ニュルブルク リンク 順位。 NISMO

NISMO

ニュルブルク リンク 順位

24時間でどれだけ長い距離を走れるかを競う。 毎年5月から6月の初夏に開催される。 日本では「ニュル24時間レース」や「ニュル24耐」といった略称で知られている。 イベントの正式名称について、長らく大手会社のがとなっていたことから「ADACチューリッヒ24時間レース」(: ADAC Zurich 24h Rennen)であったが、2019年から石油会社のが取って代わり、「 ADAC TOTAL 24時間レース」となった。 (2011年)など、スポーツカーに限らず多様な車種が毎年参戦する 元々はADACが主催するローカルイベントだったが、第1回のレースが開催されるとたちまち人気が集まり、今ではヨーロッパ中に中継されるビッグイベントである。 大きな特徴として、 参加するチームがワークスやプライベーターを併せてきわめて多いという事が挙げられる。 その一例としては合計228チームがレースに参加した。 あまりの台数の多さに一つのピットを最大6チームでシェアする、スタートを3グループに分ける、第3グループがスタートした直後に第一グループのトップのマシンが追いつくことなどはもはや珍しくない光景である。 給油も台数の多さから様々なマシンが1台の給油機をシェアして給油する状態であり、給油ノズルの形状は普通のに設置されているガンタイプになっている。 SP9 GT3クラスのようなクイックチャージャー装備の車の場合でも、それに対応する給油機がないため、クイックチャージャーの差し込み口を持つ漏斗状のアタプターを用いる。 起伏の激しい地形、狭いコース幅にアマチュアを含めた200台のエントリー、照明のない夜間と通常のサーキットレースより遥かに危険なため、プロアマ問わずニュル北コースで開催されるレースでの完走実績を要するほか、英語で出題される筆記試験に100点満点で合格しなければならない。 また合格後も抜き打ち指名でのテストがある。 コース [ ] ニュルブルクリンク北コース コースレイアウト 競技は、ドイツ北西部 南方のにあるサーキット「」で行われる。 オールドコースとも呼ばれる同サーキットの北コースは、かつての車高 が高かった頃はの走路であり、戦後開始されたドイツグランプリもここを会場としていた。 しかし車高が下がるに従って走行に危険が増し、凹凸の少ない路面での走行に最適化されていったフォーミュラカーでのレースが行われなくなったという歴史を持つほど、荒れた路面や連続するコーナーの過酷さに定評がある。 これを24時間走り続けるためマシンにかかる負担はあまりにも大きく、レース後半になると目に見えるダメージを負ったり、そこをテープなどで補修したマシンが目立つようになる。 参加チーム・車両 [ ] (2007年) ニュル24耐の大きな特徴は、ワークスやプライベーター併せて参加チームが極めて多いことである。 総合優勝を狙うワークスから、自慢の愛車をカスタマイズしてレースに臨むプライベーターなど、実に200以上のチームが毎年参戦している。 参加車両も多彩で、やなどのような本格派スポーツカー以外にも、、や、に至るまで様々な車両が参戦している。 中には修理跡のあるようなプライベーターの車両や、往年の名車 、など も参加していた。 ただし2011年からはレギュレーション変更により、製造後10年以上経過した車両は参加が出来なくなった。 が、屋根に「尻尾」をつけた等、非常に長期間同一車種・チームで出場し続けたため、「伝統を途絶えさせるのは勿体無い」「ニュル24のアイドル」という理由などから、主催者推薦枠が導入され、この枠での出場に限り10年以内という条項が無いため、参戦が続けられている。 やも参戦しており、例として ・ 2007年 ・BMW・320d 総合優勝 といった車種の参戦経験がある。 日本勢 [ ] 日産 [ ] 日産・GT-R GT3(2014年) ニュル24に初めて日本のチームが参戦したのはので、(R32)でグループNクラス優勝を果たし、翌年も連覇した。 2011年にはを使用してドイツの地元チーム「シュルツ・モータースポーツ」が参戦し、TVゲームの開発者であるらの運転でSP8Tクラスのクラス優勝(総合36位)を飾った。 2012年にはチームの山内一典らが運転するGT-Rが同クラスで再びクラス優勝(総合30位)した。 また同年には率いるGT-Rの市販車開発チームが、GT-Rの開発の一環としてNISMOを介さず、ほぼ市販車のままのGT-Rで参戦するという異例の参戦がされた。 2013年はシュルツ・モータースポーツが仕様のGT-RでSP9 GT3クラス参戦するが、エンジン交換を伴うトラブルなどでクラス22位(総合136位)に終わった。 2014年にはGTアカデミー・チームRJNとシュルツで合わせて3台のGT-R GT3が参戦し、山内らが駆るシュルツのクラス11位(総合14位)が最高順位であった。 2015年はRJNとシュルツで2台が参戦。 の演習も兼ねたドライバー編成のRJNが、GT3参戦後の最高位となる総合9位でフィニッシュした。 2016年はRJNが3台で参戦し、ノントラブルで走り切って総合11位であった。 2017年・2018年は参戦が途絶えていたが、2019年にはタレントのが監督を務めるがGT3仕様のGT-Rで参戦する。 参戦初年度の2007年は「Team Gazoo」として2台で出走し、110号車が総合104位(SP3クラス14位)、109号車が総合110位(SP3クラス16位)で完走している。 