シュトゥルム ウント ドランク。 ガンダムシュピーゲル

シュトゥルム・ウント・ドランクとは何ですか?

シュトゥルム ウント ドランク

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年9月) シュトゥルム・ウント・ドラング(独: Sturm und Drang) とは、後半にで見られた革新的な文学運動である。 この名称は、ドイツのであるがに書いた同名のに由来している。 時期は、1767年から1785年までとする見方がもっぱらであるが、1769年から1786年、もしくは1765年から1795年とする見方もされる。 やに異議を唱え、 理性に対する感情の優越を主張し、後のへとつながっていった。 代表的な作品として、の史劇『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』(1773年)や小説『』(1774年)、の戯曲『』(1781年)や悲劇『たくらみと恋』(1784年)など。 でのシュトゥルム・ウント・ドラングは「 疾風怒濤」と和訳されたために「嵐と大波」という意味で理解されることも多いが、ドイツ語から直訳するならば「嵐と衝動」が正しい。 英語では「Storm and Stress(嵐と圧力)」や「Storm and Urge(嵐と衝動)」などと訳されているようである。 また表記では「シュトゥルム」は「シュトルム」、「ドラング」は「ドランク」とも表記されることがある。 ハイドンのシュトゥルム・ウント・ドラング 1768年から1772年ごろのの作風についても「シュトゥルム・ウント・ドラング」という語が用いられる。 この時期のハイドンはの多用やのような対位法的技法の使用など、前後の時代と異なる作風を持つ。 20世紀はじめの音楽学者であるヴィゼヴァ が、1772年にハイドンの「ロマン的危機」があったとして、この語を使用したのが一般化したものである。 しかし、ハイドンのシュトゥルム・ウント・ドラングはクリンガーの戯曲が書かれるより古い時期のものであること、シュトゥルム・ウント・ドラングが主に1770年代後半の文学運動に対する語であること、ヴィゼヴァのいうハイドンの「ロマン的危機」なるものが根拠を持たないこと、などの批判があり 、「いわゆるシュトゥルム・ウント・ドラング」のように表現されることが多い。 なお、ハイドン以外の同時期のの作曲家にも同様の傾向が見られ、もの K. 183 やの K. 173(いずれも1773年)を作曲している。

次の

どくとるマンボウ青春記

シュトゥルム ウント ドランク

」 ということですよね。 「理性偏重の啓蒙 けいもう 主義」と比較して「感情の自由と人間性の解放」が出てきているわけです。 この二つは反対の考えなのです。 ということは、「ものごとを論理、理屈、善悪などで考えて、その考えを広めようと言う意図の下にあった文学」のあり方を批判して、「理屈ではない人間の感情の自由を描き、人間がもつ、善悪などで縛れらない人間性を描いた」ということです。 この辞書の内容を踏まえてこちらの辞書を読むと、 シュトゥルム・ウント・ドラング 意味が良くわかるでしょう。 さらに示されている作品を読むともっと理解が深まると思います。 また、この辞書では、 >。 〈天才時代〉とも呼ばれ,日本では〈疾風怒濤(どとう)〉と訳された。 新しい生活感情と人生経験に基づき,合理的世界観と形式的秩序を重視する啓蒙主義の修正を目ざす芸術的革命運動である。 とあります。 そこで、「芸術的革命運動」として激しいものであった、ということから、「シュトゥルム・ウント・ドランク」と言う言葉は、比喩的に私たちの日常生活で起こる怒涛のような変化を指すこともあります。 この場合は、理性とか感情とかいう変化の内容とは関係なく、疾風怒濤の大変化を指して使うことが多いです。 カント以降の19世紀初頭に理性偏重の啓蒙主義に対する反動であるドイツロマン主義とその哲学的表現であるドイツ観念論が始まりました。 その時代を「疾風怒濤時代(シュトゥルム・ウント・ドランク)」と言ったんです。 時代はイギリスの産業革命で、機械論的世界観が蔓延していましたから、それに対する反動として人間の想像力を強調するロマン主義が起こり、ワーズワースやシラーやヘルダーリンなどのロマン主義詩人が活躍します。 ドイツ観念論のシェリングがカントの「判断力批判」の産出的構想力を使って世界をその産出的構想力(想像力)によって世界が出来上がっている、あるいは創造されたものといってより、理性よりも感情が、啓蒙主義の理性主義に対する反対運動として台頭してきました。 それが「疾風怒濤時代(シュトラム・ウント・ドランク)」。 ヘーゲル哲学がその頂点。 テリー・イーグルトンに言わせれば、私たちはポスト・ロマン派です。 戦後フランスで、そのヘーゲル批判として「ポスト・モダン」が起こりました。

