パウンドケーキ 失敗例。 シフォンケーキの失敗原因とは?空洞や焼き縮みの解決策やコツを紹介!

パウンドケーキの失敗例。原因とコツを知ればしっとりフワフワ♪

パウンドケーキ 失敗例

無断転用・転載は禁止ですのでお止めください。 シフォンの失敗原因第1弾! 失敗なんてもうしない!! 底上げ(生地が型の底から浮き上がってしまう現象) 焼き上がりで、型からはずした上部に天使の輪のような凹みが出来ます。 考えられる底上げの原因は、 1,メレンゲ作り。 卵白の 泡たて過ぎ、もしくは 立っていない(気泡が弱い)ためと思われます。 泡立てた小さな気泡の一つ一つが弱いために生地温度が上昇するにつれて壊 れ、ひとつの大きな気泡の固まりになってしまうからです。 メレンゲの見極めは非常に難しいです。 とにかく を観て頑張ってください。 また、メレンゲがしっかりと作れていても、卵黄生地と合わせる時に メレンゲを潰してしまい、気泡を消してしまうのも原因の1つです。 油分が多い生地はメレンゲが潰れ、底上げの原因になるので、しっかりとメレンゲを作るか、油分(チーズやチョコレート・油)を減らすのも解決策です。 2,焼き時間 焼成温度が低すぎる。 下火が弱いオーブン。 または 焼き時間が足らないために、逆さにして冷ましている間に底がはがれ 空洞ができ底上げとなってしまう。 対策としては ・天板をはずしてターンテーブルの上で焼く または天板の上に網を敷いてその上で焼く。 ・アルミ製の型を使う【熱伝導率がよい】 ・焼き時間を長くするまたは温度を上げてみる。 ・余熱は十分に行う。 小型オーブンの場合下火が弱いのでこの方法でうまく焼けると思います。 また、 焼成温度が高すぎても、膨らみの立ち上がりが急激すぎて穴になってしまいます。 「火が強く入りやすい位置がいつも底上げになる」というのはこれが原因でしょう。 上部がまだしっかりと焼けておらず逆さまにしたとき剥がれ落ちます。 3,水分が多い 水分が多い場合も底上げの原因になるので注意しましょう。 特に夏場は卵自体の水分量が多くなる為、この時期だけ失敗するという方が多いです。 メレンゲの作り方をしっかりマスターして下さい。 このように底上げの原因といっても様々なので自分で見極める力を付けましょう。 油分が多くメレンゲが潰れてしまった 油分が多い生地やメレンゲがしっかりと作れていないとこんなにふくらみの悪いシフォンが。 メレンゲをしっかりと作るか、油分を減らしましょう。 チーズ系のシフォンは要注意!! また、チョコやココア系のシフォンではメレンゲが油分に負けるとこんな感じになります。 卵黄生地に塩1つまみを加えるとメレンゲと合わせたときに生地が安定するので試してみてください。 焼き上がり生地の中に大きな穴が開く のは、 メレンゲと卵黄生地が綺麗にバランスよく混ざり合っていないため、 メレンゲの部分が穴となってしまうから。 メレンゲをしっかりと見極め、泡立て、合わせることが出来れば 穴の開くという事態は減ってくるはずです。 メレンゲが壊れてしまうことを恐れ、混ぜが足りない時にもこのような現象が起こります。 しっかり綺麗に合わせましょう。 また、フルーツのピューレや水分の多い生地、重い生地、油分の多い生地【オイルが部分的に分離してしまう】は混ざりにくいので気をつけましょう。 混ぜすぎても膨らみが悪くなるので注意!! あくまでさっくりとしっかりとです。 ・メレンゲが残っていても穴になります。 ・焼成温度が高すぎても、ふくらみの立ち上がりが急激すぎて穴になってしまいます。 ・ドンドンと打ち付けるように空気抜きをしたら、逆に生地に空気が入り穴になってしまいます。 上記の場合と少しかぶるのですが、水分が多い場合も失敗の原因になります。 水分が多いために焼き縮んだところが、シフォンの底部分を引っ張って穴になります。 上の失敗例(中に大きな穴が開く)とこの失敗例はかなり似ています。 例は 水分が多いため焼き縮み、底部分を引っ張り穴になっているのがよくわかります。 水分調節を行いましょう。 焼き上がって冷やすとき逆さにすると、ドスンと落ちた 見事に落ちています。 これも水分(ピューレ)が多い、または水分が多い生地なのに焼き時間が短すぎた時におこります。 果物・野菜などの水分(ピューレ)をたくさん使った生地、入れすぎ、に起こりやすいです。 また、フッ素樹脂加工の型を使った時に起こりやすい失敗です。 型はアルミを使い、水分(ピューレ)が多過ぎないか見直しましょう。 にも遊びに行ってね。 無断転用・転載は禁止ですのでお止めください。

