ズームインサタデー司会者。 ズームイン!!サタデー

ズームイン!!サタデー

ズームインサタデー司会者

日本テレビ系で毎週土曜日に放送されている朝の情報番組『ズームイン!! サタデー』で司会を務めていた同局の上重聡アナウンサー 34 が、3月30日より平日の朝に放送されている情報・ワイドショー『スッキリ!! 』の司会を務めることが6日に発表され、『ズームイン!! サタデー』の新司会者は誰になるのかに注目が集まっていましたが、辻岡義堂アナウンサー 28 が司会を務めることが7日の放送で発表されました。 辻岡アナは現在、毎週日曜日の朝に放送されている『シューイチ』や、平日早朝に放送されている『Oha! 4 NEWS LIVE』などの番組に出演し、過去には昼の情報バラエティ番組『ヒルナンデス! 』等の番組に出演していました。 ちなみに、『Oha! 4 NEWS LIVE』で以前メインキャスターを担当していたフリーアナウンサーの鷲尾春果さん 28 とは大学時代の同級生で、2011年9月に結婚して昨年8月に第1子となる長女が誕生しています。 シューイチにも出演して週末は引っ張りだこやね• メインのイメージが浮かばないな…やっぱり上重アナの方が良かった• 毎朝の汗っかきは見たくないが土曜だけならOKかなw• 安村さんが良かったな• 辻岡アナはまだ固いところがあるから、司会を務める事で徐々にそれを緩和していってほしいね などのコメントがありました。 辻岡アナは、昨年ニュースサイトのORICON STYLEが発表した「第10回 好きな男性アナウンサーランキング」で9位にランクインする等、人気が徐々に上がってきている今注目のアナウンサーで、『ズームイン!! サタデー』の司会を務めることで人気が更に上がることは間違い無いでしょうね。 番組の視聴者からは上重アナを支持する声が多いことや、先輩アナの後を引き継いで司会を務めることに対して大きなプレッシャーを感じているかもしれないのですが、上重アナが言うように辻岡アナは真面目で熱い方なので、番組ではその魅力を十分に発揮し頑張ってほしいと思います。

次の

ズームイン!!朝!

ズームインサタデー司会者

『 ズームイン!! サタデー』(英称: Zoom in!! Saturday、略称: ズムサタ)は、系列でからされているである。 全国29局ネット。 概要 時間としては過去に放送していた『』と『』の後枠で、在京キー局としては当該時間帯初のである。 中継の企画やお天気リレーは関東地方と制作に携わっている基幹局(、、、)のある地域と日テレの計5局で行っていた。 しかし、2009年4月からは地方からの中継が「今日の天キャメラマン」があるだけとなり、事実上不定期となったが、2011年3月を持って廃止された。 ではあるが、基幹局の中継は中継車からの映像が標準画質である場合が多い(放送回線はハイビジョン対応のため一部などの映像はハイビジョン映像で放送されている)。 2009年3月28日まで、本番組は天気予報など一部を除き差し替えはなく、原則全ネット局5:59()開始で放送されていた(ただし、中京テレビでは編成の都合上、放送開始の1996年4月から半年間のみは7:30で終了していた)。 一方その中でも、は最初の1年間は放送されていなかったが、後にフジテレビが『』開始と同時にそれまでのネット番組の代替番組として1997年4月5日に本番組のネットを開始した。 このため、テレビ大分はその1年間のみ土曜朝の全国ニュースの放送がなかった。 2009年4月4日からは、本番組の前に放送していた『』を統合する形で5:30からの2部制の放送に移行する。 また同時に、これまでの開始時間である5:59に飛び乗り点が設けられ、さらに一部地域での編成見直しのため6:28(第2部開始時刻)にも飛び乗り点が設けられることになった。 詳しくは参照。 4月1日からは本番組スポーツコーナーを担当していたが総合司会を務める『』がスタートした。 『ZIP! 』の名前は「 ZOOM IN!! PEOPLE」(ズームイン!! ピープル)の略であり、位置的には『朝! 』から続く「」シリーズの3代目であるが、「ズーム」および「ズームイン!! 」の表示は番組中に一切登場しないため、初代『朝! 『ZIP! 』の最後のCM明けに本番組の「ジャスト!! 日本」の予告をしている(2011年6月以降、ただし金曜日のみ)。 2011年4月2日より放送開始15周年を記念して、デザインなどが変更された。 また同年から編成上の音声がに変更されたが、スタジオ音声はBGM・効果音含めての状態である(ただし、オープニングBGMのみステレオ音源で流れている)。 2016年4月で番組放送開始20周年をむかえるのにあわせて、2016年3月26日から『ズームイン!! SUPER』時代から使われていたスタジオセットが一新された。 2017年4月1日からマイスタジオの改装のためスタジオが変更。 同時に、を開始。 出演者 総合司会・サブ司会・スポーツ・お天気担当・その他コーナー 備考(総合司会)• ( )内は愛称。 男性司会者は全て出演時点で日本テレビアナウンサー。 それぞれ降板後、初代総合司会の福澤は『ズームイン!! 』(『ズームイン!! SUPER』の初代総合司会も担当)、2代目の羽鳥は『ズームイン!! SUPER』の総合司会を担当。 一方、3代目総合司会の矢島は降板して、『』(終了)、『』(から)とスポーツ中継を担当。 4代目総合司会の藤井は降板後、夕方に放送される『』を担当( - 現在)。 5代目総合司会の上重はまで『ズームイン!! SUPER』のスポーツキャスターを担当していた。 降板後のからは『』を担当。 6代目総合司会の辻岡は、『』(月曜日)を兼務している中で就任。 2018年11月より、サブ司会の宮本の読売巨人軍投手総合コーチ就任に伴う番組降板およびその前準備として、宮本が担当していた「プロ野球熱ケツ情報」のリポーター・進行を兼任している。 2020年3月7日放送分は、辻岡が冬休みのため5代目総合司会を務めていた上重が代行した。 備考(サブ司会)• 宮本は就任初回から司会者とともにタイトルコールを行う。 各コーナー出演はもとより、「プロ野球熱ケツ情報」のコーナーではリポートとスタジオ進行を担当。 備考(その他)• スポーツコーナー担当はすべて出演時点で日本テレビアナウンサー。 スポーツコーナー時代の羽鳥は福澤が総合司会の時期のみ担当。 テロップでも「 バード 羽鳥慎一」と記載されていた。 高橋の愛称は担当コーナーに合わせたもの。 桝は2011年4月1日からは『』でメインキャスターを務める。 森は2009年3月30日から2011年3月まで『ズームイン!! SUPER』のエンタコーナーを担当していた。 日本のナレーションも担当していた。 安村は2014年4月から9月まで『ZIP! 』にフィールドキャスターとして出演していた。 現在は『』(金曜日)と『』(木・金)、『』を兼務している中で出演。 望月は罹患のため2018年1月13日放送回を休演。 2019年1月から12月まで月1回「日本全国ビューティー城」のコーナーにが出演していた。 2020年4月11日からは、2020年4月7日に番組を制作している日本テレビが所在する東京都などにが発出されたことや、日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置として辻岡、望月、安村、杉江、ニュース担当の一部出演者のみとなっている。 また、ニュース担当はニュースサタデー時間帯も報道フロアからの出演となり、基本的には一人でニュースを担当する。 スポーツコメンテーター 現在• (ラジオ・ナレーター、2019年4月6日 - )• (、総合プロデューサー兼)*不定期出演 過去• (元巨人投手コーチ。 - 2006年3月25日。 (元監督・巨人ヘッドコーチ。 2006年4月1日 -?? 1998年1月10日 - 2018年12月22日。 (日本テレビアナウンサー・2014年4月5日 - )• (日本テレビアナウンサー・2017年10月7日 - ) 佐藤は前任の久野静香・徳島えりか・滝菜月と同様ニュースの読み上げにのみ出演し、原則としてオープニング・特集コーナー・エンディングなどに直接参加することはないが、特集コーナーのVTRに起用されることはある。 (日本テレビ報道記者・2010年4月3日 - 2013年9月28日) 2005年4月から1年間担当していたため、今回の担当で4年ぶりの担当となった。 宮島香澄(日本テレビ解説委員・2013年10月5日 - 2014年3月29日)• (日本テレビアナウンサー・2012年10月6日 - 2014年3月29日)• (日本テレビアナウンサー・2014年1月18日 - 2014年3月29日)• (日本テレビアナウンサー・2014年4月5日 - 2015年10月3日)• (日本テレビアナウンサー・2015年10月10日 - 2017年3月25日)• (日本テレビアナウンサー・2017年4月1日 - 2017年9月30日) 週替わりゲストMC 2019年から、宮本が巨人投手総合コーチに就任のため、1月から3月までゲストMCが毎週登場した。 タイムテーブル (2019. 9月現在) 当番組のタイムテーブルは、生放送を前提に製作しているため、コーナーの開始時間が異なったり、コーナーが前後に交互する場合がある。 ただし、総合演出の意向や重大ニュース(台風・地震など)の関係で大幅に変更されることが頻繁にある。 「キャスター全員」としているものは、原則として佐藤は除外。 オープニング キャスター全員とサタボー、 2016年3月まではズーミン、チャーミンもいっしょだった で挨拶をした後、この日のラインナップが紹介され、ズームインのポーズをした後にタイトルロゴを表示。 CMの後に天気を伝える。 きょうナニたべたい食堂(2014年10月4日 - ) 前週の放送終了後に佐藤を含むキャスター達が話し合った、特に食べたいもの(地方の特産品など)のうちどれか一つが紹介され、辻岡、望月、宮本が試食する。 2014年9月までは「朝ナニたべたい食堂」だった。 2016年1月は期間限定で「きょう 鍋たべたい食堂」とし、鍋料理に絞って紹介(1月30日は放送を見合わせたため、2月6日に振り替えた)。 ニュースフラッシュ 時間拡大後、5時台のニュースコーナーとして新設(事実上「朝一番ヘッドライン」のエッセンスはこちらが引き継いでいる)。 報道スタジオ news everyスタジオ から。 2011年3月までは小西・上重の担当だったが、2011年4月からは小西・森の担当、森が降板した2012年10月からは小西・藤井恒久の担当、さらに2013年10月からは宮島・藤井の担当になった。 藤井恒久の降板後の2014年4月から、安村・久野が担当し、久野の降板後の2015年10月から、徳島・安村が担当した。 徳島の降板後の2017年4月から、安村・滝が担当していた。 滝の降板後の2017年10月から、安村・佐藤が担当している。 2014年4月から伝える形式が変わった。 新聞ぜ〜んぶ見てみよう! 時間拡大後、新設されたコーナー。 最初にニュースとスポーツを伝え、その後にエンタを伝える。 ニュース・スポーツは辻岡が、エンタは長沢が担当。 サタイチ 辻岡と望月が担当。 昨日あった出来事の中で紹介していく。 2009年3月までは「朝一番ヘッドライン」を引き継いだ番組最初のニュースコーナーだったが、時間拡大後、5時台でも報道フロアからのニュースコーナーが設けられたため、実質2回目のニュースコーナーになっている。 2014年4月からリニューアルした。 事実上「」の前座。 とモーニングスポーツ 安村が担当。 スポーツ全般の話題を扱う。 モッチーのよくばりエンタ 望月がスポーツ紙の芸能面を詳しく紹介していく。 なお、兄弟番組の『ZIP! 』や『スッキリ!! 』ともども、この番組では普通の話題でも芸能人に「さん」付けをする。 スナックモッチー (2013年4月 -) 2013年4月からスタート。 にある、望月がママを務めるスナックという設定で、客として出演するゲストとプライベートなトークを演じる。 ナレーションはが担当。 これ知ってました? (?-2017年2月11日) ZIP! の『チューモーク! 』に類似したコーナー。 今話題の人物やエンターテイメントを取り上げる。 スタジオの壁に「未知の部屋」と書かれた扉が設置されており、扉をノックすると中からスタッフが現れ、お題の書かれたプレート等を差し出すのが定番である。 2017年2月11日の放送分を最後に廃止され、以後スナックモッチーに統一した。 公開1週間前シネマ(2009年3月28日 -) 望月が担当。 公開1週間前の話題のを詳しく紹介する。 今日土曜日だけの詳しく天気 杉江が担当。 関東地方のその日の天気・気温を1時間毎に表示・解説を行う。 2007年までは「ズムサタヘッドライン」と呼ばれていたコーナー。 2015年4月からは辻岡が顔出し読み上げ、2014年4月からは安村が裏読みとなっている。 気象の解説が必要な場合は杉江が担当。 2018年10月頃?から1週間の注目ニュースを伝える形式に変更された。 ズムサタいち押し 日本各地の話題を取り上げるコーナー。 担当者は毎週変動するが、安村や長沢、山崎の出番が多い。 きわめて稀ではあるが視聴者投票を行うコーナーでもある。 プロ野球熱ケツ情報 番組開始当初から存在するコーナーだが、後述する通り開始当初と現在ではコーナ���内容が大きく変遷しているコーナーである。 スタート当初はメインMCの福澤による進行で、平日のズームイン!! における『プロ野球いれコミ情報』同様、前日の試合結果を中心としたプロ野球情報コーナーであった。 1998年1月からは、前年に現役引退し、スポーツコメンテーター兼サブMCとして番組に加入した読売ジャイアンツ元選手の宮本和知が司会を務め、番組降板前の2018年10月まで担当した。 2018年11月以降の司会はメインMCの辻岡が兼任している。 このコーナー内でプロ野球選手の中には特別の地位がある選手や監督(詳しくは当該項目を参照)が存在する。 野球とは関係ないテーマを決め、宮本がそのテーマに沿っての選手 時には監督・コーチ陣もインタビュー対象となる にインタビューしている(宮本が「このコーナーは野球の話は全くしません」と言い放つことも)。 宮本の起用以降も、当初はプロ野球の試合結果や宮本による野球指導のコーナーなどがあり、純然たるプロ野球情報コーナーとして位置付けられていたが、本コーナー内で宮本によるジャイアンツの密着取材を放送した事がきっかけで、徐々に毎週1つのテーマについて宮本が選手・監督・コーチ陣にインタビューする内容が定着。 最終的に試合結果の詳細やダイジェストはスポーツコーナーへ吸収され、プロ野球情報コーナーからジャイアンツを中心としたプロ野球選手・指導陣の素顔に迫るバラエティーコーナーへシフトしている。 また、のでは、未公開映像を含めた30分の『ズムサタ プロ野球熱ケツ情報』が独立番組として放送されている。 ジャイアンツが取材の功績を称え、このコーナー、及び本番組に対して感謝状を送ったことのある、球団公認のコーナーである(ジャイアンツの公式ホームページでは、毎週金曜日に翌日の放送で取り扱うテーマを紹介している。 ただし、まれに権利上の関係などで紹介されない場合もある)。 コーナー開始時には長年『』のエンディング曲で「この星を この街を」のイントロ部分が流れていたが、2019年5月11日より作曲のインストゥルメンタル曲が用いられている。 2017年度はが当コーナーで出た発言などをほぼ毎週掲載していた。 