オニゴーリ 考察。 フリージオ単体考察

オクタン

オニゴーリ 考察

オニゴーリ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 オニゴーリは第3世代で初登場したポケモン。 ポケモン剣盾(ソードシールド)での育成論について紹介していく。 合計種族値は高くなく、各種族値全て80という特徴のない配分。 だが、隠れ特性「ムラっけ」により毎ターンランダムで1つの能力が2段階上昇し、他の1つの能力が1段階下がる。 これを活かして、「まもる」・「みがわり」で能力が上がるまでターン稼ぎをする戦法が主流。 能力が思い通りに上がらなくても「ぜったいれいど」による博打が可能であり、ある程度カバーできるのが強力。 ポケモン剣盾(ソードシールド)では命中率と回避率が「ムラっけ」の効果対象から外された。 命中率低下で技を外す心配に怯える必要がなくなった一方、 回避率が上がらないために「まもる」「みがわり」で防ぎつつ、相手の外しを待つ戦法が弱体化した。 また、メガシンカが廃止され、「はたきおとす」で持ち物を落とせないことがほぼなくなった。 ゴーストタイプが環境に多いこともあり、「はたきおとす」を覚えるポケモンは減ったにもかかわらず、使われる機会が増している。 「ムラっけ」オニゴーリの必須の持ち物でもある「たべのこし」が落とされてしまうと大きく不利となる。 その一方でオニゴーリの居座りを防ぐ方法として、強制交代・みちづれが天敵だったが、 それをダイマックスすることで逃れるという選択肢が生まれた点は強化と言える。 スポンサーリンク オニゴーリの特性考察 せいしんりょく (怯まない。 ) アイスボディ (天候が「あられ」の時、毎ターン終了時にHPを最大値16分の1回復する・あられのダメージを受けない。 ) ムラっけ(隠れ特性) (毎ターン終了時にどれか1つの能力が2段階上がり、他のどれかの能力が1段階下がる。 ) 考察 「ムラっけ」の優先度が極めて高い。 ターン稼ぎするだけで運要素はあるものの総合的には能力が上がっていく。 オニゴーリの個性とも言える特性なので、これを選ばないことは考えられない。 「アイスボディ」はダイマックスで天候を「あられ」に自らすることが可能となったので、 前世代よりは有用性が増しているものの、「ムラッけ」と比べれば力不足。 相手が怯む技をしてくるという限られた状況でしか役に立たない「せいしんりょく」は まず選ぶ価値がない。 スポンサーリンク オニゴーリの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 フリーズドライ 氷 70 100 水タイプにも効果抜群になる。 氷10% タイプ一致技。 威力は低いが命中安定。 水タイプにも効果抜群で通りが良い。 こおりのいぶき 氷 60 90 急所100% タイプ一致技。 確定急所なので実際は威力90。 加えて「ムラっけ」で特攻が低下したとしてもデメリットとならずにすむ。 その一方で特攻が上がってもメリットにならない。 相手を素早さ低下させ、次ターンから先制をとれるようにできる。 れいとうビーム 氷 90 100 氷10% タイプ一致技。 威力と命中が安定している。 ふぶき 氷 110 70 氷10% タイプ一致技。 威力は高いが命中率が低い。 霰パで運用する場合やダイマックス前提型の場合に。 ぜったいれいど 氷 - 30 一撃必殺 たとえ、能力が上手く上がらない場合や苦手な相手と対面した場合でも突破できる可能性を生む技。 スポンサーリンク 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 こおりのつぶて 氷 40 100 優先度+1 タイプ一致先制技。 弱った相手に先制してとどめをさすのに使える。。 ゆきなだれ 氷 60・120 100 優先度-4 タイプ一致技で相手からダメージを受けると威力が増す。 「みがわり」で受けては威力増加せず自身で受けねばならないのでやや使いづらい。 つららばり 氷 25 100 2~5回連続攻撃 タイプ一致技。 威力期待値は低いが、相手もみがわりを張ってきた場合の対策ができる。 じしん 地 100 100 なし 威力と命中が安定しており、氷半減の炎・鋼に刺さる。 