卒論 代行。 卒論(卒業論文)作成支援、レポート・論文代筆

卒業論文代行・卒論代行サービス|サービス内容・料金

卒論 代行

学位論文・学術論文・各種レポート・エッセイ 代筆・代書・代行・校閲・執筆支援・相談・査読対策 違法行為ではありません 料金は1文字1円〜 英文も• 学術雑誌論文• 国際会議論文• 博士学位論文• 修士学位論文• 卒業論文• 社内レポート• 講義レポート• その他 各種論文・レポート・エッセイなどの執筆支援・執筆相談 代筆・代書・代行・校閲 を承ります。 論文としては、博士論文・修士論文・卒業論文・学術雑誌論文・国際会議論文 英文 等の学術論文、そしてレポートとしては、社内レポート・昇進レポート・各種申請用小論文 エッセイ ・講義レポートなどに対応します。 新規書き下ろしの支援・相談の他、投稿したがリジェクトされてしまった学術論文等の査読対策や学位取得のご相談にも応じます。 また、論文本体のみではなく、パワーポイント PowerPoint 等の発表資料の作成の支援・相談も承ります。 作業は旧帝大博士課程を修了し博士学位を持つ専門家が当たります。 ご相談・ご依頼に関しては秘密厳守致しますのでご安心下さい。

次の

卒業論文代行・卒論代行サービス|サービス内容・料金

卒論 代行

サービス内容 卒業論文(卒論)、修士論文(修論)、レポートの代筆、代行サービス その他論文、レポートの代行、代筆、添削、指導• 時間が無くて卒業論文(卒論)、修士論文(修論)・レポートを書けない方のための代行、代筆、添削、指導• 仕事の事情で卒業論文(卒論)、修士論文(修論)、レポートを書く時間が無い方のための代行、代筆、添削• 教官から卒業論文(卒論)、修士論文(修論)、レポートの指導を受けられない方のための代行、代筆、添削、指導を承ります• 留学生の方のための卒業論文(卒論)、修士論文(修論)、レポートの代筆、代行、添削、指導• 体調不良や身体的理由のため、卒業論文(卒論)、修士論文(修論・レポートを書けない方のための代行、代筆、添削、指導• その他の理由により卒業論文(卒論)、修士論文(修論)、レポートを書けない方のための代行、代筆、添削、指導• 卒業論文(卒論)、修士論文(修論)・レポートの校正、加筆もお任せ下さい• 学術論文、その他の論文、レポート、文章作成もお問い合わせください。 スタッフについて 当社スタッフは、日本屈指の有名大学(大学院)卒業者をはじめ、修士論文、卒業論文、学術論文、レポート、コラム、等々の文章を書きなれたスタッフばかりですので、レベルの高い代行、代筆、添削、指導が可能です。 お急ぎの場合には、短納期での対応もご相談に乗らせて頂きます。 難しい言葉を使わず、わかりやすい表現での論文作成を代行、代筆して欲しいと言うご依頼もよくありますが、ご希望に合わせて対応致します。 博士課程の論文に関しては、内容を打ち合わせの上で、ご相談させて頂きます。 特別なソフトを使用する解析や分析、アンケート調査、特殊な内容の論文、レポート、及び博士課程の論文に関しては、内容をご相談の上で対応させて頂きます。

次の

卒論代行・昇進論文代筆・レポート代行【書ける屋】

卒論 代行

春は「卒業」の季節だ。 大学を卒業できてホッとしている学生の中には、「卒業論文(卒論)代行サービスを使って、なんとか卒業できました」なんていう人もいるかもしれない。 卒論代行サービスは、その名の通り、本人の代わりに卒論を執筆するサービスだ。 ある業者のサイトによると、理系・文系を問わず、1文字10円。 文字数や分野にもよるが、2万字程度の卒論は2週間くらいで納品・・・とされている。 大学によっては、卒論を提出しないと卒業が認められない学部もある。 重要な卒論を業者に書いてもらうことは、自分でまじめに取り組んだ人からすれば、「ズルい」行為にあたるだろう。 卒論代行サービスを利用することは、「法律的に問題」といえるのだろうか。 に聞いた。 どんな判例だろうか。 「ある有名私立大学で起きた『替え玉受験』をめぐる判例です。 したがって、この判例の理論を前提とすれば、卒論代行サービス業者と依頼した学生について、『私文書偽造罪』の共犯が成立すると、法的に解釈することが可能でしょう」 このように森本弁護士は説明したうえで、次のように続ける。 「他人が文書を作成することを『なりすまし行為』と表現するならば、替え玉受験は『大学入学前』のなりすまし行為、卒論代行サービス利用は『大学卒業前』のなりすまし行為と考えることもできます。 また、卒業論文は、学生の学力到達度や卒業の可否を大学が判定するうえで重要な意味を持つ文書という点で、入学試験の答案と同様であると言うことができます」 森本弁護士は法律的な問題点をこのように指摘したうえで、「そもそも、大学生活の総決算である卒業論文を安易に代行業者に依頼することは、法律以前のモラルの問題と言えるのではないでしょうか」と苦言を呈していた。

次の