パワプロ 2019 switch。 Nintendo Switch™版『実況パワフルプロ野球』アップデート情報

【パワプロスイッチ版】サクセス投手育成攻略中…球速160kmまであと少しだが…

パワプロ 2019 switch

パワプロシリーズ最新作 パワプロシリーズでは、「実況パワフルプロ野球2018」(パワプロ2018)がPS4、PSVita向けに発売されています。 本作はそれと同じ作品ではなく、Switch向けの新作として発売が予定されています。 そのためモードにもいくつかの違いがあります。 本作の特徴 2019年の選手データに対応 出典: 本作は2019年の選手データに対応します。 現時点で発売時期は未定ですが、最新の選手データでパワプロを楽しむことができます。 なおパワプロ2018では、2019年の選手データへのアップデートが発表されています。 【モード】ペナント 出典: 好きな球団を使って日本一を目指すモードです。 自分でプレイするのもいいですし、プレイはせず采配に徹することもできます。 【モード】サクセス 出典: 特定のシナリオをこなしながら、一人前の選手を育成するモードです。 公開された映像からは、完全なオリジナルシナリオではなく、過去作品のものがベースになっている可能性があります。 【モード】トレジャーミッション 出典: プロ野球チームを相手に戦い、最強チームを育てるモードです。 パワプロシリーズでは初登場のモードとなります。 試合中に「トレジャーミッション」が指定され、それをクリアするとアイテムがもらえます。 そのアイテムを使って選手を育てられるようです。 【モード】ホームランアタック 出典: 飛距離でハイスコアを目指すモードです。 パワーヒッターでチャレンジしましょう。 最大4人までのプレーに対応 出典: 本作は最大4人まで同時にプレーすることができます。 2VS2に分かれて対戦することもできますし、1チームを4人で操作し、選手の役割分担を決めて戦うこともできます。 守備の連携が重要になりそうです。 パワプロスイッチ版の動画.