いかりのまえば 無 - 90 相手の残りHPの2分の1ダメージを与える。 相性が悪い相手でも削れる便利な技。 攻撃が低下した場合の備えにもなる。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 まもる 無 - そのターンに相手の技を受けない。 ターン稼ぎに使っていく。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 ターン稼ぎに使っていく。 かげぶんしん 無 - 回避率が1段階上がる。 剣盾(ソードシールド)でムラっけで回避率変動はなくなった。 回避率を上げたいならこの技しかない。 ちょうはつ 悪 100 3ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の耐久型、サポート型のポケモンに刺さる。 トリック 超 100 自分と相手の持ち物を入れ替える。 こだわりアイテムを相手に押し付けるといい。 かなしばり 無 - 相手が直前に使用した技が4ターンの間使えなくなる。 相手の変化技などに対して使えば起点にできる。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 特殊耐久を上げられる。 味方サポートにもなる。 別のポケモンで麻痺をまいておくとより安定して動くことができる。 素早さはできる限り多くの相手に先制して「まもる」「みがわり」して起点にするため最速にし、 HPは「たべのこし」での回復量を上げるために16n+1調整にしている。 優先技は水タイプに通る「フリーズドライ」と攻撃回数を稼げば不利な相手でも一撃必殺で突破可能な「ぜったいれいど」。 他の技を選ぶ場合はこの2つのどちらかを外すのがおすすめ。 特攻ランク低下でも火力が落ちない「こおりのいぶき」、 高速アタッカーでも素早さ逆転して先制できる「こごえるかぜ」、 炎・鋼に有効な「じしん」、 相性不利な相手でも半分削れる「いかりのまえば」など他にも有効な技は結構ある。 当たればよしで、外した場合は「からぶりほけん」で素早さを上昇させ、 高速アタッカー相手に素早さ逆転して再度攻撃する。 素早さ無補正52振りで「からぶりほけん」発動後は最速ドラパルトをギリギリ抜ける。 耐久に振っているため、弱点をつかれなければ相手の攻撃をだいたい一撃は耐える。 よって、少々不利な相手でも「ぜったいれいど」を2発は放てる。 シャドーボールやあくのはどうで弱点をつける相手にも攻撃していこう。 相手は「みがわり」「まもる」を読んでくるので、奇襲が成功する可能性が高い。 特性は強力さの面から「ムラっけ」がおすすめ。 だが、「からぶりほけん」で上げた素早さを下げてしまう可能性もあるなど危険もある。 「せいしんりょく」、「アイスボディ」の選択肢もあると言える。 スポンサーリンク オニゴーリのパーティメンバー考察 ムラっけ型オニゴーリを使うつもりなら麻痺をまけるポケモンが必要。 麻痺をまくことでオニゴーリが先制をとれるようになり、相手の身体がしびれて「みがわり」が残る可能性が増す。 特性「すりぬけ」のポケモンはみがわりを無視して攻撃してくるので脅威。 シャンデラ・ドラパルトなどは遭遇することも多いので別のポケモンで対策できるようにしておきたい。 オニゴーリの対策 ほとんどのオニゴーリは「まもる」「みがわり」でターン稼ぎを行ってくる。 みがわりを無視できる特性「すりぬけ」や音技、みがわりを破壊した後残りを当てられる連続技、後攻でみがわりを破壊後の先制技などで対策ができる。 「ふきとばし」「ほえる」での強制交換、みがわり貫通の「ほろびのうた」「のろい」でも居座りを防ぐことができる。 はたきおとすを当てて、「たべのこし」を落せば、オニゴーリの時間稼ぎは長く続かないので対策となる。 火傷が効かないのも厄介だが。 特性「いかく」や攻撃を下げる技を使うのは対策になる。 氷タイプであれば氷技を半減でき、ぜったいれいどを無効にできるので対策になる。 パルシェンであれば、ぜったいれいど無効でロックブラストによる「みがわり」貫通突破が可能。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

