ルパンの娘 出演者。 ルパンの娘

ルパンの娘 出演者キャスト一覧|見逃し配信や主題歌や原作も!

ルパンの娘 出演者

フジテレビドラマ(木曜劇場)「ルパンの娘」の主要登場人物、出演俳優・キャストをまとめます。 「ルパンの娘」は泥棒一家・Lの一族(えるのいちぞく)に生まれてしまったヒロイン・華と、それを知らない警察官の恋人・和馬をめぐるラブコメディです。 Lの一族・三雲家の家族 先祖代々泥棒を生業とし、家族全員が盗みの才能を持つ「Lの一族」三雲家。 大胆な行動力と入念な計画、痕跡を一切残さない仕事ぶりは圧巻で、その姿を見た者は誰もいない。 大怪盗アルセーヌ・ルパンさながらに弱きを助け強きをくじく義賊の一面も持つ。 悪党から奪った金品により、高級タワーマンションで豪華な暮らしをしている。 左からマツ(どんぐり)、巌(麿赤兒)、華(深田恭子)、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)。 幼い頃から祖父・巌の(泥棒)英才教育を受けており、盗みの才能は家族の中でも抜きん出ている。 ただし、本人はある時から盗みが悪いことだと気が付き家業を継ぐことを拒んでおり、現在は図書館の司書として真っ当に働いている。 結婚を考えている警察官の恋人・和馬には家族や自身の素性は絶対に秘密。 悪党たちに襲われてしばしば窮地に陥る和馬を助けるため、華は自身の泥棒の才能の封印を解くが、それが一家の泥棒稼業の手助けにもなってしまうことに葛藤している。 今回のような飄々としたお嬢様役は大の得意分野。 — 2019年 7月月10日午後6時13分PDT 父・三雲尊…渡部篤郎 華の父。 美術品を愛し、妻を愛するダンディーな泥棒。 三雲家が住む超高級タワーマンションの住人の部屋に侵入してはキャビアや高級ワインを調達するなど、美食家でもある。 Lの一族の司令塔的存在。 華が家業を継がず渉が引きこもり状態にあるため、Lの一族の系譜が自分で途絶えるのではないかと危惧している。 そのため、華の結婚相手には娘婿となり泥棒になってもらいたいと考えており、生真面目な公務員である和馬のことは気に入らない。 母・三雲悦子…小沢真珠 華の母で、宝石盗み専門の女泥棒。 美の追求に貪欲で、ド派手なファッションセンスと55歳という年齢を感じさせない美貌を持つ「奇跡の美魔女」。 普段は夫の尊とのバカップルぶりを見せるなど能天気だが、勝負どころでは泥棒としての天性を発揮する。 和馬のことは可愛くて食べちゃいたいっ!と発言するなど、気に入っている様子。 基本的に男性に対しボディタッチが多いが、その隙にてんとう虫CAM(小型カメラ)を背中に貼り付けたりするので油断ならない。 どちらも強烈なキャラクターを突き抜けて演じており、影の主役とも言えそうな存在感。 本来であればLの一族の後継者となるべき存在だが、部屋からほとんど出ず家族とも端末の人工音声を通じて会話をするなど、筋金入りの引きこもり男になっている。 両親もその扱いに困っている。 とはいえ、趣味が高じたハッカーの腕前は超一流。 そもそも栗原類自身が唯一無二の個性を持っており、「ルパンの娘」の世界観にも違和感なく馴染んでいます。 — 2019年 5月月28日午後9時20分PDT 祖母・三雲マツ…どんぐり 家族で唯一関西弁を話す、華の祖母。 どんな鍵でも一発で解錠してしまう伝説の鍵師。 華の良き理解者であり、引きこもりの渉にも明るく大声で接する良き祖母の一面も。 気配を消す特技があり、華はしばしばマツが背後にいたことに驚く。 敵陣進入時に鍵を解錠するシーンでは、その秘伝の方法が視聴者にバレないようにモザイクがかかる。 ピン芸人として活動した後に女優にシフトし、映画「カメラを止めるな! 」で長編映画初出演。 「ルパンの娘」が連続ドラマレギュラー初出演だという遅咲きの個性派女優。 — 2019年 7月月13日午後11時56分PDT 祖父・三雲巌…麿赤兒 華の祖父で、伝説のスリ師。 普段はほとんど家に寄り付かず、マツからは死んだことにされている。 幼少期の華に泥棒の技術と心得を叩き込んだ人物であり、「盗むことで何かを変えられる日が来る。 