次の

【2019年収録】プロ野球OBのパワプロ能力データ一覧

パワプロ 2019 switch

先月発売されたNintendo Switch用ソフト「実況パワフルプロ野球」(以下switchパワプロ) サクセスのシナリオが2つしかない。 ペナントの仕様変更で実質上劣化しているなど、一部からは落胆の声が聞こえています。 ただswitchパワプロにも良い点はあり、少なくともサクセスはシナリオが少ないことを除けば面白く全く遊べないわけではありません。 一方で去年発売されたPS4・PSVita用ソフト「実況パワフルプロ野球2018」(以下パワプロ2018)は2019年に入ってもアップデートが続いていました。 そのため選手データも2019年のものとなっています。 なのでこれからパワプロを買おうと迷っている方はどちらを買えばよいか迷っていると思います。 そこでこれからパワプロを購入される方向けに両ソフトの比較をし、どちらを買えば良いのか検討したいと思います。 switchパワプロとパワプロ2018の簡単な比較 まず両ソフトの比較を簡単な表にまとめてみました。 詳しい収録モードについて各公式サイトを参照下さい。 両ソフト独自の強み switchパワプロ 対戦 対戦が最大4人まで遊べるので、家族や友達など大勢で遊ぶ際に盛り上げりやすいです。 トレジャー トレジャーに関してはプロ野球チームを相手に対戦し、自分のチームを成長させるモードです。 試合を繰り返してチームを成長させるモードなので、それなりの腕が必要となりますが、チーム育成にハマると気づけば時間があっという間に過ぎていることも。 サクセス(switchパワプロ) サクセスはパワフル高校とあかつき高校のみですが、シナリオはパワプロ9のリメイクなので当時プレイされていた方は懐かしさを感じさせることでしょう。 switchパワプロのサクセスは恋恋高校とそよ風高校、球八高校が削除されているとはいえ、面白さはパワプロ9の頃とあまり変わりないので、サクセス目当てで購入するのは十分にありです。 パワフル高校は五竜郭では不可能だった、1年目春に甲子園に出場できます。 (1年目夏は公式戦に出場できるが、決勝まで進むと、イベントであかつきに敗退するので、甲子園には出れない。 パワプロ9では出場可能だった) 甲子園の対戦校もパワプロ2018のようにパワフェスからの流用ではなく、パワプロ9当時のチームが再現されており、この点は忠実にリメイクされていると感心しました。 シナリオは2つしかありませんが幸いにも彼女キャラはパワプロ9のキャラが全員登場しています。 一部変更点はありますが、シナリオの再現度関しては高い方です。 ただし継承選手が何故から抹消されていたのは残念でした。 ただ育成は現状実質あかつき一択の状態。 パワフル高校で育成しづらいのはパワプロ9と同様のようです。 ホームランアタック ホームランアタックはホームランによるスコアを競い合うモードで対戦も可能です。 昔プレイされていた方にはホームラン競争を彷彿させるモードでしょう。 パワプロ2018 サクセス(パワプロ2018) サクセスは3つ搭載されており、1年制が2つと3年制が1つです。 3年制の五竜郭はswitchのパワフル高校と違い甲子園に行けるのは最後の春と夏のみとなっているので注意が必要です。 発売当初はスカウト評価の関係でプロ入りすら難しかったですが、アップデートによって現在はプレイしやすい環境となっており、投手なら南国リゾートと五竜郭、野手なら五竜郭で、慣れればかなり強い選手が作れます。 また南国リゾートは二刀流のシナリオなので二刀流も作成可能です。 (多少の投手能力が付いても良いなら南国リゾートでも野手の育成は可能です) ただし五竜郭は3年制のため、時間が掛かるのが難点です。 パワフェス 歴代サクセスキャラが集合したパワフェスモードが搭載されています。 プレイ内容としては歴代サクセスチームと戦い、相手チームから戦力を補強しながら、クリアを目指します。 過去作で言うところの冥球島的存在ですが、パワフェスは1試合丸ごと戦うのではなく、出番操作となっています。 収録チームはパワプロアプリなど新しいチームを中心に、帝王実業高校やアンドロメダ学園などの懐かしのチームも収録されています。 栄冠ナイン 高校野球の監督となり甲子園を目指すモードで、パワプロの人気モードの1つです。 かなりのやり込み性があり、一度プレイすると辞め時を見つけるが難しいです。 但し今作は試合バランスがプレイヤーのみ超打低となっており、打撃戦で甲子園制覇を目指すのはかなり難しい状況となっています。 名将甲子園 名将甲子園は課金要素ありのゲームで、歴代サクセスキャラが学生として登場する高校の監督に赴任し、甲子園出場を目指します。 