刺繍 イヤリング 作り方。 初めてでも簡単できるフェルト刺繍のやり方!花の刺繍の作り方も紹介

簡単ハートビーズ刺繍ピアスの作り方|刺繍イヤリング|ハンドメイドアクセサリー刺繍作家|DIY making a handmade embroidery beads|手工刺繡|핸드 메이드 액세서리

刺繍 イヤリング 作り方

フリンジ部分に使う材料なので、作りたいピアスのイメージに合わせた色を選びましょう。 刺繍糸なら光沢のあるものだと高級感が出せます。 毛糸はほっこりとした雰囲気が出ます。 ラメ入りやグラデーション・太さの違うスラブ糸もおすすめです。 他にもレースを組み合わせたり、シフォン素材のリボンを合わせてもアクセントになってとてもおしゃれです。 他にも色の違う刺繍糸を組み合わせて作れば「ポップ」「ファンシー」「クール」と印象を変えることができます。 細い刺繍糸・毛糸であれば華奢な仕上がりに、太い刺繍糸・毛糸であればボリューミィに仕上がります。 透かし模様のアクセサリーパーツはエレガンスな印象を出すことができ、フリンジとの相性も抜群です。 ビーズもおすすめで、特にコットンパールのビーズやウッドビーズは人気があります。 くるみボタンも使えるのでおすすめです。 フリンジをアクセサリーパーツやピアスパーツと合わせるのに欠かせない丸カンは、ピアスパーツの色と合わせたものを用意しておきましょう。 サイズも豊富です。 ピアスパーツは丸カンが取り付けれるようになっているものがおすすめです。 ピアスパーツにアクセサリーパーツを取り付けたフリンジを丸カンでつけます。 9ピンでビーズをつけた場合はそのまま9ピンを通して、先を丸めて固定します。 ここでしっかり丸カンを閉じておかないとフリンジが外れるので注意します。 これでフリンジピアスの完成です。 フリンジの作り方さえ覚えれば、あとはアクセサリーパーツとつなぎ合わせていくだけなので手作り初心者の方でも気軽にハンドメイドが楽しめます。 耳元でゆらゆらと揺れるフリンジピアスはおしゃれで大活躍してくれるので、何個も作りたくなりますね。 光沢のある刺繍糸は、ピアス全体の高級感をグッと高めてくれますね。 使うアクセサリーパーツも天然石のビーズやオーガンジーのリボンを使用することで手作りとは思えないラグジュアリーデザインに仕上がっています。 フリンジの頭部分を隠すのに使用できるのがこの「カツラ」と呼ばれるパーツです。 タッセルのフリンジ部分だけを見せることができるので、より完成度の高いフリンジピアスに仕上がります。 こちらのカツラのようなゴールドはもちろん、シルバーやアンティーク加工の施してあるものもあるのでデザインに合わせて使用できます。 レジンで作ったアクセサリーパーツに埋め込まれたドライフラワーとフリンジの色がリンクしており、ナチュラルな雰囲気を楽しむことができます。 フリンジの上部に大きな丸カンを通すことでピアス全体が丸みを帯びたデザインになっています。 ピアスはもちろん、イヤリングにしても耳元を可愛らしく飾ってくれるデザインですね。 フリンジはレジンとの相性もいいです。 レジンを使えばアクセサリーパーツも自作することができるので、全てハンドメイドにこだわりたい人には特におすすめです。 レジンに関してはこちらの記事をご覧ください。 シフォン素材のリボンで作られた小ぶりのフリンジに、大ぶりのアクセサリーパーツを組み合わせるとこのように重なった仕上がりになります。 アクセサリーパーツが絵画のフレームを連想させますね。 柔らかみのあるフリンジのデザインと、六角形のアクセサリーパーツのデザインが組み合わさることで大人っぽい可愛さを演出しています。 シンプルな組み合わせですが、重なったようなデザインになることでラグジュアリーな装いにもぴったりの個性的なピアスになっています。 ぜひ参考にしたいデザインです。 パールのビーズがたっぷりのフリンジは、刺繍糸や毛糸とは全く違った雰囲気を醸し出しています。 アクセサリーパーツもパールで揃えれば、ウェディングドレスと組み合わせて使いたいブライダルピアスになりますね。 こちらの商品のようなワイヤービーズ・ビーズチェーンと呼ばれるアイテムを使えば、刺繍糸や毛糸とは違った高級感のあるフリンジを作ることができます。 画像のようにゴールドのものはもちろん、本物の真珠さながらのホワイトのパールや星型のものもあります。 使い勝手もいいのでぜひチェックしてみてくださいね。

