基礎 体温 測る 時間。 起床時間がばらばらでも基礎体温はきちんと測れますか?

寝起きの体温は低い?正常の目安と体温を計るベストな時間帯

基礎 体温 測る 時間

もくじ• 基礎体温の測定時間がバラバラになってしまう 基礎体温は、夜が1番低くて早朝~昼~夕方にかけて少しずつ体温が上がっていきます。 そのため基礎体温を正確に測定するためには、毎日同じ時間に測ることが良いとされています。 1時間程度ならずれても大丈夫という人もいますが、大幅にズレちゃうこともありますよね。 私も平日は6時半に目覚ましをセットしていますが、たまに寝坊して7時半に起きてしまったり、休日などは目覚まし通りに起きれず、 二度寝して9時とか10時に起きてしまうこともあります。 実際に遅く起きたときは体温が高くなる傾向があるように思います。 基礎体温は参考程度にみればよいのだから、あまり気にする必要はない。 そう思っても、体の調子が基礎体温に表れているんじゃないかと思って、ガタガタのグラフを見ると落ち込むんですよね。 最近では、時間通りに起きれなかったら、「もういいや」と測らない日も多くって…。 でも計らない日が多いと、規則正しい生活ができていないのが目に見えて分かり、それはそれで落ち込むんですよね。 基礎体温 起きる時間が不規則な場合はどうする? 基礎体温が時間通りに測れない場合は ・その日は記録しない ・時間が大幅にずれても記録する どちらがよいでしょうか? インターネットで検索すると、「測定する時間は関係ない」とする医師のコメントが目立ちます。 そうはいっても、実際に遅く起きた日はグラフが変になるんです。 そんな悶々としていたある日、医師に相談したところこんな風に言われました。 先生「測定時間が大幅にずれても、まずは測定することをおすすめします。 時間が気になるならその時間も一緒に記録しておけば良いのです。 毎日記録をとっていると、後から見直したときに『遅い時間だとやや高めに出るんだな』など、自分の傾向が見えてきて、だんだん面白くなって来ると思いますよ。 スポンサーリンク (私:ガタガタのグラフが気になるんですが…) グラフがガタガタなのも気にする必要はありません。 一般的には体温表に戻されているような、綺麗なグラフにならないのが普通です。 基礎体温の役割としては、ガタガタしているけどこんな傾向があるのね~と、読みとるものですから。 記録できるときはすべて記録されてみてはどうでしょうか?」 このようにお話しいただきました。 私ははっとしました! 無意識のうちに、基礎体温をつける目的が綺麗なグラフを作ることになってしまっていたことを。 よく 「冷え性が改善したら基礎体温のグラフが二層分かれるようになった」 「生活習慣を見直したら基礎体温のグラフの波が綺麗になった」 などの話を耳にします。 なので、基礎体温を整えないから妊娠できないんだ。 医師の先生から、「綺麗なグラフにならないのが普通」と言ってもらったことで、心がすごく軽くなりました。 基礎体温のグラフがガタガタでも気にしない 確かに広い視野で考えてみると、看護士さんや交代制のお仕事の方だと、起床時間が不規則だったりするでしょうね。 そんな毎日忙しい看護士さんでも基礎体温はつけていらっしゃるという。 そんなふうに考えると、休みの日に早く起きれない…とグチグチ言っていた自分が恥ずかしくなりました。 測定時間を気にして綺麗なグラフを作ることが目標ではなく、毎日グラフをつけることを目標にすることにしました。 起床時間以外は自分で気をつけられることばかりなので.

次の

二度寝した時の基礎体温の測り方は?夜中トイレに起きたりしたらどうする? [ママリ]

