コロナ 文部 科学 省。 オンライン面接など実施を、文部科学省が推薦入試で要請

萩生田光一文部科学大臣記者会見録(令和2年6月12日):文部科学省

コロナ 文部 科学 省

萩生田光一文部科学大臣記者会見映像版 令和2年6月12日(金曜日)に行われた、萩生田光一文部科学大臣の定例記者会見の映像です。 萩生田光一文部科学大臣記者会見テキスト版 大臣) おはようございます。 冒頭、私からは二件です。 令和3年度大学入学者選抜についてですが、高等学校等の臨時休業が長期化したことや、新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが不透明である中、受験生の皆さんが最も気にされているのが、入試の日程や出題範囲等に関するものだと思います。 これらについては、高等学校等の現場の実情を十分に踏まえ決めていくことが重要と考えており、5月29日の会見でも申し上げましたが、全国高等学校長協会に対し、入試日程、出題範囲、追試験の活用による受験機会の確保などに関するアンケート調査の実施を、依頼をしていました。 現時点での仮集計結果のポイントとしては、特に大学入学共通テストと一般選抜の日程について、「当初予定どおりの実施とすべき」と「当初予定どおりの実施とし、予定どおり実施できなかった場合の予備日の日程も明確にすべき」との意見が合わせて7割に達しました。 昨日午後に開催された「大学入学者選抜方法の改善に関する協議」会では、今回のアンケート結果も踏まえ、特に入試日程について回答が多かった「当初予定どおりの実施とし、予定どおり実施できなかった場合の予備日の日程も明確にすべき」という案について、議論が交わされたと承知しています。 昨日の協議で結論が出たわけではありませんが、私としては、仮に、当初予定通りの日程で実施するとなったとしても、例えば、共通テストの追試験について、受験生が抱える様々な状況にも柔軟に対応し、受験が可能となるようにすることや、各大学の個別入試において追試験の実施や選択問題の設定を確実に行ってもらうことが重要であると考えています。 引き続き、議論を行っていただきたいと思いますが、受験生の不安を解消し、進学準備に取り組んでもらうためにも、今月中速やかに、選抜実施要項を策定・公表していきたいと考えています。 入試を実施する大学においては、協議の結果を踏まえ、できることは最大限実施するという考えで積極的に取り組んでいただきたいと思っております。 もう一点なのですが、この春、大学や高校生を卒業した方々の、3月末時点における就職率を厚労省と共同で取りまとめましたので公表します。 まず、大学・短大・高専の全体、並びに大学の学部卒業者はいずれも98%となり、大学学部卒業者の就職率は過去最高を記録しました。 また、高校生につきましては98. これは、ここ数年の景気の緩やかな回復傾向を受け、企業の高い採用意欲の下で、学生・生徒の就職環境が前年度水準で推移したものと考えています。 他方で、現状における新型コロナウイルス感染症の影響により、企業の皆様が置かれている環境に厳しい、激しい変化が生じていると受け止めており、来年の卒業予定の学生・生徒の就活は厳しい状況になることも予想されるところです。 このため、6月1日には、厚労省と連名で、主要な経済団体に対して各企業において中長期的な視点に立った採用を進めていただくよう要請したところであり、この場を利用して改めて今年度の新卒者の採用への最大限柔軟な対応をお願いしたいと思います。 また、来年3月に高等学校を卒業する予定の生徒の就職活動については、新型コロナウイルス感染症の影響による学校再開の遅れから、十分な進路指導を行うことができない状況にあります。 そのため、生徒の希望・適性にあった就職を実現するための十分な進路指導を行うことができるよう、関係者と協議の上、生徒の採用選考開始日について、現行の9月16日から10月16日へ1ヶ月後ろ倒しすることとしました。 