ウイイレ 監督 2020 ランキング。 【ウイイレ】最強チーム編成!!監督別スタメン【アプリ2020】

【おすすめ監督(ウイイレアプリ2020)】全監督マネジメント能力爆上がり!デシャン・サントス・レーヴがまさかのフォメ変更!

ウイイレ 監督 2020 ランキング

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイニングイレブンでは、 監督選びは、プレーヤースキルと同じくらいに、とても重要です。 とはいえ、数多ある監督の中で、自分にあった監督と出会うのは至難の業。 そこで、今作の仕様にあった強い監督をまとめたので、ご紹介させていただきます。 とりあえずは、今回紹介させてもらう監督を数人でも保有していれば、myClubは戦っていけます。 獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 4-3-2-1 ヨアン グリモー(ジネディーヌ・ジダン) 1トップのジダン監督です。 とにかく、中盤での守備が強い! 中盤でボール奪取してのショートカウンターがさらに強い。 サポート距離4と、カウンター戦術があいまって、1トップながら攻撃力も抜群です。 OMFには、プレースタイル2列目からの飛び出しの選手を一人は配置したほうが、攻撃の手詰まり感を解消できる。 注意事項として、CMF、DMFの選手器用には、極力パス能力の高い選手を配置すること。 選手間の距離が近い戦術なので、ショートパスがずれてしまうと、致命的なカウンターを受けることになる。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-1-2 フェルナンド・サントス 前作でも大人気、今作でも、人気の高い監督です。 今作強いといわれる、4-3-1-2のダイアモンド型のフォーメーションです。 とにかく、攻撃がしやすい。 ボールを味方が持つと、みんなが前に向かって走ってくれます。 サポート距離も長いので、長めのボールを配給することになり 少ない手数で大きなチャンスを作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-2ー2 クリストバルブエナ(シメオネ) 相変わらず守備が安定する監督というのが特徴です。 2トップでサイドハーフとダブルボランチの配置ができる監督です。 3トップ布陣の相手に対して、固い守備のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ストーレ・ソルバッケン との大きな違いは、ポジショニングが流動的になっていること。 とくに、CMF、DMFの選手のプレースタイルの組み合わせによっては、かなりチームとしての個性に違いが出ます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-3 ゲールノート・ツァイツラー(ユルゲン・クロップ) 今作で、かなり人気の高い監督です。 前線のST3枚をCFに変更できます。 いわゆる3CFの配置ができる監督です。 ディフェンスラインも高めなので、事故失点を軽減させる効果も期待できます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 バロータ かなり、大人気監督のに似ているコンセプト。 守備コンセプトが、とても強いです。 やはり大きな特徴は、 可変フォーメーションが使えることです。 可変フォーメーションで、2OMFが配置できます。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術のコンセプトは同じで、ポジション配置が若干異なるだけですので、オフェンシブ戦術を使用してもらえればいいです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 セシリオトゥナル(フレン・ロペテギ) オフェンシブ戦術がオススメです。 守備的に配置するなら、真ん中のCMF1枚をDMFに変更します。 プレースタイルがアンカーの選手を配置すると守備の安定をはかれます。 トゥナルの強さは、サイド攻撃のショートカウンター。 ほどよい選手同士の距離感で、選手のもつ固有の動きを最大限に活かしつつ、攻撃を作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-1-2-3 ルイス・アルベルト・ロマン(ジョゼップ・グアルディオラ) この監督のフォーメーションの場合、2OMFが、しっかり後ろから攻撃のサポートをすることで、攻撃の切れ間を埋めてくれることができます。 