メギド 72 ルゥルゥ。 【不死者育成(の思い出)】ベリアル星6進化!ルゥルゥ討伐の先にある点穴の強さ(1/19追記)

【メギド72】共襲イベント『堅王フォルデトル』ルゥルゥオーブ・一心霊宝なし妥協攻略

メギド 72 ルゥルゥ

侍女マリーナのダメージカットスキルがシャレにならんのでイービルアイで剥がします。 特性とオーブの海洋生物特効ですべてを薙ぎ払います。 乱1なのであと少し残ってしまった場合とかにガオケレナで追撃できるのもよい。 スキルも地味に役立つ。 いつものコンビなのでその有用性は言うまでもないが、特に任意のをオーブに変換できるという点がルゥルゥのギミックで非常に役立つ。 前衛2枚にしている理由は、敵の(特にルゥルゥの)攻撃がわりと痛くて、ワントップだと次第ではケラヴノス使う前に普通に落ちてしまうことがあったからですね。 攻略解説 ルゥルゥEXのギミックは大きく分けて2つ。 本体は 開幕無敵。 雷属性攻撃を6回当てると次のターンの開始時に 無敵が解除される。 取り巻きがスキル1個でこちらの 全体の全を破壊してくる。 しかも 本体にダメージブロックのおまけつき。 取り巻きの行動は最遅。 この構築ではケラヴノスを2枚採用しているので、 配置に一切左右されず、2ターン目に確実に6連撃叩き込み、3ターン目の開始時に無敵解除できる。 3ターン目ともなるとルゥルゥの覚醒が溜まっている可能性が高く、 せっかく開けても奥義により即殻が閉じてしまう可能性があるので、ターン開始時にきっちり決めていきたいところ。 なおバエルLV70ガオケレナLV5にクロケルのスキルとフォラスの覚醒スキルを噛ませても乱数でまあまあ耐える。 捕獲には有用だが、完全撃破を狙いたい場合は奥義のあとにさらにガオケレナを使うといい。 無敵になっても滞水のダメージは通るので殻が閉じた後に倒せることも結構ある。 ピックに余裕がある場合は2ターン目にフォラスの通常スキルを使えば(たぶん)確定になる。 3ターン目にアタックがなかったらドンマイ。