いずれわかる」と華に発言するなど、泥棒稼業に対し誇りを持っている。 放送後一週間以内の回であれば、、またはで無料で見られます。 警察一家・桜庭家 先祖代々全員が警察関係者という警察一家。 結婚相手も警察関係者でなければならないという鉄の掟があり、華と和馬の結婚の実現には大きな障壁がある。 捜査一課の刑事を排出することが一族の悲願。 左から美佐子(マルシア)、和一(藤岡弘)、和馬(瀬戸康史)、典和(信太昌之)。 性格は生真面目で優しく温厚。 結婚相手として華を家族に紹介するが、華が警察関係者ではないという理由だけで両親から猛反対されてしまう。 捜査一課に配属されれば華との結婚を認めるという約束を父から取り付けたため、Lの一族を逮捕して手柄を立てようと必死になっている。 当然、華がLの一族の娘だということは知らない。 本格的なコメディは初挑戦とのこと。 『ルパンの娘』1話放送までもう少し! 22時からです! 見てね。 和馬と華の結婚に反対の意思を表明するが、和馬が捜査一課への配属を勝ち取った暁には二人の結婚を認めるという条件を出す。 和馬の母・桜庭美佐子…マルシア 和馬の母で、鑑識課の非常勤職員。 常に冷静沈着で直感にも優れている。 和馬と華の交際に反対の立場を取り続け、和馬となかなか別れない華に対し苛立ちを隠せない。 三雲家の怪しげな雰囲気をいち早く察知し始めている…? 和馬の祖父・桜庭和一…藤岡弘、 和馬の祖父で、警視庁捜査三課長も務めた元敏腕刑事。 その鬼気迫る仕事ぶりから「鬼の桜庭」の異名を持った。 現在は隠居生活であり、日課として自室で瞑想を行っている。 和馬に対して「その女(華)は諦めろ」と意味深な発言をしているが、その理由とは…。 和馬の祖母・桜庭伸枝…? すでに他界している和馬の祖母。 女性初の警察犬訓練士だったらしい。 和馬の妹・新谷香…さとうほなみ 和馬の妹で、杉並警察署交通課に勤務している。 警察官の夫・幹雄と結婚をしており、すでに桜庭家から独立している。 メガネをかけた地味女性に見えるが、祖父から受け継いだという素早い身のこなしは只者ではない。 」では「ほないこか」名義でドラムを叩いているミュージシャン・さとうほなみ。 最近では女優業でも活躍。 右は夫・幹雄役を演じている日本のストリートダンサー、振付師のFISHBOY。 「ルパンの娘」では二人とも地味でお堅い警察官役を演じていますが、素顔は個性的。 — 2019年 6月月24日午前3時43分PDT 香の夫・新谷幹雄…FISHBOY 香の夫で公安部に勤める警察官。 義兄である和馬からは「みきおさん」と呼ばれている。 飼い犬・ドン 桜庭家のペットで元警察犬。 警視総監賞をとったこともある名犬。 その他登場人物 華の幼なじみ・円城寺輝…大貫勇輔 華の幼なじみで、世界を股にかけるナルシストの泥棒さん。 華に想いを寄せている。 会話の最中になぜかミュージカル調になってしまうクセがあり、華もしばしばそれに付き合う。 四方八方から浴びせられる水鉄砲の軌道を読み切り、踊りながら避けるという特技を持つ。 ツッコミどころだらけの「ルパンの娘」の中でも、ツッコミどころが多い役柄。 — 2019年 7月月4日午前4時08分PDT 和馬の先輩刑事・巻栄一…加藤諒 和馬の先輩刑事で、元警視総監・巻英輔の孫。 和馬に対してやたらと上から目線で先輩面をしたがる。 和馬に対し、捜査一課に行きたければLの一族を逮捕をするべきだと入れ知恵をする。 女性経験が豊富だと自称するが、第5話でセクシー女泥棒・美羽にあっさり騙されるなど、どう見ても女慣れしていない。 今や個性派脇役として多数作品に出演。 異性と目を合わせて話すことが大の苦手で和馬との会話も弾まないが、その平凡さはある意味で和馬と似た者同士である。 日本人形遊び、栗拾い、俳句が趣味。 本庁の刑事総務課に所属しており、和馬の先輩刑事・巻栄一とはイトコ。 祖父・巻英輔と何やらつながっており…? 和馬を演じる瀬戸康史と岸井ゆきのは、NHK朝ドラ「まんぷく」で夫婦役を演じた間柄。 ・ 元警視総監・巻英輔…浜田晃 エミリの祖父で、元警視総監の巻英輔。

