ニューバランス フューエル セル。 ニューバランス「FuelCell」からカーボンプレート搭載のコレクションが登場!:アエラスタイルマガジン

ニューバランスからフワフワした走り心地の新作登場! 新たな選択肢をランナーに提供

ニューバランス フューエル セル

みなさん、こんにちは。 シューズアドバイザー 藤原です。 さて、今回はニューバランスの『FUEL CELL IMPULSE(フューエルセルインパルス )』のご紹介です。 『FUEL CELL構造』とは、前足部に窒素注入させたTPUフォーム(ポリウレタンの一種)のこと。 ニューバランスのラインナップの中で最も反発があるシューズという触書きのソールです。 『FUEL CELL』直訳すると(=燃料電池)気になりますね……。 出典:ニューバランス公式ページ ソール全体は、『REV lite foam』で構成されていて、ミニマムウエイトを実現しています。 これはEVAと高発泡(ホットケーキのようにフワッと)させた素材というイメージの方が伝わりやすいですかね。 前作より『FUEL CELL構造』を必要な場所にだけ限定的に使用して、軽量感を保つスタイルに変更されました。 はっきり言って、前作は手にとるとズシッと重さがありました……。 それが今回アップデートされ、比べ物にならないくらい軽くなりました。 出典:ニューバランス公式ページ 速く足が出る構造上のトリックはもう一つあって、足の跳ね上げ部分(トゥスプリング)がかなりアグレッシブに上がっていることです。 足を踏み込むと『カックン』っと落ちるぐらい跳ね上げ角度が付いています。 オーソドックスですが、足抜けを良くする工夫としては一番効果的です。 またドロップ(シューズの傾斜)は6mmと、速く走っている状態など、体が自然に重心移動をしている状態を想定した緩やかな傾斜になっていて、全ての構造が相まって、テンポアップ(スピードを出したい)のシーンにハマるレーシングシューズ になっています。 足入れをしてみると、ニットアッパー、ブーツ構造のシューズ業界の潮流をおさえた構造になっていて、足あたりがとても良いです。 靴下みたいにストレスがないフィット感は、まさにカスタムフィットという表現がとても近いでしょう。 出典:ニューバランス公式ページ 私も前足部の足幅があるタイプなので、このシューズのメリットを感じますね。 ちなみに、ブーツ構造(シュータンが分かれない履き口が割れない構造)だと足首周りがやや気になる方がいるかもしれません。 靴下を履くように足を入れてください(笑) また少し深めの感じなので、靴下はやや丈の長めの足首を覆うタイプがベストでしょう。 そう、もう一つ。 カラーによってサイズ感が若干違うので気をつけてください。 特に黒っぽい色には注意が必要です。 これはどのブランドでもそうですが、黒は色移りなどを考慮して、大抵別ラインで作るそうです。 そのため少しタイトな作りになるケースが多いです。 ちゃんと足入れしてから購入を検討してください(私は写真のレッドを履いていますが、例に漏れずブラックとサイズ感が全く違いました)。 ニットアッパーにありがちな動く感じもありません。 ニューバランスはやはりフィット感がいいですね。 ナイキとは違って、ニューバランスのカンパニーイメージ通り、奇をてらった感じにならない堅実さもニューバランスの愛すべきところなのでしょうね。 初めてのレーシングシューズ(10Kとか駅伝とか)、サブ3や3. 5あたりのレースシューズ、スピードトレーニングにフィットします。 おまけに足型が広めのランナーなら、とてもいい感じになると思いますよ。 せっかくならニューバランスの他のシューズも足入れしてみたい! そんな方にオススメ。 思わずウェアまでトータルコーディネートしたくなる直営店はこちら。 NEW BALANCE GINZA: <商品スペック> アッパー:ブーティー構造(全体ニットアッパー・踵部シンセティックメッシュアッパー) ソール:従来素材より30%軽量化された「レブライト」ミッドソール、窒素注入TPUフォーム「フューエルシェル」を前足部に使用 アウトソール:耐摩耗性素材エヌデュランス使用 6 mm drop:23 mm (踵), 17 mm (前足部).

