ビートレーディング デメリット。 ビートレーディングは審査に通りやすい?評判から分析したメリット・デメリット

ビートレーディングのファクタリング内容と評判|業界最王手の対応力

ビートレーディング デメリット

Contents• 株式会社ビートレーディングとは? 「株式会社ビートレーディング」は、東京都港区に本社を構えるファクタリング会社です。 経営コンサルティング業務も手掛けています。 ファクタリングによる資金調達だけでなく、経営面や財務面における相談も行っています。 日本全国対応しており、ファクタリング会社としての知名度も抜群。 専門的知識を有するスタッフが丁寧に相談に応じています。 顧客対応満足度も高く、ファクタリングを利用する上での選択肢のひとつとして抑えておきたい先です。 ファクタリング商品概要 取扱可能額 30万円~3億円 手数料 2社間ファクタリング:10%~ 3社間ファクタリング:2%~ 資金調達スピード 最短12時間(2社間ファクタリング) 一般的には最短翌日 ファクタリング種類 2社間ファクタリング 3社間ファクタリング 診療報酬ファクタリング 介護報酬ファクタリング ビートレーディングは審査に通りやすい? ファクタリングの審査では、申込者(利用者)の業務内容より、売掛先の内容を重視する傾向が強くあります。 そのため銀行融資などで審査合格が厳しい先であっても、ファクタリングの審査では合格できるチャンスも高くなっています。 ビートレーディングのホームページでも、次のような記載がされています。 このようなお悩みも…• リスク(返済猶予)中• 不動産や保証人がない• 税金滞納• 信用情報に問題あり• 融資を断られた• 資金ショート寸前• 急な注文・事業拡大への対応• 赤字決算• 債務超過 一般的に銀行融資では利用が難しいとされているこのような事業者でも「融資ではない、借りない資金調達」として、ビートレーディングのファクタリングを利用できる可能性もあります。 もちろん申込者(利用者)の業務内容などが全く審査に影響を与えないということはありません。 しかし売掛先がしっかりしていれば審査に合格できるチャンスも高くなります。 またビートレーディングの売りとして「 審査通過率98%」を宣伝しています。 この数字だけを見てもビートレーディングのファクタリングは審査に通りやすいといえるでしょう。 手続きの流れ ビートレーディングのファクタリングの契約方法は、次の3通りです。 対面での契約• 出張での契約• 郵送での契約 ファクタリングでは基本「対面契約」が一般的です。 一方ビートレーディングでは「出張」や「郵送」での契約が可能になっています。 ビートレーディングを利用するには、まずは必要書類を準備しましょう。 主な必要書類は以下の通りです。 取引先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付き3ヶ月分)• 入金予定の売掛金が確認できる成因書(契約書・発注書・請求書など)• 本査定申込書(ビートレーディングに申し込み後、送付される) また契約に必要な書類は以下の通りです。 商業登記簿謄本• 印鑑証明書• 住民票• 決算報告書 確定申告書 など 必要書類は状況などにより異なります。 不明な点は事前に確認するようにしましょう。 ビートレーディングでファクタリングを利用する流れは次の通りです。 無料査定により、最短30分で見積もりを行ってくれます。 その後、ビートレーディングから送付された「本査定申込書」を入力し、審査が行われます。 内容に了承し契約を完了すれば、ビートレーディングより買取債権額が入金されます。 ただし一般的には「最短翌日」での入金と考えておきましょう。 いずれにしても、このスピードは業界トップクラスで、急な資金需要にも対応可能です。 しかしビートレーディングでは個人事業主でも利用可能としています。 銀行融資などでの資金調達が難しい小規模な個人事業主でも利用することができます。 豊富な実績は利用者が安心して利用できる証明です。 豊富な専門的知識を有する担当者の対応も評判で、安心感をもって利用することができます。 ビートレーディングのデメリット ファクタリング分野として、ビートレーディングでは特にデメリットと思われる事項は見当たりません。 強いて挙げるなら「 東京・大阪・福岡にしか支店が無い」という点でしょうか。 これ以外の地域在住では訪問しての相談などが難しい点です。 しかしビートレーディングでは出張相談も受付していますので、この点も致命的なデメリットではありません。 経営面でのコンサルティング 株式会社ビートレーディングは「経営コンサルティング」も手掛けるファクタリング会社です。 ファクタリングを利用するだけでなく、現状の経営状態、資金繰りの状況などの相談も随時受付しています。 ファクタリングの利用においても、現状の資金繰りなどを踏まえて適切なアドバイスを行ってくれます。 専門的知識を有するスタッフが親身になって相談に応じてくれますので、この点からもビートレーディングのファクタリングを利用するポイントとなるでしょう。 ビートレーディングの口コミ情報 個人事業主でも利用できました 個人で小規模の印刷業を営んでいますが、売掛先が倒産してしまい、資金ショートが発生してしまいました。 個人事業主で銀行融資が難しいと思ったのでビートレーディングのファクタリングを利用しました。 申込の翌日に入金が行われました、本当に私のような小規模事業主でも資金調達ができたのが驚きです。 まとめ ファクタリング業界で圧倒的知名度と人気を誇る「ビートレーディング」。 経験豊富な担当者による対応も評判です。 ファクタリングでは珍しく個人事業主にも対応しており、小規模事業主でも安心して利用できます。 ファクタリングの利用を検討される場合、真っ先に選択肢として挙げるべき先であるといえるでしょう。 ・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません。