来年卒業する学生・生徒の就職活動の状況については、今後も予断を許さない状況となることが予想されますが、文科省としても、引き続き、関係省庁と連携し、学生・生徒への就職活動に取り組んでまいりたいと思います。 私からは以上です。 記者) 大学入試についてお伺いします。 第二波が、例えば来ている状態で、本当に開催されるのかという不安を抱えている人も多いと思います。 日程の調整とともに、全国一斉で行われる共通テスト、また、受験生が地域をまたいで移動することが想定される個別試験、それぞれどのくらいの感染状況なら実施できる・できないなどの開催可否を判断できる具体的なガイドラインを文科省が示すべきだと考えますが、大臣の見解をお願いします。 大臣) ご指摘の試験実施の可否については、その時期における感染状況と密接に関連するものでありますが、感染症の専門家のご意見でも、その可否の判断基準を前もって一律に定めることは容易なことではなく、また、仮に、緊急事態宣言が出される状況になると、施設使用についてその地域の知事の判断も関係するものであり、あらかじめガイドラインとして示すことは相当厳しいのではないかと考えています。 こうしたことから、昨日の大学入学者選抜方法の改善に関する協議においては、今後の感染の状況によって、大学入試の時期や実施のあり方などについて、速やかに専門的な判断ができるように、「新型コロナウイルス対応ワーキンググループ」を設けさせていただきました。 このワーキンググループには、感染症の専門家にも加わっていただいており、これによって、どのような事態にも機動的に対応してまいりたいと考えています。 記者) 大学共通テストの日程で改めて確認なんですけれども、当初予定は、1月16日・17日ということなのですが、その点が、動く余地が現状でもあるのかという大臣の認識を確認させていただきたいんですけど。 大臣) アンケートもまだ最終の集計を終えていませんし、昨日、第1回目の協議会を行いまして、状況は、今、お話ししたとおりなのですけれど、多くの皆さんが、ちゃんと準備をしてきた学生さんなどは、予定通りの入試でやってもらいたいというご意見が過半を占めているということでございます。 他方、やっぱりあの、授業の遅れ等ですね、不安に思っている学生さんがいるのも実態だと思います。 私、もうちょっと違うアンケート結果が出るんじゃないかなと個人的には思っていましたので、そういうものなのかなと思ったのですけれど、これは全ての学生にスクリーニングしたわけじゃなくて、各校長先生が責任において、学生の皆さんの肌感覚も含めて文科省にお伝えいただいたものだと思いますから、その結果は尊重したいと思いますけれども、現時点で日程をですね、大きくずらすということ、あるいはずらさないということ、それを決めているわけじゃございませんので、もう一度会議を開いた上で結論を出していきたいなと思っています。 ただし、先ほども申し上げましたけれども、こういうコロナでですね、学生たちが学校に行けないという事態の中での受験なので、私、あのこれ、国立も私立の大学もですね、この1年は、この未曽有の事態の中での受験をするわけですから、学校の都合で例年どおりの日程しかできないんだみたいなことじゃなくてですね、やっぱり柔軟な対応を、今年に限っては、ぜひ、大学当局の皆さんにもご協力いただいて、していただきたいということを改めて申し上げたいと思います。 出題範囲ですとかあるいは選択科目を増やすですとか選択問題を増やすですとか、あるいは二次試験をですね、あらかじめ設定をしていただくような努力をですね、していただきたいなと思っております。 共通テストにつきましても、その予備日のあり方というものが、インフルエンザやコロナ等で受験が受けられなかった子のための予備日とするのか。 あるいは、あ、追試ですね、ごめんなさい。 追試とするのか。 あるいは、あらかじめですね、時間を少し欲しいということの、受験生のための選択ができる追試日とするのか、こういったことも含めて、次回の会合に委ねていきたい、そう思っているところでございます。 (了)• お問合せ先.

