ガザニア の 育て 方。 ガザニアの育て方|ヤサシイエンゲイ

ガザニア 新・花と緑の詳しい図鑑

ガザニア の 育て 方

寄せ植えには向かないです。 ただし夏の高温多湿に弱いので、植え替えるなら早めに。 植え替え 越冬させた場合、植え替えをしないとを起こします。 根詰まりをすると保水力がなくなり、水をやっても水切れを起こしたり、株が老化して下葉ば黄色く変色してきます。 植え替えは普通です。 古い鉢から抜いて、古い土を半分ほど落とし、一回り大きな鉢に新しい土で植え替えをします。 株同士はは30cm程度空けて植える。 株分けするのであれば、この時します。 植え替えの適した時期は3月から5月。 明るい場所で育てます。 日当たりが悪いと、花つきが悪くなります。 日当たりを好みますが、ベランダでも十分花が咲きます。 に適した植物です。 夏の高温多湿に注意 高温多湿に弱く(正確には高温は問題ないが多湿が苦手)、真夏は風通しの良いところへ移動にさせてください。 夏か梅雨に消えて無くなることが多い。 越冬も可能 耐寒温度はマイナス3度。 それでも霜に当たると枯れるので注意です。 ですから、ガザニアは霜に弱いのですが、霜にさえ当たらなければ、越冬も可能です。 ただし土が凍るような温度(マイナス5度)になると完全に枯死します。 寒冷地は戸外での越冬は無理なので、掘り上げて室内で管理します。 暖地では対策なしで戸外で越冬します。 も霜を避ければ問題なく越冬。

次の

ガザニア|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

ガザニア の 育て 方

特徴・育て方 勲章のような模様が中央に入る花が特徴です。 冬越しができない地域があるため、一年草としても扱われます。 霜で冬越しができない場合は屋内で冬越しをさせてください。 耐寒性のある園芸種を利用すると関東以南では、冬越しが可能です。 ガザニアは比較的丈夫ですが、高温多湿に弱いため梅雨に枯れやすいので気をつける必要があります。 植えつけ 地植えをすると大きく広がっていきますが、鉢植えの場合は鉢の範囲に収まってくれます。 環境は、日当たりと風通しの良い場所で育ててください。 土は水はけがよいものが良いでしょう。 株分けと植替えは春先の3月下旬~5月くらいが好ましいです。 さし芽をして増やす場合は、秋頃の9月~10月くらいがベストです。 水やり 水やりは、土が乾いたらたっぷりとあげてください。 水のやり過ぎは禁物です。 やや乾燥気味に育てます。 地植えの場合は、夏以外は特に水やりを意識する必要はありません。 肥料 植え込み時に緩効性肥料を土に混ぜると良いでしょう。 花時期は、1週間から10日に1度液肥を施すと元気な花が咲き続けます。 花後~冬期は肥料を施す必要はありません。 花殻摘み 花がらをこまめに積むと、新しい花が咲いてきます。 花を残してしまうと、株の栄養が取られてしまいます。

次の

【ガザニアのまとめ!】寄せ植えや花言葉等6個のポイント!

ガザニア の 育て 方

ガザニアの特徴 南アフリカ原産で、強い日差しとやや乾燥した環境に適しています。 勲章菊という別名のとおり、花色が鮮やか。 晴れた日中に開花し、夜は閉じる性質があります。 ガザニアの種まき 底面吸水させる 3~4月、または9~10月が適期。 赤玉土の小粒に腐葉土またはピートモスを混ぜた用土にばらまきします。 底面から吸水させ、乾燥しないよう濡れた新聞紙などをかぶせます。 ガザニアの植えつけ 本葉が3~4枚開いたら 本葉が3~4枚開いたら、種まきと同じ用土に緩効性化成肥料を施したものを培養土とし、3号鉢に1株をめやすに植えつけます。 寒さに弱いので、冬は日あたりのよい軒下などで管理します。 寒冷地では室内で越冬させます。 庭植えの場合は株間を25センチほどあけ、堆肥や緩効性肥料を施します。 ガザニアの株分け 種まきより容易に増やす 適期は9月下旬ごろ。 1株あたり2~3芽を付けて、赤玉土の小粒、腐葉土またはピートモスを混ぜた用土に植えつけます。 ガザニアの水やり 夏の水やりは朝か夕方に 土の表面が乾いてから水やりをします。 夏は昼間に水やりをすると葉が蒸れるので、朝か夕方に行います。 ガザニアの肥料 速効性の化成肥料を施す 春と秋に、月に1回はど速効性化成肥料をひとつまみ施します。 ガザニアの花後の管理 花がら摘みはこまめに こまめに花がらを摘んでおくと花付きがよくなります。 アブラムシが発生した場合 病気には強いのですが、アブラムシが発生しやすいので、オルトラン粒剤などを散布します。

次の