次の

パウンドケーキ、失敗

パウンドケーキ 失敗例

手作りお菓子の定番のひとつといえば、「パウンドケーキ」がありますよね。 パウンドケーキの材料はとてもシンプルなので、お菓子作り初心者さんにも作りやすいという点で人気のお菓子ともいえます。 いざ作ってみると、なぜか料理本などに載っているように 「ふっくらと膨らまない!」 「切り分けたら生焼けだった」 など、焼いてみないと分からない失敗ってあります。 何度も作っているのに失敗は、やはりあります。 そこで、「どうして失敗してしまうのか?」という、原点に戻ってまずは作る段階のスタートラインから解説していきたいと思います。 これまで私自身、たくさんのパウンドケーキを作ってきた経験の中で失敗もしてきたので、作るたびに改善してきたこともあり、この記事でご紹介している方法を取り入れることで失敗ということはかなり減るとお約束できます。 100%のお約束ということはできませんが、限りなく、パウンドケーキを作る時にありがちな失敗を減らすことであなたの求める仕上がりに近づけることはできます。 ただ、繰り返し作ってきて改善してきたこともあり、「ここをこうすればちゃんと仕上がる」というのも身につけてきましたので、もし、あなたがパウンドケーキを作ってこれからご紹介する失敗例にあるようなことになった時、今度パウンドケーキを作る時の参考にしてみてくださいね。 失敗しないでつくるパウンドケーキ 「膨らまない 」原因は? 薄力粉にベーキングパウダーを入れたのに、卵もちゃんと使っているのになぜかふっくらと膨らまないという経験、ありますよね。 実は、この「生地が膨らまない」原因は、作業開始前に原因があるかもしれません。 卵、バターを常温にしてから使う さ、パウンドケーキを作るぞ!っと、 冷蔵庫から卵とバターを出してすぐ調理にとりかかっていませんか? 実は、 卵を冷蔵庫から取り出してすぐは、冷えている状態なのでそのまま使うと他の材料と混ぜ合わせた時に分離してしまうことがあります。 また、 バターの場合は混ぜにくいという点と、クリーム状になりにくいのです。 クリーム状?っと言われてもピンッとこないかもしれませんが、パウンドケーキを作る時にまず始めにバターを泡立て器でグルグル混ぜ合わせて白くクリーム状にします。 バターを混ぜ合わせる時には空気を含ませるようにする(乳化させる)のがポイントです。 生地には液体(牛乳など)極力使わない! パウンドケーキ生地に液体を多めに加えて作ると、十分に膨らまず、極端な表現でいえばシフォンケーキのような全体がやわらかい仕上がりになります。 パウンドケーキ特有のずっしりとした食感も損なわれてしまいます。 とはいえ、液体を全く加えないわけではありませんよね? 例えば、香りづけのバニラエッセンスや洋酒など、仕上がりが良くなるものもあります。 そのため、 極端なほどの液体は控えるのがおすすめです。 せいぜい大さじ6(90㏄程度)までに控えるのがポイントです。 通常であれば大さじ2程度の洋酒を加えれば十分おいしくできます。 生地は混ぜすぎない! 薄力粉などの粉類を加えて混ぜる時、つい力が入ってしっかりとゴムベラ等で混ぜ合わせてしまいがち。 粉類は卵やバターなどと混ぜ合わせた時に 混ぜれば混ぜるほど、粘りが出てしまい、焼き上がりの生地が膨らまずに硬めの生地になってしまいます。 それを予防するためにも粉類を加えたら ゴムベラで切るように混ぜるのがポイントです。 練り混ぜるようにすると粘りが出ていまうので要注意です。 焼いたら具が底に沈んでいた! パウンドケーキの生地にいろいろが具を加えると味にも見ためにもおいしく感じられますよね。 ただ、焼きあがって切り分けてみると具が見事に底に沈んでいたことがありませんか? ほんの少しだけ気をつけると沈むことなく仕上がります。 具は粉類を加えている時に投入! ついついやってしまいがちなことに、具は最後に加えて生地にしっかり混ぜ合わせる・・・なんてこと、ありませんか? 具は粉類を切るように混ぜている途中で投入することで、均一に混ざります。 もっと、確実な方法はコレ! 「」の〈手順5〉以降の作業で詳しく解説していますが、生地と具を交互に型に流し入れることで焼きあがった時に確実に底に沈むことなく焼きあがります。 ショック!「生焼け」した原因は? 「生焼け」とは、見ためはこんがり焼けているのに中の生地にまだ火が通っていない状態のこと。 これ、切り分けてみたないと分からないですよね。 「生焼け」にならないようにする方法はいくつかありますが、ここでは2つの方法をご紹介します。 生焼け予防1 さ、生地をパウンド型に流し入れて焼くぞ!