次の

文部科学省、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~」の改訂版を公開:学校図書館にも言及

コロナ 文部 科学 省

[SDB] ソーシャルデータバンク株式会社 本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 俊輝 は文部科学省による臨時休業期間における学習支援のLINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」の監修と支援を行いました。 臨時休業期間における学習に役立つコンテンツを紹介しています。 LINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」 新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業に伴い、学校に登校できない児童生徒の学びを支援するLINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」を開設いたしました。 スマートフォン等からも手軽に学習コンテンツにアクセスできるようになり、自宅学習に活用できる無償の教材や動画等を見ることができます。 LINE公式アカウントの構築には「LINEに特化したマーケティングツールLiny(リニー)」が採用され、このツールを構築に利用することで、 「小学生」「中学生」「高校生」「保護者」「教職員」がそれぞれの属性に合った学習コンテンツや最新情報を手軽に受け取ることができます。 登録方法 スマートフォンのLINEアプリを使って友だち追加し、LINEのトーク画面内にある「小学生」「中学生」「高校生」「保護者」「教職員」から属性を選択し、そこから教科学習など希望のメニューを選ぶことで、各自のニーズに合った学習コンテンツや情報を受け取ることが可能です。 アカウント情報 アカウント名:文部科学省 子供の学び応援 「友だち登録」の方法 LINE アプリを手持ちのスマートフォンなどにインストールした後、下記のいずれかの方法で、「文部科学省 子供の学び応援」を「友だち」に登録してください。 読み取り画面が開くので、下記のQRコードを読み取り、友だち登録する。 ソーシャルデータバンク株式会社について LINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を中心に、ビジネスでのLINE活用のご提案やサポートを行っている企業です。 リリースからわずか2年で導入企業数2500社を突破したLinyの活用や運用ノウハウを提供し、企業の集客や販促施策に貢献し、マーケティング関係の展示会へも出展しています。 またLINE株式会社が定めている「Technology Partner」や「LINE公式アカウント認定パートナー」としても認定され、ツールの改善やLINEの活用法について積極的にアドバイスを行っています。

次の

一般社団法人 日本環境教育学会

コロナ 文部 科学 省

熱中症関連情報 総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課 熱中症を予防するために 緊急事態宣言が解除となり、各地域の実情に応じて段階的に学校教育活動が再開されてきています。 学習の遅れを補うため、各自治体や学校において夏季休業期間を短縮したり、夏季休業期間中に登校日を設けたりすることも考えられます。 暑い時期に学校教育活動を行うことになるため、活動前、活動中、活動終了後に適切に水分・塩分を補給することや、熱中症の疑いがある症状が見られた場合には、早期の水分・塩分補給、体温の冷却、病院への搬送など適切な処置を行うことが必要です。 熱中症事故は体育、スポーツ活動だけでなく、部活動、屋内での授業中、登下校中においても発生しており、教育課程内外を問わず適切な熱中症の防止措置をとることが必要です。 また、気象状況や空調設備等の整備状況等を踏まえて活動内容を設定することも重要です。 なお、新型コロナウイルス感染症予防のため、学校教育活動においては、児童生徒等及び教職員は、基本的にマスクを着用することが望ましいと考えられます。 しかし気候の状況等により、熱中症などの健康被害が発生する可能性が高いと判断した場合は、換気や児童生徒等の間に十分な距離を保つなどの配慮をした上で、マスクを外す対応を行ってください。 また、熱中症になるリスク等を考慮して、体育の授業及び運動部活動におけるマスク着用の必要はありませんが、感染症予防の配慮をお願いします。 さらに、外出自粛が長く続いたことにより、体がまだ暑さに慣れていない状況も考えられますので、軽めの運動から始めるなど暑さに徐々に慣れるようにすることも大切です。 令和3年度以降には全国展開することを予定しています。 文部科学省• スポーツ庁• (参考)• 独立行政法人日本スポーツ振興センター• 併せてご利用ください。 【令和元年5月号】 ・ ・ 【平成30年7月号】 ・ ・ 環境省• ・熱中症の発生しやすさを示す暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)の予測値・実況値の提供を行っています。

次の