デイリーはの記事をメインに構成されており、ライバル球団専門のコーナーを記事にするのは極めて異例。 2018年10月27日の放送で、宮本が読売ジャイアンツ投手総合コーチ就任に伴い同年12月で降板し、後任はMCである辻岡が担当することが発表された。 同時に、同年11月に宮本がコーチとして秋季キャンプに帯同することから、降板前の11月と12月の放送で宮本が取材・進行する事が困難となった為、10月27日の放送を以て取材・進行の役割は宮本の番組降板に先立って辻岡に引き継がれた。 ワンダフルHulu で配信されている映画等の作品を、長沢と山崎が紹介する。 犬をモチーフにしたマスコットキャラ「ふるおくん」が登場する。 サタボーの週末占い 放送日当日及び翌日の運勢を12星座別に紹介。 かつては、最後にその日の一番運勢のいい星座を望月が発表していた。 最近は、エンディングで画面の右上に載るぐらいの簡素なものになった。 また、キャスターの読み上げもなくなった。 エンディング マイスタジオ前にキャスター全員と一般の親子連れが集まり、辻岡が「さんからのお知らせです」と言い、翌日の『』の予告をする。 その後、その日に誕生日を迎える子供の名前を一人ずつ呼び(時間があれば、誕生日以外の子供も呼ぶ)、最後にレギュラー陣でポーズと共に「ズームイン!! また来週(年内最後はよいお年を)! 」と言って終了する。 子供の名前紹介は、2020年2月22日から新型コロナウイルスの感染問題のため、自粛となった。 以前放送されていたコーナー• 2006年9月30日より「サタイチ」に改題• スポーツ紙チェック(1996年4月 - 2006年9月)• けさの注目記事(1996年4月 - 2006年3月)• 日本」のコーナー(不定期)で放送中。 かつての「ズームイン!! 」のコーナー「N. ヘッドライン」の土曜版。 話題の!? 現場検証(開始 - 2006年? 月 街頭調査をするコーナー。 主に若年女性の流行を取り上げる。 2006年4月以降はレギュラーでの放送がなくなった。 内容は「ズームイン!! SUPER」の「」に引き継がれている。 願いがかなう風水(開始 - 1997年頃、福澤担当時でエンディング近くに放送・同じくDr. コパが担当していた)• 週末ちょい旅(開始? - 2006年? 月 週末のイベントを紹介(時々中継もする)。 当初は6時台後半だったが、2006年4月よりエンディングに移った)• けさのスポーツ紙一面• マンスリースペシャル(2007年2月 - 不明) これまで(着ぐるみの)サタボー〔「番組のマスコットキャラクター」参照〕が芸能レポーターとして芸能情報を伝える「サタボーのもっとよくばりエンタ」や(着ぐるみの)サタボーが芸能人と一緒に遊ぶ「サタボーあそぼー」などを放送。 なお、この時間帯にのコラボレーション企画を放送することがあり、特にのが主演するドラマとコラボがほとんどでその時だけ、亀梨は「亀梨プロデューサー」という設定。 また、後に『』とのコラボの際にはのがアシスタントプロデューサーに任命されている。 天気リレー(2009年3月まで) 6時台:各地と中継を結び、オリジナルの大型温度計を使ってその場所の天気や気温を伝えるコーナー。 中継する局は基本的に幹部局のみ(MMTとHTVを除く)。 7時台:札幌テレビ、中京テレビ、読売テレビ、福岡放送の順に各局のキャスターが伝え、最後は日本テレビ(マイスタ前)でお天気キャスターが全国の天気を伝えてコーナーを締める。 今日の天キャメラマン(2009年4月から数ヶ月間) NNN系列局の協力により、各地の生の風景をお天気カメラで見ていくコーナー。 リポートは各局の社屋内からディレクターや記者が天カメを操作しながら伝えていたが、音声はほとんどがではなく電話回線からのものだった。 現在も台風中継などの時にこの方式をとることがある。 上重お役立ち新聞(2010年4月 - 9月) 各朝刊の一面・中面を詳しく紹介する。 2010年3月27日まで「朝刊ニュースの目」と呼ばれていたコーナー。 理科系男子 "ます"たいちのスポーツ新聞でござい"ます"(2010年4月から9月) 前身は「高橋くんの3分スポーツ新聞」で桝太一がスポーツ紙一面を紹介していく。 高橋はエプロン姿と調理器具型の差し棒(ベル付)でコーナーを進行していたが、桝は白衣姿と虫眼鏡型の差し棒(ベル付)で進行する。 サタトピ(2007年4月 - 2010年9月) その週の注目ニュースを深く掘り下げる特集コーナー。 2007年より「特集!! サタデー」から改題された。 また「注目ランキング」も不定期で行われる。 「注目ベタランキング」第1位の話題を扱う場合はそのままVTRが連結される形でコーナーが始まる。 2007年9月までは藤井と伊藤奈穂子(週代わりで今中麻貴)が進行していた。 2007年10月からは元アナウンサーの山元香里がロケも含めて担当していたが、山元降板以降は伊藤や岸本梓が担当している。 新聞エンタとって出し(2010年10月2日 - 2011年2月19日) スポーツ紙などの三面記事にある記事を紹介する芸能コーナー。 朝刊から Pick UP! (2010年11月13日 - 2011年3月5日) 各朝刊の一面・中面を詳しく紹介する。 2010年4月から半年間放送されていた「上重お役立ち新聞」に若干似ている。 1を発表。 1に選ばれたペットからグランドチャンピオンを決める「グランドチャンピオン大会」を開催。 エンタ特技見せ(2011年5月14日 - 2012年3月31日と2012年4月7日の新聞ぜ〜んぶ見てみよう!のコーナ内) 望月が芸能人のもとを訪れ、特技を披露してもらう。 望月の判断により、特技と認定されないものもある(2011年9月10日放送でが披露したヒーローバック宙など)。 芸能人がどんな特技なのかを発表した時に、望月とスタッフ(番組側・芸能人側両方とも)が「ええっ!? 」と驚きのリアクションをするのがお約束となっている。 みんなのキモッチー(2012年4月14日 - 2013年3月30日)• クイズ・今日のジャスト!! (2011年4月9日 - 2014年9月27日) 当日の「ジャスト!! ほとんどは、1問目は正解が発表されるが、2問目についてはなく、「正解は7時20分ごろからのジャスト日本で! エース上重は見た! 2010年4月3日-2015年3月28日 上重が話題のスポットを取材するコーナー。 このコーナーからはキャスター全員が着座してマイスタジオから放送、VTR後のフリートークの最後からコーナーが繋がっていく。 杉江勇次のドラマーチック天気? - 2015年7月頃 杉江、山崎、宮本が担当。 杉江が詳しい天気を伝える際に趣味のドラムを叩くパフォーマンスを行う(悪天候などの場合は中止)。 義堂が参ります。 (2015年4月4日 -? ) 2015年4月4日から辻岡が総合司会に就任したことに伴い、「エース上重は見た! 」を改題したコーナー。 辻岡が渋谷の繁華街などをリポートし、特定の話題に関するいろいろな話を聞く、「話題の!? 現場検証」時代から続くトレンド情報。 マスコットキャラクター 「ズムサタ」ではかつて土曜日の「 土」の字をモチーフにした「サタッピ」と「サタミ」というキャラクターを2005年1月から設けていた。 しかし『ズームイン!! SUPER』の「ズーミン」よりマイナーな印象があったせいか、2006年3月いっぱいで姿を消した。 その後「サタッピ」・「サタミ」に代わるキャラクターが2006年から登場。 『ズームイン!! SUPER』同様、鳥をモチーフにしたキャラクターで「ズーミン・チャーミン」(以下、略称「ズーチャー」と表記)のという設定。 体毛は2006年4月からのタイトルロゴと同じ緑色でを着用(着ぐるみは両端に「Z」と表記されているゴーグルを着用)し、ズーチャーより脚が長く、お腹に「ZS」と書かれている。 