次の

ビートレーディングは審査に通りやすい?評判から分析したメリット・デメリット

ビートレーディング デメリット

金融機関名 株式会社ビートレーディング 2社間ファクタリング可否 可 2社間ファクタリング手数料 案件ごとによる(平均15%程度) 3社間ファクタリング可否 可 3社間ファクタリング手数料 案件ごとによる(平均10%程度) 事務手数料の有無 有(2万円~10万円) 資金化までの期間 最短~即日 最低取り扱い額 100万円 最高取り扱い額 3億円 ビートレーディング ファクタリング利用対象者 法人・個人事業主共に可能。 売掛債権が遅延しておらず、通常の商取引で発生した全ての売掛債権が対象。 売掛先が個人(屋号)経営の場合は対象となりません。 ビートレーディング ファクタリング契約までの流れ• 電話、メールにて申込み(電話9:30~19:00、メール24時間)• 仮審査(担当者と希望や条件など相談)• 本審査~結果報告• 契約 ビートレーディング ファクタリングのメリット ビートレーディング ファクタリングのメリットは最短即日資金化を実現できるスピーディーな対応が可能なことです。 100万円~最高3億円と幅広い売掛債権の買取りに対応しており、支払サイトが短いものから長いもの、またスポット取引での売掛金などを早期資金化することが可能です。 売掛債権の回収にはどうしてもタイムラグが発生してしまいます。 だから急な仕入れや人件費の支払などで資金繰りがスムーズに行かず、想定外の資金状況の悪化になってしまう場合があります。 そんな時に売掛金買取りサービスであるファクタリングは経営者の方の救世主となります。 売掛金を最短即日資金化できるので、業績悪化で金融機関から融資が受けられない方や、経営上で資金繰りが厳しい方でもすぐにキャッシュフローを改善できるメリットがあります。 また、ファクタリングは売掛債権を売却することで資金化するので借入金となりません。 だからバランスシート上の負債にならないので企業運営の上でも経営者の方にとって大きなメリットとなります。 ビートレーディング ファクタリングのデメリット ビートレーディングのデメリットは最低取り扱い金額が100万円からとなっているところです。 法人、個人事業主ともに利用可能となっていますが、小規模で経営している個人事業主の方の場合、売掛債権の買取り価格が最低でも100万円必要なので利用しにくいところがあるかもしれません。 あとはファクタリング手数料が公式サイト上で開示されておらず、担当者との打ち合わせを経て決定するので目安がわかりにくいところがデメリットだと言えます。 ビートレーディング ファクタリングの審査で必要な必要書類• 商業登記簿謄本• 印鑑証明• 決算書• 確定申告書• 売掛先企業との契約書(なければ納品書など)• 発注書・納品書・請求書• 過去の支払履歴が確認できる通帳 必要書類はあくまでも一例となりますので、各契約者によって必要書類が異なることがあります。 ビートレーディング ファクタリングのおすすめポイントまとめ ビートレーディング ファクタリングのおすすめポイントは、まずはスピード重視で資金化が可能なところです。 ファクタリングサービス会社は多数ありますが、資金化するまでに3日~1週間ほどかかるところもあります。 なぜ、資金化までに時間がかかってしまうところがあるのかというと、ファクタリング契約の際には必ず来社して契約をしなければならないところが多いからです。 契約するファクタリング会社が自宅や会社の近くであれば問題ありませんが、地方に住んでいる方にとって来社するのは大変です。 ビートレーディング ファクタリングは来社不要で、即日現金化希望の場合は東京本社、福岡支社への持ち込みの他、PDF形式でメールに添付やFAXでの受け付けも可能なので全国どこにいても即日資金調達ができます。 また、ビートレーディング ファクタリングは、売掛債権の売却を取引企業に知られないように資金調達ができる2社間ファクタリングも可能です。 資金繰りに困っているそぶりを大事な取引企業に知られることなく、今後も信頼関係を維持することができるのも大きな強みです。 ファクタリングは継続して利用することも可能です。 毎月売掛債権発生ごとに申し込むことができ、2回目以降の利用は契約も簡素化されるので手間が削減できます。 ビートレーディング ファクタリングは償還請求権が付きません。 つまり、売掛債権が売掛元の事情で万が一不渡りになった場合も支払義務は発生しません。 だから売掛債権を買い取りしてもらったらそれで完了です。 その後のことを心配する必要はありません。 ビートレーディング ファクタリングは公式サイトから簡単に問い合わせが可能ですので資金調達をしたい経営者の方は一度相談してみてはいかがでしょうか。 以下のような方に特におすすめです。 創業1年未満の経営者の方• 債務超過の方• 銀行にすでに融資を断られている方• 税金の滞納がある方• 赤字決算である方 ビートレーディング ファクタリングは数あるファクタリング会社の中では設立して長い会社ですので取引実績が多いのも強みです。 相談は無料なので詳細を知りたい方は一度ビートレーディング ファクタリングへ相談してみるのをおすすめします。