次の

ドラマ『ルパンの娘』のキャスト相関図!原作や出演者、登場人物、主題歌情報まとめ

ルパンの娘 出演者

『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。 主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまうという役どころとなります。 深田さんがフジテレビドラマに主演するのは木曜劇場『隣の家族は青く見える』(2018年1月クール)以来で、今作は元号が令和になってから記念すべきドラマ初主演となります。 映画『ヤッターマン』(2009年3月公開)でドロンジョを演じて以来10年ぶり、そして現代劇としては初めて泥棒役を演じる深田さんにご注目ください。 【第1話・ネタバレ解説】図書館勤務の三雲華と刑事の桜庭和馬は、お互いに結婚を前提に交際する仲だった。 ある日和馬は、警察一家である自分の家族に、華を紹介したのだが、華の職業を聞いて、大反対されてしまう。 捜査三課に配属していた和馬に、捜査一課に異動になれば、華との結婚を許してあげてもいいという。 いっぽう、三雲一家は、なんと皆どろぼうだったのである。 ある日、宝石店で華と和馬が指輪をみていたところへ、偶然、華の母三雲悦子が現れ、父の三雲尊と四人で食事をすることに。 後に和馬が刑事だときいて、尊は交際に反対だと言い出した。 どろぼうながら、婿養子がほしいのだという。 ある日、先日の宝石店にどろぼう二人組が入り、宝石類が盗まれたのだが、逃走の途中で、何者かに殺されてしまった。 実は、宝石店店長と龍崎組が仕組んだ、保険金目当ての事件だったのである。 そのことを知った、三雲一家は、龍崎組にある宝石を奪いとるため、そして捜査の過程でとらわれてしまった和馬を救うため、華も誘って龍崎組へ向かう。 そして、整体師を装おい侵入に成功した三雲一家の連係プレーによって、見事に宝石を奪い、和馬も救ってみせたのだった。 (男性40代) 【第2話・ネタバレ解説】華の家にやってきた和馬の両親は、華の家を鑑識をするように調べ始めるので、華や和馬は冷や冷やする。 和馬の父は、ハイパーソーシャルクリエイトという謎の職業を掲げる華の両親が怪しいと睨むものの、華の父と野球話で盛り上がる。 和馬が第一課に就任すれば、華との結婚を許すと言い出す和馬の父だったが、母親の方は納得がいかない。 一方、華の幼馴染の円城寺に悩みを相談した華は、「別れを切り出すよりも、嫌いになってもらう方がいい。 」と言われたので、和馬の仕事中に電話をかける。 やっぱりそんなことができないと思った華だったが、和馬が家にやって来る。 華は、和馬が捜査している茶釜と詐欺師の事件の犯人を和馬に伝えるべきか悩むが、家に詐欺師を呼んだおばあちゃんが、和馬と詐欺師と間違えて倒してしまう。 詐欺師と和馬を置いて事件現場へ出かけた華達は、透明マントを使って会社に侵入し、茶釜と詐欺師の作った受け子データを盗む。 和馬が目を覚ますと、横には詐欺師が倒れており、華は和馬の手にデータを握らせたことで、和馬の手柄に仕立てた。 ところが、おばあちゃんが和馬の警察バッジを持っていたので、和馬の正体が華の家族(女性30代) 【第3話・ネタバレ解説】華の祖母に、和馬の正体がバレた。 家に帰ると、華は祖母に「お願いだから、お父さんとお母さんには喋らないで!」と口止めしようとする。 ところが、「あんな、すぐに気絶する男は、うちの一族にふさわしくないな。 