キムタクが如く。 PS4「キムタクが如く」クリア後、ゲーマー達のキムタクへの好感度が急上昇!?

「キムタクが如く」ゲーム動画がおもしろすぎ。コンビニで暴れまくるの草

キムタクが如く

時にわかりやすすぎる展開• 物語はかなりスロースタート• 生まれてくるべきではなかった調査アクション• 引き延ばし的な戦闘• 狭い空間で混乱するカメラ タイトル について説明すると、ここでいう「龍が如く」とはシリーズ最高傑作『』のことだ。 『JUDGE EYES:死神の遺言』の核となるゲームシステムは「龍が如く」とほとんど同じだが、微妙な差異がある。 『JUDGE EYES:死神の遺言』は実際どうだったのか? チャプター1のみが配信された「JUDGE EYES 一章まるごと・スペシャル体験版」ので、自分は製品版に向けていくつか懸念する点を挙げた。 まずは、その不安が当たってしまったか、あるいはみごとに外れたのかを検討していく。 関連記事 体験版の感想に書いた不安や不満は以下の通り。 調査アクションの出来にばらつきがある• 長いプレイ時間の中でバトルに飽きてしまうのではないか• 捻りのないコメディ展開が続くのではないか• 登場人物の台詞が説明過剰ではないか 製品版をクリアして確かめた結果はこうだ。 調査アクションは出来にばらつきがあるどころではなく、最悪• バトルにはすっかり飽きてしまった• 序盤はシリーズで見慣れたいつもの抗争劇だが、中盤から一気に面白くなる• 序盤は説明台詞が多いが、中盤以降は減る 生まれるべきではなかった調査アクション 尾行! 盗撮! 侵入! 追跡! 探索! 変装! 集めた証拠で犯人を追い詰めろ! 『JUDGE EYES』のTVCMは高らかに新システムを謳っているが、要するにこれはアクションアドベンチャーにありがちなステルスミッション、撮影ミッション、ピッキング、チェイスに加えてドローン操作、「逆転裁判」で言うところの「つきつける」といったもののことだ。 体験版をプレイした時は「尾行とドローンつまんない、ピッキングどうでもいい、チェイスはシチュエーション次第かなあ」くらいの感覚で「調査アクションの出来にムラがある」と評した。 まさか、目玉となる 新システムが全部つまらないなんてはずはないと思っていたのだが、そのまさかだった。 難易度が上がる終盤は余計つまらなくなるのだから驚きである。 チャプター2ラストのチェイスが比較的良かったくらいで、他はサーチモードも含めて全部ダメ。 なかでも一番つまらないのが尾行だ。 これほど退屈なステルスシークエンスも珍しい。 苦痛ですらある。 「ターゲットを見失った!!」も、予測不可能なターゲットの動きも、わざとらしいターゲットの警戒動作も、隠れられるのかどうか近づいてみるまでわからないオブジェクトも、長すぎるミッション時間もまったく意味がわからない。 たくさんのつまらない新システムのかわりに「キャバつく」や「カラオケ」は『JUDGE EYES』に存在しない。 ストーリー的必然と出演者の所属事務所的必然があるにせよ、がっかりだ。 さすがに飽きるバトル 10年以上「龍が如く」に触れてきた身としては、技とコンボがカンフー化し動きもスタイリッシュになったところで飽きるものは飽きる。 中盤からバトルがダルくなる現象は「如く」シリーズあるあるだ。 毎回必ずどこかで戦闘をダルく感じだすので『JUDGE EYES』固有の問題ではない。 プレイタイムを引き延ばすかのように延々モブのチンピラを処理させるあの演出さえ抑えれば飽きにくくなるかもしれないのに。 あるいはいつもより控えめな今作のヒートアクションがもっと残酷で面白ければ雑魚戦のモチベーションも上がるし京浜同盟から逃げまわることもなかったのだが。 平坦な序盤からぶちあがる中盤 序盤はゴールデンタイムのしょぼいドラマを模倣しているようにしか見えなかった。 もちろんドラマっぽいのは意図した通りなのだろうが、つまらないドラマの流し見するような部分まで実際にプレイしたくはなかった、というのが率直な感想。 チャプター4くらいまで平坦な展開が続くので、なかなか先に期待を持つのが難しかった。 チャプター5からが本番だ。 物語にエンジンがかかり、一気に巨大な陰謀へと接近する。 「桐生一馬のような戦闘能力を持たない弁護士が主人公のリーガルサスペンス」と思いきや、八神が実は桐生並に好戦的なのでリーガルサスペンスの部分が背景に追いやられてしまうのは気に入らないが、ことの全貌が見えてくるまでは興奮と驚きの連続だ。 