2008年は(IS250のMT車)を投入し(当年はニュル耐久選手権のみ出場)、2009年には当時段階であった(当時は「LF-A」表記)を開発を兼ねて持ち込み話題を呼んだ。 翌年の2010年にはSP8クラスでクラス優勝(総合18位)を飾り、2012年にも同クラスでクラス優勝(総合15位)を飾っている。 また同年にはも初参戦し、SP3クラスでクラス優勝(総合46位)している。 2014年はSP8クラスにレクサス・LFA、SP3クラスにトヨタ・86が参戦したのに加え、さらに同年より新設されたSP-PROクラスにはLFAをベースとした次世代のスポーツカー技術の研究用車両である「LFA Code X」が参戦、このGAZOO Racingの3台はすべてクラス優勝を果たし「完全制覇」を達成した。 2016年には市販前であったのを参戦させ、2018・2019年にはSP-PROクラスに研究開発用のを参戦させるなどトヨタのニュル活動は、勝利することがメインの・に比べて車両開発・人材育成の要素が強い。 プライベーターでは、レクサス専門チューニングショップのNOVELがチームを組織して2016年から市販車のやで参戦し、2018年にはクラス2位と3位を獲得した。 2019年にはとのジョイントで、最高峰のSP9クラスにRC F GT3で挑戦する。 またもやで2014年から参戦している。 スバル [ ] 「」も参照 がからで参加(総合14位・クラス2位)したのが始まりである。 スバルが2009年にから撤退して以降は、ニュル24がSTIの欧州における主要活動に取って代わっている。 またGAZOO Racing同様、メカニックは全国のディーラーから選んでおり、人材育成の面も強い。 にSP3Tクラスでクラス優勝(総合21位)、翌にも同クラスを連覇した(総合28位)。 2013年はマシントラブルでクラス2位(総合28位)、2014年には接触とペナルティでクラス4位に終わったが、にはクラス優勝(総合18位)を取り返した。 2016年も勝って連覇するが、2017年は接触や炎上によりリタイアし、3連覇を逃した。 2018年にはSP3Tクラストップの予選タイムを叩き出して決勝レースをスタートし、1時間ほど順調に走ったものの、パワーステアリングのオイル漏れが発生してピットイン、1時間弱のタイムロスとなるだけでなく、クラストップを明け渡してしまう。 またスタートから5時間経過後にはパドルシフトの作動不良、騒音規制オーバーによる失格を防ぐために、エンジン回転数上限を抑制した。 途中雨の夜という悪条件下でAWDの力を見せつけラップタイムはハイパワーエンジンを積んだGT3マシンの何台かよりも速かったその後ゴールまで残り1時間というタイミングで突然のスローダウン、オフィシャルの手により車両はピットに戻りトラブルの原因は不明という状況だった。 メカニックの懸命の作業により疑わしき部品を交換してなんとかコースに復帰し、クラス2位のVW「ゴルフ」に13周もの大差をつけて勝った ファルケン [ ] FALKEN MOTORSPORTS TEAMの(2008年) 1999年からメーカーの が、のチャンピオンチームを母体とした「 MOTORSPORTS TEAM」を結成して参戦を継続している。 車種はがR33型、はGT500仕様、以降は毎年R34型の仕様の改造車で、特には総合5位に入賞する活躍ぶりを見せた。 2005年とは一度活動を休止したが、2007年からで復帰。 2011年からはベース車両を GT3Rに変更して2018年現在まで参戦継続中であり、2014年には総合4位入賞を果たした。 また欧州法人は他のニュル参戦チームへのタイヤの供給も行っている。 クラス [ ] 参戦車両は大まかに3つのディビジョンに分別される。 総合優勝を狙うワークス勢はディビジョン2のSP9に属する。 表記は2006年度以降のもの。 2009年度からエンジンの排気量が1,750cc以上の車両でないと参戦出来ないように変更された(SP1・SP2・N1は廃止)。 ディビジョン1 表記:D1T〜D3T、AT(S1、S2、HS1、HS2) 改造範囲の狭い小型車、ディーゼル車、ハイブリッドカーのためのカテゴリー。 DMSB(ドイツ自動車協会)の定める車両規定に準じたクラス、HSはハイブリッド車両。 ATは環境エンジン搭載車のクラス。 排気量、過給器の有無でSP1からSP8までに分類される ただし実質SP1、2、SP1Tはクラス分けこそあるが参加車両はない。 SP9、SP10、SP8Tは2009年度に発足した新しいクラス。 SP9は、SP10はGT4の規定に準拠した車両のクラス。 性能調整は独自のものとなっている。 SP-XとPROは特別公認クラスで。 SP9に収まらないワンオフマシンや、SP9規定だがまだFIAの公認を取れていないGT3マシン、更には市販前のテストカーなどが使われる。 ディビジョン3 表記:N1〜N5 FIA規定に基づくカテゴリーで、改造範囲が狭く、プライベーター 主にサンデーレーサー が参加する。 各クラスに付加されている数字は、それぞれ排気量によって所属するクラスを示す。 