次の

シュトゥルム・ウント・ドラングとは

シュトゥルム ウント ドランク

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月) どくとるマンボウ青春記 作者 国 言語 ジャンル シリーズ どくとるマンボウシリーズ 発表形態 雑誌連載 初出 『』6月号 - 3月号 刊行 1968年3月、 受賞 第7回婦人公論読者賞(1969年) 前作 『どくとるマンボウ途中下車』 次作 『どくとるマンボウ追想記』 『 どくとるマンボウ青春記』(どくとるマンボウせいしゅんき)は、の「マンボウもの」と呼ばれる随筆の一つ。 『』()に(42年)6月号から(昭和43年)3月号まで連載されたのち、3章分の書き下ろしを加えて、1968年3月に中央公論社より刊行された。 1968年度のベストセラー第1位となり、(昭和44年)2月には第7回婦人公論読者賞を受賞した。 北杜夫(斎藤宗吉)の、戦争末期の在籍時代から、を経て医学部入学、そして父親のが亡くなるところまでが描かれている。 この作品では主に空襲の激しくなった東京を離れて入学した旧制松本高等学校での生の生活がパワー溢れるタッチで描かれている。 本作の土台となった北の日記は、のちに『或る青春の日記』と題して公表された。 本作の姉妹編にあたる自伝的作品として、出生から小学生時代までを描いた『どくとるマンボウ追想記』 と、大学卒業後の時代を描いた『どくとるマンボウ医局記』 がある。 の『』、の『』とともに、 [ ]往時の学生気質を懐かしむ読者をもつ。 内容 [ ]• 珍しく沈んだ書きだし• 初めに空腹ありき• 教師からして変である• 小さき 疾風怒濤 ( シュトゥルム・ウント・ドランク )• 瘋癲寮の終末• 役立たずの日記のこと• 銅の時代• 医学部というところ• もの書きを志す• いよいよものを書きだす• 遊びと死について• 酒と試験について• 学問と愛について 登場人物 [ ] 松本高校の教授 [ ] 数学教授、陸上競技部部長。 通称「ヒルさん」「ヒル公」。 北によれば松高を代表する名物教授。 身なり風体をかまわないため、乞食や人夫と間違われたことがある。 口は悪いが高校生を深く愛しており、生徒たちからの人気も高かった。 物理教授。 ことさら優しい性格。 北が物理の試験に詩を書き綴ったところ、合格点に1点足らぬ59点をつけた。 西寮に宿直にきた際、試験範囲をなんとかして聞き出そうとした北たちにそれとなく漏らす。 ドイツ語教授。 通称「モチさん」「モチ公」。 『』、『』などの訳者。 校友会の新旧委員の交替の席に出席した際、泥酔した北に頭を殴られる。 この事件を機に、北はにあった望月の自宅への出入りを許されるようになり、トーマス・マンやリルケについて教えられる。 生徒主事。 当時の学生たちと「ダンネ会」という集まりを続けている。 松本高校の生徒 [ ] T() 西寮対外宣伝部で北の片腕。 蹴球部員でもないのにばかりやっている。 北と競ってドイツ語の単語の暗記にいそしみ、教科書に出てこないような単語ばかりひたすら暗記したあげく、「」(紙)というごく初歩的な単語を忘れてしまい、大学受験に失敗する。 のちに国文学者となる。 『青春記』では「T」というイニシャルのみ記されているが、のちに、『マンボウ人間博物館』の「新潮文庫版あとがき」で、堤精二であることが明かされた。 T() 北の一年先輩だったが、学校に全く出てこないため二度留年し、北が卒業したときには一年後輩になっていた。 