ただし、クライマックスを迎える前に物語の構造が完全に露出して犯人や黒幕がわかってからは展開に捻りもなく、最後の数章が消化試合になるのは残念。 それでも説明は多すぎる 『JUDGE EYES』はSFでもファンタジーでもなく我々が良く知る現代社会を舞台としているにも関わらず、きわめて丁寧に舞台設定を説明してくれる。 重要なことは何度でも説明して強調するし、何か展開があったら今何が起こったのかを複数キャラクターの口から確認させる。 「龍が如く」をプレイしたことがない人にとってありがたいフォローではある。 もっとも『JUDGE EYES』は過去作よりグラフィックが強化され表現力も格段に上がっているのだから、長台詞以外で状況を見せる方法もあるべきだ。 説明が多いのはストーリーだけではない。 新しいシステムやミニゲームが導入されるときは必ず、最初の1回は「夫の浮気調査」とか「競馬で作った借金の取り立て」とか「ケーキ盗み食い裁判」とか「離婚調停の護衛」とか、コミカルでわかりやすいチュートリアル的なクエストをこなすことになる。 こうした牧歌的な事件が実は後に本筋に絡んでくる、ということもほぼない。 ただどうでもいいサブクエストがシステム解説のためにメインストーリーに突っ込まれてるだけだ。 ストーリー説明とシステム説明とキャラクター紹介とが序盤にギチギチに詰まっているおかげで、チャプター5までは「ゲームを遊んでいる」というより単に「設定の説明を受けている」という感覚だった。 キャラクターは見た目通りの性格だし、もう神室町のことも東城会のことも知ってるって!特に新システムの調査アクションがことごとくスベっているおかげで、つまらないミニゲームを強制され続けるのは勘弁して欲しかった。 キムタクが如く キムタクのファンというわけではない自分の目から見ても、主人公の八神隆之は本当にキムタクそのもの。 有名人をモデルにしたゲームキャラクターの中でもかなりの再現度ではないだろうか。 「悪人を追い詰めたらその場で事情を何もかも喋ってくれる 喋らないということは実はそれほど追い詰められていない 」「たいていのトラブルは説教すれば美談で収まる」…そもそも「龍が如く」自体に邦ドラ感があるので、「龍が如く」を更にドラマに寄せた『JUDGE EYES』は完全にキムタクのテレビドラマだ。 ドラマの世界のキムタクがリアルな無料案内所やらコンビニやら走行中の車の上やらをバタバタ走り回るのだから、操作自体は桐生ちゃんよりも楽しいかもしれない。 ドラマに思い入れのある人にとっては感動または爆笑する光景も多いはずだ。 『JUDGE EYES:死神の遺言』レビュー総評 『JUDGE EYES』は『龍が如く0』を超えなかった。 脚本はどちらも同じ古田剛志だが、物語、キャラクター、演出、完成度において『龍が如く0』の方が上だ。 『龍が如く 0』は第一章と第二章で一気にプレイヤーを引き込み、第三章と第四章でそれ以上に魅力的な別の物語を展開する。 それに比べて、『JUDGE EYES』のペース配分はいかにもぎこちない。 堂島組ほどユニークではない松金組とマイルドな暴力表現でつばぜり合いを続けること四章、ようやく調子が出だすというのは悠長すぎる。 『龍が如く0』には複雑で魅力的なパーソナリティを持ったキャラクターがたくさん登場する。 堂島組の若頭補佐たち、佐川司、マコト、何より真島吾朗。 『JUDGE EYES』にもこうしたキャラクターがいないわけではない。 ただ結局興味深いと思えるのは八神と羽村くらいで、もっと良いキャラクターになれたはずなのに描写不足で印象に残らない何人かがとても惜しい。 「キムタクドラマの再現」という、一部のユーザーにとって何よりも重要な点ではもちろん『JUDGE EYES』が上だ。 というか世界中のどのゲームよりも上だ。 このゲームのオリジナリティと価値はそこにある。 毎回奇妙な新システムの導入に労を払う龍が如くスタジオだが、今回は調査アクションに足を引っ張られた。 「龍が如く」的熱血ストーリーとキムタクの相性の良さは間違いないものの、『JUDGE EYES』のゲームシステムをここまで「龍が如く」に寄せる必要は感じない。 『JUDGE EYES』をプレイしながら、ちょこっとパロディするくらいじゃなくてしっかり「逆転裁判」のシステムを真似してくれないかな、と思ってしまった。