栄冠ナインと違い、3年制で尚且つサクセスキャラが登場します。 システムもほぼ別物です。 課金要素は今のところ、選手ガチャなどがあります。 この辺りはパワプロアプリに似ており、ソーシャルゲームの要素が加わっているといえます。 両ソフトの主な共通モード比較 サクセス サクセス数ではパワプロ2018に軍配が挙がります。 二刀流が作りやすいなど育成の幅で言えばパワプロ2018です。 ただしサクセスの質に関してはswitchパワプロも負けておらず、特にあかつきの豊富な固有キャラ数には目を見張るものがあります。 上記でも触れましたが特に同じ3年制だったパワプロ2018の五竜郭と違い、パワフル高校に至っては一年目から公式戦に出られるので序盤からワクワク感が満載です。 もっとも育成は現状あかつき一択なので、switchパワプロの方が飽きが来るのが早そうです。 育成のし易さで言えば、既に育成論が固まっているパワプロ2018が作りやすいです。 switchパワプロもこれから育成論が固まるとは思いますが、当分は情報量でだいぶ差が開きそうです。 最終的な判断としては、サクセス目当てにおいてはどちらを買っても問題はありません。 ペナント ペナントに関してはパワプロ2018が圧倒的に遊びやすいです。 ペナントでは試合は自動進行にし、チーム運営に専念する「オーペナ」という遊び方がありますが、switchパワプロでは何故かドラフトと助っ人外国人のスカウト制が廃止されており、 ドラフトは当日までドラフト候補選手を確認が出来ず、助っ人外国人に至ってはCPUが勝手に選手を連れてきます。 ドラフトは仕方ないとしても、助っ人外国人は補強ポイントと合っていないことが多いので、オーペナ目的で買うならパワプロ2018を購入することがおすすめします。 また早送りの処理が重く、vita程ではありませんが遅くハード的に元からオーペナ向きではないと思います。 マイライフ マイライフに関しては大きな違いはありませんが、マイライフに登場するサクセス彼女が一新されています。 パワプロ2018ではサクセス彼女がマイライフに登場したとき、イベントを進めると強制的に交際したり、癖の強い子などがおり、良い子もいるのですがあまり良い印象がありませんでした。 またマイライフ専用彼女も3人の内、2人は出会う条件が厳しく、会うのに苦労しました。 アイドルの子にいたっては、普通にプレイしていたなら、会う前にプレイに飽きているはずです。 ただswitchパワプロではサクセス彼女に関しては全員入れ替えとなっており、出会う条件も簡単となっています。 癖の強い子も1人を除いてはおらず、彼女候補の実質的な選択肢も増えたと言えます。 特にパワプロ9の彼女がマイライフで彼女に出来るので、七瀬はるかや栗原舞などをマイライフにも連れていくことが出来ます。 これは昔からのファンであれば嬉しいポイントではないでしょうか? 予想外なのがこれまで一度もマイライフ彼女となったことがない姫野カレンがまさかの登場したことです。 以前カレンの登場はないと断言していたので大きな衝撃を受けました。 登場したまでは良かったのですが、カレンのイベントはかなり厄介で、switchパワプロの数少ないマイナス点です。 ただ彼女を抜きに考えるとどっちを買ってもマイライフに関しては問題ないです。 買うならどっち? ここまで両ソフトの簡単な比較と独自の点を見てもらいましたが、ここからはどっちを買えば良いのかを検討したいと思います。 そのため余程でない限りvita版はおすすめしません。 PS4を持っているなら基本的にはパワプロ2018 既にPS4を持っている場合はパワプロ2018をおすすめします。 純粋に両ソフトを比較した際、パワプロ2018の方が遊べる幅が大きいです。 特に人気モードであるパワフェスや栄冠ナインはパワプロ2018しか収録されておらず、これらが目当ての場合、必然的にパワプロ2018一択となります。 (但しパワプロ2018の栄冠ナインは初心者には難易度が高く、パワフェスは選手が育つまで高難易度では安定して試合を勝つには難しい) ペナントも劣化しているのでオーペナ向きではありません。 一方で久々にパワフル高校やあかつき高校で遊びたい場合や、マイライフに七瀬はるかなど懐かしの彼女を連れていきたい場合はswitchパワプロを選んでも良いでしょう。 お子さんなど家族でワイワイ楽しみたい場合も最大4人プレイが出来るswitchパワプロの方が優れていると言えます。 個人的にはswitchパワプロはお子さんなどのファミリー層向けの作りになっている気がします。 switchしか持っていないプレイヤーもswitchパワプロを買っても普通にパワプロをする分には十分に楽しめるはずです。

