面接 お礼。 最終面接後のお礼メールの送り方|転職の面接対策完全ガイド|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

内定・内々定が出たときお礼の連絡をした?お礼メール、お礼状の書き方を解説

面接 お礼

あなたは転職面接の後にお礼状を書いたことがありますか?「意中の会社で、面接でも手応えがあった。 プラスして最後の一押しがしたい」「面接でどのような印象を持たれたかよくわからなかったからこそ、面接のお礼を伝えて誠意をアピールしたい」「お世話になったので、純粋に感謝の気持ちを伝えたい」そんな時に検討するのが、面接官へのお礼状。 ただ、どのように書くべきか、どのタイミングで送るべきか、どんなところに気をつければいいのか、そもそも送ったほうがいいものなのか…などなど、詳しいことは意外と知られていないもの。 そこで今回は、お礼状の書き方やポイントについて解説します。 例文もあわせて、ぜひ参考にしてみてください。 面接のお礼状は書くべき? お礼状に対する面接官の印象 最初にお伝えしておくと、お礼状は絶対に書かなければいけないというものではありません。 それを踏まえたうえで、そもそも面接したことに対するお礼状を受け取った面接官は、どのような印象を持つでしょうか。 面接を終えた時の印象や選考状況によって違ってくるため、それぞれ状況別に面接官に与える印象について考えてみましょう。 もちろん、お礼状を受け取ったからといって面接官からの評価が大幅に上がるものではありませんが、合否ラインの判断で迷っている場合や同条件の候補者が複数いて悩んでいる場合は、お礼状という丁寧な対応が、合否に影響を与える可能性はあります。 お礼状でアピールできるのは志望度・感謝 お礼状を送る目的は、「面接を通じて志望意欲が高まった」「やり取りを通じて自分のやりたいことが整理できた」など、感謝の気持ちを純粋に伝えるためのものです。 そのため、面接時に伝えきれなかった自己PRなどを行なうのはあまりオススメしません。 そもそものお礼状の目的からズレてきますし、何より面接官に「PRするなら面接でしてよ…」と思われてしまう可能性があるからです。 そのため、好印象を持ってもらうためには以下の点を意識しましょう。 志望度の強さを伝えること 志望度の高さは合否を決める際の重要なポイントのひとつと考える面接官が多いです。 だからこそ、「面接でのやり取りを通じて企業や仕事に対する理解がより深まった」「企業のなかでどのように活躍していきたいかをより明確に描くことができた」など、志望度の強さをアピールすることは大切。 せっかくお礼状を書くのですから、自身の気持ちを伝えましょう。 感謝や熱意を伝えること 面接の最後に「ありがとうございました」と感謝の言葉を述べることは多いですが、あらためてお礼状で伝えるのは当たり前の行為ではありません。 ですが、ビジネスの場では相手がしてくれたことに対してきちんとお礼をすることは基本的なこと。 お礼状を出すことで、そうした配慮ができることを示せるほか、必ず必要なものではないお礼状を書いたということ自体が、気持ちの強さ、熱意の表れにもなるはずです。 お礼をメールで送った場合のメリット・デメリット お礼状を送る場合、次に悩むのがその手段ですよね。 できるだけ丁寧に連絡したいという場合はメールよりも手紙の方が気持ちは伝わります。 とはいえ、それぞれ特長があるため、手紙を書くことを基準とし、メールにした場合は何が違うのか、メリット・デメリットにわけて比べてみましょう。 メールのメリット 郵送の日数がかからない。 メールの場合は送信してからのタイムラグがないため、面接が終わってすぐに連絡することができます。 面接官も早い段階でお礼状の内容を確認することが可能なので、面接の記憶が新しいうちに再度印象づけることができるでしょう。 