次の

【父の日ギフト】イニシャル刺繍おしゃれなクッションカバーの作り方

刺繍 イヤリング 作り方

フリンジ部分に使う材料なので、作りたいピアスのイメージに合わせた色を選びましょう。 刺繍糸なら光沢のあるものだと高級感が出せます。 毛糸はほっこりとした雰囲気が出ます。 ラメ入りやグラデーション・太さの違うスラブ糸もおすすめです。 他にもレースを組み合わせたり、シフォン素材のリボンを合わせてもアクセントになってとてもおしゃれです。 他にも色の違う刺繍糸を組み合わせて作れば「ポップ」「ファンシー」「クール」と印象を変えることができます。 細い刺繍糸・毛糸であれば華奢な仕上がりに、太い刺繍糸・毛糸であればボリューミィに仕上がります。 透かし模様のアクセサリーパーツはエレガンスな印象を出すことができ、フリンジとの相性も抜群です。 ビーズもおすすめで、特にコットンパールのビーズやウッドビーズは人気があります。 くるみボタンも使えるのでおすすめです。 フリンジをアクセサリーパーツやピアスパーツと合わせるのに欠かせない丸カンは、ピアスパーツの色と合わせたものを用意しておきましょう。 サイズも豊富です。 ピアスパーツは丸カンが取り付けれるようになっているものがおすすめです。 ピアスパーツにアクセサリーパーツを取り付けたフリンジを丸カンでつけます。 9ピンでビーズをつけた場合はそのまま9ピンを通して、先を丸めて固定します。 ここでしっかり丸カンを閉じておかないとフリンジが外れるので注意します。 これでフリンジピアスの完成です。 フリンジの作り方さえ覚えれば、あとはアクセサリーパーツとつなぎ合わせていくだけなので手作り初心者の方でも気軽にハンドメイドが楽しめます。 耳元でゆらゆらと揺れるフリンジピアスはおしゃれで大活躍してくれるので、何個も作りたくなりますね。 光沢のある刺繍糸は、ピアス全体の高級感をグッと高めてくれますね。 使うアクセサリーパーツも天然石のビーズやオーガンジーのリボンを使用することで手作りとは思えないラグジュアリーデザインに仕上がっています。 フリンジの頭部分を隠すのに使用できるのがこの「カツラ」と呼ばれるパーツです。 タッセルのフリンジ部分だけを見せることができるので、より完成度の高いフリンジピアスに仕上がります。 こちらのカツラのようなゴールドはもちろん、シルバーやアンティーク加工の施してあるものもあるのでデザインに合わせて使用できます。 レジンで作ったアクセサリーパーツに埋め込まれたドライフラワーとフリンジの色がリンクしており、ナチュラルな雰囲気を楽しむことができます。 フリンジの上部に大きな丸カンを通すことでピアス全体が丸みを帯びたデザインになっています。 ピアスはもちろん、イヤリングにしても耳元を可愛らしく飾ってくれるデザインですね。 フリンジはレジンとの相性もいいです。 レジンを使えばアクセサリーパーツも自作することができるので、全てハンドメイドにこだわりたい人には特におすすめです。 レジンに関してはこちらの記事をご覧ください。 シフォン素材のリボンで作られた小ぶりのフリンジに、大ぶりのアクセサリーパーツを組み合わせるとこのように重なった仕上がりになります。 アクセサリーパーツが絵画のフレームを連想させますね。 柔らかみのあるフリンジのデザインと、六角形のアクセサリーパーツのデザインが組み合わさることで大人っぽい可愛さを演出しています。 シンプルな組み合わせですが、重なったようなデザインになることでラグジュアリーな装いにもぴったりの個性的なピアスになっています。 ぜひ参考にしたいデザインです。 パールのビーズがたっぷりのフリンジは、刺繍糸や毛糸とは全く違った雰囲気を醸し出しています。 アクセサリーパーツもパールで揃えれば、ウェディングドレスと組み合わせて使いたいブライダルピアスになりますね。 こちらの商品のようなワイヤービーズ・ビーズチェーンと呼ばれるアイテムを使えば、刺繍糸や毛糸とは違った高級感のあるフリンジを作ることができます。 画像のようにゴールドのものはもちろん、本物の真珠さながらのホワイトのパールや星型のものもあります。 使い勝手もいいのでぜひチェックしてみてくださいね。