「オルタージェネシス」考察・解説9【ポケモンカード】

オニゴーリ 考察

オニゴーリ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 オニゴーリは第3世代で初登場したポケモン。 ポケモン剣盾(ソードシールド)での育成論について紹介していく。 合計種族値は高くなく、各種族値全て80という特徴のない配分。 だが、隠れ特性「ムラっけ」により毎ターンランダムで1つの能力が2段階上昇し、他の1つの能力が1段階下がる。 これを活かして、「まもる」・「みがわり」で能力が上がるまでターン稼ぎをする戦法が主流。 能力が思い通りに上がらなくても「ぜったいれいど」による博打が可能であり、ある程度カバーできるのが強力。 ポケモン剣盾(ソードシールド)では命中率と回避率が「ムラっけ」の効果対象から外された。 命中率低下で技を外す心配に怯える必要がなくなった一方、 回避率が上がらないために「まもる」「みがわり」で防ぎつつ、相手の外しを待つ戦法が弱体化した。 また、メガシンカが廃止され、「はたきおとす」で持ち物を落とせないことがほぼなくなった。 ゴーストタイプが環境に多いこともあり、「はたきおとす」を覚えるポケモンは減ったにもかかわらず、使われる機会が増している。 「ムラっけ」オニゴーリの必須の持ち物でもある「たべのこし」が落とされてしまうと大きく不利となる。 その一方でオニゴーリの居座りを防ぐ方法として、強制交代・みちづれが天敵だったが、 それをダイマックスすることで逃れるという選択肢が生まれた点は強化と言える。 スポンサーリンク オニゴーリの特性考察 せいしんりょく (怯まない。 ) アイスボディ (天候が「あられ」の時、毎ターン終了時にHPを最大値16分の1回復する・あられのダメージを受けない。 ) ムラっけ(隠れ特性) (毎ターン終了時にどれか1つの能力が2段階上がり、他のどれかの能力が1段階下がる。 ) 考察 「ムラっけ」の優先度が極めて高い。 ターン稼ぎするだけで運要素はあるものの総合的には能力が上がっていく。 オニゴーリの個性とも言える特性なので、これを選ばないことは考えられない。 「アイスボディ」はダイマックスで天候を「あられ」に自らすることが可能となったので、 前世代よりは有用性が増しているものの、「ムラッけ」と比べれば力不足。 相手が怯む技をしてくるという限られた状況でしか役に立たない「せいしんりょく」は まず選ぶ価値がない。 スポンサーリンク オニゴーリの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 フリーズドライ 氷 70 100 水タイプにも効果抜群になる。 氷10% タイプ一致技。 威力は低いが命中安定。 水タイプにも効果抜群で通りが良い。 こおりのいぶき 氷 60 90 急所100% タイプ一致技。 確定急所なので実際は威力90。 加えて「ムラっけ」で特攻が低下したとしてもデメリットとならずにすむ。 その一方で特攻が上がってもメリットにならない。 相手を素早さ低下させ、次ターンから先制をとれるようにできる。 れいとうビーム 氷 90 100 氷10% タイプ一致技。 威力と命中が安定している。 ふぶき 氷 110 70 氷10% タイプ一致技。 威力は高いが命中率が低い。 霰パで運用する場合やダイマックス前提型の場合に。 ぜったいれいど 氷 - 30 一撃必殺 たとえ、能力が上手く上がらない場合や苦手な相手と対面した場合でも突破できる可能性を生む技。 スポンサーリンク 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 こおりのつぶて 氷 40 100 優先度+1 タイプ一致先制技。 弱った相手に先制してとどめをさすのに使える。。 ゆきなだれ 氷 60・120 100 優先度-4 タイプ一致技で相手からダメージを受けると威力が増す。 「みがわり」で受けては威力増加せず自身で受けねばならないのでやや使いづらい。 つららばり 氷 25 100 2~5回連続攻撃 タイプ一致技。 威力期待値は低いが、相手もみがわりを張ってきた場合の対策ができる。 じしん 地 100 100 なし 威力と命中が安定しており、氷半減の炎・鋼に刺さる。 いかりのまえば 無 - 90 相手の残りHPの2分の1ダメージを与える。 相性が悪い相手でも削れる便利な技。 攻撃が低下した場合の備えにもなる。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 まもる 無 - そのターンに相手の技を受けない。 ターン稼ぎに使っていく。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 ターン稼ぎに使っていく。 かげぶんしん 無 - 回避率が1段階上がる。 剣盾(ソードシールド)でムラっけで回避率変動はなくなった。 回避率を上げたいならこの技しかない。 ちょうはつ 悪 100 3ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の耐久型、サポート型のポケモンに刺さる。 トリック 超 100 自分と相手の持ち物を入れ替える。 こだわりアイテムを相手に押し付けるといい。 かなしばり 無 - 相手が直前に使用した技が4ターンの間使えなくなる。 相手の変化技などに対して使えば起点にできる。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 特殊耐久を上げられる。 味方サポートにもなる。 別のポケモンで麻痺をまいておくとより安定して動くことができる。 素早さはできる限り多くの相手に先制して「まもる」「みがわり」して起点にするため最速にし、 HPは「たべのこし」での回復量を上げるために16n+1調整にしている。 優先技は水タイプに通る「フリーズドライ」と攻撃回数を稼げば不利な相手でも一撃必殺で突破可能な「ぜったいれいど」。 他の技を選ぶ場合はこの2つのどちらかを外すのがおすすめ。 特攻ランク低下でも火力が落ちない「こおりのいぶき」、 高速アタッカーでも素早さ逆転して先制できる「こごえるかぜ」、 炎・鋼に有効な「じしん」、 相性不利な相手でも半分削れる「いかりのまえば」など他にも有効な技は結構ある。 当たればよしで、外した場合は「からぶりほけん」で素早さを上昇させ、 高速アタッカー相手に素早さ逆転して再度攻撃する。 素早さ無補正52振りで「からぶりほけん」発動後は最速ドラパルトをギリギリ抜ける。 耐久に振っているため、弱点をつかれなければ相手の攻撃をだいたい一撃は耐える。 よって、少々不利な相手でも「ぜったいれいど」を2発は放てる。 シャドーボールやあくのはどうで弱点をつける相手にも攻撃していこう。 相手は「みがわり」「まもる」を読んでくるので、奇襲が成功する可能性が高い。 特性は強力さの面から「ムラっけ」がおすすめ。 だが、「からぶりほけん」で上げた素早さを下げてしまう可能性もあるなど危険もある。 「せいしんりょく」、「アイスボディ」の選択肢もあると言える。 スポンサーリンク オニゴーリのパーティメンバー考察 ムラっけ型オニゴーリを使うつもりなら麻痺をまけるポケモンが必要。 麻痺をまくことでオニゴーリが先制をとれるようになり、相手の身体がしびれて「みがわり」が残る可能性が増す。 特性「すりぬけ」のポケモンはみがわりを無視して攻撃してくるので脅威。 シャンデラ・ドラパルトなどは遭遇することも多いので別のポケモンで対策できるようにしておきたい。 オニゴーリの対策 ほとんどのオニゴーリは「まもる」「みがわり」でターン稼ぎを行ってくる。 みがわりを無視できる特性「すりぬけ」や音技、みがわりを破壊した後残りを当てられる連続技、後攻でみがわりを破壊後の先制技などで対策ができる。 「ふきとばし」「ほえる」での強制交換、みがわり貫通の「ほろびのうた」「のろい」でも居座りを防ぐことができる。 はたきおとすを当てて、「たべのこし」を落せば、オニゴーリの時間稼ぎは長く続かないので対策となる。 火傷が効かないのも厄介だが。 特性「いかく」や攻撃を下げる技を使うのは対策になる。 氷タイプであれば氷技を半減でき、ぜったいれいどを無効にできるので対策になる。 パルシェンであれば、ぜったいれいど無効でロックブラストによる「みがわり」貫通突破が可能。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