当時の司会者である藤井の左利きをイメージしている為、「ズームイン!! このキャラクターの名称募集が2006年から行われていたが、同年の放送でキャラクター名が「 サタボー」に決定した(ドラマ『』の宣伝に来ていたのが応募数の多かった上位5つの中から選んで決定)。 グッズは2006年に発売された。 2011年3月31日を以って『ズームイン!! SUPER』が終了することになったため、ズーチャーのキャラクター消滅も考えられたが、多くの視聴者からの要望に応え、同年4月以降は本番組に移動し、サタボーと3羽揃って登場することになった。 2016年3月26日を以ってズーチャーは番組を卒業。 その際辻岡アナから「ふるさとの「鳥の島 とりのしま 」に帰る事になった」と説明され、お別れの挨拶をした後、赤いカーテンの「とりのしまの入り口」に入って飛び立ち、絵本の中に入るアニメーションが挿入される演出で締めくくられた。 ズーミンは『ズームイン!! SUPER』から約13年、チャーミンは約10年活躍し続けた。 (サタボーのみ番組続投)。 サタボーは2018年のドラマ『』で、共亜火災保険のイメージキャラクター『きょうあ君』として第1話、第5話、第6話に出演している。 キャラクター一覧 現在• サタボー(2006年4月29日 - 現在) 過去• サタッピ(2005年1月 - 2006年3月)• サタミ(2005年1月 - 2006年3月)• (『』終了に伴う引っ越し・2011年4月2日 - 2016年3月26日)• (同上) 出演者のニックネーム 出演者を親しみを込めて呼ぶことが多い。 国木田かっぱの「かっぱちゃん(さん)」のような氏名の 名を呼ぶのがほとんどである。 しかし「バード羽鳥」「ヤッシー矢島」「ターボ藤井」「エース上重」「ギドー辻岡」「モッチー(望月)」といった「ニックネーム」がズムサタの独自性といえ、ほかの番組に出演するときでもこの場でついた名前で呼ばれることが多々ある(羽鳥や矢島など)。 司会者のニックネームについては、福澤は番組開始以前から名乗っていた「ジャストミート」を使用し、羽鳥は番組開始時に公募したが応募件数が少なく結局福澤から「バードでいいんじゃない?」と名づけられた。 矢島以降は番組で公募し、ズムサタ終身名誉顧問である原辰徳に決めてもらうことが恒例となっている。 辻岡については公募はしたものの、最終的には福澤から提案された「ギドー」を原が気に入り決定した。 終身名誉会長 … (監督(2002年 - 2003年、2006年 - 2015年、2019年 - )。 なお、終身名誉顧問とは本番組放送開始当時の巨人監督・が2001年に退任した時に与えられた終身名誉監督がその由来)• 同コーナーでの当初の肩書は「中日広報」であったが、中日のリーグ優勝時に勝手にセ・リーグ統括を名乗ったため、現在まで定着)• ピッチボーイズ … (2008年退団、2018年復帰、2019年引退)、(2007年引退) しかし、上記のメンバーの多くは移籍や退団などで巨人軍を去ってしまい、この地位表現が使われる機会は激減している。 2000年代後半からは(現・福岡ソフトバンクホークス2軍打撃コーチ)を筆頭に、(現・一軍バッテリーコーチ)、(引退)、などで結成されたウーウー隊(の持ちネタでのサイレンを真似した「ウーウー」を頻繁に行う集団。 特に大道はこのコーナーで選手を仕切る事が多く、司会の宮本から「(番組)プロデューサーみたいだ」などと言われたことがある。 さらに、2017年シーズンからは日ハムから移籍してきたが独特な価値観の持ち主であることと、話術が優れていることもあって、新レギュラーになりつつある。 また、2010年4月7日に急逝したコーチのも、巨人での現役時代はこのコーナーの常連、ズムサタレギュラーであり、2009年のオフには広島の自宅に、このコーナーで宮本が取材に行くほどであった。 そのため、同年4月10日の放送回では「プロ野球熱ケツ情報」と「ジャスト!! 日本」分の時間を使い、追悼特集をCMを挟まずに放送した(この日の「ジャスト!! 日本」は2週連続放送の特集『外国人インタビュー』の後編を放送する予定であったが、コーナーを休止し、後編はその翌週放送となった)。 その他に、(引退、現・一軍投手チーフコーチ)が描いた絵を、毎年オフシーズンに紹介する『木田画伯展』などの企画は、該当する選手が巨人を去った後も継続して行われており、そういった選手もズムサタレギュラーと呼ばれている。 ネット局• 〇…同時ネット(5:59飛び乗り) スタッフ 〈タレントスタッフ〉• 総合プロデューサー:() - 不定期出演(亀梨主演のドラマや映画の宣伝、プロ野球巨人戦開幕時(プロ野球スペシャルサポーターも担当)など)• AP:() - 不定期出演(ドラマ・映画・新曲の宣伝など) 〈通常スタッフ〉• 演出:高井健司• 日本担当、一時離脱も復帰していた)、山口葵、中尾阿���(以前は、ニュース担当)、猪口義之(週替り交代)• エンタデスク:藤田梨奈• TM:川合亮• SW:三井隆裕、村松明(週替り交代)• カメラ:池田純哉、中村佳央、加美山稔、津野祐一、濱川和人、橋本圭祐、星合陽介、西阪康史、渡邊晃、伊藤孝浩、横田将宏(週替り交代)• 音声:藤岡絵里子、寺田恭子、榊原大輔(週替り交代)• VE:塩原和益、笈川太(週替り交代)• 照明:大野精一、鈴木道隆、坂口尚真、大矢晃、山内圭、大川俊 敏 行、掛橋司、佐野広之、本木卓、貫井亜廉、中山佑宇(週替り交代)• 美術:本田恵子• TK:桜井えみこ、居波初子(週替り交代)• AP:山下田歌子(デスクの回あり)• 音効:島野高一、石橋裕司• ECG:辻根昌枝、石黒好美• 編集:福井洋、石毛孝• ライター:池田正喜(一時離脱も復帰していた)、板垣悟司、富永淳一、板橋めぐみ、浜崎美帆、小田川朋広、細村卓也、川瀬吉宏(週替り交代)• 構成:西村耕平(以前は、リサーチャー)• リサーチャー:吉嶋亮• ブレーン:川上伸一(以前は、構成)• キャラクター:宮城創(Middle)• 音楽:小野雄紀(2011年4月2日 -。 2019年4月よりオープニングテーマはが編曲したものを使用)• 制作協力:、(旧:)• チーフプロデューサー:関健一(2018年6月9日 - )• 製作著作:日本テレビ 過去のスタッフ• 構成:、(番組開始から1998年8月まで)• ディレクター:• ジャスト!! スポーツ担当:黒田清隆、島村茂樹、盛田和哉• 熱ケツ:大矢裕之、石川絵里、西尾玲香• エンタ担当:、小川裕之(以前は、ジャスト!! 新聞:藤田正和、斎藤陽子、中村克之• 日本担当)、田中孝将、山内かのこ、熊谷航太郎、塚本和也、濱田大樹、菅原広、工藤啓史• TD:一ノ瀬健次、今村公威、遠藤裕二、牛山敏彦、矢込宏敬、佐藤勝義、三山隆浩、荻野高康• SW:高梨正利、米田博之、村上和正• カメラ:渡辺滋雄、榎本丈之、小林豊、日向野崇、井出善彦、岡田勇輝• 音声:荒井吉春、三石敏生• 照明:吉松耕司、野村博幸、木村明、浅見俊一、佐々木靖、佐々木康雄、大前英樹、徳永博一、市原伸、秋長稔、高星武志、森田恵太郎、菅原佑介、高橋正彦• VE:梅津孝一• 中継:大熊昇、田村好彦、山根寿彦• 美術:高野豊• 大道具:町山宏• TK:柏木梨佐• ECG:滝澤奈美子• 編集:要田和宏• デスク:小早川純世• 総合演出:• 制作協力:(旧:) 兄弟番組• (月 - 金 7:00 - 8:30)〔1996年4月1日 - 2001年9月30日〕 - 末期の司会は本番組初代男性司会の福澤が務めた。 月 - 金 5:50 - 8:00 〔2011年4月1日 - 〕 - 司会は2010年 - 2011年に本番組のスポーツコーナーを担当していた桝が務める。 脚注 [] 外部リンク• zumusata -.