次の

手作りフリンジピアスの作り方は?ハンドメイドイヤリングの作品例も

刺繍 イヤリング 作り方

まりーじゅ 6月21日(土)は、父の日です。 新型コロナウイルスの影響で、なかなか人混みにお買い物に行けないという方も多いかと思います。 そんな今年の父の日ギフトに、おうち時間でできる手作りギフトを贈ってみませんか? ハンドメイド初心者の方にもおすすめ出来るのが、四隅を縫い合わせるだけで簡単に完成する、手作りクッションカバーです。 今回、紹介するイニシャル刺繍をクッションカバーにプラスするだけで、世界で一つだけのオリジナルなプレゼントを贈ることができます。 普段からよく使うクッションカバーを手作りして、家族のために一生懸命働いてくれるお父さんに日頃の感謝の気持ちを伝えてみましょう。 これまで、ハンドメイド作品を趣味で作っていて、今後自分の作品を販売してみたい方は、まずはハンドメイド作家に人気No. 1のフリマアプリminne(ミンネ)に登録してみましょう。 登録方法は、こちらから解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。 登録はこちらから無料で、30秒ですることができます。 この記事の内容• この記事を書いている私は、ハンドメイドを4年していて、BASE(ベイス)でネットショップの運営やminne(ミンネ)やcreema(クリーマ)などフリマアプリで販売をしています。 また、母が洋裁講師で、子供の頃からハンドメイドに慣れ親しみ、指導を受けながら制作をしています。 ハンドメイドが大好きなので、これから始める方のお力になれると思います。 それでは、早速ハンドメイドクッションカバーの作り方について詳しく解説していきますので、是非参考にしてみて下さい。 父の日ギフトを手作りするには何がおすすめ? いつも家族のために働いてくれているお父さんに、プレゼントを贈りたいけれど、男性向けのハンドメイドグッズは何を作ればいいかわからない…と悩んでいませんか? 男性へのプレゼントには、刺繍グッズがおすすめです。 それぞれの相手に合わせたアイテムに、オリジナルの模様を刺繍することで、世界で一つだけの特別なプレゼントへと変身させることができます。 例えば、こちらで紹介するような、普段リビング等でよく使うクッションカバーをハンドメイドしてみるのはいかがでしょうか。 リビングやソファーのテイストを思い出して、その雰囲気に合ったカバーを手作りすれば、「好みに合わなかったのかあまり使ってもらえなかった…」等という悲しい思いもせずに済みます。 ハンドメイド作家の私が手作りクッションカバーにイニシャル刺繍をする想い 毎日触れるクッションカバーに、ハンドメイドでイニシャル刺繍をすることで、他の方とは違う「お父さんにだけ」の特別なプレゼントを作ることができます。 お父さんのイメージや、リビングやソファーのカラーや雰囲気に合わせた色や柄を使い、世界でひとつだけのオリジナルカバーをプレゼントすれば、部屋で寛いでいる時にいつでも思い出してもらうことができます。 今回のクッションカバーは、直線で縫うだけで出来るデザインをご紹介します。 ミシンがなくても手縫いでできますし、小学生のお子様でも簡単に作ることができるかと思います。 ミシンがなくても手縫いで出来るクッションカバー作りに必要な材料 チャックを使わずに、直線で縫うだけで完成する、クッションカバーを作るために必要な材料はこちらです。 ・お好みの布 今回は、刺繍をメインにするので無地にしました。 柄が入っていても素敵です。 ・フランス刺繍糸 イニシャル刺繍をするための糸です。 今回は一色しか使っていませんが、お好みで揃えて下さい。 ・手縫い糸もしくはミシン糸 クッションカバーを仕立てる時に使う縫い糸です。 