質問なども含めて連絡できる。 気軽にやりとりできるのがメールの利点です。 面接後に気になることが出てきた場合、メールであれば感謝の気持ちを伝えると同時に質問をすることもできます。 手紙に比べると面接官から返信をもらえる可能性が高いと思います。 メールのデメリット 相手によっては適さない。 やはり、丁寧さは手紙の方がより伝わります。 そのため、年齢や地位の高い相手には失礼だと受け取られる場合も。 せっかくお礼状を送っても、誠意が伝わらないのは残念です。 相手の立場なども把握しておくと、連絡する際の判断材料になるでしょう。 連絡が遅いと、逆効果になる。 素早く連絡できるのがメールの利点。 だからこそ、メールでの連絡が遅くなると本当に意欲があるのか、誠意があるのかといった面で疑問を持たれてしまう可能性が高いです。 事情があって面接当日や翌日中に送れなかった場合は、速達の手紙などにした方が良いかもしれません。 このような違いを意識し、送る相手や状況にあわせてメールを選択するのも良いでしょう。 面接では、貴社の事業内容・営業職の仕事内容に関する詳細なご説明だけでなく、業界の展望までご解説いただき、大変感謝しております。 ご説明をお聞きし、益々貴社で働かせていただきたいという気持ちが強くなりました。 特に、今後の展望についてのお話は非常に興味深く、前職の経験を活かしてぜひとも貴社に貢献したいと考えております。 今後共、なにとぞ宜しくお願いいたします。 文章を書く時は頭語から始めて結語で結びます。 ビジネス上の手紙のやりとりでは、「拝啓」「敬具」を使うのが一般的。 ビジネスの手紙では季節に関わらず使える「貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 」といった文章が使われることが多いです。 頭語が「拝啓」であれば、結語は「敬具」です。 お礼状を書く上での注意点 マナーを守る 内容はもちろん自身で言葉を選ばなければ気持ちが伝わりませんが、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、手紙を書く時の決められたルールを把握し、受け取った側が不快な気持ちになってしまわないよう、マナーを守りましょう。 適切な便箋・封筒を使う 個性を出したいと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、これはあくまでビジネスの場面。 柄物の便箋・封筒などではなく、白・無地のものを使用しましょう。 縦書きでも横書きでもかまいません。 便箋はA4サイズ、封筒は長形3号をおすすめします。 筆記具としては、ボールペンよりも万年筆が良いです。 お礼状を送付するタイミング、封の仕方のポイント タイミングとしては、面接が終わってから期間をあけず、できるだけ早く送ります。 遅くとも次の面接の前日までには面接官の手元につくように送りましょう。 出すのが遅くなってしまった場合は、速達にするなどの対応も検討してみてください。 送る際、A4サイズの便箋と長形3号の封筒を選んだ場合は、便箋を三つ折りにして封筒に入れます。 封筒の表面には「面接を受けた企業の郵便番号・住所・企業名・面接担当者名」を記載。 担当者の名前がわからない場合は「採用ご担当者様」とします。 裏面には送り主がわかるよう、「ご自身の郵便番号・住所・名前」を書きましょう。 お礼状の例文 最後に、例文をいくつかご紹介します。 全く同じ内容にする必要はありません。 よくあるテンプレートのような文章ではなく、あなた自身が面接で感じたことなどを盛り込むことが大切。 例文を参考にビジネスマナーを意識し、面接官に気持ちが伝わるお礼状を書いていただければと思います。