次の

New Balance(ニューバランス)のFUELCELLシリーズ、「FUELCELL PROPEL(フューエルセル プロペル)」発売。

ニューバランス フューエル セル

ニューバランスの新作ランニングシューズ「FUELCELL PROPEL v1」の「BLACK MULTI」 今シーズン、ニューモデルとしてリリースされることになった「FUELCELL PROPEL v1(フューエルセル プロペル v1)」は、これまでのニューバランスのランニングシューズとは異なる感覚のクッション性と反発性を発揮し、抜群の推進力を感じられる1足であるという。 ニューバランスは以前にも、「フューエルセル」の名を冠したスポーツシューズをリリースしていたが、ミッドソール上層部がスポーツシューズ業界では最も一般的な「EVA(エチレンビニールアセテート)」系素材、下層部が「TPU(熱可塑性ウレタン)」に窒素を含有させた素材という2層構造を採用していた。 いっぽう今回のプロダクトは、リニューアルした「フューエルセル」をフルレングスで採用。 同新素材は、「EVA」系素材をニューバランス独自の配合によりやわらかく軽量に仕上げており、従来の「フューエルセル」とはまったくの別物だとという。 ウィズ(足囲)は、Dと2Eの2種類で展開 立った状態でもフワフワとした感触を足裏に得られる! 「フューエルセル プロペル v1」は、一見するとかなりボリューミーで、配色もあいまって、「ちょっと重いかも?」という第一印象だったが、手に持ってみると予想に反してかなり軽い。 実際に足を入れてみると、前足部はゆったりとしていて、指が自由に動かせるくらいにつま先部分はルーミーないっぽうで、かかと部分はしっかりとフィットしている。 今回履いたのは、標準的なDウィズ(足囲)だが、カラーコンビネーションによってはDウィズだけでなく、より幅広な2Eウィズも用意しているというから、これまで足幅が原因でシューズ選びに悩まされてきたランナーにも朗報と言えるだろう。 前足部は標準的なDウィズ(足囲)でも、かなりゆったりしている 今回採用された「フューエルセル」フォームは、立った状態でもフワフワとした感触を足裏に得られる。 実際に走り始めると、「こういう感じで弾むような走り心地になるのかぁ……」という、従来のニューバランスのランニングシューズにはなかった走行感。 クッション性も高いが、反発性のほうをより重視しているのは明らかで、推進力を真っ先に感じられる。 それでいて無理やり速いペースで走らされる感覚はないので、自分のペースでファンランしたいランナーにもピッタリだと思う。 ミッドソール自体もかなり厚めで、フワフワした走り心地はファンランナーから支持されそうだ アッパーの中足部からかかと部分にかけて、新機能の「トレース ファイバー」を採用。 抜群の足群の足なじみとサポート性を提供している フワフワした感覚のミッドソールを採用したシューズは、得てして安定性に不安を覚えるものだが、このシューズではその心配は無用。 フレアなアウトソールが着地から蹴り出しまで、余分な揺れを防いでくれた。 アウトソールはかなりのワイドタイプで、走行時にほとんどグラつきを感じないほどに安定性が高い。 アスファルトやコンクリートといった舗装路で最高のグリップ性を発揮するアウトソールパターンだが、土の上でも滑って走りにくいということはなかった 【まとめ】5〜6分/km台で走るのにピッタリなシューズ 1度目と2度目は日課の6kmランで、3度目は距離を伸ばして10km走ったが、本当に推進力が高くて、楽しく走れるシューズだと思った。 メーカー希望小売価格が税込でも13,000円しないという点もうれしいポイント。 しかしながら、ペースが4分/km台になるとスピードを上げにくくなったのも事実であり、個人的には5〜6分/km台で走るのにピッタリなシューズだと思った。 これよりも速いペースで走りたい場合は、同時に発売されている「フューエルセル レベル」のほうをオススメする。 こちらもトライしているが、より速いペースに向いているのは明らかで、「フューエルセル フォーム」の走行感をより速いペースでトレーニングやレースで感じたいというランナーには、「フューエルセル プロペル v1」よりも「フューエルセル レベル」のほうがマッチしているはずだ。 いずれにしろ、「フューエルセル」フォームを採用したプロダクトは、ランニングシューズ選びに新たな選択肢を提供してくれることになるだろう。