0 CSL アルピナ 1974 のため中止 1975 オイルショックのため中止 1976 Fritz Muller Herbert Hechler Karl-Heinz Quirin ポルシェ・911カレラ 1977 Fritz Muller Herbert Hechler ポルシェ・911カレラ 1978 Fritz Muller Herbert Hechler Franz Geschwendtner ポルシェ・911カレラ Valvoline Deutschland 1979 Herbert Kummle Karl Mauer Winfried Vogt Cavallo Matras 1980 Dieter Selzer Wolfgang Wolf Matthias Schneider フォード・エスコートRS2000 Berkenkamp Racing 1981 Helmut Doring Dieter Gartmann Fritz Muller Gilden-Kolsch 1982 Dieter Gartmann フォード・カプリ Eichberg Racing 1983 コース改修工事のため中止 1984 Axel Felder Franz-Josef Brohling Peter Oberndorfer Auto Budde Team 1985 Axel Felder Jurgen Hammelmann Robert Walterscheid-Muller BMW・635 CSi Auto Budde Team 1986 Markus Oestreich オットー・レンジング Winfried Vogt BMW・325i Linder Rennsport 1987 クラウス・ルートヴィッヒ クラウス・ニーヅビーズ Eggenberger 1988 Edgar Doren Gerhard Holup Peter Faubel ポルシェ・911カレラ 1989 ファビアン・ジロワ BMW・M3 E30 Team Bigazzi 1990 Frank Schmickler BMW・M3 Evo. 2 E30 Linder Motorsport 1991 ヨアヒム・ヴィンケルホック BMW・M3 Evo. 2 E30 1992 Jean-Michel Martin BMW・M3 Evo. 2 E30 Team Bigazzi 1993 Tonico de Azevedo Ornulf Wirdheim Frank Katthofer ポルシェ・911カレラ Konrad Motorsport 1994 Karl-Heinz Wlazik Frank Katthofer Fred Rosterg BMW・M3 E36 1995 ロベルト・ラヴァーリア マルク・デュエツ BMW・320i Team Bigazzi 1996 Johannes Scheid Hans Widmann BMW・M3 E36 Scheid Motorsport 1997 Johannes Scheid サビーネ・レック Hans-Jurgen Tiemann ペーター・ザコウスキー BMW・M3 E36 Scheid Motorsport 1998 マルク・デュエツ Andreas Bovensiepen Christian Menzel ハンス=ヨアヒム・スタック BMW・320d 1999 ペーター・ザコウスキー Hans-Jurgen Tiemann クラウス・ルートヴィッヒ マルク・デュエツ GTS-R 2000 ウヴェ・アルツェン ポルシェ・911GT3-R Porsche Zentrum Koblenz 2001 ペーター・ザコウスキー ミハエル・バルテルス クライスラー・バイパーGTS-R 2002 ペーター・ザコウスキー ロベルト・レヒナー ペドロ・ラミー クライスラー・バイパーGTS-R 2003年6月1日 ティモ・シャイダー V8クーペ OPC Team Phoenix 2004年6月13日 ハンス=ヨアヒム・スタック ペドロ・ラミー BMW・M3 GTR E46 2006年6月17日 マルセル・ティーマン ポルシェ・911GT3-MR 2005年5月8日 ペドロ・ラミー Boris Said Duncan Huisman BMW・M3 GTR E46 BMWモータースポーツ 2007年6月18日 ティモ・ベルンハルト マルセル・ティーマン ポルシェ・911GT3-RSR 2008年6月10日 マルク・リープ ティモ・ベルンハルト ロマン・デュマ マルセル・ティーマン ポルシェ・911GT3-RSR 2009年5月24日 マルク・リープ ティモ・ベルンハルト ロマン・デュマ マルセル・ティーマン ポルシェ・911GT3-RSR 2010年5月16日 ヨルグ・ミューラー ウベ・アルツェン ペドロ・ラミー BMW・M3 GT2 2011年6月26日 マルク・リープ ティモ・ベルンハルト ロマン・デュマ ルーカス・ルーア ポルシェ・997GT3-RSR 2012年5月20日 マルク・バッセン クリストファー・ハーセ フランク・スタップラー チーム・フェニックス 2013年5月20日 イェロン・ブレーケモレン ニッキー・ティム GT3 AMG チーム・ブラックファルコン 2014年6月19-22日 クリストファー・ハーセ クリスチャン・マメロウ マルクス・ヴィンケルホック フェニックス・レーシング 2015年5月16-17日 クリストファー・ハーセ ニコ・ミュラー エドワード・サンドストローム チーム・WRT 2016年5月28-29日 マーロ・エンゲル ベルント・シュナイダー アダム・クリストドゥールー マヌエル・メッツガー AMG チーム・ブラックファルコン 2017年5月27-28日 コナー・デ・フィリッピ クリストファー・ミース マルクス・ヴィンケルホック ケルヴィン・ヴァン・デル・リンデ ランド・モータースポーツ 2018年5月13-14日 パトリック・ピレ 2019年6月20-23日 脚注 [ ].