次の

面接のお礼メールで押さえるべきポイント(例文あり)

面接 お礼

また、大企業などで選考に参加している就活生が極端に多い場合や、大きな企業でなくても選考生の多い1次面接の後などは、企業側が就活生ひとりひとりに時間を割くことが出来ないので、むしろ送らない方が無難なこともあります。 ですから、お礼メールはやみくもに送るのではなく、自分の受けた企業や選考の進行状況、自分がどのくらい企業にお世話になったのかを振り返り、臨機応変にお礼メールを送るようにしましょう。 例えば、長期のインターンに参加していた企業の早期選考に参加させてもらった場合や、面接が5回など長期にわたり何度もお世話になった場合の最終面接後など、 企業側もしっかり自分を認識していて、通常の場合よりお世話になったと感じた場合にお礼メールを送ると、企業からの印象も良い でしょう。 一般選考の1次面接では、企業はまだ就活生の顔と名前も一致していませんし、数も多いのでお礼メールを受け取ってもピンと来てもらえません。 また、お礼メールを送るタイミングですが、 夜遅くない時間に送れるのならば面接当日、帰宅が遅くなってしまうようなら翌日までに送る ようにしましょう。 面接から時間が経ちすぎてしまっていては、お礼メールの意味はあまりありません。 できれば翌日の午前中に、遅くても翌日の16:00頃までに送るよう心がけましょう。 おおまかに件名、本文、署名に分けてメールのマナーを詳しくご紹介していきます。 これは、お礼メールに限らずビジネスメールの基本的なマナーです。 人事担当の社員さんは一日に何十件ものメールを受信します。 また、最後が個人の名前の場合は「様」を、会社名や部署名の場合は「御中」を付けます。 会社名は、略称や㈱は使わず、正式名称で書きます。 面接で複数の社員さんが担当してくださった場合など、特定の社員さんに対してではない場合のみ、御中を使いましょう。 本文は、挨拶とお礼、簡潔でわかりやすい内容、最後にもう一度、ビジネスマナーに沿った結びの挨拶をします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- いつも大変お世話になっております。 先日の面接では貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。 貴社で活躍する方々の働く姿勢や、貴社で働く上での心構えなど、 多くのことを学ばせていただき、大変感謝しております。 面接でお話を伺い、貴社で働きたいという思いが一層強くなりました。 重ねまして、お礼申し上げます。 改めて面接のお礼を申し上げるとともに、貴社のますますのご発展をお祈りしております。 大学でテンプレートを作って使っている方も多いと思いますが、ビジネスメールでの署名は学部や学科だけでなく、住所や連絡先を盛り込んだ詳しいものです。 内容も、だらだらと長文だったり、読みにくい文章だったりしてはかえって企業側の手間を増やしてしまうだけです。 「面接の機会をいただいて、感謝していること」を伝えるためにメールする のですから、その感謝の気持ちが伝わるように努力しましょう。 ビジネスメールのマナーを気にするのも大切ですが、挨拶などでしっかりマナーを守り、内容の部分は堅苦しすぎないように自分の言葉で書きましょう。 自分が受け取る側の場合を考えても、 すべてが定型文のメールが送られてきたら、嬉しくない ですよね。 マナーは守れているけれども、内容は自分の気持ちを自分の言葉で表現しているな、という文章の方が気持ちが伝わりますし、読んでいて良い印象になります。 その日の面接で感銘を受けたことや、面接に参加したことで良い印象を持ったことなどを簡潔に表現しましょう。 ここで、伝えたいことがいくらたくさんあっても、文章を長くしすぎるのはよくありません。 ちょうど良いところで改行して、4~5行に収まるようにシンプルな文章にするよう心がけましょう。 たとえば、面接が4次まであるとわかっているのに、 1次から毎回お礼メールを送るのはNG ということです。 お礼のメールは、 早期選考で面接が1、2度程度しかない場合や、最終面接の後にのみ送る ようにしましょう。 何度も送ると機械的になってしまいますし、内容も薄くなってしまいます。 また、もしお礼メールに返信が返ってきた場合は、そのメールに対しても返信しましょう。 ビジネスメールをし慣れている人事担当者は、こちらが返信すればそのメールには返信は来ないことが多いはずです。 なるべく、自分のメールでやり取りを終えるようにしましょう。 ・面接後にお礼メールを送る場合は、マナーを守って好印象を目指そう いかがでしたか?面接のお礼メールは、まず送るべきかどうかを見極めるところからはじめ、送る場合はマナーを守って丁寧な内容になるようにしましょう。 お礼メールですから、「感謝」を伝えるのが唯一の目的であることを忘れずに、相手に気持ちの伝わるメールで好印象を持ってもらえるよう、頑張ってください。 就活メンターズとは、 ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービスです。 長期的に就活相談に乗ってもらうことはもちろん、メンターから企業への 推薦をもらうことができるサービスです。 全国の気になるメンターへ誰でも申請を送ることができます。 相談は、対面ではもちろん、テレビ電話やチャットといったオンライン上でのやり取りも可能です。 就活真っ最中の 3・ 4年生だけでなく、 1・ 2年生で就活について考えている大学生も気軽にキャリア相談することができます。 「就活でよくある悩み20〜要因と解決のためのヒント〜」を就活メンターズ登録者にプレゼント中! ログイン後「アカウント情報」ページでプレゼントをお受取り下さい。