次の

ズームイン!!朝!

ズームインサタデー司会者

『 ズームイン!! サタデー』(英称: Zoom in!! Saturday、略称: ズムサタ)は、系列でからされているである。 全国29局ネット。 概要 時間としては過去に放送していた『』と『』の後枠で、在京キー局としては当該時間帯初のである。 中継の企画やお天気リレーは関東地方と制作に携わっている基幹局(、、、)のある地域と日テレの計5局で行っていた。 しかし、2009年4月からは地方からの中継が「今日の天キャメラマン」があるだけとなり、事実上不定期となったが、2011年3月を持って廃止された。 ではあるが、基幹局の中継は中継車からの映像が標準画質である場合が多い(放送回線はハイビジョン対応のため一部などの映像はハイビジョン映像で放送されている)。 2009年3月28日まで、本番組は天気予報など一部を除き差し替えはなく、原則全ネット局5:59()開始で放送されていた(ただし、中京テレビでは編成の都合上、放送開始の1996年4月から半年間のみは7:30で終了していた)。 一方その中でも、は最初の1年間は放送されていなかったが、後にフジテレビが『』開始と同時にそれまでのネット番組の代替番組として1997年4月5日に本番組のネットを開始した。 このため、テレビ大分はその1年間のみ土曜朝の全国ニュースの放送がなかった。 2009年4月4日からは、本番組の前に放送していた『』を統合する形で5:30からの2部制の放送に移行する。 また同時に、これまでの開始時間である5:59に飛び乗り点が設けられ、さらに一部地域での編成見直しのため6:28(第2部開始時刻)にも飛び乗り点が設けられることになった。 詳しくは参照。 4月1日からは本番組スポーツコーナーを担当していたが総合司会を務める『』がスタートした。 『ZIP! 』の名前は「 ZOOM IN!! PEOPLE」(ズームイン!! ピープル)の略であり、位置的には『朝! 』から続く「」シリーズの3代目であるが、「ズーム」および「ズームイン!! 」の表示は番組中に一切登場しないため、初代『朝! 『ZIP! 』の最後のCM明けに本番組の「ジャスト!! 日本」の予告をしている(2011年6月以降、ただし金曜日のみ)。 2011年4月2日より放送開始15周年を記念して、デザインなどが変更された。 また同年から編成上の音声がに変更されたが、スタジオ音声はBGM・効果音含めての状態である(ただし、オープニングBGMのみステレオ音源で流れている)。 2016年4月で番組放送開始20周年をむかえるのにあわせて、2016年3月26日から『ズームイン!! SUPER』時代から使われていたスタジオセットが一新された。 2017年4月1日からマイスタジオの改装のためスタジオが変更。 同時に、を開始。 出演者 総合司会・サブ司会・スポーツ・お天気担当・その他コーナー 備考(総合司会)• ( )内は愛称。 男性司会者は全て出演時点で日本テレビアナウンサー。 それぞれ降板後、初代総合司会の福澤は『ズームイン!! 』(『ズームイン!! SUPER』の初代総合司会も担当)、2代目の羽鳥は『ズームイン!! SUPER』の総合司会を担当。 一方、3代目総合司会の矢島は降板して、『』(終了)、『』(から)とスポーツ中継を担当。 4代目総合司会の藤井は降板後、夕方に放送される『』を担当( - 現在)。 5代目総合司会の上重はまで『ズームイン!! SUPER』のスポーツキャスターを担当していた。 降板後のからは『』を担当。 6代目総合司会の辻岡は、『』(月曜日)を兼務している中で就任。 2018年11月より、サブ司会の宮本の読売巨人軍投手総合コーチ就任に伴う番組降板およびその前準備として、宮本が担当していた「プロ野球熱ケツ情報」のリポーター・進行を兼任している。 2020年3月7日放送分は、辻岡が冬休みのため5代目総合司会を務めていた上重が代行した。 備考(サブ司会)• 宮本は就任初回から司会者とともにタイトルコールを行う。 各コーナー出演はもとより、「プロ野球熱ケツ情報」のコーナーではリポートとスタジオ進行を担当。 備考(その他)• スポーツコーナー担当はすべて出演時点で日本テレビアナウンサー。 スポーツコーナー時代の羽鳥は福澤が総合司会の時期のみ担当。 テロップでも「 バード 羽鳥慎一」と記載されていた。 高橋の愛称は担当コーナーに合わせたもの。 桝は2011年4月1日からは『』でメインキャスターを務める。 森は2009年3月30日から2011年3月まで『ズームイン!! SUPER』のエンタコーナーを担当していた。 日本のナレーションも担当していた。 安村は2014年4月から9月まで『ZIP! 』にフィールドキャスターとして出演していた。 現在は『』(金曜日)と『』(木・金)、『』を兼務している中で出演。 望月は罹患のため2018年1月13日放送回を休演。 2019年1月から12月まで月1回「日本全国ビューティー城」のコーナーにが出演していた。 2020年4月11日からは、2020年4月7日に番組を制作している日本テレビが所在する東京都などにが発出されたことや、日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置として辻岡、望月、安村、杉江、ニュース担当の一部出演者のみとなっている。 また、ニュース担当はニュースサタデー時間帯も報道フロアからの出演となり、基本的には一人でニュースを担当する。 スポーツコメンテーター 現在• (ラジオ・ナレーター、2019年4月6日 - )• (、総合プロデューサー兼)*不定期出演 過去• (元巨人投手コーチ。 - 2006年3月25日。 (元監督・巨人ヘッドコーチ。 2006年4月1日 -?? 1998年1月10日 - 2018年12月22日。 (日本テレビアナウンサー・2014年4月5日 - )• (日本テレビアナウンサー・2017年10月7日 - ) 佐藤は前任の久野静香・徳島えりか・滝菜月と同様ニュースの読み上げにのみ出演し、原則としてオープニング・特集コーナー・エンディングなどに直接参加することはないが、特集コーナーのVTRに起用されることはある。 (日本テレビ報道記者・2010年4月3日 - 2013年9月28日) 2005年4月から1年間担当していたため、今回の担当で4年ぶりの担当となった。 宮島香澄(日本テレビ解説委員・2013年10月5日 - 2014年3月29日)• (日本テレビアナウンサー・2012年10月6日 - 2014年3月29日)• (日本テレビアナウンサー・2014年1月18日 - 2014年3月29日)• (日本テレビアナウンサー・2014年4月5日 - 2015年10月3日)• (日本テレビアナウンサー・2015年10月10日 - 2017年3月25日)• (日本テレビアナウンサー・2017年4月1日 - 2017年9月30日) 週替わりゲストMC 2019年から、宮本が巨人投手総合コーチに就任のため、1月から3月までゲストMCが毎週登場した。 タイムテーブル (2019. 9月現在) 当番組のタイムテーブルは、生放送を前提に製作しているため、コーナーの開始時間が異なったり、コーナーが前後に交互する場合がある。 