次の

ランニングを加速する ニューバランス FUELCELL(フューエルセル)シリーズ登場

ニューバランス フューエル セル

実は筆者、同年秋頃に発売される予定の、RC エリート RC ELITE を、秋冬のレース用として、とても気になっているところなので、今回のTCは購入するかどうか正直迷ったのですが… 最近、盛り上がっているフューエルセルシリーズの中でも、カーボン搭載と聞いて… 結局、買ってしまいました!! シンプルだけど、かっこいいデザインに惹かれたというのもあります。 インソールにも、シュータンにもデザイン性があり、見えない部分までこだわりを感じます。 このTC、実際に履いてみると、 カーボンシューズの中で、過去一番だと感じた点があります! 購入を検討されている方は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。 結論から言うと… このフューエルセルTC カーボンシューズ史上過去一番、万人に対応しているモデルであると、筆者は思います。 万人に対応とは、SUB3ランナー~初心者まで、またストライド走法でもピッチ走法でも、さらにはフォアフット、ミッドフット、ヒールストライクどの接地のランナーでもOK!! つまりは、 走力、走法問わず、幅広いランナーにとって履きやすく、シューズの機能を発揮できると言っても過言ではないでしょう。 一般的に、カーボンシューズは「履きこなしが難しい」、「慣れるまでに時間がかかる」また、「走力のあるランナーでないと靴の力を発揮できない」などと言われがちです。 確かにシューズによっては、そういう一面もあると筆者も思います。 しかしこのTCは、そんな履きこなしが難しいカーボンシューズのイメージを払拭してくれました! とにかく、 誰でも最高の力を発揮できるのです!! その理由を、シューズの特徴と共に、これから説明していきたいと思います。 硬さの異なる素材が組み込まれた、アウトソール アウトソールは、足裏のそれぞれの部分で硬さの異なる素材が使用されています。 他のカーボンシューズでも、アウトソールの素材の硬さに変化を持たせているものは多数あります。 (接地の安定感の為ではなく、もしかしたら踵の消耗を抑えるのが目的なだけなのか…?真意はわかりかねますが…) どちらにせよ、踵での接地はとても不安定になるため、ヒールストライクのランナーとは相性があまり良くないと思います。 一方TCは、中足部~踵部の中央部分の素材は、単体では指で押すとナイキのZoomXフォームに似た柔らかいクッショニングや沈み込みを感じるものの、実際走ってみるとヒールストライクの接地でも安定感がとても良いと感じました。 もちろん、ミッドフット、フォアフットのランナーでもOK!! 一般的に市民ランナーには、ヒールストライクが多いと言われている中で、ヒールストライクでも接地が安定するカーボンシューズというだけでも、万人に対応している理由の一つであると思います。 接地の不安定さがネックで、これまでカーボンシューズにチャレンジできていなかったヒールストライクランナーの方には、このTCは本当におススメです! また、見てもわかる通りの 「どフラット」なソールなので、ピッチ走法でもストライド走法でもOKです。 セパレートソールだと、シャンクのしなりを利用して推進力を出すため、ピッチ走法にはあまり向きません。 カーボンプレートによる推進力の向き このTC、これまでのカーボンシューズとの一番の違いは、 「 カーボンプレートによる推進力の向き方」にあると感じました。 例えば、ナイキのアルファフライは足裏を地面に対して、しっかり真っ直ぐ接地できていないと、推進力が前に向かず逃げてしまう感覚があります。 