次の

面接のマナー < おじぎの方法

面接 お礼

転職活動中に避けては通れないのが、入社の為の書類選考や面接です。 会社や面接官によって採用までの道のりや見られているポイントなどは異なりますが、できることなら少しでも良い印象を残して採用へと近づきたいですよね。 面接を終えた後、面接をする機会をくださった企業側にお礼のメールをした方が良いかどうかと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。 新卒での就職活動中は周囲に相談できる友人もいますし、経験者に話を聞くこともできるでしょう。 しかし転職活動中となると同じ会社に所属する同僚に話を聞くことは難しくなりますし、就職活動ほどしっかりとしたルールが設けられている訳でもありません。 今回は転職活動中に迷うことの多い 面接後のお礼メールについて詳しく解説して行きます。 これでもう迷うことはなくなる決定版ですので、ぜひ読み進めてくださいね。 面接後のメールを送ったほうが良いか否かについては誰しもが頭を悩ませることでしょう。 忙しい時間を取って面接をしてくださった相手や企業に対して、メールを送ることでまた時間を取らせてしまうのではないかと不安に思う気持ちもあるでしょう。 入社を希望する企業だからこそ、小さなことでも気になってしまうのは当然です。 必ず送らなければいけない物であれば悩まずに済むのに!と思ってしまいますね。 そこで知っておきたいのは、面接後のお礼メールは 基本的には不要とされているということ。 しかし送っても何ら問題はなく、それどころか企業に良い印象を与えることさえあります。 転職面接後にお礼メールを送るのは社会人としてのマナーと定められてはいませんが、採用への最後のひと押しになる可能性もあります。 転職面接後のお礼メール=志望意欲の再アピールのチャンス 転職面接後のお礼メールは企業側に良い印象を与えるだけではなく、志望意欲を再アピールするチャンスにもなります。 面接という特殊な環境はとても緊張してしまい、上手く話せないことも多いでしょう。 ぜひこの企業に入りたい、けれど面接はなかなか上手く行かなかったと少しの後悔を抱いている方こそお礼メールを送るべきです。 長々と気持ちを書き綴る訳にはいきませんが、 企業が大きくなればなるほど、ひとつの求人に集まる応募の数も多くなります。 忙しく仕事に終われ、たくさんのメールが届きたくさんの人に会う面接官の方の記憶が鮮明なうちにメールを送るのが良いでしょう。 また面接官はその日のうちに採用の可否や次の面接に進む人材を決めることが多い為、次の日や数日後にお礼のメールを送っても採用になんの影響も与えられないなんてことも起こりえます。 もちろん面接後のメールは企業に謝意を伝えるものなので、数日後に気がついて送ってはいけないというものでもありません。 ですが、せっかく送るのであれば、採用に良い影響を及ぼしやすい 「できるだけ早いタイミング」に送るよう意識すると良いでしょう。 転職面接のお礼メールは基本的にはその日の業務時間中に、遅くとも次の日の午前中には届くように作成することをおすすめします。 一目でお礼メールだと伝わる件名で 面接後のお礼メールを送る際の2つめのポイントは、 「メールを開かずともお礼だと分かる件名を付けること」です。 面接官の方に直接メールを送る場合でも、企業のアドレスにメールを送る場合どちらであっても日々大量のメールが届いているはずです。 会社に届くメールの中には緊急性を要する物もあれば、大切なクライアントからのメールもあるでしょう。 件名を付けずにメールを送ってしまうと、忙しい時間帯に誤って開かれてしまう可能性もあります。 たった数分ではあるものの、会社の業務を滞らせないように細部まで配慮をするように心がけましょう。 また、採用面接をしてくださった担当者に直接メールを送れない場合でも件名にはっきりと 「面接のお礼」と記入することで間違いなく担当者にメールの存在が知らされるでしょう。 面接後のお礼メールの件名は、面接日、採用面接のお礼、自分の名前を並べて書くとひと目で分かるのでおすすめです。 ついつい身近にあるスマートフォンでメールを送ってしまいがちですが、企業のメールのやりとりはパソコンが主流です。 その為スマホでは改行し全体のバランスが整っていても、パソコンで見てみると不自然な空白が空いていたり読みにくい改行になっていたりする場合も。 せっかくメールを出すのですから、読みやすい文面の整えられたメールを読んで頂けるように配慮しましょう。 同じ理由で転職面接のお礼メールだけではなく、企業とやり取りするメールはすべてパソコンで行うようにしましょう。 メールアドレスは個人的な物よりフリーメールなどでシンプルなアドレスの物をひとつ作るのがおすすめです。 3)転職面接後のお礼メールの書き方【テンプレート付】 以上を踏まえて、実際に今すぐ使える転職面接後のお礼メールの例文を見てみましょう。 テンプレートをそのままペーストして送るのではなく、ベースにして少しアレンジを加えるのがポイントです。 面接をしてくれた面接官の方に直接お礼メールを送れる場合と、面接官のメールアドレスが分からない場合、また面接官が複数いた場合のお礼メールと、それぞれテンプレートを用意しています。 本日11時から面接をしていただきました(名前)と申します。 ご多忙かと存じますのでご返信には及びません。 今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。 貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 万が一人事担当者の名前を忘れてしまった場合は 「人事担当者様」でも大丈夫です。 本日11時から面接をしていただきました(名前)と申します。 この度はご多忙な中、私の面接にお時間をいただき誠にありがとうございました。 取り急ぎ面接のお礼を申し上げたくメールをさせていただきました。 この度は誠にありがとうございました。 今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。 貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 その他の部分は基本的に同じでOK。 名前が分からない場合は 「面接をしていただきました担当者様に」とすれば大丈夫です。 本日11時から面接をしていただきました(名前)と申します。 この度はご多忙な中、私の面接にお時間をいただき誠にありがとうございました。 面接時に貴社の持つこれからのビジョンや業務内容をご説明していただき、改めて貴社で自分の経験を活かしたいと強く願っております。 取り急ぎ面接のお礼をお伝えしたくメールをさせていただきました。 面接官様にお伝えいただけましたら幸いです。 この度は誠にありがとうございました。 今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。 貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 実際に面接をしてくださった方にダイレクトに届く訳ではないため面接時の細かな話の内容などは記載しない方が無難です。 少し短くなりますが、シンプルに相手企業で働きたいという気持ちを伝える様な内容にしましょう。

次の