次の

木村拓哉氏が主演!龍が如くスタジオの新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』発表。キムタク出演のきっかけやゲーム内容も明らかに

キムタクが如く

スポンサーリンク 【発売日2018年12月13日】劣化版「龍が如く」なんて言わせない!木村拓哉さん主演の要注目ゲーム「ジャッジアイズ」 完全新作作品でありながら、いままでこんなに世の中の話題になったゲームがあっただろうか・・ 2016年に龍が如く最終作「」が発売、2018年にはスピアンウト版「」がリリースされ、もう龍が如くシリーズはとりあえずお休みかな?と思っていたところに、まったく予想だにしなかった展開として登場したのが、木村拓哉さん主演によるです。 舞台は神室町、ゲームシステムはまさに龍が如くエンジンそのもの。 まさに新たな龍が如くシリーズの誕生ともいえる作品になりそうな予感がします。 とはいえ、ゲームとしてつまらなければ、買う必要は無し 面白いの?面白くないの?買いなの?スルーなの? ちょっと気になるゲームの中身について、いまわかっている範囲の情報から考察してみましたので、気になっている方は参考にしてみてください。 [amazon] それにしても、木村拓哉さんがゲームに出ていただけるなんて時代は変わったなぁ できればyoutuberデビューした草薙さんに実況プレイして欲しいなぁ 正式名称はジャッジアイズ、でも多くの人がキムタクが如くで検索 ところで気になるのが、当記事でも書いている「キムタクが如く」というネーミング。 本作の正式名称は ジャッジアイズ死神の遺言 となるのでお間違いなく! 「キムタクが如く」というネーミングはあくまでも通称なわけですが、龍が如くエンジンを活用したキムタク版龍が如くとも言える本作ゆえに、ネットでも「キムタクが如く」でワード検索している人がほとんどで、ジャッジアイズで検索する人はごく少数の様子。 ゆえにジャッジアイズという名称自体は、一般認知が弱いかもしれません。 「木村拓哉さんが主役やっている、セガの新作ゲームなんだっけ?」 「えーと、キムタクが如くみたいなヤツだよね!?」 みたいな会話がどうしても周囲からは聞こえてくるわけです。 [amazon] ところで、龍が如くシリーズについては、最近PS3で発売された名作 がPS4にリマスター移植されたりしているので、キムタクが如くきっかけで、このゲームシステムは面白い!と感じてくれたら、ぜひ、歴代の龍が如くシリーズもプレイしてみてはいかがでしょうか? ゲームシステムは「龍が如く」だから新作なのにいきなり完成度高め まずは現在公開されているゲームのショートムービーからチェックしていきましょう。 まさに、龍が如くシリーズまんまといったところです。 龍が如くシリーズは2005年にPS2で発売したアクションゲームで、2018年時点で13年の歴史があります。 これだけの年月を費やしてシリーズ作品が発売されてきましたが、それだけにアクションゲームとしての面白さは熟成され完成しきってしまったところがあります。 いきなり登場した新作ゲームなのに、 いきなり面白い! いままでのゲーム業界の常識をぶち壊す、ゲーム業界の 「いきなりステーキ」みたいな感じかもしれません。 つまり、 いきなりキムタクが如く! [amazon] 別タイトルで例えるならば、長い年月をかけて作られてきたサッカーゲームの本命ウイイレに対抗するサッカーゲームの新作が出てこないように、このジャンルのアクションゲームとしては圧倒的な完成度を誇っているのが龍が如くシリーズであり、かつて類似するタイトルも何本か登場したこともありましたが、龍が如くを超えることはできませんでした。 そんな龍が如くシリーズのゲームエンジンをはそのまま使っているがゆえに、 龍が如くゆえに遊んでくれていたいままでのファンも満足でき 龍が如くゆえに遊んでくれなかった(敬遠していた)人にとってはキムタクというモチーフをもって、これをきっかけに、龍が如くの楽しさを知ることになるかもしれません。 開発元のセガがどこまで考えているかは不明ですが のヒットをもとに、市場拡大で苦戦していた龍が如くシリーズのリブートを狙っているのかもしれませんね。 