ただし、総合演出の意向や重大ニュース(台風・地震など)の関係で大幅に変更されることが頻繁にある。 「キャスター全員」としているものは、原則として佐藤は除外。 オープニング キャスター全員とサタボー、 2016年3月まではズーミン、チャーミンもいっしょだった で挨拶をした後、この日のラインナップが紹介され、ズームインのポーズをした後にタイトルロゴを表示。 CMの後に天気を伝える。 きょうナニたべたい食堂(2014年10月4日 - ) 前週の放送終了後に佐藤を含むキャスター達が話し合った、特に食べたいもの(地方の特産品など)のうちどれか一つが紹介され、辻岡、望月、宮本が試食する。 2014年9月までは「朝ナニたべたい食堂」だった。 2016年1月は期間限定で「きょう 鍋たべたい食堂」とし、鍋料理に絞って紹介(1月30日は放送を見合わせたため、2月6日に振り替えた)。 ニュースフラッシュ 時間拡大後、5時台のニュースコーナーとして新設(事実上「朝一番ヘッドライン」のエッセンスはこちらが引き継いでいる)。 報道スタジオ news everyスタジオ から。 2011年3月までは小西・上重の担当だったが、2011年4月からは小西・森の担当、森が降板した2012年10月からは小西・藤井恒久の担当、さらに2013年10月からは宮島・藤井の担当になった。 藤井恒久の降板後の2014年4月から、安村・久野が担当し、久野の降板後の2015年10月から、徳島・安村が担当した。 徳島の降板後の2017年4月から、安村・滝が担当していた。 滝の降板後の2017年10月から、安村・佐藤が担当している。 2014年4月から伝える形式が変わった。 新聞ぜ〜んぶ見てみよう! 時間拡大後、新設されたコーナー。 最初にニュースとスポーツを伝え、その後にエンタを伝える。 ニュース・スポーツは辻岡が、エンタは長沢が担当。 サタイチ 辻岡と望月が担当。 昨日あった出来事の中で紹介していく。 2009年3月までは「朝一番ヘッドライン」を引き継いだ番組最初のニュースコーナーだったが、時間拡大後、5時台でも報道フロアからのニュースコーナーが設けられたため、実質2回目のニュースコーナーになっている。 2014年4月からリニューアルした。 事実上「」の前座。 とモーニングスポーツ 安村が担当。 スポーツ全般の話題を扱う。 モッチーのよくばりエンタ 望月がスポーツ紙の芸能面を詳しく紹介していく。 なお、兄弟番組の『ZIP! 』や『スッキリ!! 』ともども、この番組では普通の話題でも芸能人に「さん」付けをする。 スナックモッチー (2013年4月 -) 2013年4月からスタート。 にある、望月がママを務めるスナックという設定で、客として出演するゲストとプライベートなトークを演じる。 ナレーションはが担当。 これ知ってました? (?-2017年2月11日) ZIP! の『チューモーク! 』に類似したコーナー。 今話題の人物やエンターテイメントを取り上げる。 スタジオの壁に「未知の部屋」と書かれた扉が設置されており、扉をノックすると中からスタッフが現れ、お題の書かれたプレート等を差し出すのが定番である。 2017年2月11日の放送分を最後に廃止され、以後スナックモッチーに統一した。 公開1週間前シネマ(2009年3月28日 -) 望月が担当。 公開1週間前の話題のを詳しく紹介する。 今日土曜日だけの詳しく天気 杉江が担当。 関東地方のその日の天気・気温を1時間毎に表示・解説を行う。 2007年までは「ズムサタヘッドライン」と呼ばれていたコーナー。 2015年4月からは辻岡が顔出し読み上げ、2014年4月からは安村が裏読みとなっている。 気象の解説が必要な場合は杉江が担当。 2018年10月頃?から1週間の注目ニュースを伝える形式に変更された。 ズムサタいち押し 日本各地の話題を取り上げるコーナー。 担当者は毎週変動するが、安村や長沢、山崎の出番が多い。 きわめて稀ではあるが視聴者投票を行うコーナーでもある。 プロ野球熱ケツ情報 番組開始当初から存在するコーナーだが、後述する通り開始当初と現在ではコーナ���内容が大きく変遷しているコーナーである。 スタート当初はメインMCの福澤による進行で、平日のズームイン!! における『プロ野球いれコミ情報』同様、前日の試合結果を中心としたプロ野球情報コーナーであった。 1998年1月からは、前年に現役引退し、スポーツコメンテーター兼サブMCとして番組に加入した読売ジャイアンツ元選手の宮本和知が司会を務め、番組降板前の2018年10月まで担当した。 2018年11月以降の司会はメインMCの辻岡が兼任している。 このコーナー内でプロ野球選手の中には特別の地位がある選手や監督(詳しくは当該項目を参照)が存在する。 野球とは関係ないテーマを決め、宮本がそのテーマに沿っての選手 時には監督・コーチ陣もインタビュー対象となる にインタビューしている(宮本が「このコーナーは野球の話は全くしません」と言い放つことも)。 宮本の起用以降も、当初はプロ野球の試合結果や宮本による野球指導のコーナーなどがあり、純然たるプロ野球情報コーナーとして位置付けられていたが、本コーナー内で宮本によるジャイアンツの密着取材を放送した事がきっかけで、徐々に毎週1つのテーマについて宮本が選手・監督・コーチ陣にインタビューする内容が定着。 最終的に試合結果の詳細やダイジェストはスポーツコーナーへ吸収され、プロ野球情報コーナーからジャイアンツを中心としたプロ野球選手・指導陣の素顔に迫るバラエティーコーナーへシフトしている。 また、のでは、未公開映像を含めた30分の『ズムサタ プロ野球熱ケツ情報』が独立番組として放送されている。 ジャイアンツが取材の功績を称え、このコーナー、及び本番組に対して感謝状を送ったことのある、球団公認のコーナーである(ジャイアンツの公式ホームページでは、毎週金曜日に翌日の放送で取り扱うテーマを紹介している。 ただし、まれに権利上の関係などで紹介されない場合もある)。 コーナー開始時には長年『』のエンディング曲で「この星を この街を」のイントロ部分が流れていたが、2019年5月11日より作曲のインストゥルメンタル曲が用いられている。 2017年度はが当コーナーで出た発言などをほぼ毎週掲載していた。 デイリーはの記事をメインに構成されており、ライバル球団専門のコーナーを記事にするのは極めて異例。 2018年10月27日の放送で、宮本が読売ジャイアンツ投手総合コーチ就任に伴い同年12月で降板し、後任はMCである辻岡が担当することが発表された。 同時に、同年11月に宮本がコーチとして秋季キャンプに帯同することから、降板前の11月と12月の放送で宮本が取材・進行する事が困難となった為、10月27日の放送を以て取材・進行の役割は宮本の番組降板に先立って辻岡に引き継がれた。 ワンダフルHulu で配信されている映画等の作品を、長沢と山崎が紹介する。 犬をモチーフにしたマスコットキャラ「ふるおくん」が登場する。 サタボーの週末占い 放送日当日及び翌日の運勢を12星座別に紹介。 かつては、最後にその日の一番運勢のいい星座を望月が発表していた。 最近は、エンディングで画面の右上に載るぐらいの簡素なものになった。 また、キャスターの読み上げもなくなった。 