次の

指名チケット企画 ルゥルゥ討伐はべバルがお役立ちプラン

メギド 72 ルゥルゥ

レア素材も大幻獣討伐も大変 バエルに引き続き、2番目に星6進化させた不死者はベリアル。 バエルの育成がそれほど大変ではなかったので、「不死者育成なんてこんなものか」と思っていたら、ベリアルで痛い目をみました。 まず、5章のフィールドレアがなかなか落ちないし、なにより大幻獣討伐の難易度が高い! ルゥルゥ(とケラヴノス)にはかなり苦労させられました。 でも、大変なだけあってベリアルの点穴の強さはお墨付き。 ひたすら一定ターン耐えていれば、問答無用で大ダメージを連発できるというのはやはり破格の性能です。 ベリアルといえば、お空の発禁天司のイメージが強かったけど、今ではすっかり可愛いおばあちゃんに塗り替えられたなぁ。 討伐クエスト・雷獄華ケラヴノス攻略 ルゥルゥ討伐にほぼ必須のオーブ ルゥルゥ討伐の前に必要なのが、ケラヴノスのオーブを入手すること。 ルゥルゥは一定回数以上雷ダメージを与えないと、無敵モードが解除できないので、このオーブはほぼ必須といえます。 シトリーやインプのスキルでも対応できるけど、フォトン事故の可能性を考えると、オーブのほうが安定します。 しかし、このケラヴノスがまた難易度が高いんですよね…。 EX周回編成• バエル星6 (ミステリートーチLv. マルバス星6 (槍の幻獣体ブニLv. アガレス星5. 5 (キャスパリーグLv. 11)• ガープ星6 (サタニックリブラLv. ダンタリオン星6 (ミステリートーチLv. 9) ひとこと スキル一つで全体感電を放ってくる憎いヤツ。 しかも硬い上に地形効果無効! 悪名高いケラヴノスですが、アガレスがいたおかげで比較的スムーズに倒すことが出来ました。 当時はバーストメギドがほとんどいなかったので、今思うと結構微妙なパーティーですが…。 アガレスのマスエフェクトはケラヴノス特効という感じなので、彼がいると難易度が一気に下がりますね。 大幻獣の亜種は、初回撃破時と10回討伐でオーブを入手できるのもありがたい。 討伐クエスト・真珠姫ルゥルゥ攻略 優先度の高いオーブ・ルゥルゥ ベリアルは星6進化させただけでは使い勝手が悪く、ルゥルゥのオーブを手に入れてからが本番となります。 ルゥルゥがあれば、点穴が貯まりやすくなる上に、覚醒を溜めなくても固定砲台モードに移行できます。 星3まで進化させるのはかなり大変なので、とりあえずは星1までで充分。 ルゥルゥはベインチェイサーと並んで取得優先度の高いオーブですね。 EX周回編成• ガープ星6 ケラヴノスLv. バエル星6 ガオケレナLv. アガリアレプト星6 イービルアイLv. アンドロマリウス星6 エクスプローラーLv. マルバス星6 ケラヴノスLv. 1 ひとこと 1ターン目:バエルにチャージ、アガリアが脆いのでガープでかばう。 2ターン目:バエルにチャージ、アンマリのスキル&オーブでバエル強化。 3ターン目:アガリアでルゥルゥのダメ軽減を解除してから、バエルの奥義。 取り巻きのフォトン破壊が厄介なので、毎ターン1つ +オーブ しかフォトンを積めない前提です。 再度殻を閉じられると困るので、フォトンはチャージ優先。 バエルの奥義にアタック強化+攻撃力アップ もしくは滞水 をつけることで、ルゥルゥは1撃! 早ければ上記のように、3ターン目冒頭で葬ることが出来ます。 あとは、マルバスの覚醒スキルでゲージ補助しつつ、バエルの覚醒スキルで取り巻きをやっつけます。 滞水とアンマリスキルでバフをかければ、取り巻きもワンパン可。 「歓喜の雫」「紺碧の清浄液」「黄金色の羽扇子」1つずつで、系譜・一心を発動! 点穴の上限値が+20されるので、固定砲台が武器のベリアルにはもってこい。 系譜のおかげで、固定砲台による合計ダメージが、 66,000から102,000までアップ! 4万近くダメージが増えるので、 霊宝による恩恵はかなり大きいです。 オーブ取得のために、アビスガードとルゥルゥを周回しまくっていたので、素材にはそこまで困りませんでした。 (ただし、フィールドレアとかボスレア素材の要求はエグい。 ) メギドストーリー感想まとめ 知性のある蟻の群れの中で ベリアルが初の追放メギドとして転生してから、まださほど時が経っていない頃の話。 アルスノヴァの血脈という着想を得るきっかけや、ペルペトゥムの廃墟に一人引きこもるようになった経緯が描かれています。 基本的にベルアル(フラウ)視点のストーリーなので、周囲のヴィータたちは全員同じモブ顔。 ベリアルの「ヴィータを識別できない」という性質は、本編では彼女の隠居老人っぷりを強調するネタ的な扱いでしたが、ここではひたすらにシリアス。