」と華の両親が和馬を泥棒にしようと考えていたので、華はばれていないことにホッとする。 和馬の母親に家に招かれた華。 華は、和馬の母が「うちの嫁にふさわしいと思った。 」と前回図書館で見ていた身のこなしを認め、なぜか親子丼の作り方をテストされた。 その際、和馬の母は、華の使ったものや手から出た血などを採取した。 そこへ、和馬の父と和馬が帰宅し、母の怪しげな行動を見た和馬は、母を止める。 和馬の母と険悪な空気になった華。 和馬は申し訳ないと華に謝り、絶対に結婚すると誓ってきた。 そのため、家に帰った華は切なくなるが、祖母が「泥棒とばれないようにすればいい。 」と励まし、和馬の家に泥棒を呼び、それを和馬が仕留めるという作戦を立てる。 華は、祖母の言う通り、和馬の両親と祖父に家を空けてもらい、和馬と二人で過ごす計画に踏み切る。 和馬の家に海外の王国のペンダントを仕込んだ祖母は、ネット盗難の犯人が和馬の家にやって来るだろうと予想するも、そこへ華の両親がそれを奪いに来る。 更には、和馬の母が異変に気付いて帰ってきた。 和馬は本物の泥棒と格闘するが、「これに着替えろ!」と祖母が華にスーツを渡す声に和馬が反応する。 華が変身し、てんとう虫の通信機のお陰で和馬は身動きが取れなくなるも、華は和馬の母の危機を救う。 無事に和馬が事件を解決するが、その後、華は犯人が描いた怪盗の絵を和馬から渡され、言葉を失う。 (女性30代) 【第4話・ネタバレ解説】和馬の父は、和馬に見合い相手を紹介してきた。 華は、尊たちに「もう泥棒はやらない」と宣言する。 渉からお宝の情報が入る。 それは、金塊だった。 お見合い当日、相手の橋元エミリが現れた。 和馬とエミリだけになり、話が始まった。 エミリは、顔を見ないで話をしてくれと和馬に頼んだ。 時間が経ち、典和から報告があった。 エミリは、和馬のことを好意的に思っていた。 再び和馬とエミリは会うことになった。 話の末、見合いは成立しないことで落ち着いた。 しかし、エミリは和馬に友達として付き合いたいと言う。 華は泥棒をやらないと宣言したが、犯人の手口に怒りを感じて尊たちと出かけることになった。 尊たちが狙っていた部屋には、犯人にだまされた被害者が立てこもっていた。 (男性40代) 【第5話・ネタバレ解説】華と和馬の親は、結婚記念日が一緒だということで桜庭家でパーティーをすることとなった。 マツと華は桜庭家で準備をする。 マツと華は、和馬の親が警察関係者だということを内緒にしていた。 パーティーが始まり、お互いの結婚のきっかけを話し合う。 パーティーが終わった後、華は桜庭家に携帯を置き忘れてしまう。 和馬は、携帯を届けようとして華の家に行くことにした。 家は明かりがついていなかった。 和馬は、華の家の前で携帯をかける。 和馬がいた場所は、華たちのダミーハウスだったため話が合わなかったのだ。 尊は、女泥棒に捕まってしまう。 そのことがきっかけで、華は泥棒をすることにした。 華たちは、尊を助けに行く。 華と女泥棒が対決して、見事に退治をする。 その後、華は女泥棒に捕まっていた和馬を助けに行く。 和馬は、華の仮面をはぎ取り華の正体を知ってしまう。 (男性40代) 【第6話・ネタバレ解説】第5話では、和馬(瀬戸康史)が追っていた泥棒「Lの一族」は、実は婚約者の華(深田恭子)だったことがわかり、二人は別れを決めた。 次にLの一族が盗もうとしているのは、都内の美術館にある名画「ブラッフマンバ」。 実はこの名画を国際窃盗犯たちも狙っていたのだ。 