エンディング マイスタジオ前にキャスター全員と一般の親子連れが集まり、辻岡が「さんからのお知らせです」と言い、翌日の『』の予告をする。 その後、その日に誕生日を迎える子供の名前を一人ずつ呼び(時間があれば、誕生日以外の子供も呼ぶ)、最後にレギュラー陣でポーズと共に「ズームイン!! また来週(年内最後はよいお年を)! 」と言って終了する。 子供の名前紹介は、2020年2月22日から新型コロナウイルスの感染問題のため、自粛となった。 以前放送されていたコーナー• 2006年9月30日より「サタイチ」に改題• スポーツ紙チェック(1996年4月 - 2006年9月)• けさの注目記事(1996年4月 - 2006年3月)• 日本」のコーナー(不定期)で放送中。 かつての「ズームイン!! 」のコーナー「N. ヘッドライン」の土曜版。 話題の!? 現場検証(開始 - 2006年? 月 街頭調査をするコーナー。 主に若年女性の流行を取り上げる。 2006年4月以降はレギュラーでの放送がなくなった。 内容は「ズームイン!! SUPER」の「」に引き継がれている。 願いがかなう風水(開始 - 1997年頃、福澤担当時でエンディング近くに放送・同じくDr. コパが担当していた)• 週末ちょい旅(開始? - 2006年? 月 週末のイベントを紹介(時々中継もする)。 当初は6時台後半だったが、2006年4月よりエンディングに移った)• けさのスポーツ紙一面• マンスリースペシャル(2007年2月 - 不明) これまで(着ぐるみの)サタボー〔「番組のマスコットキャラクター」参照〕が芸能レポーターとして芸能情報を伝える「サタボーのもっとよくばりエンタ」や(着ぐるみの)サタボーが芸能人と一緒に遊ぶ「サタボーあそぼー」などを放送。 なお、この時間帯にのコラボレーション企画を放送することがあり、特にのが主演するドラマとコラボがほとんどでその時だけ、亀梨は「亀梨プロデューサー」という設定。 また、後に『』とのコラボの際にはのがアシスタントプロデューサーに任命されている。 天気リレー(2009年3月まで) 6時台:各地と中継を結び、オリジナルの大型温度計を使ってその場所の天気や気温を伝えるコーナー。 中継する局は基本的に幹部局のみ(MMTとHTVを除く)。 7時台:札幌テレビ、中京テレビ、読売テレビ、福岡放送の順に各局のキャスターが伝え、最後は日本テレビ(マイスタ前)でお天気キャスターが全国の天気を伝えてコーナーを締める。 今日の天キャメラマン(2009年4月から数ヶ月間) NNN系列局の協力により、各地の生の風景をお天気カメラで見ていくコーナー。 リポートは各局の社屋内からディレクターや記者が天カメを操作しながら伝えていたが、音声はほとんどがではなく電話回線からのものだった。 現在も台風中継などの時にこの方式をとることがある。 上重お役立ち新聞(2010年4月 - 9月) 各朝刊の一面・中面を詳しく紹介する。 2010年3月27日まで「朝刊ニュースの目」と呼ばれていたコーナー。 理科系男子 "ます"たいちのスポーツ新聞でござい"ます"(2010年4月から9月) 前身は「高橋くんの3分スポーツ新聞」で桝太一がスポーツ紙一面を紹介していく。 高橋はエプロン姿と調理器具型の差し棒(ベル付)でコーナーを進行していたが、桝は白衣姿と虫眼鏡型の差し棒(ベル付)で進行する。 サタトピ(2007年4月 - 2010年9月) その週の注目ニュースを深く掘り下げる特集コーナー。 2007年より「特集!! サタデー」から改題された。 また「注目ランキング」も不定期で行われる。 「注目ベタランキング」第1位の話題を扱う場合はそのままVTRが連結される形でコーナーが始まる。 2007年9月までは藤井と伊藤奈穂子(週代わりで今中麻貴)が進行していた。 2007年10月からは元アナウンサーの山元香里がロケも含めて担当していたが、山元降板以降は伊藤や岸本梓が担当している。 新聞エンタとって出し(2010年10月2日 - 2011年2月19日) スポーツ紙などの三面記事にある記事を紹介する芸能コーナー。 朝刊から Pick UP! (2010年11月13日 - 2011年3月5日) 各朝刊の一面・中面を詳しく紹介する。 2010年4月から半年間放送されていた「上重お役立ち新聞」に若干似ている。 1を発表。 1に選ばれたペットからグランドチャンピオンを決める「グランドチャンピオン大会」を開催。 エンタ特技見せ(2011年5月14日 - 2012年3月31日と2012年4月7日の新聞ぜ〜んぶ見てみよう!のコーナ内) 望月が芸能人のもとを訪れ、特技を披露してもらう。 望月の判断により、特技と認定されないものもある(2011年9月10日放送でが披露したヒーローバック宙など)。 芸能人がどんな特技なのかを発表した時に、望月とスタッフ(番組側・芸能人側両方とも)が「ええっ!? 」と驚きのリアクションをするのがお約束となっている。 みんなのキモッチー(2012年4月14日 - 2013年3月30日)• クイズ・今日のジャスト!! (2011年4月9日 - 2014年9月27日) 当日の「ジャスト!! ほとんどは、1問目は正解が発表されるが、2問目についてはなく、「正解は7時20分ごろからのジャスト日本で! エース上重は見た! 2010年4月3日-2015年3月28日 上重が話題のスポットを取材するコーナー。 このコーナーからはキャスター全員が着座してマイスタジオから放送、VTR後のフリートークの最後からコーナーが繋がっていく。 杉江勇次のドラマーチック天気? - 2015年7月頃 杉江、山崎、宮本が担当。 杉江が詳しい天気を伝える際に趣味のドラムを叩くパフォーマンスを行う(悪天候などの場合は中止)。 義堂が参ります。 (2015年4月4日 -? ) 2015年4月4日から辻岡が総合司会に就任したことに伴い、「エース上重は見た! 」を改題したコーナー。 辻岡が渋谷の繁華街などをリポートし、特定の話題に関するいろいろな話を聞く、「話題の!? 現場検証」時代から続くトレンド情報。 マスコットキャラクター 「ズムサタ」ではかつて土曜日の「 土」の字をモチーフにした「サタッピ」と「サタミ」というキャラクターを2005年1月から設けていた。 しかし『ズームイン!! SUPER』の「ズーミン」よりマイナーな印象があったせいか、2006年3月いっぱいで姿を消した。 その後「サタッピ」・「サタミ」に代わるキャラクターが2006年から登場。 『ズームイン!! SUPER』同様、鳥をモチーフにしたキャラクターで「ズーミン・チャーミン」(以下、略称「ズーチャー」と表記)のという設定。 体毛は2006年4月からのタイトルロゴと同じ緑色でを着用(着ぐるみは両端に「Z」と表記されているゴーグルを着用)し、ズーチャーより脚が長く、お腹に「ZS」と書かれている。 当時の司会者である藤井の左利きをイメージしている為、「ズームイン!! このキャラクターの名称募集が2006年から行われていたが、同年の放送でキャラクター名が「 サタボー」に決定した(ドラマ『』の宣伝に来ていたのが応募数の多かった上位5つの中から選んで決定)。 グッズは2006年に発売された。 