次の

世界一過酷な「ニュルブルクリンク24時間レース」 日本勢の好成績が持つ意味は?

ニュルブルク リンク 順位

この記事のもくじ• この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮 ニュルブルクリンクのラップタイム、2019年最新版。 このランキングも当初「ベスト50」から始めるも、なんどか更新してゆくにつて、ついに「ベスト100」にまで延長されています。 つまり、現在の100位である「BMW M3 GTSクーペ」はかつて50位だったものの、その上にどんどん(50台が)入ってきて今や100位まで落ち込んでしまった、ということですね。 今回の新顔は11位のメルセデスAMG GT R Pro、12位のマクラーレン720S、22位のポルシェ911ターボS、32位のポルシェ911カレラGTS、38位のメルセデスAMG GT 4ドアクーペ。 こうやってランキングを見ると、ポルシェとメルセデス・ベンツがかなり多くランクインしていて、アウディやBMWは少数派(BMWは最近になって増えてきた)。 そう考えると、同じジャーマンスリーといえども「メルセデス・ベンツはやはり別格」なのかもしれませんね。 それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみよう こちらが現時点でのニュルブルクリンクのラップタイム最新版。 同じ車種で、同年式のクルマを複数メディアがアタックしたりしている場合は「もっとも速かったタイム」を採用し、ほかのメディアの記録はノーカウントとしています。 一方で、改造車や市販されていないクルマもノーカウント。 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(?万円)6:44. 97(2018)• ポルシェ911GT2 RS (3656万円)6:47. 3(2017)• Next EV NIO EP9(?万円)6:45. 90(2018)• ラディカルSR8LM(1780万円) 6:48. 00(2009)• ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ(3418万円) 6:52. 01(2017)• ラディカルSR8 6:56. 08(2005)• ポルシェ918スパイダー(9500万円) 6:57. 00(2013)• ランボルギーニ・アヴェンタドールSV(5179万円) 6:59. 73(2015)• ダッジ・ヴァイパーACR 7:01,30(2017)• メルセデスAMG GT R Pro 7:04. 632(2018)• マクラーレン720S 7:08. 34(2018)• 日産GT-Rニスモ(1500万円) 7:08. 68(2015)• メルセデスAMG GT R 7:10. 92(2017)• グンペルト・アポロ・スピード(3800万円?) 7:11. 57(2009)• ダッジ・ヴァイパーSRT-10 ACR(1500万円?) 7:12. 13(2010)• ポルシェ911GT3(2115万円) 7:12. 7(2017)• シボレー・コルベットZ06 7:13. 9(2017)• レクサスLFA ニュルパッケージ(4450万円?) 7:14. 64(2012)• ドンカーブートD8 RS(1000万円?) 7:14. 89(2005)• シボレー・カマロZL1 1LE 7:16. 04(2017)• ポルシェ911ターボS(991. 2)7. ポルシェ911GT2RS(2800万円?) 7:18. 00(2010)• ラディカルSR3ターボ(1350万円) 7:19. 00(2003)• 日産GT-R 7:19. 10(2013)• シボレー・コルベット ZR1(1490万円) 7:19. 63(2012)• ジャガーXE SV プロジェクト8(?万円) 7:21. 23(2017)• フェラーリ488GTB 7:21,63(2016)• ダッジ・ヴァイパーACR 7:22. 01(2009)• シボレー・コルベット Z06(1265万円) 7:22. 68(2011)• グンペルト・アポロ・スポーツ 7:24. 00(2007)• ポルシェ911 カレラGTS 7:24. 日産GT-R 7:24. 22(2011)• マセラティMC12 7:24. 27(2004)• パガーニ・ゾンダF クラブスポーツ 7:24. 44(2005)• ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4317万円) 7:25. 00(2011)• フェラーリ エンツォフェラーリ 7:25. 21(2002)• AMG GT 4ドアクーペ 63S 7:25. KTM X-BOW R 7:25. 