寝ると背中が痛い 対処法。 背中が痛い時、真ん中・息苦しい原因と治すストレッチ方法【TV検証】

横になると胸が痛い!気になる病名と対処法は?

寝ると背中が痛い 対処法

背中が筋肉痛になってしまう5つの原因 過度の運動 背中が筋肉痛になってしまう一番の原因はやはり過度な運動による筋肉の酷使にあります。 何か運動をしても背中の筋肉はあまり使われていないと感じますが、さまざまな動作で使われています。 例えば、重い荷物を腕に抱えて持ち上げたり、物を引っ張るという動作は背筋に大きな負担がかかる動作です。 また、前かがみの姿勢は背筋に負担がかかる大切です。 他にも、サッカーや水泳などのスポーツやサイクリングも背筋をとても使う運動になります。 このような運動により背中の筋肉を構成する筋繊維がダメージを受けると炎症が起こります。 この炎症を治すために体内の白血球が集まり、発痛物質という筋肉痛の痛みの原因となる 「ブラジキンイン」を分泌するため、背中が筋肉痛になってしまうのです。 運動不足・筋力不足 上述したように、さまざまな運動やスポーツで背中の筋肉は使われ、筋肉痛を引き起こしてしまいます。 特に、普段あまり運動をしていなかったり、女性で筋肉量が不足していると少しの運動でも筋肉痛になりやすくなってしまうのです。 つまり、運動不足や筋力不足であるとより一層、背中の筋肉痛になりやすくなってしまうので注意しなければなりません。 姿勢の悪さ 背中の筋肉痛で意外と多い原因で姿勢が悪いことです。 例えば、デスクワークで長時間、背中を丸めるように悪い姿勢をしていると背中の筋肉を酷使して、筋肉痛を引き起こす原因となるのです。 また、長時間同じ姿勢をしていることは、首から背中にかけての筋肉を緊張させて、血管を圧迫してしまいます。 これにより血行不良をまねき、背中の発痛物質や疲労物質が排出されにくくなり、痛みや凝りの原因となってしまうのです。 肩こり・腰痛 肩こりや腰痛も間接的に背中の筋肉痛を引き起こします。 背中の近くの肩や腰に異常があると、運動をするときにその部位をできるだけ動かさないようにしてしまいます。 例えば、肩が凝っているときは肩の近くの筋肉を動かすことは苦痛なので、無意識に肩をかばうように動作してしまうのです。 これにより、必要以上に背中の筋肉に負荷がかかってしまい、炎症を起こし筋肉痛になってしまうことがあるのです。 このような場合は根本的な原因である肩こりや腰痛を治していくことで背中の痛みも和らいでいきます。 背中の冷え 特に冷え性の方は背中の冷えにも注意しなければなりません。 体が冷えてしまうと、血行の流れが悪くなってしまいます。 すると、筋肉に必要な栄養や酸素が届かなくなったり、筋肉痛の原因となる発痛物質を取り除くことができなくなってしまうのです。 特に、夏場で背中に直接冷房の風が当たっていると、背中だけが集中的に冷えてしまい背中の痛みの原因となってしまうこともあるので注意しましょう。 背中の筋肉痛の治し方 背中のの筋肉痛は正しい対処を行っていけば 1〜2日間程度で治すことができます。 ただ、運動をして悪化させたりしてしまうと、1週間以上しても治らないことがあるので注意しなければなりません。 そこで、ここでは背中の筋肉痛を治すための具体的な方法についてお伝えしていきます。 ジョギングをする 背中の筋肉痛を治すためには、ジョギングやサイクリングなどの有酸素運動を行うことが効果的です。 有酸素運動は、体内に取り込んだ酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出す運動です。 これにより、筋繊維のダメージ回復を早めることができ、ジョギングなどであれば背中に負担をかけずに行うことができるのでおすすめです。 ぬるま湯にゆっくり浸かる 筋肉痛を治すためには、血行の流れを促進させることがとても効果的です。 