次の

【パワプロSwitch】オリジナル変化球の習得方法・選択肢別の効果まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

パワプロ 2019 switch

皆さんは「パワプロと言えば」何を思い浮かべるでしょうか。 今回は、年俸の割に活躍する選手の紹介です。 これを利用して、年俸があまり高くないにも関わらず優秀な成績を残す選手を獲得し、ペナントを優位に進めることができます。 そのような年俸は高くないが、成績は良い=コスパの良い選手たちをピックアップしてみました。 ちなみに、金銭トレードを解禁するとペナントの バランスが崩壊するので注意です。 ピックアップ選手について 対象 以下の選手を条件に対象選定しました。 年俸が5000万円以下(多少オーバーには目をつむる)• 投手部門 東 年俸 5500PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 防御率 2. 17 2. 9 3. 05 2. 3 2. 23 2. 53 投球回 191 164. 3 203. 6 180. 3 209. 6 189. 76 勝ち 13 15 12 11 20 14. 2 負 8 3 11 7 3 6. 4 セーブ 0 0 0 0 0 0 ホールド 0 0 0 0 0 0 登板 28 23 28 24 28 26. 2 完封 2 4 4 2 3 3 完投 2 6 7 7 7 5. 8 QS率 92. 9 73. 9 71. 4 79. 2 89. 3 81. 34 HQS率 42. 9 34. 8 35. 7 58. 3 57. 1 45. 76 奪三振 210 170 201 175 196 190. 4 奪三振率 9. 9 9. 31 8. 88 8. 73 8. 41 9. 046 四死球率 1. 51 2. 63 2. 34 1. 95 1. 8 2. 046 被本塁打率 0. 42 0. 22 0. 8 0. 45 0. 43 0. 464 被安打率 0. 251 0. 257 0. 24 0. 249 0. 219 0. 2432 WHIP 1. 13 1. 26 1. 16 1. 16 0. 98 1. 138 コメント 年俸が条件より少しオーバーしてしまっていますが、それを考慮に入れてもコスパの良い選手。 セリーグのタイトルは菅野と東が争うことが多いです。 オーペナで横浜が強いのはこの選手のおかげと言っても過言ではないでしょう。 金銭トレードだと10000PPで獲得できます。 畠 年俸 1900PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 防御率 2. 48 3. 58 2. 91 4 2. 75 3. 144 投球回 156. 3 153. 3 148. 3 148. 6 150. 3 151. 36 勝ち 9 12 12 8 12 10. 6 負 1 3 3 8 4 3. 8 セーブ 1 0 0 0 0 0. 2 ホールド 6 1 0 2 4 2. 6 登板 29 27 22 27 26 26. 2 完封 1 1 2 0 2 1. 2 完投 3 3 5 2 2 3 QS率 63. 6 53. 8 63. 6 47. 8 59. 1 57. 58 HQS率 40. 9 26. 9 27. 3 47. 8 50 38. 58 奪三振 126 122 126 131 132 127. 4 奪三振率 7. 25 7. 16 7. 64 7. 93 7. 9 7. 576 四死球率 2. 76 3. 58 3. 16 2. 72 2. 22 2. 888 被本塁打率 0. 58 0. 59 0. 67 0. 91 0. 72 0. 694 被安打率 0. 23 0. 24 0. 25 0. 256 0. 244 0. 244 WHIP 1. 13 1. 27 1. 26 1. 28 1. 11 1. 21 コメント イニングこそあまり投げられないものの、防御率3点台を安定してたたき出してくれます。 また、中継ぎもできるため、先発が飽和した際に一時的に中継ぎに回せるのもいい点です。 年俸が2000PPを切っているため、金銭トレードでは4000PPで取得できるコスパの良さ。 年齢も若いため、獲得できたら10年選手になってくれるでしょう。 山本 年俸 4000PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 防御率 4. 01 2. 95 3. 23 3. 19 4. 94 3. 664 投球回 170. 6 176. 6 173 172 164 171. 24 勝ち 7 10 12 7 9 9 負 14 11 9 12 12 11. 6 セーブ 0 0 0 0 0 0 ホールド 0 0 0 0 0 0 登板 25 24 25 24 26 24. 8 完封 2 3 3 0 1 1. 8 完投 2 8 5 2 3 4 QS率 60 79. 2 76 75 50 68. 04 HQS率 48 54. 2 52 54. 2 23. 1 46. 3 奪三振 168 178 178 175 164 172. 6 奪三振率 8. 86 9. 07 9. 26 9. 16 9 9. 07 四死球率 3. 32 2. 04 2. 45 2. 3 3. 07 2. 