国際窃盗団とLの一族が現れるかもしれないと情報を掴んだ警察官は、美術館を徹底的にマーク。 そんな中、警察では「Lの一族が現れたら、殺しても良い」という命令が下る。 事件当日、警察の予想通り名画を国際窃盗犯とLの一族(華)が奪い合う。 国際窃盗犯が華を監禁し殺そうとしていたところに現れたのは、和馬だった。 上司からの命令が頭によぎったが、殺すどころか「Lの一族には逃げられました」と言いながら、和馬は華を逃がす。 警察官として、華の婚約者として、複雑に揺れ動きながら、最後和馬が出した答えは、「華との結婚」だった。 (女性60代) 【第7話・ネタバレ解説】華の秘密を受け入れて結婚しようとプロポーズした和馬。 両家の結納をするという話になるが、それにはいつも和馬の一家が行っている旅館まで行って一泊しなければならない。 華と和馬は事前に話をしてなんとか互いの両親に泥棒と警察官だということがばれないようにしようと努める。 和馬は華の兄は中学生のとき痴漢の冤罪に遭ってそれから引きこもりになってしまった。 それ以来華の家族は警察という言葉に拒絶反応を起こすようになっているから、我が家が警察一家だということは言わないようにと両親に言う。 当日、華の両親はいつも通りの自由っぷりを見せていて、和馬の母は華のことは気に入っていたものの、華の母のことは好きになれないでいた。 和馬の母は温泉で脱衣カゴに入れずに脱ぎ散らかせている悦子の服から盗品の秘宝のネックレスを見つける。 それからLの一族ではないかと疑い出し、運悪く偽のLの一族の事件が起こる。 困った人を放っておけない華はいつものスーツに身を包んで被害者を救い出すが、和馬の両親にも華の両親にも隠していたことがバレてしまう。 そして和馬にも一緒にはいられないと言うようにその場を立ち去るのだった。 (女性30代) 【第8話・ネタバレ解説】指名手配されてしまい逃走せざるを得なくなってしまった三雲家…一家はバラバラになり、華は行き倒れてしまった。 そんな中、華を拾ってくれたのがスナックのママである。 訳ありという事を踏まえながらも華を住み込みで雇い入れてくれて働くことになる。 日々を過ごす中で、スナックを訪れる客の中に母、父、祖母が…久しぶりの再会を果たす家族であった。 事情を知るスナックのママから悪事に手を染めそうになっている昔の男を止めてほしい、その男を盗んできてほしいと懇願される。 その訴えに負けてLの一族は恩返しも兼ねながら再活動をする。 しかし、指名手配の身ゆえ、仕事の後に一家はまた解散しバラバラの生活をおくることになる。 そんな中に華に警察の魔の手が迫る。 和馬が華を逮捕したのだ。 失意の中、華は拘束されパトカーに乗せられる。 (女性30代) 【第9話・ネタバレ解説】警察に捕まったハナだが、じつは円城寺であった。 かずくんにハナのことを頼まれていた円城寺にかくまってもらい、何とか世間が落ち着くのを待つL一族。 そして一年後、世間がL一族を忘れかけていた頃、ハナは円城寺と付きいデートを楽しんでいた。 しかしいつもハナの心にはかずくんがいて、悪れたことはないのだ。 一方のかずくんは、同じ職場で働く橋本エミリと付き合っていた。 かずの家族も同じ職業のエミリを歓迎するのであった。 エミリとかずくんは結婚式に向けて、式場を下見する。 そんな時、ハナも円城寺からプロポーズを受けていた。 ハナは結婚はまだ考えられないが、一緒に海外について行くことを約束。 そして空港に向かっていたハナだが、人違いされて誘拐されてしまう。 そこに助けに来たかずくん。 