次の

ビートレーディングのスピード査定でファクタリングする評判・口コミ

ビートレーディング デメリット

この記事で分かること• ビートレーディングのファクタリングのサービス内容 はじめに、ビートレーディングのファクタリングサービスの概要について紹介します。 ビートレーディングのファクタリングサービス 限度額 30万円〜3億円 ファクタリング手数料 2. ビートレーディングは最短12時間で売掛債権の売却〜資金調達が可能 ビートレーディングのファクタリングは、申し込み〜売掛債権の売却まで非常にスピーディーで、 最短12時間で資金を調達できます。 問い合わせ数計6. 2万件、累計買取債権額409億円、累計利用社数1. ビートレーディングは顧客が多いため、はじめてファクタリングを利用する事業者の方も、安心して取引できるでしょう。 ビートレーディングのファクタリング手数料は2. 他社ファクタリングサービスと比較しても、ファクタリング業界最低水準の手数料なので、手数料を抑えてファクタリング〜売掛債権の現金化が可能です。 ビートレーディングのファクタリングは少ない書類で申し込みOK ビートレーディングのファクタリングへ申し込む時には、 「本査定申込書」「通帳のコピー」「売掛金を証明できる書類(契約者や請求書など)」の3つの書類があれば、申し込みOKです。 少ない書類で手軽に申し込めるのは、ビートレーディングの大きな特徴と言えるでしょう。 売掛債権に問題がなければ、ビートレーディングへスムーズに売掛債権を売却できると考えられます。 ビートレーディングのファクタリングは高額な資金調達も期待できる ビートレーディングの公式サイトには、 売掛金の買取は「30万円〜3億円まで対応」との記載を確認できます。 未回収の高額な売掛債権があるという事業者の方でも、ビートレーディングでファクタリングできる可能性があります。 ビートレーディングが提供するファクタリングやサービスの種類 ビートレーディングでは、以下のようなファクタリングやサービスを提供しています。 2社間ファクタリング• 3社間ファクタリング• 診療報酬ファクタリング• 介護報酬ファクタリング• Beトレペイメント 2社間ファクタリング 2社間ファクタリングとは、「事業者とビートレーディング」の2社間でファクタリングを行うサービスのことです。 2社間ファクタリングを利用すると、売掛先にファクタリングがバレることなく資金調達が可能です。 なお、2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べて、手数料がやや高くなる傾向がある点に注意が必要です。 3社間ファクタリング ビートレーディングの3社間ファクタリングとは、「事業者・ビートレーディング・売掛先」の3社間で行われるファクタリングのことを指します。 3社間ファクタリングは売掛先にファクタリングの利用を伝える(=ファクタリングの了承を得る)必要がありますが、売掛債権未回収のリスクを下げられるため、2社間ファクタリングよりも手数料が低くなる傾向があります。 診療報酬ファクタリング ビートレーディングが提供している診療報酬ファクタリングは、医療事業者が利用できる、診療報酬債権を売却して資金調達する方法です。 診療報酬は、診療を行ってから入金されるまで2〜3ヶ月ほどの日数が必要となりますが、ビートレーディングの診療報酬ファクタリングを利用すれば、短期間のうちに診療報酬債権を現金化できるでしょう。 介護報酬ファクタリング 介護報酬ファクタリングとは介護サービス事業者が利用できる資金調達方法で、介護報酬債権を売却〜現金化するサービスのことです。 介護報酬が入金されるまでは60日ほどかかりますが、ビートレーディングの介護報酬ファクタリングを利用すれば、素早く介護報酬債権から資金調達できます。 Beトレペイメント ビートレーディングの提供しているサービスの中に「Beトレペイメント」という買掛金先払いサービスがあります。 Beトレペイメントは下請け業者から「支払サイト(=支払期日)を短縮して欲しい」などの要望が出ている事業者が便利に利用できるサービスで、ビートレーディングが事業者に代わって下請け業者に送金〜支払いサイトを早められます。 下請け先に早く送金したいけれど、社内のワークフローが煩雑なため手続きに時間がかかる…というような事業者は、ビートレーディングのBeトレペイメントの利用を検討してみましょう。 