636 被本塁打率 0. 79 0. 76 0. 94 0. 58 0. 93 0. 8 被安打率 0. 251 0. 248 0. 241 0. 242 0. 293 0. 255 WHIP 1. 33 1. 16 1. 19 1. 17 1. 51 1. 272 コメント 現実ではムエンゴの代名詞みたいな扱いされていますが、ゲームではそこまでのようです。 5回目だけかなり成績が悪いですが、それを除けばかなり安定しています。 畠同様若い選手なので、獲得できれば長い期間活躍してくれそうです。 金銭トレードでは7000~8000PPで獲得できます。 田嶋 年俸 2000PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 防御率 3. 69 3. 35 3. 85 4. 87 2. 96 3. 744 投球回 158. 6 145 159 133 158 150. 72 勝ち 9 5 12 6 10 8. 4 負 7 9 9 11 8 8. 8 セーブ 0 0 0 0 0 0 ホールド 0 0 1 0 0 0. 2 登板 23 21 24 22 23 22. 6 完封 1 0 1 0 3 1 完投 3 0 4 0 4 2. 2 QS率 69. 6 71. 4 59. 1 36. 4 73. 9 62. 08 HQS率 34. 8 47. 6 40. 9 9. 1 39. 1 34. 3 奪三振 143 132 153 121 138 137. 4 奪三振率 8. 11 8. 19 8. 66 8. 19 7. 86 8. 202 四死球率 3. 01 2. 86 2. 72 3. 45 2. 68 2. 944 被本塁打率 1. 13 0. 93 0. 91 1. 08 0. 85 0. 98 被安打率 0. 248 0. 273 0. 268 0. 293 0. 242 0. 2648 WHIP 1. 26 1. 35 1. 31 1. 48 1. 17 1. 314 コメント シーズンごとにかなりムラがありますが、平均すると結構良い成績になりました。 イニングがあまり食えていないのが気になりますが、まあそれはスタミナを成長させれば解消されるでしょう。 奪三振持ちなのに三振率が大きくないのも気になりますね・・。 年俸も安く、能力のスペック自体は高いので、成長させればかなりの戦力になりそうです。 石川直 年俸 3400PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 防御率 1. 59 3 1. 86 2. 61 2. 63 2. 338 投球回 51 48 48. 3 48. 3 41 47. 32 勝ち 8 4 2 7 2 4. 6 負 1 3 1 2 2 1. 8 セーブ 2 8 1 1 0 2. 4 ホールド 23 29 17 22 13 20. 8 登板 43 50 43 44 35 43 完封 0 0 0 0 0 0 完投 0 0 0 0 0 0 QS率 0 0 0 0 0 0 HQS率 0 0 0 0 0 0 奪三振 55 57 55 58 47 54. 4 奪三振率 9. 71 10. 6 10. 2 10. 8 10. 3 10. 322 四死球率 1. 94 2. 44 1. 12 1. 86 2. 41 1. 954 被本塁打率 0. 35 0. 94 0. 93 0. 37 0. 44 0. 606 被安打率 0. 217 0. 246 0. 19 0. 219 0. 234 0. 2212 WHIP 0. 98 1. 17 0. 81 1. 02 1. 15 1. 026 コメント 高い奪三振能力を持っている若きリリーフエースです。 防御率、WHIP共に全シーズンで安定しており、獲得できればリリーフに悩まされることはなくなるでしょう。 対左に弱いのが気になりますが、留学などで消してあげると無双が見込めます。 6000PPぐらいでトレードで獲得できます。 野手部門 西川 年俸 3100PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 打率 0. 325 0. 332 0. 285 0. 339 0. 312 0. 3186 安打 108 73 41 78 106 81. 2 本塁打 9 10 4 5 5 6. 6 打点 36 41 17 30 25 29. 8 本塁打率 36. 9 22 36 46 68 41. 78 得点 51 32 18 35 48 36. 8 三振 55 43 27 37 60 44. 4 三振率 0. 166 0. 195 0. 188 0. 161 0. 176 0. 1772 四死球 21 20 15 28 29 22. 6 併殺 2 1 3 1 2 1. 8 盗塁 3 4 2 3 1 2. 6 盗塁成功率 1 0. 8 1 0. 6 0. 25 0. 73 長打率 0. 422 0. 532 0. 41 0. 457 0. 394 0. 443 出塁率 0. 363 0. 378 0. 352 0. 406 0. 366 0. 373 OPS 0. 785 0. 91 0. 762 0. 863 0. 76 0. 816 コメント 広島から若い内野手です。 併用されることが多く、規定打席は一度も立たなかったですが、3割を超える打率が魅力です。 平均OPSも. 