72(2012)• メルセデスSLS AMGブラックシリーズ 7:26. 40(2014)• 日産GT-R 7:26. 70(2008)• ポルシェ911GT3RS 4. 0 7:27. 00(2011)• BMW M4 GTS(1950万円)7:27. 88(2016)• フェラーリ458イタリア(2920万円) 7:28. 00(2009)• マクラーレン MP4-12C(2869万円) 7:28. 00(2010)• ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(2970万円) 7:28. 00(2015)• ポルシェ911 GT3RS(991)7:28. 00(2015)• ポルシェ カレラGT 7:28. 71(2003)• シボレー・カマロZL-1 7:29,6(2016)• メルセデスSLS AMG GT 7:30. 00(2012)• ポルシェ911GT2(997) 7:31. 00(2012)• アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ 7:32. 00(2016)• アウディR8 V10 Plus 7:32. 00(2015)• ポルシェ911ターボS 7:32. 00(2010)• フォード・シェルビーGT350R 7:32. 19(2015)• パガーニ・ゾンダF 7:33. 00(2005)• ポルシェ911GT3 RS(997. 2) 7:33. 00(2010)• ポルシェ911GT3(997) 7:33. 00(2007)• ケーニグセグCCX 7:33. 55(2006)• ポルシェ911(991. 2)カレラS 7:33. 67(2015)• ケーニグセグCCR 7:34. 00(2004)• レクサスLFAニュルブルクリンク・パッケージ 7:34. 00(2012)• アウディR8GT(2742万円) 7:34. 00(2010)• 日産GT-R V-spec 7:34. 46(2009)• メルセデスAMG GT S 7:35. 00(2016)• ルーフRT12 7:35. 00(2005)• マクラーレン650S スパイダー 7:35. 00(2015)• シボレー・カマロZ28 7:37. 47(2014)• ポルシェ911カレラS 7:37. 90(2011)• ポルシェ・パナメーラ・ターボ 7:38. 00(2016)• ポルシェ911ターボ 7:38. 00(2006)• レクサスLF-A 7:38,00(2010)• BMW M4 CS 7:38. 00(2017)• ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スーパーレッジェーラ 7:38. 00(2010)• ポルシェ・パナメーラ・ターボ 7:38. 00(2017)• シボレー・コルベット C6 ZR1 7:38. 00 (2009)• BMW M5(F90) 7:38. フェラーリ430スクーデリア 7:39. 00(2007)• ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640 7:40. 00(2006)• メルセデス・ベンツSLRマクラーレン 7:40. 00(2003)• ブガッティ・ヴェイロン 7:40. 00(2005)• ポルシェ911GT3 7:40. 00(2009)• フォードGT 7:40. 6(2018)• ポルシェ・ケイマンGT4 7:42. 00(981)• ポルシェ911GT3 RS 7:43. 00(2003)• ホンダ・シビック・タイプR 7:43. 80(2017)• パガーニ・ゾンダ C12S 7:44. 00(2009)• アウディR8 V10 5. 2FSI 7:44. 00(2009)• ブガッティEB110 SS 7:44. 00(1993)• メルセデスCLK 63ブラックシリーズ 7:45. 00(2007)• 19(2017)• ポルシェ911GT2 7:46. 00(1999)• ポルシェ718ケイマンS 7:46. 70(2016)• ポルシェ911 GT3 RS 7:47. 00(2004)• フェラーリ599GTB 7:47. 00(2007)• ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640 7:47. 00(2006)• フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツS 7:47. 19(2016)• シボレー・カマロZL-1 7:47. 27(2011)• アウディTTRS 7:48. 00(2017)• BMW M3 GTSクーペ 7:48. 00(2011).