龍が如くゲームエンジンによるメリット・デメリット 根っからの龍が如くファンで、歴代シリーズを遊び尽くしてきたファンとしては、龍が如くエンジンの転用は嬉しいことでもあり、一方でちょっと物足りない気がするかもしれません。 そこでエンジンを転用することで想定されるメリット、デメリットを考察してみましょう。 メリット 【開発費・開発期間を抑えられる】 ゲーム会社側のメリットとして考えられるのはゲームエンジン活用によりゼロから開発する必要がないため開発期間、開発費を抑えられる効果があります。 これは開発費をケチりたいというよりも、短い開発期間で集中して作り上げるというフットワークの軽さと、それでいながら今回ののように完全新作タイトルでありながら、1作目から一定の品質、クオリティを担保できると言う点はゲーム会社だけでなく、実際にプレイする我々ユーザーにとっても安心して購入できるという点は大きいですね。 【龍が如くファンはもちろん木村拓哉ファンも楽しめる】 龍が如くシリーズって、マンネリ化というか、シリーズ作品が多数発売されているので、ここ最近の販売数もちょっと頭打ちだったようですが、もう1ステップ上を目指す上で今回のような龍が如くファンも、そうでない方も楽しめる味付けは、次の10年に向けた龍が如くシリーズの展開において、ごく自然に必要な流れだったのかもしれませんね。 デメリット というわけで、ゲームエンジン活用においてはメリットの部分が多い感じなのですが、一方で若干のデメリットもあるかもしれません。 【龍が如くシリーズのクオリティは超えないかも】 龍が如くのエンジンを活用しているので、龍が如くシリーズのゲームシステムやクオリティを遥かに超えた我々の想像が追いつかない「すげーゲーム」が登場することはないかもしれません。 また、舞台はどうやら神室町らしいので、龍が如くを遊び尽くしたファンにとっては想像できる範囲でのマップやフィールド、バトルシステムの範囲に収まりそうな気はします。 ポジティブに考えればは 「超安心して遊べるハズレのないゲーム」 ややネガティブに考えれば 「龍が如くファンなら想像できる範囲のゲームで、あとはストーリー展開や脚本の素晴らしさに期待!」 といった感じかもしれません。 JUDGE EYES ジャッジ アイズ :死神の遺言はどんなゲーム? ところで、気になるのゲーム内容について、いま判明しているものをまとめてみました。 【木村拓哉主演】 あのキムタクがゲームに登場するなんて!?しかも現在配信されている体験版をプレイする限りでは、メインストーリーの部分は木村拓哉本人のボイスが入っているんですよね。 やっぱり俳優さんだけあって、その演技は全然別格!キムタクの映画を見ながらゲームをプレイして入り込んでいる感じ。 そんなにキムタク好きでない人でも、このゲームをきっかけにファンになってしまうかもしれません。 それほどにカッコいい! 【調査アクションで探偵気分に浸れる】 龍が如くシリーズにはなかった「調査アクション」なるものが本作では搭載されており、プレイヤーは探偵という身分のもと「聞き込み」「証拠提示」「尾行」「追跡」「変装」「鍵開け」「探索」「盗撮」 など様々な能力を使って証拠や証言を揃えていく感じ。 もちろん龍が如くエンジンなので派手な馬おるもあるのですが、探偵気分が味わえるのは、従来のアクションゲームとしての龍が如くよりも、アドベンチャーゲームとしてのゲーム要素が濃くなった印象があります。 【遊び要素も満載】 龍が如くシリーズといえばゲーム本編から外れたミッションやプレイスポットも人気ですが、本作でもいろいろな遊びが用意されている様子。 「ドローンレース」「VRすごろく」といった、2018年ならではの遊びもできるようなので、それだけでも買いですね。 【やっぱりストーリーは面白い】 龍が如くシリーズもストーリーが魅力だったのですが、龍が如くはあくまでもゲームの中でのストーリー。 でもは、主人公が実在する木村拓哉ということもあり、より現実世界をリアルに感じられるストーリー展開を期待させてくれる内容に仕上がっています。 現在公開されている下記のストーリーPVを見る限りでは、これ面白いヤツですよ!.