ハナが意識を取り戻すと実家で寝ていて、カズの姿はなかったのだ。 そんな時、テレのニュースでハナの祖父が亡くなったことを知ったのだった。 (女性30代) 【第10話・ネタバレ解説】"今回は、三雲華の祖父である巌と思われる焼死体が発見されたことから始まる。 焼死体の遺留品として和馬が華に見せた南京錠のネックレス。 それは祖母マツとの結婚指輪に代わる品だった。 そして、マツが巌と結ばれるときに桜庭家の祖父和一が関係したことが明かされる。 60年前、最初にマツに結婚を申し込んだのは、和一のほうで家柄の違いからマツのほうから別れてしまった。 その後に、大阪で盗みの修行を終えた巌に再会することになる。 過去のエピソードはこれだけではない。 マツが自らLの一族であることを告白する前に、何者かに襲われて顔にキズができ、キズを消すために整形まで行った。 そして、若かりしマツを襲った犯人は元警視総監でエミリの祖父である巻英輔であることがわかる。 一方、和馬とエミリは結婚式を迎えたが、華は運命を自分で切り開くため、花婿(和馬)を盗み出すのだった。 "(男性40代) 【第11話・ネタバレ解説】和馬を拉致してL一族のアジトに連れ帰り全ての真相を打ち明けました。 驚く和馬と共に巻元警視総監と部下が乗り込んできた。 銃を突きつけられて絶対絶命の中和馬は結婚式場に戻る様に指示され戻る事になった。 そして結婚式場で父親から1通の書類を受け取り驚愕する。 なんと三雲巌を殺害したのが巻栄一だったのだ。 真実を問いただすと、巻元警視総監の部下が和馬たちを再び拉致してピンチな状況になってしまった。 一方L一族のアジトの映像は世間に公表されており巻元警視総監は社会的に抹殺されてしまった。 焦る巻元警視総監の前に三雲巌まで現れて最終的には桜庭和一も協力して見事に倒す事に成功した。 華は和馬の元に向かい見事なコンビネーションで和馬を助ける事ができた。 そして華の為にL一族の載せたてんとう虫飛行物体を爆発させて世間には死んだように見せかけた。 最終的に桜庭家に居候して和馬と華が幸せな日々を過ごすシーンでエンディングとなった。 (男性30代).

次の

ルパンの娘 再放送予定

ルパンの娘 出演者

美術品を専門とする泥棒。 55歳。 色気があり、宝飾品を専門とする泥棒。 引きこもりのハッカー。 敏腕の鍵師。 伝説のスリ師。 元警視庁捜査三課課長。 「鬼の桜庭」の異名を持つ敏腕刑事だった。 警視庁警備部 SAT隊長。 和馬に捜査一課の刑事になるよう求める。 冷静沈着。 鑑識課の非常勤職員をしている。 交通課に所属する警察官。 夫も警察官。 和馬に信頼されている。 世界を股にかける泥棒。 深田恭子主演「ルパンの娘」、放送日 放送日:2019年7月11日(木)よる10時スタート 放送系列:フジテレビ系 深田恭子主演「ルパンの娘」、あらすじ 『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。 主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまうという役どころとなります。 fujitv. 194」に収録されている曲です!!• 2015年8月に発表され、累計発行部数が10万部を突破しています。 深田恭子主演「ルパンの娘」、まとめ 木曜ドラマ「ルパンの娘」は、2019年7月11日よる10時スタートです。 泥棒一家の娘と警察一家の息子…2人の恋の行方はどうなるのでしょうか?!

次の