サポート距離が6と、距離感もちょうどよく、パスを繋いで連動した攻めができます。 ほぼ、5人で連動的に攻めるのは圧巻です。 ドンドン、ガンガンで攻めたいタイプの方にオススメです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-1-3 ピーチェ ブール(エリック テン ハーグ) 3トップで1人のOMFの配置ができる監督です。 DMFを2枚置けるところが強い! ただし、攻撃の手詰まり感を解消するためにも、一人は「プレーメーカー」か「ボックストゥボックス」または「ハードプレス」を置いたほうがいい。 3バックの相手に対して、かなり有効な攻撃のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-2-3 城福 浩 3トップで3バックの監督です。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術にかわりありません。 日本人監督では、攻撃力は最強です。 やはり、3CFができる監督は攻撃がとてもしやすい。 なおかつ、サイドハーフを配置できるので、攻撃の手詰まり感がほとんどありません。 ただ、守備は難しい。 きをつけることは、相手のハイプレスからのサイドアタック。 こういった攻撃に対してはかなり警戒しておかなければ、おおきなピンチを迎えます。 サイドハーフの選手を守備の上手い選手にして、下がり目のポジションにして5バックのような陣形にするのもオススメ。 もともと攻撃力が高いし、ハイプレスをかけるタイプの監督ではないので、中盤の選手を守備的に配置してしまえば、実は守備も堅い。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ヨアヒム・レーヴ 3トップで3バックの監督です。 ハミロ・アメリカーノ監督やと同じようなシステムですが、その中でもヨアヒム・レーヴ監督は、 とても攻撃的なスタイルです。 コンセプト的には、ハイプレス気味になっています。 当然、守備操作が難しい監督ではあります。 ただし、 サイド攻撃の火力は抜群です。 前線の両サイド2枚がチャンスメイクをして、 サイドハーフが中に切り込んでフィニッシュまで持ち込むという形をとっていけば、サイド攻撃の受けに弱い相手にとっては、殴り合いの試合で負けることはありません。 と、いっていいほどの攻撃力です。 ただ、前述の通り、守備が難しい監督であることは間違いない。 守備スタイルは、相手の攻撃を待ち構えるスタイルだと抑えきれないので、やはり ハイプレスによって高い位置で相手のボールを奪うイメージで守備にまわる必要があります。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-3-2 ジャン・ピエーロ・ガスペリーニ 中央攻めに対して、非常に相性のいいのが3バックです。 しかも、リトリートアグレッシブで硬い守備ができる監督。 当然ながら、3バックなので、相手のサイド攻撃には気を配る必要がありますが、それ以外の攻撃への守備対応が、とても優秀。 3人のセンターバックと、2人の守備的中盤の選手で、縦パスを受けた相手選手を挟み込むように対応できる。 中央攻めへの対応力はとても高いです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 まとめ プレイヤーの操作スキルに大きな差はないとおもっている 冒頭にも記載しましたが、 監督・戦術を選んでいくということの重要性は、プレイヤースキルと同じくらい大切なことだと考えております。 サッカーというスポーツにおいて 戦術面において相性があるからです。 ウイニングイレブン2020でのmyClubでの対人戦では、よほどのことがない限り、選手個人の能力値というのは大きく差がありません。 また同じレート帯では、 プレイヤーの操作スキルも大きな差があるとはおもっていません。 となると、やはり 作戦・戦術的に相性として優位に立てたほうが、アドバンテージが取れると考えています。 柔軟に対応できるように 「 どのような戦術やコンセプトの相手と対戦することになっても、相性が良くなるよう対応できる」 という考え方ベースにスカッドを組んでいくことが必要になります。 これは、実際に相対してから判断するのが確実です。 おおまかにいえば ディフェンスラインの裏に大きく蹴られるのが苦手。 ゴール前でこねられるのが苦手。 中央から攻められるのが苦手。 サイドから攻められるのが苦手。 など人それぞれなので、いろんな攻撃や守備の選択肢を増やせるように 自分や保有選手にあったスカッドを組んでいくことが重要です。

