西成はまちゃん。 【焼肉 政ちゃん】西成のレジェンド”政ちゃん”

500円売春に不正入手薬…西成あいりん地区の貧困とカオス(上)

西成はまちゃん

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

500円売春に不正入手薬…西成あいりん地区の貧困とカオス(上)

西成はまちゃん

お店の中はとにかくごちゃごちゃ!カウンターの中はメニューが書かれた段ボールが所せましと貼られています。 おすすめは「焼きそば(200円)」。 メニュー表を見ると、めちゃくちゃ安くてびっくり! 100円以下のフードメニューもたくさん並んでいます。 フードメニュー キムチ:90円 田舎煮:90円 厚揚げ焼:120円 玉子焼き:150円 ちぢみ焼き:150円 他 なみなみと注いでくれるお得な「マッコリ(250円)」や、「梅酒(250円)」。 見るからにプリプリで、美味しさが丸出しなのは看板メニューの 「大トロホルモン(豚のアブラ・150円)」。 先ほどのホルモン中ちゃんから南方向に徒歩すぐ、1本路地を入ったところにあります。 絶好のはしご酒コースです!! お店は5、6名はいると満席になる立ち飲み屋さんですが、椅子も用意されていますよ! スライドショーには JavaScript が必要です。 気さくな美人ママが一人で切り盛りする成り屋さん。 お客さんもとってもフレンドリーでみんなでワイワイがやがやと、とっても賑やかなお店です! 食べ物メニューは日替わりで色んなものが用意されています。 絶対食べてほしいのがお店のおすすめメニューの「牛タン(350円)」です!塩コショウでいただく分厚い牛タンは食べ応え十分! まるはちの超人気メニュー 「黒毛和牛レバー燻製(380円)」は必食ですよ!とても分厚く切られたレバーがまるでハムのような食感で、レバーの臭みアクが全くありません!ただ…人気過ぎて売り切れていることもしばしば(この日は売切れでした~)。 タレか塩味かを選べる 「ホルモン焼きそば(350円)」も超オススメの一品!お値段お得な手作りのお惣菜メニューが多いのもうれしいです! フードメニュー エリンギ焼:150円 小松菜とツナのおひたし:150円 たけのこ土佐煮:150円 はるさめサラダ:150円 黒豚とホルモンの煮込み:280円 他 マスターの作る料理はどれもが本当に美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまう事も 笑。 動物園前一番街商店街をず~と南方向に歩き、阪神高速の東側にお店はあります。 少し場所が分かりにくいので地図を見ながら行きましょう! ドリンクメニュー 瓶ビール:大500円 生ビール:400円 日本酒:280円 梅酒:280円 焼酎:280円 他.

次の

500円売春に不正入手薬…西成あいりん地区の貧困とカオス(上)

西成はまちゃん

こんにちは、です。 世界中のカオスでディープなスポットを巡って旅することが大好きな筆者ですが、今回は国内に目を向けてみました。 「日本は小綺麗で刺激が足り無い」そう考え、海外ばかりに目を向けていた筆者は、日本でも刺激たっぷりのカオスな街が存在することを知りました。 『灯台もと暗し』とはこのことですね。 西日本最大の都市である大阪。 誰もが知る大阪下町のシンボル、通天閣がそびえ立つ新世界からほど近い『西成区』には日本の混沌が集約されているようです。 ユニバーサルスタジオジャパンや、東京ディズニーランドよりも高鳴るこの気持ち。 ワクワクを抱きながら、「西成が僕を呼んでいる」と東京の友人に言い残し、筆者は大阪へ旅立ちました。 西成とは  大阪市を構成する全23区のうちのひとつ。 そのなかでも本記事で舞台となるのは、西成区北東部に位置する『あいりん地区』。 あいりん地区という地域名はJR西日本新今宮駅の南側一帯の地区の愛称であり、昔の地名で『釜ヶ崎』とも呼ばれます。 (本記事では以下あいりん地区) ここ、あいりん地区には数多くの路上生活者が居住しており、住所不定の日雇い労働者の多さから人口統計すら不明な事態に。 また、身分証明書を所持していなくても賃貸物件を借りたり、銀行口座を開設できる無法地帯でもあります。 多数の暴力団事務所、ホームレスの多さから「日本一治安が悪い」とも言われる西成区及びあいりん地区ですが、犯罪件数は少ない傾向にあります。 また、JR西日本新今宮駅の南側一帯を中心に日雇い労働者向けのドヤ(=簡易宿泊所)が集まることから、日本三大ドヤ街のひとつに数えられており、あいりん地区以外には、山谷(東京都上野)、寿町(横浜市寿町)が日本三大ドヤ街とされています。 あいりん地区入り ただならぬ胸の高鳴りを感じつつ、降り立ったのはJR西日本新今宮駅。 すぐ隣に大阪市営地下鉄の動物園前駅があるので、そちらも最寄駅です。 写真をご覧の通り、駅に降り立った瞬間からただならぬオーラが漂っています。 「大変なところに来てしまった……」筆者の第六感がそのように反応しているのです。 「注射器」とは…… ひとまず駅前にローソンがあったので、用を足しに向かいます。 しかし、ここは既に日本一カオスな街あいりん地区。 筆者は完全に油断していました。 こんなにも早く、しかも全国チェーンのローソンで、あいりん地区のカオスを目の当たりにするとは…… 「注射器ってなんだよおおおおおお!!!!注射器ってええええええ!!!」 トイレが詰まるといった問題の以前にもっと大変なことが起きている気がするのですが、コンビニ側からするとトイレの詰まり問題の方が最優先事項なのでしょう。 小さなテキストに大きな闇を垣間見た瞬間でした。 大変なところに来てしまった… ドヤ(安宿)にチェックイン 世界三大ドヤ街に含まれるあいりん地区。 せっかくドヤ街に来たのだから、やはりドヤに泊まるべきでしょう。 前日にホテル予約サイトから検索し、掲載されている西成区の宿泊施設一覧で最安のビジネスホテルをWeb予約しました。 1ヶ月連泊しても3万円です。 どうしたらこの料金がビジネスとして成立するのか疑問ですが、この街の細かいところをいちいち疑問視しているとキリがありません。 カウンターに立つ老人に予約名を伝え、客室の鍵を受け取り、エレベーターで5階へ。 自然光のみの薄暗い廊下は怪しげな雰囲気を醸し出し、やけに反響する自分の足音に恐怖しながらも、左に写る510号室が今夜の寝床となります。 客室は3畳一間の和室。 テレビと扇風機が備え付けられ、作りは古いものの、異臭などは全くせず。 寝具も清潔に保たれています。 個人的には狭い空間の方が落ち着くので、居心地の良さは抜群で、もはや「ここに住みたい」とさえ思ったくらいです。 この日は扇風機も不要なほど快適な気温でしたが、この部屋にエアコンはありません。 真冬はどうするのでしょうか。 ここ一帯のドヤは立地の良さと価格の安さから、近年は外国人バックパッカーから人気を集めているそうです。

次の