つなぐ よ 子 に 文房具。 短くなった鉛筆をつなぐ鉛筆削り「TSUNAGU」が職人技で凄い!

発達障害の長男が使った不器用でも使えるおすすめ文房具と使い方の工夫

つなぐ よ 子 に 文房具

テレワークでも注目!今、文房具にこだわる人が急増中 最近、文房具がますます人気を集めています。 今回は、新製品を中心に、まったく新しい発想のものや、定番品をより使いやすくしたものなど、特選街編集部厳選の"イイもの"を、書く、消す、切る、置く・綴じる、メモると5つのカテゴリに分けて紹介。 今注目の電子文具も取り上げます。 テレワークに役立つアイテムや、おうち時間を楽しくするアイテムを揃えました。 28ミリのボールを採用した書きやすいボールペン 登場から16年、油性でありながら低粘度で速乾性に優れるジェットストリームは、日本のボールペンのスタンダードになった。 今回、その滑らかな書き味はそのままに、世界最小のボール径0. 28ミリを実現。 近年の細字ニーズは、精密機器のようなボールペンを登場させたのだ。 洗練されたデザインで、クリップもしっかり止まる。 三菱鉛筆 ジェットストリームエッジ 実売価格例:990円.

次の

【つなぐよ子に】日本ユニセフ協会はTVでもネットでもきちんと名乗るべき

つなぐ よ 子 に 文房具

最近使ったモノの中で「おー、これは便利!」と感じたのが、紫外線で硬化する液体プラスチック「BONDIC(ボンディック)」。 チューブの先端から透明の液体をくっつけたいところに垂らしたら、付属のUVライトをピカッと照射。 すると、4~5秒ほどでカチカチに硬化するのだ。 接着できる素材も、樹脂や金属、木材、コンクリート、革、陶器、ゴムと、かなりオールマイティ。 この性能を使って、瞬間接着剤代わりに使えるかな? と思って取り寄せてみたのだが、これが予想していたよりもやたらと有能なので、驚かされた。 ということで、今回はこのBONDICがどのように便利かを紹介したい。 もちろんアメリカの製品だが、現在は日本のAmazonでも購入できる。 使い方は簡単。 例えば、折れたペンのクリップを接ぎなおす場合、接合するパーツ同士をつないでから、合わせ目の周囲から少し盛るようにBONDICを塗る。 液の入ったリフィルの先端が細いパイプになっているので、そこからチョビチョビと少しずつ塗っていく感じだ。 鼻唄でも歌いながらノンビリと塗っても問題なし(ただし、自然光で作業してると普通に紫外線硬化するので注意)。 塗り終わってライトを当てれば4~5秒でカチカチに! 塗り終わったら、リフィルにくっついているUVライトを塗布部に照射する。 だいたい4~5秒も当てればカチカチの透明プラスチックになっているはずだ。 やり方はまったく簡単で、少し塗っては硬化、塗っては硬化……を繰り返し、足りない部分を作ってしまうのである。 眼鏡のフレームなど強度の面で補修が難しいものでも、応急処置レベルならなんとか大丈夫そうだ。 瞬間接着剤のように振動で接着が剥がれる危険がないのも素晴らしい。 プラスチックなので、硬化した部分はヤスリで削って形を整えることも可能。 塗装もOKなので、接着跡に近い色を塗って見た目を整えることまでできるのだ。 最近は100均でも手芸用の紫外線硬化レジンが購入できるが、あちらはUVライトでも硬化に10分以上かかるうえに、研磨も塗装も難しい。 もろもろ、BONDICの方が圧倒的に使い勝手が良い。 欠けた食器や断線したケーブルにも使える! もともと歯科治療の技術から生まれた製品だけあって、硬化した部分が口に触れても安全。 フチが欠けて「口をつけると唇を切りそうでやだなぁ」という陶器も安全に埋めて補修することができる。 言うなれば、現代版の金継ぎである。 もちろん防水性もあるので、隙間さえきちんと埋めておけば、補修部から水分が漏れてくることもない。 プラスチックは絶縁体なので、きっちり断線箇所をカバーすれば漏電の心配も無い。 例えば、Lightningケーブルなどのコネクタ周りが折れて断線しそうになっていても、事前にかっちり固めてしまえば安心だ。 パーツの新造だってBONDICにはお手の物である。 例えば「テープのりを携帯のストラップにくっつけて持ち歩きたいなー」と思ったとしよう。 もちろん、テープのりはそんな持ち歩き方を想定して作られていないので、ストラップ紐をつなぐような穴が開いていない。 そこで、テープのりのボディにBONDICをたっぷりめに垂らして硬化させ、そこにドリルで穴を開けた。 こういうこともわずか5分足らずの工作でできてしまうのだ。 値段が高いのだ。 現在もっとも購入しやすいAmazonでも、UVライトとリフィルがセットになったスターターキットが並行輸入品で3180円。 リフィルの内容量は4gと、これで「たっぷり使える!」というほどではない。 ちなみにアメリカでの価格はリフィル2本にライトで19. 9ドル。 安くはないが、性能的にはなんとか納得できるレベル。 できれば日本向けにも、代理店が入ってもう少し安く販売してくれると助かるのだが。 製品販売サイト(Amazon. jp)は.

次の

発達障害の長男が使った不器用でも使えるおすすめ文房具と使い方の工夫

つなぐ よ 子 に 文房具

名乗るべきところはきちんと名乗ればいい。 民放BS観ていると、結構長めのCMが流れていて、「ユニセフ・マンスリー・サポート」に月額3,000円を募金しようというものがあった。 それって日本ユニセフ協会なんでしょ、べつに日本ユニセフ協会が悪か善かはどうでもよいがどうなのよ? と思ってCMを最後まで観たが、結局「日本ユニセフ協会」という文言は出てこなかった。 「つなぐよ子に」で検索!と言うのでググってみると ほら結局日本ユニセフ協会なんじゃないか。 NTTコミュニケーションズの二次店から来た飛び込み営業なのに「NTTから来ました」という輩と同じだ 実際あった。 「日本ユニセフ協会!」と、きちんと名乗ればよろしい。 その上で、「当協会は国連ユニセフのうんたらかんたら」と語れば良い。 ちがうだろうか。 ていうか、「つなぐよ子に」で検索するとトップに表示される広告をGoogleに打っているが、 ユニセフ公式/つ なぐよ子に — unicef. unicef. 「日本ユニセフ協会公式」と書かずに「ユニセフ公式」と書いてあって、リンクを踏むと行き先は日本ユニセフ協会なんだからな。 隠せば「言われる」ヨ。 消せば増えるのバリエーションだな。 disっているのではありません。 きちんと名乗ってほしいだけです。 アグネスで有名になりかけた「ソマリア」と「ソマリランド」を一躍有名 当社比 にさせたのはこの本。 そしてその続篇。

次の