次の

ウイイレアプリ2020 IMユヴェントス当たりランキング

ウイイレ 監督 2020 ランキング

ウイイレアプリ スピードNO. 1の化け物は誰だ!最速選手ランキング! スピードとは? スピードとは、文字通り「速さ」を表しており、「スピード」「瞬発力」の能力数値が高い選手ほど「速く走れる」「俊敏に動ける」という事になります。 レアル・マドリードに所属している「ベイル」などは、スピード瞬発力両方を兼ね備えた代表的な選手ではありますが、速く走れる選手、俊敏に動ける選手は、一体どのようなプレーで活きるのか、またスピードを活かして生まれるメリットは何なのか、など詳しく解説していきたいと思います。 スピードが速い時のメリット スピードが速い選手は、当たり前ですが、走るスピードがものすごく速いです。 ドリブルでグングン駆け上がる事ができるので、選手が偏りづらいサイドポジションで力を発揮することができます。 敵選手が手薄なカウンター時なんかは特に有効で、スピードの速い選手がボールを持つと、1人でゴール前までボールを運べてしまうこともありえます。 しかしドリブル能力が低い選手は、いくらドリブルスピードが早くても小回りが利かないので、無理な突破は控えておくのが良さそうです。 他のメリットでは、 オフ・ザ・ボール(ボールを持っていない時)の動きでも活きることができます。 カウンター時にスピードの速い選手がサイドに張っている時、ロングボールなどでスペースにボールを送り込めば、敵ディフェンダーを置き去りにして、一気に攻撃のチャンスを掴み取ることも可能です。 また、攻撃時だけでなく、もちろん守備時でもスピードが速いに越した事はありません。 自身のディフェンダーの足が速ければ、敵のカウンターなどに対応しやすく、ドリブル突破も防ぎやすいです。 どのポジションでも実際のサッカーでは足が速いことは重宝されますが、サイドポジションの選手はできるだけスピードの速い選手でチームを組みましょう。 瞬発力が高い時のメリット 次に、瞬発力が高い選手は、ドリブル開始時の瞬間的な動きが速いです。 一旦止まっている状態からドリブルを開始する際、瞬発力が高ければ、パッと動けるので、相手を抜きやすいです。 逆に、瞬発力が低ければ、ノロ~ッとした動きでドリブルを開始するので、相手を抜くことが難しくなります。 また、瞬発力はボールに対する反応速度も関係してきます。 例えば裏に抜ける動き出しでは、相手のディフェンスラインから瞬時に動き出す必要があり、この裏に抜け出す選手の瞬発力の差が、ゴールに繋がるかどうかのポイントでもあります。 なので、上記で解説した 「スピード」は最高速度、「瞬発力」は瞬間速度、と頭に入れておきましょう。 この2つを兼ね備えている選手は、手のつけようがないことは言うまでもありません・・・。 ランキングの基準 では、ここからはスピードや瞬発力を兼ね備えたスピードスター選手のランキングを紹介していきます。 ランキングの基準として、 ・ スピードと瞬発力2つの平均値 から算出した上位20選手とし、平均値が同じ場合は同順位といたします。 あくまで、速さに関して注目したランキングになります。 総合値ではないのでご了承ください。 スピードが速い選手ベスト20 第1位 1位 【CF】ピエール オーバメヤン スピード97 瞬発力96 スピードスターランキングの第1位はピエール オーバメヤンです。 スピード97、瞬発力96と、化け物じみたアタッカーで、適正ポジションはCFでありながらこの速さです。 CF適正でここまでの速さを持った選手はなかなかいないので、非常に貴重な選手だと言えます。 第2位 2位 【RSB】エクトル ベジェリン スピード95 瞬発力97 第2位はエクトル ベジェリンです。 攻撃的な快速サイドバックとして起用することができ、確実に攻撃時のプラス材料となるでしょう。 また、守備時にも相手のサイド突破も素早く戻るりストップさせることが可能です。 しかし、攻撃でも守備でも活かせるベジェリンといえど、走らせすぎるとと体力がなくなってしまうので、考えて試合展開していきましょう。 第3位 3位 【LWG】アーメド ムサ スピード93 瞬発力96 3位 【LWG】ハウエル バイウォーター スピード93 瞬発力96 次は第3位のアーメド ムサとハウエル バイウォーターです。 両選手共に、総合値は78と高いとは言い難いですが、速さは一級品です。 例え総合値が多少低くても、サイドアタッカーで足が速いのは非常に扱いやすい部分ではあるので、問題なくチームに組み込めるレベルの選手といえるでしょう。 第4位 4位 【RWG】ギャレス ベイル スピード95 瞬発力93 4位 【RSB】ケヴィン ムバブ スピード95 瞬発力93 4位 【LMF】ルロイ サネ スピード95 瞬発力93 4位 【RWG】サディオ マネ スピード93 瞬発力95 4位 【RSB】ルーカス クロスターマン スピード93 瞬発力95 4位 【RWG】アレクシス フィノ スピード93 瞬発力95 4位 【LMF】ジョナス アギーレ スピード93 瞬発力95 次は4位の選手達で、7選手がランクインしました。 この中でも特に有望な選手は、やはりベイルでしょう。 スピード瞬発力だけで言えば他選手と変わりませんし、上位の選手には劣りますが、ベイルは総合値が「90」と高水準です。 突破能力以外でも、シュート、パスなど多岐にわたって高レベルの力を発揮できるので、非常に扱いやすい選手です。 第5位6位 5位 【RWG】ムハンマド サラー スピード93 瞬発力94 5位 【CF】ジェイミー ヴァルディ スピード93 瞬発力94 5位 【RWG】テオ ウォルコット スピード94 瞬発力93 5位 【RWG】ラヒーム スターリング スピード92 瞬発力95 6位 【RWG】アダマ トラオレ スピード94 瞬発力92 6位 【RWG】シェラルド ベッケル スピード94 瞬発力92 6位 【RWG】ヴェラスカ スピード93 瞬発力95 6位 【LWG】エン クドゥ スピード93 瞬発力95 次は5位6位の計8選手をまとめて紹介していきます。 やはり、基本的にはRWG、LWGのサイド選手に偏りますが、 ジェイミー ヴァルディーはCF適正です。 1位のオーバメヤンでもお伝えしましたが、CFで速い選手は多くはないので、オーバメヤンと同様に重宝する選手と言えるでしょう。 第7位 7位 【LWG】ネイマール スピード91 瞬発力93 最後は、誰もがご存知のネイマールです。 速さだけでいうと7位、20番目にはなりますが、総合値「91」と、ベイル同様高水準の選手です。 ベイルはネイマールに比べてより速さに特化していますが、 ネイマールは速さも兼ねたドリブラーです。 ボールコントロールやドリブル能力が高く、フェイントスキルも豊富なので、対面した1対1の状況などで相手の抜きやすさを実感することができるでしょう。 まとめ 以上、ウイイレアプリのスピードが魅力的な選手のランキング紹介でした。 やはりスピードと瞬発力を兼ね備えた選手は、ランキングのTOP20選手のほとんどがサイドポジション適正です。 実際のサッカーにもおけることではありますが、スピードのある選手は基本的に重宝される傾向があります。 サイドアタッカーはスピードを活せる場ですので、単純に総合値だけではなく、スピードも基準にチーム編成してみるのも良いかもしれません。