筋肉痛は筋繊維が傷ついてしまい炎症を起こしている状態です。 このダメージを治すためには、患部に必要な栄養や酸素を十分に送り届ける必要があります。 そのためには、血行を良くすることがとても効果的なのです。 また、血液の流れを良くすることで筋肉痛の原因となる発痛物質を取り除くことにもつながります。 体を温めることが血行は促進されるのですが、熱いお湯に短時間浸かるよりもぬるめのお湯に長時間浸かる方が圧倒的に効果があるのです。 ただ、半身浴のように背中をお湯の外に出している状態では効果は半減してしまいます。 筋肉痛のある背中もしっかりとお湯に浸けるようにしてください。 また、長時間の入浴はとても発汗作用がありますので、脱水症状予防のために入浴前の水分補給はしっかり行うようにしましょう。 ストレッチ 背中の筋肉痛には軽いストレッチも効果的です。 特に長時間同じ姿勢をしていて、筋肉が凝っている場合はストレッチをして筋肉をほぐすことで痛みが改善しやすくなります。 ただ、筋肉痛は筋肉が炎症を起こしている状態です。 ストレッチのしすぎで強い刺激を与えてしまうと、炎症を悪化させてしまうので、ストレッチを行うときは軽く行うようにしましょう。 具体的なストレッチの方法は以下の動画がとても分かりやすいのでぜひご覧ください。 タンパク質をしっかり摂取する 背中の筋肉痛の回復のためには食事にもしっかりと気をつけることが大切です。 食事で摂取した栄養を使って、筋肉の修復が行われていくからです。 筋肉痛の改善のためには特にタンパク質を意識的に摂取することが有効です。 タンパク質は筋肉の素となる栄養素で、筋繊維のダメージを回復させるために必要なのです。 タンパク質は肉類、魚類、乳製品、大豆などに多く含まれています。 また、血行促進の効果が得られるビタミンCやビタミンEもしっかり摂取するとより良いです。 上述したように血行を促進させることで、筋肉痛の早く治すことができるのです。 これらの栄養素はフルーツや緑黄色野菜に多く含まれています。 湿布を貼る 筋肉痛の炎症を抑えるために患部に湿布を貼ることも効果的です。 冷湿布を貼ることで、炎症を和らげ痛みを抑えることができます。 ただ、上述したように筋肉痛を治すためには血行を促進させる必要があります。 冷湿布を貼ると患部の血液の流れは悪くなってしまうので、長期的に貼るのはおすすめできません。 どうしても活動しなければならないときなどの痛み止めとして、短期間貼るのは問題ありません。 背中が筋肉痛のように痛む他の原因 筋肉痛だと思っていても、他の要因が原因となって背中に痛みがしていることも多いです。 そこで、ここでは背中で筋肉痛と同じような痛みがする2つの原因についてお伝えしていきます。 体液の循環不足 体液の循環不足が原因となることは分かりにくいと思いますが、鈍い背中の痛みを引き起こす原因となります。 私たちの体の約7割は水分でできていますが、その水分が体中をうまく循環することで細胞も活性化し、さまざまな疲労やダメージから回復します。 つまり、この体液の循環がうまくいっていないと体にさまざまな症状があらわれ、特に背中に筋肉痛のようなジンジンする痛みがしてしまうのです。 このように体液の循環が不足する原因としては以下のことがあげられます。 長時間悪い姿勢を続けていること• 肉体労働やスポーツでの体の酷使• ストレス• 睡眠不足• 暴飲暴食 このような原因に心当たりがある場合は、直接的な筋肉痛が原因ではなく体液の循環不足によって背中に痛みが生じていることもあるのです。 内臓疾患による痛み 背中の近くには肝臓などさまざまな内臓があり、その内臓の病気が原因となって背中に筋肉痛のような痛みが生じていることも疑われます。 特に、背中の右側、左側によって原因となる内臓疾患は異なってきますので、こちらの記事を参考に確認してみましょう。 参考: 参考:.

