カラー マスカラ プチプラ。 2020年人気は?【ボルドーマスカラ】でツヤと色気のまつ毛に…♡

【2020最新】人気プチプラマスカラ6選♡カール・キープ・ロング種類別おすすめマスカラ|COSMEFREAK

カラー マスカラ プチプラ

目元から個性を演出してくれるカラーマスカラ。 マスカラと言えば「黒」「茶色」という固定概念を覆し、気分やファッションに合わせて目元を華やかにしてくれます。 パーティやイベントの時など、いつものメイクに合わせるだけでぐっと華やかな雰囲気を作ることができるコスメアイテムです。 カラーマスカラと一口に言っても、色のバリエーションは豊富で、ウォータープルーフやお湯で落ちるタイプなど使い勝手もそれぞれなので、選ぶのは難しいものですよね。 個性的なカラーは敷居が高い、と思っている方も多いでしょうが、百聞は一見にしかず。 白・赤・ピンクなども意外とすんなり馴染み、新しい魅力が発見できておすすめですよ!そこで今回は、 カラーマスカラの選び方のポイントとおすすめ人気ランキングをご紹介します。 人気のものから下まつげメイクにも便利なカラーマスカラまで、いろんな特徴を持った商品が揃っています。 ぜひチェックしてみてくださいね。 カラーマスカラを選ぶ際に必ずチェックするべきなのが、何色のカラーマスカラを選ぶか?ということです。 カラーマスカラにはさまざまな色味のものがあり、選ぶカラーによって目元の雰囲気はかなり変わります。 また同じレッドカラーのマスカラであっても、ブランドやメーカーによって発色は異なるので、自分が求めている色味のアイテムをテスターなどで試したりしながら、探してみてください。 カラーに関しては、ピンク・ブルー・グリーン・レッドあたりが定番であり、複数のメーカーやブランドから発売されています。 また中にはホワイトカラーやパステルカラー、パールやグリッターラメ入りのものもありますよ。 カラーは好みのメイクやファッション、 理想の雰囲気に合わせて選ぶと選びやすいと思います。 ガーリーな印象にまとめたいのかクール・スタイリッシュにまとめたいのかでも、選ぶカラーが変わってきます。 ZEESEA(ズーシー) 商品名 スナップスカラ フーミー ロング&カールマスカラ KATE ラッシュフォーマー(カラー) クーピー柄 カラーマスカラ 2WAYアイカラーマスカラ UZU MOTE MASCARA コフレドール Wカラーマスカラ excel ロング&カラード ラッシュ DECORA GIRL カラーマスカラ ダイヤモンドシリーズ カラーマスカラ 特徴 まつ毛に負担の少ないワックスフリー 流行を取り入れたおしゃれな目元に カラーの効果と上向きまつ毛でキラキラした瞳 ロング効果も期待できる高発色アイテム まつ毛&眉毛に使えるカラーマスカラでアレンジ自由自在 絵画の技術を応用した他にはないカラーマスカラ 2色のマスカラがセットになったWカラーマスカラ 普段のメイクにも使いやすい4色 10種類の美容液成分が配合されたお湯オフタイプ カラフルでボリューミーな目元でインパクト大 最安値 カラー ブラック・ブラウン・ブルー・ダーク チェリー・モカブラウン(限定)・ヘーゼルブラウン(限定) チェリーピンク・チョコブラウン・テラコッタピンク・ストロベリーレッド・キャロットオレンジ パープル系・オレンジブラウン系・レッドボルドー系 ピーチピンク・ピュアオレンジなど全16色 レッド・ワインレッド・ピンク・ホワイト VOL. 6・VOL. 7・VOL. 8・VOL.