ビートレーディングへ申し込める人・申し込み条件 続いて、どのような方がビートレーディングへ申し込めるのかを解説します。 この項目では、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングではなく、一般企業が利用できる2社間・3社間ファクタリングへの申し込み条件について紹介します。 未回収の売掛債権がある事業者がビートレーディングへ申し込める ファクタリングは、未回収の売掛債権を売却して資金を調達するサービスです。 このため、ビートレーディングのファクタリングを利用するには、 「未回収の売掛債権がある」事業者に限られます。 売掛債権の買取は30万円〜3億円まで対応 ビートレーディングのファクタリングは「売掛金の買取は30万円〜3億円に対応」しているため、高額な売掛債権でもビートレーディングに売却できる可能性があります。 個人事業主なら3社間ファクタリングへ申し込める ビートレーディングの3社間ファクタリングは、法人の事業者だけではなく、 個人事業主の方でも申し込み可能です。 入金待ちの売掛債権がある個人事業主の方で、資金繰りに困っている方は、ビートレーディングのファクタリングの利用を検討してみましょう。 ビートレーディングのファクタリングは最短即日で資金調達可能! ビートレーディングのファクタリングは、売掛債権の買取が非常にスピーディーです。 2社間ファクタリングは最短12時間で売掛債権を現金化できる! ビートレーディングの2社間ファクタリングでは、申し込み〜入金まで最短12時間で手続きが完了します。 他社のファクタリング会社では、申し込み〜入金まで1週間以上かかるケースも多いのですが、ビートレーディングの2社間ファクタリングは、スピーディーに資金調達できるという、大きな特徴があります。 3社間ファクタリングは売掛先の手続きにより資金調達に日数がかかる ビートレーディングの3社間ファクタリングの場合、取引先の会社も手続きが必要となるため、即日の資金調達は現実的ではありません。 取引先の業務が忙しかったり、取引先がファクタリングの手続きに不慣れな場合であれば、ファクタリング手続きに長い日数がかかるケースも考えられるため、急いで資金調達したい事業者の方はビートレーディングの2社間ファクタリングを利用するようにしてください。 ビートレーディングのファクタリングへの申し込み手順 続いて、ビートレーディングのファクタリングへの申し込み方法について紹介します。 この項目では、申し込み〜入金までが最も早い2社間ファクタリングの手続き方法について解説します。 2社間ファクタリングの申し込み手順• ビートレーディングへの問い合わせ• 必要書類を用意して申し込む• 最短30分以内に審査結果の回答• ビートレーディングと契約〜入金• 売掛金が入金された後、ビートレーディングへ送金 ビートレーディングへの問い合わせ ビートレーディングのファクタリングへ申し込む前に、問い合わせ〜ビートレーディングのヒアリングが必要です。 ビートレーディングへの問い合わせ方法は、「電話」「メール」「(ビートレーディングへ)訪問」「(ビートレーディングから)出張」の4つの方法があります。 なお、問い合わせ後に、「資金調達の希望額や希望入金日時」などのヒアリングや、「申し込み時に必要な書類の案内」などが行われます。 必要書類を用意して申し込む ヒアリングが完了した後、ビートレーディングへ必要書類を提出して申し込みます。 必要な書類は以下の通りです。 本査定申込書• 売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付3ヶ月分)• 入金予定の売掛金が確認できる成因証書(契約書・発注書・請求書など) 出典:ビートレーディング公式サイト これらの書類は、WEB・メール・FAX・訪問・出張により提出します。 最短30分以内に審査結果の回答 ビートレーディングへ必要書類を提出した後、最短30分以内で審査結果の回答、買取価格の提示があります。 審査時にファクタリングの手数料が決定されるのですが、売掛金が高い、売掛債権の未回収のリスクが低い(=大手企業の売掛金など)、という条件ほど手数料が低くなる傾向があります。 ビートレーディングと契約〜入金 提示された手数料・買取金額に問題がなければ、ビートレーディンとファクタリング契約を結びます。 ビートレーディングとの契約時には、登記簿謄本や印鑑証明書、身分証明書などが必要となるため、事前に用意しておきましょう。 