刺繍糸とは別にしましょう。 ハンドメイド初心者の方が揃えたい、クッションカバー作りや刺繍に使う道具 イニシャル刺繍入りのクッションカバーを作るための道具は、おうちにあるソーイングセット等で大体揃います。 刺繍用の道具も揃える必要がありますが、一度揃えてしまえば、今後も長く使っていくことができますので、ぜひこの機会に揃えてみて下さい。 ・刺繍枠 今回のクッションカバーは、生地が大きいので大きめの枠でも良いかと思いますが、基本的には直径8cm〜12cmくらいのサイズがおすすめです。 ・糸切りハサミ ・刺繍針 フランス刺繍用を購入して下さい。 クロスステッチ用の針は、先が尖っていないため使えません。 ・刺繍用下地シート、もしくはチャコペーパー こちらは、100均 ダイソー で購入しました。 チャコペーパーがある方は、そちらでも大丈夫です。 ・たちバサミ ・定規、ものさし ・アイロン おうち時間で初めてイニシャル刺繍をする時のポイント それでは、イニシャル刺繍のやり方をご説明していきます。 今回は、刺繍初心者の方でも、簡単に綺麗に完成できるような刺繍の仕方をご紹介します。 きれいに仕上げるためには下準備が大切 刺繍を綺麗に仕上げるために大切なのは、刺繍をする前の下準備です。 「刺繍用下地シート」に、刺繍したいモチーフを水性ペンで書きます。 このシートを、刺繍したい部分に貼り付けます。 この下書きに沿って、刺繍をしていきましょう。 チェーンステッチは、同じパターンを繰り返すだけでおしゃれなラインを描くことができますので、初心者の方におすすめです。 チェーンステッチでイニシャル刺繍をすると、このようにおしゃれに完成させることができます。 アイロンを使った刺繍のきれいな仕上げ方 刺繍が終わったら、刺繍部分の仕上げをします。 今回使用した刺繍用下地シートは、水で溶けるようになっていますので、水に浸けて洗っていきます。 洗った後は乾かして、アイロンをかけてシワを伸ばしていきます。 アイロン台にタオルを敷いておき、その上に刺繍を置いて、刺繍の裏側からアイロンをかけます。 クッションカバーとして仕立てた後にもアイロンをかけますので、ここでは大体のシワが伸ばせていれば大丈夫です。 簡単でおしゃれなオリジナルクッションカバーの作り方 イニシャル刺繍が出来たら、クッションカバーに仕立てていきます。 布の端を処理する 上下の布の端をジグザグ縫いして処理します。 ミシンがない方は、この工程を省略しても大丈夫です。 折りたたんで縫う 両サイドの布の端を、1cmずつ三つ折りにして縫い合わせます。 表に返して角を出す 裏返して、角を出します。 アイロンをかけて仕上げる 最後にアイロンをかけて、シワを伸ばします。 刺繍部分は、上からアイロンをあてないように注意しましょう。 実際に、作ったクッションカバーを使って、リビングなどをおしゃれ空間に変身させてみましょう。 父の日ギフトなど、誰かにプレゼントする場合は、贈る相手の趣味やインテリアに合わせた生地を使ってハンドメイドするのも、楽しみの一つですね。 今回、こちらで作成したイニシャル刺繍のクッションカバーは、minne ミンネ で販売しておりますので、気になった方はご覧下さい。 いかがでしたか?ぜひ、おうち時間でおしゃれなクッションカバーを手作りして、父の日ギフトとしてプレゼントしてみて下さい。 これまで、ハンドメイド作品を趣味で作っていて、今後自分の作品を販売してみたい方は、まずはハンドメイド作家に人気No. 1のフリマアプリminne(ミンネ)に登録してみましょう。 登録方法は、こちらから解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。 登録はこちらから無料で、30秒ですることができます。

次の