8を超えており、獲得できればかなりの打線強化を見込めるでしょう。 足が速いが盗塁はそこまでしないようです。 牧原 年俸 2000PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 打率 0. 248 0. 279 0. 261 0. 298 0. 25 0. 2672 安打 141 170 159 178 147 159 本塁打 9 6 6 9 2 6. 4 打点 50 45 57 60 43 51 本塁打率 63. 1 101. 5 101. 7 66. 4 293. 5 125. 24 得点 70 84 83 104 80 84. 2 三振 95 92 100 106 108 100. 2 三振率 0. 167 0. 151 0. 164 0. 177 0. 184 0. 1686 四死球 25 31 36 51 47 38 併殺 3 5 1 2 3 2. 8 盗塁 29 33 27 33 33 31 盗塁成功率 0. 784 0. 702 0. 675 0. 846 0. 688 0. 739 長打率 0. 32 0. 337 0. 328 0. 395 0. 298 0. 3356 出塁率 0. 279 0. 313 0. 3 0. 352 0. 304 0. 3096 OPS 0. 599 0. 65 0. 628 0. 747 0. 602 0. 6452 コメント OPSこそ低いものの、守備力の高さと足の速さが魅力です。 盗塁も30個近く決めてくれます。 成功率は微妙ですが・・・ 若いので打撃を成長させれば走攻守揃ったオールラウンダーにできそうです。 サブポジが多いのも取り回しが効いていいですね。 糸原 年俸 4000PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 打率 0. 312 0. 284 0. 293 0. 308 0. 295 0. 2984 安打 124 116 110 98 115 112. 6 本塁打 3 2 1 0 4 2 打点 29 30 28 17 23 25. 4 本塁打率 132. 3 204. 5 376 999 97. 5 361. 86 得点 30 23 39 23 34 29. 8 三振 57 58 47 44 42 49. 6 三振率 0. 144 0. 142 0. 125 0. 138 0. 108 0. 1314 四死球 29 40 49 30 45 38. 6 併殺 8 7 7 5 7 6. 8 盗塁 2 2 2 0 3 1. 8 盗塁成功率 0. 5 1 0. 667 0 0. 75 0. 5834 長打率 0. 358 0. 315 0. 332 0. 321 0. 346 0. 3344 出塁率 0. 358 0. 346 0. 369 0. 365 0. 367 0. 361 OPS 0. 716 0. 661 0. 701 0. 686 0. 713 0. 6954 コメント 3割近い打率と内野のほとんどを守れるユーティリティーさが魅力の選手です。 ただ、打撃能力は凡ですし、足もそこまで早いわけではありません。 バックアップとして取るにしては年俸も高い気がするし・・・ シーズン毎のムラが少ないので、安定性を求める人にはオススメです。 田中 年俸 4000PP 成績 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均 打率 0. 268 0. 227 0. 304 0. 246 0. 292 0. 2674 安打 149 97 164 119 169 139. 6 本塁打 23 15 22 19 24 20. 6 打点 74 57 86 61 84 72. 4 本塁打率 24. 2 28. 5 24. 5 25. 4 24. 1 25. 34 得点 99 68 84 69 91 82. 2 三振 130 109 129 125 122 123 三振率 0. 233 0. 255 0. 239 0. 259 0. 211 0. 2394 四死球 74 46 40 66 61 57. 4 併殺 2 7 8 7 7 6. 2 盗塁 19 13 15 13 26 17. 2 盗塁成功率 0. 633 0. 867 0. 789 0. 591 0. 743 0. 7246 長打率 0. 436 0. 382 0. 485 0. 418 0. 474 0. 439 出塁率 0. 351 0. 299 0. 349 0. 333 0. 358 0. 338 OPS 0. 787 0. 681 0. 834 0. 751 0. 832 0. 777 コメント 三振が多くシーズンごとにムラが大きいですが、それを考慮しても余りある打撃能力です。 安定して20本塁打打ってくれますし、さらに走力も高いため盗塁もかなり伸びます。 ミートが成長すればトリプルスリーも狙える逸材ですね。 獲得できれば外野1枠は10年安泰です。 まとめ• 投手は 東、 畠、 石川直がオススメ• 野手はちょっと不作だが 田中が圧倒的• 金銭トレードのご利用は計画的に・・・ というわけで、コスパの良い選手たちの検証でした。 他にも山岡や吉川尚、大竹なんかをチェックしていたのですが、意外と成績伸びないんですよね・・・ 鈴木や山田が出てきた時ほどのコスパの良い選手はなかなかいないですね・・・.

次の