次の

2020年人気は?【ボルドーマスカラ】でツヤと色気のまつ毛に…♡

カラー マスカラ プチプラ

目尻や下まぶただけに使うなど、使う部分によっても雰囲気の違いを楽しめます。 ぜひさまざまなバリエーションを楽しんでみてください。 色が潜んだ、雰囲気のある目もとに仕上げることができます。 マスカラを重ねることで、ボリュームアップ効果も期待できますよ。 カラーマスカラの選び方 さまざまなカラーマスカラをご紹介しましたが、どれを使っていいのか分からない!という方もいらっしゃると思います。 手持ちのアイテムと相性の良いものを選ぶ カラーマスカラは名前の通り、カラーのついたものになります。 通常のマスカラは、ブラックなので色選びに迷うことはありませんが、カラーとなると別! どんなカラーを目元に持ってくるかで印象が随分変わります。 選び方として、自分の日頃のメイクやファッションに合わせるのが良いでしょう。 種類で選ぶ マスカラは大きく分けて種類が2つあります。 それが ボリュームタイプと ロングタイプ! 同じマスカラですが、仕上がりが異なるため自分のに合うのはどちらなのか、どのような仕上がりにしたいのかを考えながら選ぶのもおすすめです。 華やかな目元をメイクしたい方におすすめです。 細かい繊維がまつげに絡むことで、より長いまつげに仕上げます。 5.まとめ 編集部おすすめのカラーマスカラや、簡単な使い方のアイデアまでご紹介しました。 見ているだけでも想像力をかきたてられる、カラフルなマスカラ。 マスカラは黒か茶色!という概念を打ち破り、思うままに色とりどりのメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