次の

ガチスカ監督ランキング 使用感最強監督判明か!?

ウイイレ 監督 2020 ランキング

こんにちは!本日も「Boooost」をお読みいただきありがとうございます。 管理人のヒロです。 最近LINE@に登録していただいた方とお話すると、 フェルナンド・サントスという監督を使っている方が多いんですよね。 そこで先日フェルナンド・サントスをゲットできたので、早速フォーメーションを組みオンラインマッチをやってみると、かなり使いやすく、現在3勝1敗と勝率も高いんですよ。 そこで今回はウイイレアプリ2020の人気監督、フェルナンド・サントスの基本情報、使い方などについてまとめました! フェルナンド・サントスが気になっている人、またフェルナンド・サントスを使っているけどイマイチ使い方が分からない人はぜひ参考にしてみてください! 目次• 2016年にはポルトガル代表を初のEURO優勝に導くなど、現代サッカーの名将の一人と言えますね。 ウイイレでは4312のフォーメーションの監督で、中盤の選手がトップ下1人、CMFが2人、DMFが1人というダイヤモンドの形になっているのが特徴となっています(下図)。 こういったダイヤモンド型の4-4-2のフォーメーションの監督は少ないので、ウイイレアプリ2020で非常に人気にがある監督です。 マネジメント能力が850なので総合値の高い選手をバンバン入れることができます。 フェルナンド・サントスの戦術 アンカーのプレースタイルの代表選手は、ブスケッツ、ロドリ、ルイス・グスタボ、カゼミーロ、ファビーニョあたりですね。 ヒロのフェルナンド・サントス監督のときのスタメン 最後に僕のフェルナンド・サントス監督を使う時のフォーメーションを公開します! 最近スカッドを組んだばかりなのでチームスピリットがまだイマイチですが… CFにはロナウド&マンジュキッチ、CMFにスピードがあり攻守に貢献できるボックストゥボックスのバルベルデ&ジエリニスキ、そしてDMFにはアンカーのカゼミーロを起用しています。 ちなみにOMFには攻撃タイプがカウンターのブルーノ・フェルナンデスかディバラを使ってますね。 センターバックは戦術がカウンターのシュクリニアルとマタイス・デリフト。 サイドバックはカルバハルとロバートソンの攻撃的サイドバックを採用。 サイド攻撃ではないので、最初はCBにしていたのですがそうするとサイドの守備が逆に薄くなるのでこういったかたちにしました。 これが正解というわけではないですが、参考にしてもらえれば幸いです! 何か質問がある人はLINE@で質問してみてください!いつでも回答しますよ~ まとめ 今回はウイイレアプリ2019の監督の一人、フェルナンド・サントス監督について解説してきました! フォーメーションが使いやすく戦術も強力なフェルナンド・サントス。 今までデシャンばかり使っていましたが、これからフェルナンド・サントスにハマりそうです。 皆さんもぜひフェルナンド・サントスをゲットして新しいフォーメーションを作ってみてください! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください! 【ウイイレアプリ2020注目記事】• 【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】•

次の