次の

【メギド72】共襲イベント『堅王フォルデトル』ルゥルゥオーブ・一心霊宝なし妥協攻略

メギド 72 ルゥルゥ

【基本的な攻略の流れ】• ダメージを与えるには殻を開ける必要がある。 Point! 殻が閉じている状態の奥義を発動されるとクリアができない点にも注意しましょう。 フォトンの配分にもよりますが、 だいたい2ターン目終わりまでには殻を開けておきたいです! 難易度によって必要な雷攻撃の回数が変わる N H VH EX 1回 3回 4回 5回 難易度によって殻を開けるために必要な雷攻撃の回数が変動する。 難易度『EX』になると雷攻撃を5回行うと、ターン終了時に殻が開いて技や特性が変わる。 他の攻撃手段を使うよりも 雷アタッカーを使った方がダメージを与えやすい特徴がある。 Point! 雷攻撃のアタッカーを採用しなくても攻略はできますが、あまり効率が良くないです。 なるべく雷攻撃アタッカーを採用することをおすすめします! 取り巻きの「フォトン破壊」が厄介 1人に2つ以上のフォトンを積みづらい 取り巻き「侍女マリーナ」のスキルは全体範囲の「フォトン破壊」を持っている。 非常に厄介で味方1人に2つ以上のフォトンを積んでも破壊され、行動できないこともある。 オーブは「破壊」の対象外 オーブの技を発動することに関しては、取り巻きの「フォトン破壊」対象にはならない。 取り巻きがスキルを積んだ時はフォトンの積み方に注意しよう。 Point! 取り巻き「侍女マリーナ」は 素早さがEXになっても1です。 最後に行動を行うので、マリーナのスキルが1巡目に積まれていなければ、味方に2つフォトンを積んでも破壊されません! 強化を利用しながら火力を発揮する 1撃を狙えるように強化役でサポート シトリーやバエルをアタッカーに採用する時は強化を行い、1撃を狙うと素早く攻略しやすい。 地形効果「滞水」や「アタック強化」や「攻撃力上昇」を活用するなど、火力の底上げを行おう。 殻が閉じている状態で「ルゥルゥ」に奥義を発動されない限りは、耐久しつつ戦闘を進められる。 フォラスとオリアスのサポートを受け、全体へ一気にダメージを与える。 素早さの調整を行わなくても「ルゥルゥ」より 先制して攻撃できる点が優秀だ。 【ブニ】 シトリーが倒されないように守る盾役。 HPが減少すると無効にできるダメージ量が減少してしまうので、少しでも耐えられるように毒耐性オーブを装着した。 【オリアス】 マスエフェクトでバエルとフォラスの覚醒ゲージを戦闘開始から増やしておく役目。 奥義や覚醒スキルが早いタイミングで発動できる。 次の フォトンも確認できるので配分がしやすいのも便利だ。 【シトリー】 「ルゥルゥ」の殻を開ける役割。 基本的には1T目・2T目までにスキルを2回発動したい。 スキルフォトンが出現しなかった時のため、オーブは「雷獄華ケラヴノス」を採用した。 【フォラス】 バエルを「全体化」と「アタック強化」する強化役。 オーブは「イービルアイ」を装着し、取り巻きの「ダメージ軽減」を剥がせるようにしておくとダメージを稼ぎやすい環境を作り出せる。 Point! 「イービルアイ」で「ダメージ軽減」を剥がさないでおくと捕獲もしやすいです。 スキルフォトンを主に積み、殻が空いてようと空いてなかろうと連続攻撃を続けると活躍できる。 スキルフォトンが出なかった時のため、オーブには「雷獄華ケラヴノス」を採用した。 【ザガン】 攻撃を引きつけ、味方を守る盾役。 ほとんどのダメージを無効にできるため、かなり安定した耐久力を発揮できる。 「サタニックリブラ」を装着しておけば、マルバスの回復が間に合わない時も自身で回復が行える。 【マルバス】 味方のHPを維持する回復役。 素早さが高いため、オーブ「青竜号」を装着して「滞水」を撒くオーブ役としても活躍できる。 【シャミハザ】 サブアタッカー。 取り巻きが「フォトン破壊」を行ってくる場合などにフォトンを配分し、無駄なく攻撃ができるように採用した。 