実際に筆者も、調子が良く、足が回っている時には、真っ直ぐ接地できるのですが、長距離走などで後半疲れが出てきた際、腰が落ちてフォームが崩れてくると、上半身のブレから足が真っ直ぐ接地できなくなってきてしまいます。 そうなると、横ブレして接地した方向にカーボンが反発し、推進力が逃げてしまうので、前ではなく後ろに引っ張られるような感覚になってしまいます。 TCのすごいところは、フォームが崩れ、身体がブレてしまった際、 横からの接地になってしまっても、カーボンの推進力は前に向いているという点です! アウトサイドエッジからでも、インサイドエッジからでも、どちらからの接地でも、ちゃんと前への推進力として、靴が力の向きを修正してくれるのです。 これってすごいことですよね!!疲れた時でも、前へ前へ、進むのを助けてくれます。 どんな向きからの接地でも、前向きの推進力に修正してくれる、優秀なカーボンプレートシューズと言えるでしょう! オススメの使用シーン 重量は、27㎝サイズで260gと、若干重ためです。 速いタイムをねらうランナーにとってのレーシング用としては、少し重たく感じるかもしれません。 筆者も、TCはトレーニング用として使用し、レーシング用には次のRCエリートを待ちたい所です。 TCはアッパーの通気性も良く、夏の走り込みのトレーニングにも適しています。 秋口から始まるマラソン大会に向けてトレーニングするならば、8月・9月の暑い時期には走り込みをしていかなければなりません。 暑い夏の時期に距離走を踏んでいくためには、通気性が良く、且つクッショニングが良いTCは、かなりオススメのシューズです。 フューエルセルTCを履きこなすためのコツ 今回紹介したTCは、ナイキのヴェイパーシリーズに比べると爆発的な推進力は無いものの、カーボンプレートの反発力のおかげで、足を接地するだけで前に進んでくれるシューズの部類に入ります。 蹴り出す力をあまり必要としないので、その分のエネルギーを消費することなく走ることができるのが特徴です。 長距離を走るときの、後半へ向けての省エネにも繋がります。 一方で、推進力の大きさで比べるとナイキには劣ってしまうので、サブエガ、サブ3ランナーなど速いタイムを狙うランナーにとっては、物足りなく感じるかもしれません。 その点では、 サブ3. 5~4. 5くらいのランナーの方が、このシューズの機能をより発揮でき、実感できるのかもしれません。 TCは、確かに履きこなしやすいシューズですが、接地時には、少しではありますが沈み込みを感じるくらい、クッショニングは柔らかいです。 その分、足への負荷は抑えられますが、沈み込みによるフォームのバランスの崩れは、どうしても生じてしまいます。 小さなブレであっても、上半身への力の強張りは腹筋や背筋にダメージがくるもの。 TCに限らず、やはり カーボンシューズの履きこなしには、体幹を鍛えることが重要だと思います。 日頃の練習で足腰はしっかり鍛えられている方は多いと思いますが、体幹を取り入れているランナーは少ないのではないでしょうか? プランクなど、簡単に取り入れられるものからで良いので、継続して体幹トレーニングを行うと、シューズの効果もより発揮できるようになると思います。 最後に、余談ですが… TCがこれだけ良いシューズだと、秋頃発売予定のRCエリートにも、相当期待が高まりますね。 果たして、より軽くなり、5280のグリップ力と、TCのクッショニングを併せ持つ、最強のシューズになるのか…? 筆者も楽しみで仕方がありません。 また、2020年春以降、各メーカーからも続々と新しいカーボンシューズが発売される予定です。 まさに、カーボンシューズ戦国時代に突入といったところでしょうか。

次の