ビートレーディングとの初回契約時には、原則、訪問または出張での手続きとなる点に注意してください。 参考にビートレーディングの店舗一覧をまとめました。 ビートレーディングの店舗一覧 店舗 住所 東京本社 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3F 仙台支店 宮城県仙台市青葉区本町1-12-7 三共仙台ビル3階 大阪支店 大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室 福岡支店 福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室 15時までにビートレーディングと契約が完了すれば、即日で買取金額が指定の銀行口座に入金されます。 売掛金が入金された後、ビートレーディングへ送金 2社間ファクタリングを利用後、取引先から売掛金が入金されたら速やかにビートレーディングへ送金してください。 2社間ファクタリングの場合は、売掛金をビートレーディングへ送金すれば全ての手続きが完了します。 なお3社間ファクタリングの場合は、売掛先からビートレーディングへ売掛金の送金が行われるため、この工程は不要です。 ビートレーディングのファクタリング利用時のメリット・デメリット ビートレーディングのファクタリングのメリットとデメリットについて紹介します。 ビートレーディングのファクタリングのメリット• 最短12時間で資金調達が可能• 提出書類が少ないので申し込みが簡単• 2社間ファクタリングは売掛先にバレずに売掛債権を売却できる• 多くの事業者が利用しているので安心してファクタリングできる 最短12時間で資金調達が可能 ビートレーディングのファクタリングは、申し込み〜入金まで非常にスピーディーで、最短12時間で手続きが完了します。 事業の運転資金が枯渇しそうだけれど、手元に入金待ちの売掛債権がある…という方は、スピーディーに資金調達できるビートレーディングのファクタリングの利用を検討してみましょう。 なお、ビートレーディングの3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも手続きが煩雑になるため、即日の資金調達が期待できないので注意してください。 提出書類が少ないので申し込みが簡単 ビートレーディングへの申し込み時に必要な書類は、原則「本査定申込書」「通帳のコピー」「売掛金を証明できる書類(請求書など)」の3点でOKです。 2社間ファクタリングは売掛先にバレずに売掛債権を売却できる 売掛先にファクタリングの利用がバレると、「資金繰りに困っている会社」として見られてしまうため、今後、取引に影響が出てしまう可能性もあります。 また、すぐに取引がなくならなくても徐々に取引量を減らされる、などの可能性も考えられます。 ビートレーディングの2社間ファクタリングは、 取引先にバレずに売掛債権を売却できるというメリットがあります。 審査結果により最低の2. また、2013年から2019年までの累計利用社数は1. 6万社にも上ります。 多くの事業者から利用されているという「安心感」を得ながら、ビートレーディングでファクタリングを利用できるというメリットもあります。 ビートレーディングのファクタリング利用時の注意点 続いて、ビートレーディング利用時の注意点について解説します。 初回契約時は、訪問または出張の手続きが必要 初回契約時はビートレーディングへ訪問する、または、ビートレーディングから出張してもらい対面でファクタリング契約が必須となる、という点に注意しておきましょう。 ただし、2回目以降の利用は、申し込み〜必要書類の提出〜売掛債権の売却〜入金という流れになり、対面での契約が不要となるため、スムーズに資金調達できるでしょう。 はじめてのファクタリングでもビートレーディングなら安心! ファクタリングの利用は初めてだったので、ビートレーディングに電話で問い合わせたところ、ファクタリングの手続きについて親切・丁寧に説明してもらえました。 対応が良かったため、そのまま電話でファクタリングのヒアリング〜依頼をしました。 インターネットから必要書類を提出した後は、スムーズに売掛債権の買取を行なってもらえました。 資金繰りに困ったときには、またビートレーディングのファクタリングを利用しようと思います。 (ECサイト運営、年商3,000万円) 上の口コミの方は、ビートレーディングで初めてのファクタリングに成功されたようです。 