次の

NISMO

ニュルブルク リンク 順位

20キロ以上にも及びグリーンヘル 緑の地獄 の異名を持つオールドコースは、世界中のあらゆる道の厳しい要素を凝縮していると言われています。 アップダウンが激しく、その標高差は約300メートル。 コーナーの多さもこのコースの特徴です。 大小とりまぜた170以上のコーナーがあり、先の見えない頂(ブラインドクレスト)も存在します。 荒れた路面にはエスケープゾーンがなく、ガードレールがコース脇に迫り、走行中は常にクルマやドライバーに大きな負担がのしかかります。 このように過酷なレーストラックで鍛えた技術は、ドライビングの愉しさを高めるアイテムとして市販されています。 たとえば、STIが生み出したフレキシブルタワーバーをはじめとするフレキシブルシリーズ。 クルマを固めて挙動を制御するための製品に、しなやかさを組み込んだSTI独自思想のパーツです。 その性能はニュルブルクリンク24時間レースでの勝利によって実証されています。 たとえば、STIのエアロパーツ。 風洞実験だけでなく、ニュルブルクリンクという変化に富む環境や極限のスピードを通じて得た知見をフィードバックしています。 ニュルブルクリンク24時間レースとは ニュルブルクリンク24時間レース ADAC Zurich 24h Rennen は、ドイツの北西部のベルギー国境に近いアイフェル山系にあるニュルブルクリンクで毎年5月か6月に開催される伝統の耐久レースです。 ニュル城やいくつかの村を囲むように設置された一周25. 378kmのサーキットを舞台に、24時間でどれだけ長い距離を走れるかを競うものです。 出場するレースカーが200台以上ときわめて多く、参加チームはアマチュアからワークスサポートのプロフェッショナルチームまでレベルも千差万別。 この 「ツーリングカーのお祭り」を観戦するため、ドイツ国内はもとよりヨーロッパ各地からもファンが押し寄せる人気イベントとなっています。 なお、レースが行われる「ニュルブルクリンク」とは、「ニュル城のサーキット」を意味します。 その名の通り、コースを見渡す高台にはニュル城が現存しています。 24時間のレースコースは、F1やDTMなどが開催される約5kmのグランプリコースとそれに隣接するオールドコースと呼ばれる一周約20km、高低差約300mの北コース ノルドシュライフェ を複合したロングコースで行われます。 オールドコースはコース幅が狭く、荒れた路面やブラインドコーナー、ブラインドクレスト 頂 が連続する山岳コースで、照明やセイフティゾーンも全くなく、ジャンピングスポットもあることからから、「世界の道の特徴が全て存在する」と言われるほど、ドライバーやレーシングマシンにとって過酷なコースです。 また、出場台数が多くそれぞれスピードレンジも異なるため、接触などで外的ダメージを受けることも多く、24時間走り切るだけでも賞賛が与えられるほどです。 24時間レースの主役は、市販車両をベースとするツーリングカーです。 クラス区分ごとの順位も設定され、ガソリン車だけでなく、ディーゼルや天然ガス、ハイブリッド車など数多くの車種が同時に出走することもこのレースの魅力のひとつです。 SUBARUは2008年からインプレッサWRX STIで出場し、2009年からはSTIが独自プログラムとして連続チャレンジを継続しています。 参加車両のSUBARU WRX STIはいずれも完走しており、2011年と2012年、2015年と2016年はSP3Tクラス 2リットル以下のターボ車 で連続クラス優勝を果たしています。

次の