病にみられる症状で、メニエール病の場合には、耳の内側のリンパ液が増え、水ぶくれになり、それによって平衡感覚に異常が生じめまいが起きていると考えられます。 メリスロンは内耳の筋肉を弛めたり、血流を増やすことによって内リンパ水腫を改善します。 また、首から頭部を繋ぐ太い動脈の血流を増やす効果もあり、それによって脳内循環をよくし、めまいの改善に働きかけます。 薬が処方されるとき、改善したい症状の原因として起きているかも知れない現象 内リンパ水腫など に働きかけるものが数種類選ばれるのが一般的です。 耳の中が腫れているかどうかは、実際に見て確認するのではなく、めまいが起きているなら腫れているかも知れないと考え、その水ぶくれを治す事から始めようと、多くの場合まずメリスロンが処方されます。 そのため、内リンパ水腫が原因ではない場合はめまいに効かず、別の薬に変更されるかも知れません。 その別の薬で多いのがセファドールという薬です。 セファドールとの違い メリスロンでめまいが改善されなかった場合、別の薬セファドールが処方されるかも知れません。 セファドールもめまいに効く薬ですが、内リンパ水腫を改善する薬ではなく、 左右の血流のバランスを整えたり、耳鳴りの原因となる神経の興奮を抑える薬であり、全く別の効能を持ちます。 そのため、メニエール病である可能性が高い場合はメリスロンを、内リンパ水腫以外の内耳障害が原因である場合はセファドールが有効であると考えられます。 しかし、めまいの状態を客観的に表現するのは大変困難であるため、はっきりとした診断は難しいものです。 そのため、効果のある可能性のある薬として、メリスロンだけでなくセファドールも一緒に処方されたり、順に服用してみて様子をみるという方法がとられる事もあるでしょう。 セファドールに関してはこちらをご参考下さい。 これらの病気を患っている場合は必ず、また他にも気になる事柄がある場合は医師に伝えましょう。 他にも、妊娠中の人や高齢の人、小児も他の薬と同様に医師へ相談したほうがいいでしょう。 また、メリスロンを服用している時に 飲酒をすると、副作用が出やすくなるのでアルコールは控えるようにしましょう。 まとめ メリスロン ベタヒスチン とは、めまいの症状の原因の一つである内リンパ水腫を除去し、内頸動脈 首の太い動脈 の血流を増やして脳内循環をよくすることによって、めまいの改善に働きかける薬です。 ヒスタミンと似た作用をするベタヒスチンを主成分とするため、 ・喘息やアレルギーのある人 ・胃腸にトラブルのある人 は、その使用に注意が必要な薬です。 関連記事としてこちらもご参考ください。

次の