基礎 体温 測る 時間

妊娠を意識するようになったら、まず 基礎体温の計測を始めましょう。 基礎体温は女性の体の状態を知るとても大切なツールです。 今回は、基礎体温のグラフの見方から、測り方、基礎体温がガタガタな場合の妊娠について、さらに毎日の基礎体温管理が簡単になる人気のアプリ5選もご紹介します。 基礎体温とは? 基礎体温とは、体を動かしていない最も安静な状態の体温です。 朝目覚めた直後、体を動かす前の状態で測ります。 この基礎体温を毎日同じ時間帯に測定・記録することで、月経の時期や排卵の有無、妊娠しやすいタイミングなど体の状態を把握することができます。 妊娠を計画している女性や生理不順の女性は毎日つけることをおすすめします。 また、基礎体温は生活のリズムや測り方によって変化してしまうほど、非常にデリケートなデータです。 睡眠時間が4時間以下の場合は、本来の基礎体温とは異なる体温が計測されてしまう可能性があります。 最低でも4~5時間以上の睡眠を取るようにして測りましょう。 なお、計測前にお布団から出てトイレに行ったりしても体温は変わってしまうので、枕元に体温計を置いて、目が覚めたらすぐに測るようにしてください。 低温期と高温期 基礎体温には、排卵前の「低温期」と排卵後の「高温期」があります。 個人差はありますが、体調不良や過度のストレスがあるときを除けば、この「低温期」と「高温期」を約0. 3~0. 基礎体温は体内ホルモンの動きをよく反映しており、「高温期」には黄体ホルモンの影響で排卵が起こると体温が上がります。 日々の基礎体温をグラフ化すると数字の変化から排卵があった時期が分かるのです。 基礎体温グラフの見方と妊娠しやすいタイミング 基礎体温表のグラフを見ていくと、低温期の中でも、最も基礎体温が低い日があります。 この最低体温日から、数日以内に排卵が起こる可能性が高いことが読み取れます。 この最低体温の日を含めた3日間が排卵の確立が高く、妊娠しやすくなります。 ただし、排卵は必ずしも最低体温日に起こるとは限りません。 次の月経の14日前に排卵していることが多いので、何周期かを記録することで排卵時期を推定しやすくなります。 また、排卵日以降の高温期は、14日ほど続くと次の周期に入ります。 しかし、低温期に入らずにそのまま高温期が14日以上続くときは、妊娠している可能性が高いと言えます。 妊娠時と非妊娠時の基礎体温の違い 基礎体温は妊娠しているときと、していないときでは異なってきます。 1.非妊娠時 こちらのグラフは妊娠していないときの例です。 非妊娠時は月経から排卵日まで低温期が続き、排卵後約2週間高温期が続きます。 そしてまた月経がはじまる頃に基礎体温は下がり、低温期になり次の周期に入っていきます。 このように最も体温が下がる排卵日を境に、生理から排卵までの低温期、排卵以降の高温期で二相に分かれる形になります。 ただし、基礎体温には個人差があるのできれいな二相になっていなくても排卵のある人もいます。 2.妊娠時 一方で、妊娠したときの基礎体温グラフがこちら。 妊娠すると体温を上げる黄体ホルモンの働きで、排卵後の高温期が低温期になる時期になってもそのままずっと続きます。 この黄体ホルモンは妊娠に必要な役割を持っていて、妊娠後期まで増え続けるため、妊娠すると高温期が続きます。 基礎体温がガタガタだと妊娠しにくいの? 正常な基礎体温だと、上でご紹介したグラフであったように二相のグラフになりますが、中には基礎体温の変動が不安定な人もいます。 ガタガタな基礎体温グラフだと妊娠しにくいと思われがちですが、そんなことはありません。 先程の図のように、日々の変動がないような人は通常いませんので、実際に記録すると、かなりガタガタのグラフになります。 ですから、それを気にする必要はありません。 全体のパターンが大切なので、1日1日の温度やガタガタのことを気にせずに、記録していきましょう。 基礎体温には個人差があるので、あまり神経質にならないでくださいね。 ただし、基礎体温のガタガタで二相性(低温期と高温期)がはっきりわからない場合、生理はあっても無排卵月経の可能性もあるので、一度産婦人科や不妊治療の専門クリニックで相談するとよいでしょう。 妊娠だけじゃない!基礎体温でわかること 基礎体温は妊娠したかどうかの判断だけでなく、多くの情報を教えてくれます。 体温だけを記録するのではなく、腹痛や不正出血、体調不良、イライラなど自分の身体や気持ちの気になることも一緒に記録していくと、どんな時期に体調が崩れやすいかなど、だんだん自分自身のリズムがわかるようになってきます。 もちろん、腹痛や不正出血が気になるときは産婦人科を受診してみるのがよいでしょう。 毎朝決まった時間に基礎体温を計測し観察することで、体調や肌状態を左右する女性ホルモンのリズムが読み取れるようになってきます。 妊娠を計画していなくても、生理不順で悩んでいる人や体調管理したい人にとって、基礎体温を計測し自分のホルモンバランスを知ることは大切といえるのです。 基礎体温の測り方 それでは、基礎体温の測り方をご紹介します。 まず、基礎体温を正しく測るために、一般的な体温計ではなく、専用の婦人体温計を用意しましょう。 基礎体温を測るときは、少しの動作でも体温は上がってしまうので、朝目覚めたらそのまま寝た状態で測ります。 婦人体温計は枕元など手の届く位置に置いておきましょう。 (1)目覚めたら体を起こす前にすぐ体温計を口にくわえる (2)口を軽く閉じ、体温計を指で押さえて測定 (3)基礎体温表に記入する 基礎体温の測り方のポイント 基礎体温の測り方にはいくつか注意点があります。 誤った測り方をすると誤差が出てしまうので、ポイントをおさえて正確に測るようにしましょう。 婦人体温計を使用する• 毎朝なるべく同じ時間帯に測る• 目覚めてから計測終了まで、起き上がったり動いたりしない• 舌下のつけ根の左右どちらかにあて、ずれないように密着させて測る• 計測後は必ず記録する 細かい温度の変化を調べるために小数点第2位まで計測します。 専用の婦人体温計を使用して正しく測りましょう。 基礎体温は毎日計測し観察することが重要です。 しかし、うっかり忘れてしまったときや、測る時間がばらついたり、起き上がったりしたとしても大丈夫。 続けることが大切なので、あまり神経質にならずに記録していきましょう。