オニゴーリ構築をボコボコにするパルシェンの考察

オニゴーリ 考察

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 まもる+みがわりで能力を上げる ムラっけによって 毎ターン、能力のどれかが2段階上がり、どれかが1段階下がる。 みがわりやまもるで時間を稼ぐことで、効果を何度も発動できる。 みがわりで減ったHPの回復手段はたべのこしで確保しよう。 攻撃技を2個選択 まもるとみがわり以外の技は攻撃技から選択。 Cが下がっても確定急所で無視できるこおりのいぶき、受けポケモンに強いぜったいれいど、環境に刺さるフリーズドライ、アイアンヘッドなどがおすすめだ。 麻痺要員と合わせるのがおすすめ 先制でみがわりを使いたいことと、痺れで試行回数を稼げることからムラっけは麻痺と相性が良い。 オーロンゲやドラパルト、バンギラスなど でんじはを使えるポケモンと並べるのがおすすめだ。 前作までとは役割が異なる 第8世代からはムラっけで回避が上がらなくなり、全抜きを狙えるポケモンとは言えなくなった。 代わりに命中低下の削除やダイマックスによる耐久上昇などで、積みアタッカーとして見た場合の性能が向上した。 特性パンクロックで音技の威力が上がるストリンダーは特におすすめだ。 火力と素早さの高いポケモンを出す 対オニゴーリで重要なことは みがわりを確実に壊すことと、みがわり前に先制で攻撃することの2つ。 火力と素早さを兼ね備えたポケモンで押し切ろう。 ちょうはつで防御技を封じる ちょうはつを使えばみがわりとまもるを使えなくでき、時間稼ぎを許さなく出来る。 ちょうはつはまもるには防がれるが、みがわりは貫通するので覚えておこう。 耐久ポケモンは絶望的 長期戦が前提である耐久ポケモンはオニゴーリからすれば絶好のカモ。 出してしまうと 能力を上げられ放題となってしまうので対面させないように。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の