次の

キムタクの龍が如く『ジャッジアイズ』の体験版のやり方・方法は?

キムタクが如く

今作は事件モノとなるようだ。 キムタクや中尾彬と思わしき豪華な面々が登場している。 — 電ファミニコゲーマー denfaminicogame キムタクこと木村拓哉さんといえば、全盛期にはドラマに出演すれば「高視聴率は当たり前」だったのは懐かしい話。 例えば、本ゲーム『ジャッジアイ』とは対極の検事役を務めたドラマ『HERO』は、平均視聴率34%超えを記録した人気ドラマで、木村拓哉さんの人気を象徴したドラマだったんです。 キムタクといえば「ドラマ内でもキムタク」と言われるほど、どんなドラマを演じても「木村拓哉のカリスマ像」が抜けない一人。 なので、そんな木村拓哉さんが今回「ゲーム内での動き・声優」でも独自の色を出しているだけに、声優陣と比較すると「棒読み」と揶揄されてしまうのも仕方ないところなんです。 ただ、キムタクの良さといえば「独自のセリフのリズム」と言われるもの。 すでに体験版がリリースされている『ジャッジアイ』は高評価が多く、キムタクがモデルの主人公だからこそ「売れ行き爆発間違いなし」の声も多いのは、棒読みの雰囲気がありつつこそ「それがキムタクの演技」という昔ながらのファンが根強いからだと言われているんです。 キムタク出演のきっかけやゲーム内容も明らかに — 電ファミニコゲーマー denfaminicogame もともとベースとなるゲームが『龍が如く』という任侠モノ。 主人公の桐生一馬はカタギにも関わらず、当時はヤクザだったという設定。 それだけに、女性ユーザーよりも男性ファンが多い一作品だったものの、今回のキムタクのゲーム・『ジャッジアイ』はキムタクが元・弁護士の探偵役として、神室町で数々の事件を解決していくサスペンス色が強いんです。 サスペンス色が強いとは言え、龍が如くスタジオが送る傑作だけに「格闘技シーン」は健在。 あのキムタクが、格闘技をマスターした八神として敵を制圧していく姿には、旧年来のキムタクファンも興奮間違いなしの出来なんです。 キムタクになりきって、神室町=歌舞伎町を闊歩するだけでも「面白い!」と絶賛されるのは間違いないでしょうが、ドラマで務めた検事役とは違う「探偵役」でキムタク色がどのように出るかにも注目が集まっていますよね。 まとめ 元SMAPといえば、各メンバーが様々な舞台で活躍しているもの。 キムタクこと木村拓哉さんも、ドラマや映画に積極的に出演しつつ、今回のキムタクゲームの主人公を演じることはネット上でもかなり期待する声が多いんです。 旧来の龍が如くファンだけじゃなくて、キムタクファンが「ゲーム面白い!」と唸ることが期待される作品。

次の