次の

基礎体温を測る時間は毎日同じ?基礎体温で分かる身体の状態

基礎 体温 測る 時間

2週間ぐらい前から基礎体温をつけ始めました。 毎日だいたい同じぐらいの時間に就寝して同じぐらいの時間に起きるので、目覚めたときにベッドの中で計っています。 ところが、ここ3日間、いつもより2時間ほど早く目覚めたのでその時点で体温を測ってみると、いつもの体温より極端に低かったんです(0. 体温を測った後、まだ起きるには早かったのでそのまままた二度寝をして2時間後ぐらいに再度体温を測ってみました。 そうすると早朝に測った体温より0. 基礎体温を測るときは、毎朝一定時間で起床直後ということだと思いますが、このように予定外に早く目覚めてしまった場合は、いつもと違う時間だけど起きた直後か、二度寝のあとのいつもと同じ時間か、どっちに測るのが正確なのでしょうか? ちなみに一度目に目覚た後は、ベッドの中で体温を測るだけで起き上がることもなくすぐに再度眠ってます。 基礎体温は連続して4時間以上睡眠が取れている事も条件の1つですが、早く目覚めてしまった日の睡眠時間は4時間以上ありましたか? ただ、基礎体温は1日2日の体温だけで何かが分かるのではなくて、データを積み重ねて1周期分を見返して初めて排卵があったか、ホルモンバランスは良いか、見えてくるものなのであまり気にしなくて大丈夫ですよ。 どちらを採用しても構いませんが、備考欄に早く起きてしまい、その時の体温が低かった事は残しておきましょう。 低温期だと体温の乱れはさほど問題視されませんが(乱れ具合にもよりますが)、高温期に低温期並みに体温が下がってしまっていると無排卵?などの心配が出てきます。 ただ、例えば高温期に低温期並みに下がった日があっても、毎周期毎周期同じグラフになるのでなければ、その時の体温はなんらかの測定ミスがあったのだろう、という推測が出来ます。 その時に、備考欄への記載があると納得できますよね。 長くなってしまいましたが、あまり細かく気にしすぎず、とりあえず毎日続ける、という事を週間にしてくださいね。 この体温は眠っている時の体温ですので本人は測定できません。 その体温の代わりに、基礎体温に最も近い目覚め時の体温(また身体が活動せず、頭脳もあまり活動していない基礎代謝状態に近い体温)で、基礎体温の代用をしているわけです。 一旦目覚めてしまい寝床から起きださなくても、色々考えごとをして頭脳にストレスを加えると代謝量があがり基礎体温状態とかけ離れて生きます。 規則的な睡眠時間をとり、目覚め時刻が一定していれば、問題がないですが、早く目覚めてしまった場合や寝過ごしてしまって測定時間が異なったとしても、基礎代謝状態が目覚めの時刻の直後の方に近いですから、時刻優先でなく、目覚めの時刻の起床前に寝床の中で図った方がいいでしょう。 ではもっと早く寝覚めてしまった時はどうかといえば、再度眠った時熟睡(その間は脳が生命維持以外の活動せず全くその間の記憶もない深い眠り)できていればその後の目覚めの直後なら基礎体温としての測定といえるでしょう。 >一度目に目覚た後は、ベッドの中で体温を測るだけで起き上がることもなくすぐに再度眠ってます。 眠る前と、目覚めた直後の体温が異なる以上、後から測った体温は基礎体温とはいえませんので、寝なおす前に測った体温を基礎体温に採用した方がいいと思います。 色々な要因で測る体温にも誤差はつき物ですね。 本来の目的は基礎体温票を記録して、低温期から高温期の変化する日にちを正確に把握し、その後の高温期がちゃんと一定期間保たれるかで、生理の周期や生理不調を判断するデータとするものですね。 日常、生理周期が一定になるよう、普段から過度のストレスや過労による疲れや疲労蓄積をしないようにして、必須アミノ酸、必須ビタミン、必須ミネラルが不足しないよう偏った食事をしない、化学合成食品添加物が含まれない食事をすることなどに留意することが大切ですね。 規則的な生理とその基礎体温票のデーターがそろえば、妊娠や避妊のタイミングがコントロールできつようになりますね。

次の