っという時、型はどのくらい深いサイズのものでしょうか? 私はオーブントースターで焼くので型に高さがないものを使いますが、オーブンで焼く場合は一般的なパウンド型を使うかと思います。 5㎝サイズ) このサイズでは、高さがあるので、中まで火が通りにくいという難点があります。 そこで! 生地を型に流し入れてから生地を湾曲するように型にゴムベラで中心をへこませて緩やかなカーブの表面を作ることです。 生焼け予防2 焼く時前にオーブンを予熱をしておくこと!オーブンを使う時にはほぼ鉄板ともいえる下準備の「予熱」ですが、パウンドケーキでもこの「予熱」は必要です。 どのくらい予熱するかはメーカーや機種によって違うのでご自身がお持ちのオーブンの取り扱い説明書などを参考にしてください。 生焼け予防3 生地を焼き始めてオーブンなら約15分、オーブントースターなら3分から5分くらいの時、 生地表面にうっすら膜がかかったくらいの時に包丁で一直線の筋を入れます。 筋を1本入れることで焼きあがる時に生地の中に残っていた空気が抜け、生焼け防止になります。 うっかりやってない?切り分ける道具はアレ! いよいよ切り分ける作業です。 きれいな焼きめがついてふっくら膨らんだパウンドケーキをきれいな断面で切り分けるのって本当に楽しいけれどドキドキの作業ですよね。 最後の最後で失敗しない切り分け作業では、「あの道具」を使います。 きれいに切り分ける道具は家庭にある「包丁」でOK! お菓子作りに慣れていたり、パン作りをやっているとおそらく1本は持っているであろう、「パンナイフ」。 でも、 パウンドケーキではこの「パンナイフ」は使いません。 家庭にある 「包丁」を使い、湯で温めた後、水分を拭き取ってから前後に動かす(押切しない)ことで、きれいに切ることができます。 この時、パウンドケーキも焼き立てのやわらかい時ではなく、 バターが固まった状態のものを使います。 もし、時間に余裕があるのなら、冷蔵庫に1時間程度冷やした状態のパウンドケーキを使うときれいに切れますよ! 銀木のひとりごと! 簡単に作れるけれど、ほんのちょっとしたことで残念な仕上がりにもなる「パウンドケーキ」。 でも、やっぱり家庭で作る手作りのお菓子をするなら一度は作ってみたいですよね。 パウンドケーキなら贈り物にもでき、とても喜ばれます。 当ブログでもパウンドケーキのレシピをいくつか公開しています。 せっかく「失敗しないで作るパウンドケーキのコツ」を覚えたのなら、ちょっと今度時間ができた時に作ってみようかな。 っと思いますよね。 ご紹介してるパウンドケーキのレシピ生地は、作業しやすいホットケーキミックスを使っています。 もちろん、薄力粉とベーキングパウダーを使ってもできますので是非チャレンジしてみてくださいね! どのパウンドケーキも「オーブントースター」を使って焼いています。 オーブンで焼く場合には、各ご家庭でお持ちのオーブントースターの取扱説明書を参考にしてください。 目安としては、予熱170度にしたもので40分程度を目安にしてください。 では、レシピのご紹介です。 まずは基本のパウンドケーキレシピです。 蜂蜜味でフワッと優しい味付けに思わず感動しちゃいますよ。 パウンドケーキって硬すぎず柔らかすぎない食感が特徴ですが、生地にヨーグルトを加えることでビックリするくらいしっとりとした仕上がりになります。 下ごしらえしたかぼちゃをたっぷり生地に加えた黄金色のパウンドケーキです。 シナモンが効いた味付けであと引くおいしさです。 トッピングにアーモンドダイズをのせて食感にアクセントがあります。 たっぷりのラムレーズンとくるみ、そしてラム酒を効かせた上品な仕上がりのパウンドケーキです。 まるでケーキで売られているかのような味つけで贈り物としても喜ばれますよ。 チョコレートを生地にも、そしてトッピングにもたっぷり使ったチョコレートのパウンドケーキです。 チョコレートをたっぷり使っていますが、くどさがなく、見た目も斬新でバレンタインの贈り物にすると好印象間違いなし!! たっぷりの桃を生地にもトッピングにも使った見ためもかわいらしいパウンドケーキです。 桃は旬の時期以外でも缶詰を使えば簡単に手に入るので便利です。 ラムレーズンと、市販のフルーツミックスゼリーをたっぷり使って焼き上げます。 見ためがとてもカラフルでにぎやかな仕上がりです。 ラム酒を効かせてちょっぴり大人の味に。 blogspot. blogspot.

次の

「パウンドケーキ」失敗から学ぶ!成功するお菓子レシピ

パウンドケーキ 失敗例

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム•

次の