カラーマスカラのおすすめ人気ランキング10選

カラー マスカラ プチプラ

目元のメイクアップに欠かせないマスカラは、ドラッグストアで気軽に購入できるものから百貨店で販売している高級品まで幅広い品揃えがあります。 ブランドが豊富だとコスメ選びは楽しいですが、どれから試すべきか迷ってしまうものです。 この記事では、「毎日使うマスカラはなるべくコストを抑えたいけれど、安さにつられて買い物に失敗したくない……」と考えている方のためにおすすめのプチプラマスカラを紹介します。 製品ごとの特徴や仕上がりの違いを比較して、お気に入りのプチプラマスカラを見つけてください! プチプラマスカラはいくらで購入できる? 最近雑誌やSNSでよく見かける「プチプラ」とは、プチプライスの略。 百貨店ブランド(デパコス)と比べてお手ごろな値段で購入できるプチプラコスメは、節約しながらきれいを目指す女性の間で注目を浴びているのです。 マスカラのタイプ 目力をアップさせる必須アイテムであるマスカラは、製品ごとに特徴が異なります。 イメージにあうマスカラ選びをする前に、種類ごとの特徴を把握しておきましょう。 ロングタイプ ロングタイプはまつげの長さを出すことに特化しているマスカラで、地まつげが短くてもぱっちりした印象の目元を作れるのが特徴です。 このタイプのマスカラには、長さを出すためにファイバー(繊維)を配合している製品があります。 長さをしっかり出しつつまつげ1本1本が太くなりすぎないため、ナチュラルメイクとの相性がいいのが特徴です。 ボリュームタイプ ボリュームタイプは、まつげに太さを与えてアイメイクの存在感をアップさせるのが魅力。 濃い目のメイクをしたい方や、「まつげに長さはあるけど本数が少なくてスカスカしている……」という悩みを持つ方に向いています。 カールキープタイプ まつげが下を向きがちな方にぴったりなのが、カールキープに特化したタイプのマスカラです。 ビューラーでつけたクセをキープしやすい作りになっており、くるんとしたまつげメイクをしたい方に向いています。 プチプラマスカラの近年のトレンド アイメイクに欠かせないマスカラは、最近ではお湯で簡単に落とせる製品が人気です。 「忙しくて丁寧に落とす時間がない」「まつげをこすらずにマスカラを落としたい」というニーズにこたえ、目元専用のクレンジングを使わなくても落とせるものが増えています。 プチプラマスカラを初めて買うならここを必ず押さえよう 手ごろな値段で購入できるプチプラマスカラは、数え切れないほどのブランドから販売されていてどれにすべきか悩んでしまいますよね。 長さを出したいならロングタイプ、まつげが少ないことで悩んでいるならボリュームタイプ、まつげが下がりやすいならカールキープタイプを選びましょう。 最近では、「ロング+カール」など複数の機能を持つプチプラマスカラも販売されています。 今抱えているまつげの悩みにあうかどうか、普段のメイクのテイストにマッチするかどうかよく考えて選んでください。 繊維入りのマスカラなら、地まつげが短くても長くふさふさした印象に仕上がります。 ファイバーインタイプはロング効果に優れていることで人気ですが、メリットもあればデメリットもあることを理解しておくことが大切です。 ファイバーインマスカラのデメリット• 繊維の重さでまつげが下がりやすい(カールが取れやすい)• 繊維の端が皮膚に触れて刺激になることがある ファイバーインマスカラは、たっぷり塗ると繊維の重さでまつげが下がってしまい、時間の経過とともに下向きになる傾向があります。 カールをキープしたいなら、まつげパーマをしたり外出先でビューラーを使ったりといった工夫をしましょう。 もうひとつのデメリットは、繊維の端が肌に触れて刺激になる場合があること。 まつげの根元からたっぷり塗ると繊維のチクチクを感じやすいため、毛先を中心に塗る必要があります。 まつげを根元からしっかりボリュームアップしたい方には向いていないため、ファイバーインマスカラがあわないと感じるなら繊維なしの製品を使ってみてください。 汗をかきやすい夏場のメイクや、水に触れるレジャーをするときはウォータープルーフのマスカラでメイクするのがおすすめです。 プチプラマスカラの上級者目線での選び方 より満足できるマスカラが欲しいなら、上級者目線での選び方もチェックしておくことが大切です。 お気に入りの1本を探し出すなら次の3つのポイントも把握しておきましょう。 効果や仕上がりだけで選ぶと「思ったより使いにくい……」と後悔してしまうため、ブラシの作りをしっかり確認しておくことが大切。 それぞれの形状・太さごとの特徴を把握して、目的や好みにあうかどうかチェックしましょう。 ストレート型 ブラシ部分がまっすぐな形をしているストレート型は、どの部分を使ってもマスカラ液が均一にまつげにのりやすくムラになりにくいのが特徴。 最近では細めのストレート型ブラシの製品が多く、目頭や目尻などに塗りやすい形状のマスカラが人気です。 カーブ型 ブラシがカーブしている形状のマスカラは、曲がった部分がまつげの根元にフィットしやすいのが特徴。 まつげ1本1本をしっかりキャッチしてマスカラ液が付着するため、ボリュームを出しやすいのが魅力です。 コーム型 くしのような形をしているコーム型は、まつげの毛流れを整えながらメイクできます。 