次の

背中の右側(左側)が痛い

寝ると背中が痛い 対処法

朝起きた時だけ背中が痛い時の対処法は? ・軽い運動やストレッチ 背中の痛みには筋肉のコリが原因とする場合もあります。 その為、日ごろから軽い運動やストレッチを行う事で筋肉がコリにくい体を作る事が できます。 日中では背筋を伸ばす、胸を張るなど良い姿勢を保つだけでも効果はあります。 ・横向きで姿勢で眠る 背中の痛みには背骨をまっすぐに保つ事が重要です。 まっすぐに保つには横向きで寝て、ひざに枕を挟む姿勢です。 この時必ず頭にも枕を使用しますので枕が2つ必要になりますが 頭の枕がないと首が下に下がり痛めてしまいます。 横向きで姿勢で寝る為、背中のラインは変わらずまっすぐを保つ事ができます。 ・仰向け姿勢で眠る 横向けと同じように背骨をまっすぐに保つには仰向けでひざの下に 枕を置いた姿勢と言われています。 ひざの下に枕を置いてないと頭から腰のラインに掛けてスキマが生まれてしまいます。 実際にはスキマはないのですが、点で支える事になり結局は腰や背中の痛みへと変わります。 ひざの下に枕を置く事で腰の位置が下がり背中、腰で支え線で負担を分散させる事が できます。 朝起きた時だけ背中が痛む人の寝る時の姿勢 朝起きた時だけ背中が痛いという事は寝ている時に問題があるのでしょうか。 ・寝返りができない。 デスクワークで長い時間仕事をしていると筋肉をコリ固まり肩コリや 腰痛の原因にもなります。 椅子から立ち上がり背伸びするとリフレッシュした気分になりますが それと同様に寝ている間、寝がえりができないと筋肉をリフレッシュできない状態で コリ固まってしまいます。 また寝返りには日中で歪んだ骨格を正しくしてくれる役割もありとても重要です。 体が沈む程の柔らかいマットレス、または固すぎるマットレスは寝返りに影響してします。 自分にあった方さのマットレスを選ぶ事、、また自分にあったマクラを選ぶ事で改善に繋がります。 スポンサーリンク ・うつぶせで寝ている うつぶせで寝ると頭は自然に横を向いてしまいます。 これは首の骨や根本に負担を掛けてしまい腰や背骨も歪ませてしまうそうです。 いつも普段からしている寝ている姿勢を変えるというのは中々難しかもしれませんが 負担の少ない姿勢をした方が良いのは間違いないと思いますので早い内に改善を試みて はどうでしょうか。 朝起きた時だけ背中が痛くなる原因は? 寝起きで背中が痛くなる原因には様々あります。 ・筋肉の疲労 筋肉が疲労すると硬直してしまいます。 寝ている間の硬直しそれが原因で血行不良を起こし痛みと変わります。 筋肉の疲労の原因には体に合わない寝具や普段からの姿勢の悪さなども あります。 また普段運動をしない人はあまり筋肉を使わない為、硬直しやすくなります。 ・骨が原因 背中が痛いとなると寝ている間に背中を体重で圧迫されているので痛くなるのでは? と考えてしまいそうですが、意外にも骨が原因である事もあります。 年齢を重ねると身体の不都合が出てきますが急に体を動かしたり重い物を持つ事が 多い方は背中の痛めている事があります。 骨と骨の間にはクッションがありますがそのクッションがすり減ってしまう事で 炎症や痛みを伴います。 ・原因が分からないのは要注意。 痛みにしても原因が分かれば対処もできますが原因が分からないというは怖いものです。 内臓の疾患が原因であったり転移した癌であったりするケースも少なからずあるです。 痛むからには必ず原因があるはずですが、その要因に思い当たる節がない場合は 病院で検査してもらいましょう。 疲れをいやす為に寝ているはずが朝起きで痛みがあるのは嫌ですよね。 それが慢性的になると寝不足に繋がり良い事はありません。 早めに対処しておきたいものですね。