理論派として学生たちの間に隠然たる存在感を持つ。 『どくとるマンボウ航海記』に「T」として登場、本作において辻邦生であることが明かされた。 北と一緒に東北大学医学部を受験し、合格した仲間 (郡山病院いわき健康管理センター長、2015年05月16日死去)、前澤潭(医療法人公仁会 前澤病院(長野県駒ヶ根市)2代目院長)、及び篠原(名前不詳、北より1期上の先輩)。 1年生の新学期、北が1か月程度遅れて仙台に赴いた直後は、宇留賀と前澤の下宿に転がり込んだ。 暫くして、北は医学部の授業に殆ど出席しなくなり、専ら、前澤の読みやすいノートを借り、簡単な抜き書きを作成することで試験に対応していた。 或る定期試験の前、北は前澤と一緒に勉強するべく、要点の抜き書き・まとめを試行したが、それを見た前澤からは憫笑される始末であった。 東北大学の教授 [ ] 哲学教授。 斎藤茂吉に頼まれ、北杜夫の医学生としての保証人となる。 評価 [ ] 北杜夫自身は、のち、1977年に『北杜夫全集』第13巻に『青春記』を収録した際に、そのにおいて次のようにコメントしている。 この「青春記」はハード・カバーでは私の本のうちもっとも売れた一つだし、読者の手紙にもこの本について触れていることが多い。 大抵は、昔のに憧れるという内容だ。 私としても、わが人生でいちばん懐かしいのもこの旧制高校時代である。 六・三・三制という制度には疑問も抱いてきた。 しかし、若い読者の意にそむくようだが、今の世に昔のままの旧制高校を復活させたとしても、一種のアナクロニズムに過ぎないであろう。 私は日本人にとってもっとも必要なのはだと思う。 かつての旧制高校の寮に於て、西欧なみの個人主義を貫きとおすことはむずかしい。 所収 [ ]• 『どくとるマンボウ青春記』、1968年3月。 『どくとるマンボウ青春記』中央公論社〈中公文庫〉、1973年。 改版、1990年6月。 『北杜夫全集 13 どくとるマンボウ青春記・どくとるマンボウ途中下車』、1977年9月。 『どくとるマンボウ青春記』新潮社〈〉、2000年10月。 『長野県文学全集』第3期(現代作家編)第3巻、郷土出版社、1977年(抄録)。 脚注 [ ] []• 『北杜夫全集 13 どくとるマンボウ青春記・どくとるマンボウ途中下車』 、1977年9月25日、336頁。 斎藤国夫(編) 「年譜・著書目録・著作年表」 『北杜夫全集 15 人間とマンボウ・マンボウすくらっぷ』 、1977年11月25日、373頁。 『中央公論 文芸特集』復刊第10 - 15号(1987年3月 - 1988年6月)に連載後、1988年に中央公論社より刊行。 『婦人公論』1975年1月号から12月号まで連載後、1976年に中央公論社より刊行。 『中央公論 文芸特集』復刊第30 - 33号(1992年3月 - 12月)に連載後、1993年に中央公論社より刊行。 「教師からして変である」の章。 「小さき疾風怒濤」の章。 この場面では名前は明かされず、後の「瘋癲寮の終末」の章で名前が明らかにされる。 「役立たずの日記のこと」の章。 「銅の時代」の章。 北杜夫 「新潮文庫版 あとがき」 『マンボウ人間博物館』 〈〉、1989年12月20日、267頁。 「もの書きを志す」の章。 「学問と愛について」の章。 『見知らぬ国へ』 、2012年10月20日、208頁。 関連項目 [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の