まつげのクセを整えながらマスカラ液を塗るため、きれいにセパレートする(広がる)のが魅力のひとつ。 ダマをとかしながらメイクできるのもメリットです。 ブラシよりも一度に塗るマスカラ液の量が少ないため、ボリュームを出すには丁寧に重ね塗りする必要があります。 汗や皮脂で流れることはあまりありませんが、外気温が高い環境で長時間過ごし目元を擦ってしまうと取れることがあります。 気温が35度以上になる環境で過ごす場合は、目元を擦らないよう注意したりウォータープルーフタイプのマスカラを使ったりして落ちないよう工夫しましょう。 髪や眉の色を明るめにしている方や、目元をやさしい印象にしたい方は黒以外のマスカラを使ってみるとメイクの印象が変わりますよ。 黒いマスカラでは目力が強くなりすぎてキツイ印象を与えてしまうと悩んでいる方にも、抜け感のあるやさしい色味のマスカラがおすすめです。 プチプラマスカラおすすめ人気ランキングTOP10 アイメイクに欠かせないマスカラには豊富な種類があり、プチプラブランドからも数多くの製品が販売されています。 選択肢が多いとコスメ選びは楽しいですが、どれから試すべきか悩んでしまうもの。 お気に入りのプチプラマスカラを探している方のために、2,000円以下(定価・税抜き)のおすすめ品をランキングで紹介します。 ファイバー無配合のため、根元からしっかり立ち上げるように塗ってもチクチクしないのがおすすめポイント。 ボリューム感とカールキープ力に優れていて、目元の存在感を強調したい方に向いています。 ロング効果はやや控えめですが、まつげ1本1本を濃く見せられるため目力をアップできるのが魅力のひとつ。 まつげが細くてアイメイクをしても映えない……と悩んでいる方にぴったりです。 ダマになりにくく仕上がりはきれいですが、やや大きめのブラシのため目尻や目頭に塗りにくいのがデメリット。 太めのブラシのマスカラを使ったメイクに慣れている方におすすめです。 地まつげが短めでもしっかり長さを出せるファイバーインマスカラで、水や汗をはじくのにお湯で落とせるのが特徴。 重ね塗りしてもまつげが下向きになりにくく、ビューラーでつけたクセをロックしてくれるのが人気の理由です。 ロング効果とカールキープ力は実感しやすいものの、油分を多く含むベースメイクをしているとややにじみやすいのがデメリット。 しっとり系のファンデーションを使用すると下まぶたに移ることがあるため、目の周辺をフェイスパウダーでサラサラにしておくといいでしょう。 ボリュームや長さが出過ぎない仕上がりで、「まつげの長さはあるけれどマスカラでセパレートさせたい」「まつげエクステをしているけれどもう少し目力が欲しい」という方にぴったり。 このマスカラは、水や汗に流れにくいのにお湯でスルッと落ちるハイブリッド型ウォータープルーフを採用しているのが特徴。 「落ちにくさを求めたいけれど、丁寧なクレンジングは面倒!」というわがままに応えたマスカラです。 ロングタイプですが他社製品と比べると長さを出す効果はやや控えめなため、自然なアイメイクをしたい方に向いています。 【こちらもCHECK】フローフシ モテマスカラのレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています ロング効果 化粧持ち 塗りやすさ 総合おすすめ度 内容量:7. ファイバーインマスカラのなかでも長さを出しやすく、まるでまつげエクステをしたかのような仕上がりになると好評です。 ブラシが小さめで目尻や目頭に塗りやすく、地まつげが短くてもぱっちりした印象の目元を作りこめます。 時間が経過すると繊維が落ちやすく、長時間のお出かけにはやや不向きなのがマイナスポイント。 重ね塗りすると繊維同士がくっつきやすくダマになるため、きれいにセパレートさせるならまつげコームを使いながらメイクするといいですよ。 ボリューム感が出過ぎないため、「長さは欲しいけれどナチュラルなまつげに仕上げたい!」と考えている方におすすめのマスカラです。 ファイバー無配合タイプですがまつげ1本1本をしっかりキャッチして長さを出し、ナチュラルに仕上がるのが人気の理由のひとつ。 粘度が低いサラっとした液体でダマになりにくく、細いストレートブラシのためマスカラ初心者でも均一に塗りやすいのが高評価できるポイントです。 小回りがきくブラシのため下まつげにも塗りやすく、こすれてもポロポロ落ちにくく化粧持ちもいいとリピーターが増えています。 ボリューム感はあまり出ず繊細な印象に仕上がるため、トレンドのナチュラルアイメイクをしたい方におすすめです。 繊維入りで地まつげが短くても長さを出すことができ、カールロック成分がビューラーでつけたクセをしっかりキープしてくれます。 ウォータープルーフ処方のため汗ににじみにくく、水に触れても繊維がポロポロ落ちにくいのが人気のポイント。 黒とブラウンの2色から選べ、髪色や仕上がりの好みにあわせて使い分けできるのも魅力のひとつです! プチプラマスカラのなかでも落ちにくさはピカイチですが、ウォータープルーフ処方だけにオフしにくいという一面もあります。 顔用のクレンジングでは落としきれなかった……という声もあるため、目元専用のリムーバーでオフするのがおすすめです。 水や汗に流れにくいですが、油分を多く含むファンデーションを使っている方は下まぶたが少しにじんでしまうことがあります。 