2011年3月31日を以って『ズームイン!! SUPER』が終了することになったため、ズーチャーのキャラクター消滅も考えられたが、多くの視聴者からの要望に応え、同年4月以降は本番組に移動し、サタボーと3羽揃って登場することになった。 2016年3月26日を以ってズーチャーは番組を卒業。 その際辻岡アナから「ふるさとの「鳥の島 とりのしま 」に帰る事になった」と説明され、お別れの挨拶をした後、赤いカーテンの「とりのしまの入り口」に入って飛び立ち、絵本の中に入るアニメーションが挿入される演出で締めくくられた。 ズーミンは『ズームイン!! SUPER』から約13年、チャーミンは約10年活躍し続けた。 (サタボーのみ番組続投)。 サタボーは2018年のドラマ『』で、共亜火災保険のイメージキャラクター『きょうあ君』として第1話、第5話、第6話に出演している。 キャラクター一覧 現在• サタボー(2006年4月29日 - 現在) 過去• サタッピ(2005年1月 - 2006年3月)• サタミ(2005年1月 - 2006年3月)• (『』終了に伴う引っ越し・2011年4月2日 - 2016年3月26日)• (同上) 出演者のニックネーム 出演者を親しみを込めて呼ぶことが多い。 国木田かっぱの「かっぱちゃん(さん)」のような氏名の 名を呼ぶのがほとんどである。 しかし「バード羽鳥」「ヤッシー矢島」「ターボ藤井」「エース上重」「ギドー辻岡」「モッチー(望月)」といった「ニックネーム」がズムサタの独自性といえ、ほかの番組に出演するときでもこの場でついた名前で呼ばれることが多々ある(羽鳥や矢島など)。 司会者のニックネームについては、福澤は番組開始以前から名乗っていた「ジャストミート」を使用し、羽鳥は番組開始時に公募したが応募件数が少なく結局福澤から「バードでいいんじゃない?」と名づけられた。 矢島以降は番組で公募し、ズムサタ終身名誉顧問である原辰徳に決めてもらうことが恒例となっている。 辻岡については公募はしたものの、最終的には福澤から提案された「ギドー」を原が気に入り決定した。 終身名誉会長 … (監督(2002年 - 2003年、2006年 - 2015年、2019年 - )。 なお、終身名誉顧問とは本番組放送開始当時の巨人監督・が2001年に退任した時に与えられた終身名誉監督がその由来)• 同コーナーでの当初の肩書は「中日広報」であったが、中日のリーグ優勝時に勝手にセ・リーグ統括を名乗ったため、現在まで定着)• ピッチボーイズ … (2008年退団、2018年復帰、2019年引退)、(2007年引退) しかし、上記のメンバーの多くは移籍や退団などで巨人軍を去ってしまい、この地位表現が使われる機会は激減している。 2000年代後半からは(現・福岡ソフトバンクホークス2軍打撃コーチ)を筆頭に、(現・一軍バッテリーコーチ)、(引退)、などで結成されたウーウー隊(の持ちネタでのサイレンを真似した「ウーウー」を頻繁に行う集団。 特に大道はこのコーナーで選手を仕切る事が多く、司会の宮本から「(番組)プロデューサーみたいだ」などと言われたことがある。 さらに、2017年シーズンからは日ハムから移籍してきたが独特な価値観の持ち主であることと、話術が優れていることもあって、新レギュラーになりつつある。 また、2010年4月7日に急逝したコーチのも、巨人での現役時代はこのコーナーの常連、ズムサタレギュラーであり、2009年のオフには広島の自宅に、このコーナーで宮本が取材に行くほどであった。 そのため、同年4月10日の放送回では「プロ野球熱ケツ情報」と「ジャスト!! 日本」分の時間を使い、追悼特集をCMを挟まずに放送した(この日の「ジャスト!! 日本」は2週連続放送の特集『外国人インタビュー』の後編を放送する予定であったが、コーナーを休止し、後編はその翌週放送となった)。 その他に、(引退、現・一軍投手チーフコーチ)が描いた絵を、毎年オフシーズンに紹介する『木田画伯展』などの企画は、該当する選手が巨人を去った後も継続して行われており、そういった選手もズムサタレギュラーと呼ばれている。 ネット局• 〇…同時ネット(5:59飛び乗り) スタッフ 〈タレントスタッフ〉• 総合プロデューサー:() - 不定期出演(亀梨主演のドラマや映画の宣伝、プロ野球巨人戦開幕時(プロ野球スペシャルサポーターも担当)など)• AP:() - 不定期出演(ドラマ・映画・新曲の宣伝など) 〈通常スタッフ〉• 演出:高井健司• 日本担当、一時離脱も復帰していた)、山口葵、中尾阿���(以前は、ニュース担当)、猪口義之(週替り交代)• エンタデスク:藤田梨奈• TM:川合亮• SW:三井隆裕、村松明(週替り交代)• カメラ:池田純哉、中村佳央、加美山稔、津野祐一、濱川和人、橋本圭祐、星合陽介、西阪康史、渡邊晃、伊藤孝浩、横田将宏(週替り交代)• 音声:藤岡絵里子、寺田恭子、榊原大輔(週替り交代)• VE:塩原和益、笈川太(週替り交代)• 照明:大野精一、鈴木道隆、坂口尚真、大矢晃、山内圭、大川俊 敏 行、掛橋司、佐野広之、本木卓、貫井亜廉、中山佑宇(週替り交代)• 美術:本田恵子• TK:桜井えみこ、居波初子(週替り交代)• AP:山下田歌子(デスクの回あり)• 音効:島野高一、石橋裕司• ECG:辻根昌枝、石黒好美• 編集:福井洋、石毛孝• ライター:池田正喜(一時離脱も復帰していた)、板垣悟司、富永淳一、板橋めぐみ、浜崎美帆、小田川朋広、細村卓也、川瀬吉宏(週替り交代)• 構成:西村耕平(以前は、リサーチャー)• リサーチャー:吉嶋亮• ブレーン:川上伸一(以前は、構成)• キャラクター:宮城創(Middle)• 音楽:小野雄紀(2011年4月2日 -。 2019年4月よりオープニングテーマはが編曲したものを使用)• 制作協力:、(旧:)• チーフプロデューサー:関健一(2018年6月9日 - )• 製作著作:日本テレビ 過去のスタッフ• 構成:、(番組開始から1998年8月まで)• ディレクター:• ジャスト!! スポーツ担当:黒田清隆、島村茂樹、盛田和哉• 熱ケツ:大矢裕之、石川絵里、西尾玲香• エンタ担当:、小川裕之(以前は、ジャスト!! 新聞:藤田正和、斎藤陽子、中村克之• 日本担当)、田中孝将、山内かのこ、熊谷航太郎、塚本和也、濱田大樹、菅原広、工藤啓史• TD:一ノ瀬健次、今村公威、遠藤裕二、牛山敏彦、矢込宏敬、佐藤勝義、三山隆浩、荻野高康• SW:高梨正利、米田博之、村上和正• カメラ:渡辺滋雄、榎本丈之、小林豊、日向野崇、井出善彦、岡田勇輝• 音声:荒井吉春、三石敏生• 照明:吉松耕司、野村博幸、木村明、浅見俊一、佐々木靖、佐々木康雄、大前英樹、徳永博一、市原伸、秋長稔、高星武志、森田恵太郎、菅原佑介、高橋正彦• VE:梅津孝一• 中継:大熊昇、田村好彦、山根寿彦• 美術:高野豊• 大道具:町山宏• TK:柏木梨佐• ECG:滝澤奈美子• 編集:要田和宏• デスク:小早川純世• 総合演出:• 制作協力:(旧:) 兄弟番組• (月 - 金 7:00 - 8:30)〔1996年4月1日 - 2001年9月30日〕 - 末期の司会は本番組初代男性司会の福澤が務めた。 月 - 金 5:50 - 8:00 〔2011年4月1日 - 〕 - 司会は2010年 - 2011年に本番組のスポーツコーナーを担当していた桝が務める。 脚注 [] 外部リンク• zumusata -.

次の