ビートレーディングは初めての方でもスムーズに売掛債権の売却を期待できるでしょう。 ビートレーディングは取引先にバレずにファクタリングできる ビートレーディングのファクタリングに関するよくある質問 最後に、ビートレーディングのファクタリングに関するよくある質問について、まとめてみました。 赤字決算だけどビートレーディングのファクタリングを利用できる? 赤字決算を出している事業者でも、ビートレーディングのファクタリングを利用できるのでしょうか。 赤字決算でもビートレーディングのファクタリングを使える ビートレーディングのファクタリングは、売掛債権の買取となるため、 利用者の事業が赤字決算でも問題なくファクタリングを利用できます。 ファクタリングを利用できない業種はある? ビートレーディングのファクタリングを利用できない業種などはあるのでしょうか。 法人であれば業種に関係なくファクタリングを利用できる ビートレーディングは、未回収の売掛債権があれば、業種に関係なくファクタリングを利用できます。 債権譲渡登記は必要? 債権譲渡登記とは、法律に基づいて実施される「債権を第三者に譲渡することを記録する」登記制度です。 債権譲渡登記を行えば、債権の所有者を法的に証明できるようになるのですが、ビートレーディングのファクタリング利用時には、債権譲渡登記は必要なのでしょうか。 ビートレーディングは債権譲渡登記が不要 ビートレーディングのファクタリングは、 原則、債権譲渡登記は不要です。 ただし、審査結果によっては、債権譲渡登記が必要になる可能性もあります。 ビートレーディング利用後に売掛先が倒産したら? ビートレーディングのファクタリングを利用した後、売掛金の入金前に売掛先が倒産した場合、どうなるのでしょうか。 倒産しても利用者に支払い義務はない ビートレーディングでは、倒産リスクを含めて売掛債権の買取を行なっています。 このため、売掛先が倒産してしまい売掛金が回収できなくなったとしても、 利用者に返済義務は発生しません。 創業1年未満でもビートレーディングを利用できる? 創業間もない事業者の方でも、ビートレーディングのファクタリングを利用できるのでしょうか。 創業1年未満でもビートレーディングを利用できる 創業1年未満の事業者や創業間もない事業者でも、売掛金があればビートレーディングのファクタリングを利用できる可能性があります。 ビートレーディングのファクタリングは最短12時間で資金調達可能! 本記事では、ビートレーディングのファクタリングの概要や、申し込み条件、最短の資金調達の日数、申し込み方法、メリットやデメリット、口コミや評判などについて、詳しく解説を進めてきました。 ビートレーディングは月間400件の契約実績で安心してファクタリングを利用できる• ビートレーディングのファクタリング手数料は2. 30万円〜3億円の売掛債権を買い取ってもらえる• ビートレーディングは2社間・3社間・診療報酬・介護報酬のファクタリング、Beトレペイメントというサービスを展開している• 未回収の売掛債権がある事業者がビートレーディングへ申し込める• 個人事業主ならビートレーディングの3社間ファクタリングを利用できる• ビートレーディングの初回利用時は「電話」「メール」「訪問」「出張」で問い合わせる必要がある• ビートレーディングの初回利用時は「訪問」「出張」で対面での契約が必要• ビートレーディングの2社間ファクタリングは売掛先に売掛債権の売却がバレない• ビートレーディングの累計利用社数は1. 6万社• 赤字決算でもビートレーディングを利用できる• 法人であれば業種に関係なくビートレーディングのファクタリングを利用できる• 創業1年未満でも売掛債権があればビートレーディングでファクタリング可能 ビートレーディングは、申し込みから入金までのスピードが非常に早く、最短12時間以内に資金調達できる可能性があります。 また、月間400件、累計1. 6万社の多くの取引実績があるため、ファクタリングがはじめてという事業者の方でも安心して取引できるでしょう。 不良債権ではない売掛債権であれば、ビートレーディングに売却できる可能性が高いのも大きなポイントでしょう。 なお、ビートレーディングへは、「電話」「メール」「訪問」「出張」などの方法で相談できます。 未回収の売掛債権の現金化を急ぐ事業者の方は、一度ビートレーディングのファクタリングの利用を検討してみましょう。

次の