リキッドやクリームファンデーションでメイクをする方は、にじみをブロックするために目の周辺をフェイスパウダーでサラサラにしておくといいですよ。 ダマになりにくくマスカラ初心者でもまつげがきれいにセパレートし、上品なボリュームを出せるのが高評価ポイント。 センブリエキスやなどまつげ美容液にも配合されることが多い成分が入っており、メイクしながらまつげケアできるのが大きな特徴です。 速乾タイプでメイク中に下まぶたに移りにくく、化粧もちがいいのもおすすめポイント。 日中のダメージからまつげを守りながらアイメイクしたい方や、長さを出しつつカールもキープできるマスカラを探している方にぴったり! 【こちらもCHECK】リトルレディリュクス ビューティーフィルムのレビュー動画はこちら Amazonの情報を掲載しています ロング効果 化粧持ち 塗りやすさ 総合おすすめ度 内容量:7. 2016年にリニューアルして従来品よりダマができにくく、きれいにセパレートする仕上がりを実現しました。 繊維が汗や水に流れにくく、ポロポロ落ちにくいのも人気の秘密です。 ブラシはやや太めのカーブタイプで、繊維をたっぷりまつげにのせられるのが特徴。 長さを出すのはもちろん、ほどよいボリューム感も演出でき迫力のある目元に仕上がるマスカラです。 お湯で落とせるフィルム処方で、オフするときにまつげに負担をかけにくいのもおすすめポイント。 2色のカラー展開から選べるのも魅力的です。 カールキープ力もありますが、重ね塗りしすぎると繊維の重みでまつげが下がりやすくなるため注意してください。 こちらの「ロングロングロング」は、ネーミングの通りまつげの長さを出すことを追求した製品です。 地まつげの流れを整えながらマスカラ液をのせられるコーム型で、テクニックがなくてもセパレートするのが人気のポイント。 ファイバーがまつげに長さを与え、ぱっちりした印象の目元に導いてくれます。 コームの下側は細かい部分に塗りやすい形状になっており、目頭や下まつげもきれいに仕上げられるのがおすすめポイント。 ロング効果に特化したタイプのフィルムマスカラで、繊維を配合していないのに簡単に長さが出せるのが人気のポイント。 ブラシは細いストレート型でマスカラに慣れていない方でも細かい部分まで塗りやすく、ダマになりにくいため初心者におすすめです。 繊維を配合していないためチクチクしにくく、時間が経ってもマスカラがポロポロ落ちにくいのも高評価ポイント。 ロング効果に特化していてボリューム感はやや控えめですが、ふさふさしすぎないため流行のナチュラルなアイカラーと組み合わせやすいマスカラです。 【こちらもCHECK】 オペラ マイラッシュアドバンストのレビュー動画はこちら プチプラマスカラの使用上の注意点 繊細な目元に使うマスカラには、使用上の注意点がいくつかあります。 肌トラブルや化粧崩れを防いで楽しくメイクするためにも、次に解説する4つのポイントを守って使用してください。 配合されている成分が体質にあっていないせいでアレルギー反応を起こしている可能性があります。 目元の粘膜は化粧品の成分を吸収しやすく、普段は保湿剤やメイクアイテムでトラブルを起こしにくい方でも反応が出ることがあるため慎重に使いましょう。 ファイバーインタイプのマスカラは、繊維の端が皮膚に触れて刺激となり炎症を起こすこともあります。 ファイバーインタイプを使うと目の周辺がチクチクしてしまう、かゆみを感じてしまうなど異常を感じる場合は、繊維を配合していないマスカラに切り替えてみましょう。 特にウォータープルーフタイプはまつげに残りやすいため、丁寧にクレンジングすることを意識してください。 汗や水をはじくウォータープルーフ処方の製品は、顔用のクレンジングだと落としきれないことがあります。 キープ力が高いマスカラは、目元専用のポイントメイクリムーバーで先に落としてから顔全体のクレンジングに移るといいでしょう。 クレンジングと洗顔が終わってスキンケアをするときに、マスカラが残っていないか確認することも忘れないでください。 塗りすぎるとまつげ同士が張りついてひじきのようになってしまったり、まつげに重さが加わってカールが取れやすくなったりするため注意しましょう。 重ね塗りは2~3回を目安にし、それでも長さ・ボリューム感が足りないときはマスカラ下地を使うのがおすすめです。 下地を使うとマスカラの液が均一に付着しやすくなり、単体で使用するよりもロング・ボリューム感がアップします。 まつげエクステやビューラーなどのダメージでまつげが短くなっている場合は、マスカラ下地を活用してみてください。 劣化したマスカラを使うと目元の皮膚トラブルを起こしてしまったり、ダマになりやすくなったりしてしまいます。 マスカラは開封してから約3ヶ月程度が使用期限。 「数ヶ月しか使えないなんて短い!」と感じてしまいますが、繊細な目元に使う化粧品のため期限には気を配りましょう。 開封して数ヶ月してマスカラ液がまつげに付着しにくくなった、ダマになってメイクしにくくなったと感じたら買い替えどき。 長期間同じマスカラを使うのは避け、容器に開封日を記入しておくなどして管理するといいでしょう。 Amazon&楽天のマスカラ人気ランキング Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の