「ホーリーフェイク」を装着しておけば「点穴」攻撃が来てもザガンを守ることができる。 【アンドロマリウス】 シトリーの「スキル強化」と「攻撃力上昇」を行うサポート役。 ザガンを「スキル強化」し、 味方を守る「かばう」効果を延長するのもアリ。 「ミミック」を装着し、スキルフォトン供給要員としても活用した。 Point! かなり安定した攻略ができます!初回クリアやメギドが揃っていない方におすすめです。 「エレキ」付与後に与えた雷攻撃の回数に応じて「エレキレベル」が上昇し、固定ダメージが上昇していくのが特徴だ。 エレキなら殻が閉じてても撃破可能 グリマルキンのスキルで「エレキ」を付与してから、インプ・シトリーのスキルを計7回以上叩き込もう。 エレキレベルが21に達したら、グリマルキンの奥義をルゥルゥに叩き込むことで倒すことが可能だ。 ルゥルゥEXのHPは30000なので、グリマルキンLv70の場合は 雷攻撃を事前に21回 奥義合わせて22回 しておけば一撃で倒すことができます。 特にシトリーは スキルフォトン1つで4回の雷攻撃ができ、殻を開けやすいため大活躍する。 雷連続攻撃を行えるオーブ 技で雷連続攻撃手段を持つオーブもおすすめだ。 「雷獄華ケラヴノス」は発動間隔も1ターンと短い点が扱いやすい。 「真珠姫ルゥルゥ」を周回する時は必ず編成しておきたいオーブの1つでもある。 Point! オーブで雷連続攻撃を準備できれば、取り巻きの「侍女マリーナ」の「フォトン破壊」に 妨害されずに殻を開けられる点がかなり優秀です! コンボ攻撃を行うための「滞水」 雷属性アタッカーの火力を上げるために地形効果「滞水」を準備しよう。 「滞水」と雷属性攻撃を組み合わせると 威力が2倍になるので、一気にダメージを与えることができる。 Point! サレオスは「状態異常回復」、クロケルは「覚醒ゲージ増加」のサポートを行うこともできます!他の役割も担えるので、活躍させやすいメギドです。 毒対策の状態変化耐性と回復要員 ボス「真珠姫ルゥルゥ」は殻を閉じている状態で「毒」攻撃を仕掛けてくる。 Point! 「状態変化耐性」は状態異常にならない予防手段、「状態異常回復」は治癒手段です。 発動するべきタイミングが異なります! サポートを行えるメギドやオーブ 「フォトン強化」でアタッカーを強化 フォラスやリリム ラッシュ を使って「フォトン強化」のサポートを行おう。 1撃で撃破を狙う時は必須級で準備しておきたい。 他にも「フォトン強化」できる手段は存在するため、持っている手段を採用するのもアリだ。 Point! フォラスは特性で「オーブの技発動までのターン数を短縮」する効果を持つため、オーブ役としても活用することができます。 奥義や覚醒スキルを発動しやすくなり、周回の時短を行える点が魅力の1つだ。 Point! クロケルは地形効果「滞水」の手段も持ち合わせています。 雷攻撃アタッカーの威力を支援可能で活躍できます! 編成するとかなり便利な手段持ち ダメージカット系盾役で効率良く味方を守る ダメージカット系の盾役を編成すると被ダメージを0にできるのでかなりおすすめだ。 アタッカーが倒されづらくなるので、戦闘をスムーズに進めることができる。 「点穴」には「回数バリア」で対抗 取り巻きはボス「ルゥルゥ」に「点穴」を付与する技を持っている。 「点穴」が溜まっている状態で単体攻撃を受けると 盾役でもすぐに撃破されてしまう。 「回数バリア」の手段を準備すると対策しやすいのでおすすめ。 「ダメージ軽減」を剥がすために準備する 取り巻きはボスに「ダメージ軽減」を付与できる。 特大火力で1撃を狙う時などは邪魔なので「強化解除」を行えるオーブを準備するのもアリ。 オーブで準備するとフォトンに左右されず、アタッカーの攻撃に合わせて発動できるので便利だ。 Point! メインクエスト6章で入手できるオーブではありますが、次元獣アナーケンも扱いやすいです!特性で高い「フォトン破壊耐性」を持っているため、取り巻きの妨害を受けにくい点が魅力的です。

次の