次の

五十肩の夜間痛で眠れない!夜に肩が痛む原因と対処方法

寝ると背中が痛い 対処法

背中が痛むのはストレスが原因? 背中が痛む原因は大きく4つに分類されます。 1つ目は 神経疾患に由来するもので、背中の骨がずれたり縮んだりすることで背骨の間を通っている神経を圧迫して痛みが生じるというものです。 2つ目は 心因性のもので、これが今回ご紹介する ストレスが原因にあたります。 3つ目は 運動器疾患に由来するもので、筋肉のこわばりが原因で痛みが生じ、転んでけがをしたり、ぎっくり腰を起こしたりといった場合にこれが当てはまります。 この運動器疾患に由来するものが背中の痛みの原因として多いといわれています。 4つ目は 内臓疾患に由来するもので、医学的に緊急性が高くさまざまな疾患が該当すると考えられています。 どのような病気が背部痛を誘発するのかは後述していきます。 それでは、なぜストレスによって背中の痛みは出現するのでしょうか。 これにはさまざまな説が考えられています。 疲労と睡眠 1つ目は 疲労と睡眠です。 ストレスによって眠りが浅くなるあるいは寝付けなくなるなど睡眠に対して影響を及ぼすと、疲れを充分にとることができず、疲労は翌日に持ち越されどんどん蓄積されていきます。 このように少しずつ蓄積されたストレスや疲労が内臓に負担をかけ、その結果として筋肉の状態をアンバランスにさせるといわれています。 筋肉がアンバランスになってしまうと背骨を歪め、痛みを発すると考えられています。 強いストレスによって脳の機能に不具合が生じると「身体化」といい、もともと身体的には健康であるのに、脳が身体機能に制御をかけることによってさまざまな症状が見られるものです。 背部痛もその一種であるといわれています。 また、前述した運動器疾患に由来するぎっくり腰もストレスによる身体化が原因となることがいわれており、実際介護施設で働く職員のぎっくり腰の原因が身体の使い方や労働内容によるものだけではなく、労働環境によるストレスから来るものと考えられるという事例もあります。 また、ストレスによる背部痛は 「これは重度の病気なのではないか」と不安になったり、痛みへの恐怖から過度に痛くなった部分をかばい、結果としてほかの部分を痛めてしまうなど、他の症状が後から出現してしまうことも特徴です。 がんなどの病気が隠れている可能性は?症状から自分でチェックできる? 腰痛や背部痛を症状とす病気はいろいろとあり、腰痛や背部痛がする場合にはさまざまな病気が隠れている可能性が考えられます。 例えば、泌尿器系の病気では腎臓の結石や尿路結石、泌尿器の癌、膀胱炎、腎盂炎が考えられます。 消化器系ですと胃・十二指腸潰瘍、胆石症、胆のう、胆管炎、消化器のがん、膵炎が考えられますし、循環器系ですと腹部大動脈解離、腹部大動脈瘤が考えられます。 女性に特有の病気では子宮外妊娠、子宮筋腫、子宮・卵巣癌、卵巣膿腫、月経困難症が考えられます。 また、普段健康で、病気をしている可能性が極めて少ないという方であっても風邪やインフルエンザなどにかかることで背中に痛みが出ることもあります。 このように、 腰痛や背部痛が生じる病気はさまざまなものがあり、自分で症状からのチェックは非常に難しいとされています。 ですが、腰痛や背部痛が生じ、ストレスではないと自分で判断するためのポイントがいくつかありますのでご紹介します。 発熱があるか 1つ目は、 発熱があるかどうかというところです。 ストレスの腰部や背中の痛みは熱は出ません。 ですので突然高熱が出て、背中や腰が痛むという場合にはストレス以外の病気が隠れている可能性があります。 他に症状があるかどうか 2つ目は 他にも何か症状があるかどうかです。 上記でご紹介した病気はすべて腰痛や背部痛のみが症状として見られるわけではなく他にもさまざまな症状が見られます。 そのため、腰痛や背部痛だけでなく他にも症状が出ているという場合にはストレス以外の原因を疑うべきでしょう。 ですが、ストレスによる心身反応でも動悸や息切れ、頭痛や吐き気など他の病気と類似した症状が見られます。 そのため判別が難しいかもしれませんが、特に急に症状が強く出てきたという場合にはストレス以外の可能性が高いので、ここをチェックするポイントとして考えていただけることをおすすめします。 また、筋線維筋痛症や胃・十二指腸潰瘍のようにストレスが原因となり結果として身体化ではなく大きな病気に結びつくということも少なくありません。 まずは、医療機関を受診されることをおすすめします。 医療機関を受診し、背中の痛みが本当に病気ではなくストレスによるものかを判断してもらい、ストレスが原因であるということが分かったところで初めて対策を考えられることがおすすめです。 また、 サプリメントでストレス軽減に効果的な成分を摂ることも効果的です。 クリニックフォアが共同開発をしているメディカルブランド【Sui+】では、GABA、L-テアニン、ラフマなどの、ストレスを軽減し、睡眠の質を高める効果が期待できる成分を配合したサプリメントや、ストレスやうつの軽減に効果的であり、パーキンソン病の薬としても使用されているムクナを配合したサプリメントを提供しています。 横になるといっても仰向きだと背中の痛みが辛いという場合には、側臥位 横向き になったりうつぶせ 下向き になったりするのも良いでしょう。 まずは自分の痛みが楽になるという体制をとりましょう。 もしも、あおむけで寝るという場合には膝を曲げて寝るといくらか楽なことがあります。 また、痛い部分が明確である場合にはその部分を冷やすというのも良いことがあります。 急性ではないものの毎日あるいは時々背中の痛みを感じるという場合には、さまざまな対策方法があります。 まずは、ストレッチをして背中の筋肉をほぐしてあげるということです。 一定時間に例えば手を上にあげて体を伸ばしたり、肩や首を大きく回すなどしてあげることで筋肉がほぐれて痛みを改善できる可能性があります。 これらの対処法でも全く効果がないという時には鎮痛剤を内服して痛みを和らげるという方法もありますが、これはあくまで医療機関などでほかの病気ではないということが確定してから行われることをおすすめします。

次の