バーレスク 東京 rio。 Rio@バーレスク東京

かわいくて最強にきもちいい資本主義――「バーレスク東京」に行ってきました

バーレスク 東京 rio

「ウヒョー」 詳細はにあるので割愛しますが、結果…… わたし、中馬さりの( )が賞金および地元で豪遊する権利を 手にした 手にしたんだ けれど も わたしの地元って、いちおう東京なんですけどこんな感じなんですね。 誇れるものは横に広い イトーヨーカドーと野生のタヌキくらいなんです。 どうしよう……編集部は地元を紹介しろってうるさいし…… とか とか とかのが、ぜえぇぇっっったいに楽しいのに…… そんなとき、わたしの中に潜むマリーアントワネットが声をあげました。 「地元がつまらないなら、東京っぽい豪遊スポットを地元といいはればいいじゃない」 たしかに。 女の子の質がとんでもなく高いらしい• 色っぽいだけじゃない圧倒的パフォーマンスが見られるらしい• お客さんによるSNSへの投稿がオールOK 上記のような 私利私欲がメインです。 だって……、代表の方に聞いたところバーレスク東京には 毎月70名以上の女の子達から「働きたい!」というオファーがあるんですって! その中から、 や る気があること&容姿が綺麗であることをポイントに選ばれたのがバーレスク東京のダンサー達。 これは、さぞかし素敵な女性たちのパフォーマンスが観れそうじゃないですか……! バーレスク東京は地下2階。 緊張の面持ちで1歩1歩すすんでいくたび、ダンサーさん達のまぶしい笑顔が目に飛びこんできます。 入り口の前で受付を済ませ、いざ来店! 百聞は一見に如かずです。 まずは雰囲気をご覧ください。 扉を開けるとキラキラあふれる映画の世界 やっばい、超キラキラしてる……!こーーーれは、東京っぽいんじゃない?!! 今回は このバーレスク東京で、編集長兼カメラマンのやましゅーさん(童貞)と豪遊したいと思います! (…………えっ……) バーレスク東京の料金設定は意外とお財布に優しい すでに満喫しはじめていますが、 ここでお伝えしておきたい料金の話! バーレスク東京のお値段は意外とリーズナブルなんです。 今回、わたし達はステージ真ん前の席がもらえる 「ド迫力プラン」を事前予約しました。 ド迫力プランに含まれるのは以下の4つ!• ステージ真ん前の席代• ドリンク1杯• 光る棒(ペンライトみたいなやつ)• RION(リオン)10枚分 初めて行く人も、とりあえずこのド迫力プランの予約がおすすめです。 当日だと税込8,580円ですが、前日までにwebで予約すると6,480円で楽しめますよ! ちなみに、 RION(リオン)というのは バーレスク東京内で使えるチップのこと。 応援したいダンサーさんにプレゼントします。 1000円で10枚組。 追加購入は基本的にいつでもOK。 ド迫力プランにはもともと1000円分のRIONが含まれてますよ~! プラン内のドリンクは、タイミングをみてカウンターへもらいにいきましょう! シャンパンなどボトルの飲み物は追加料金。 豪遊するなら飲んでもいいかもですね! 他にも、女性のグループ向けにはもうすこし安い「女子会プラン」があったり、聞こえてくる音楽オンリーで楽しむ「音席」があったり。 バリエーションがあるので、場合によってはもっとリーズナブルにショーを楽しむこともできるかも! 「えらい。 そしてバーレスク東京がすごい。 豪遊とか言ってますけど、ロカフレはずっと財政難ですからね」 いよいよショー開始……! そんな感じであたりを物色していると、あっという間にショーの開始時間となりました。 バーレスク東京では1日に3回ショータイムを行っています。 1st 18:30入場 19:20開演 2nd 21:00入場 21:20開演 3rd 23:00入場 23:20開演 今回は1番はやい1st Show timeに参加してきました。 スタッフの方に聞いたところ、比較的すいていて狙い目なのは1st Show timeだそう。 2nd show timeからはお仕事おわりの方も来店されるため、より賑やかな雰囲気になるんだとか。 わくわくしながら待っていると、黒髪なびかせた美人がさっそうと現れました。 いや、美人って言っちゃうとそれまでなんですけど、 超美人です。 そして、 筋肉がすごい。 悲しいことにね。 でも、バーレスク東京のダンサーさんがやると違うんです。 あふれでる、色気。 フェロモンって 出過ぎるとかっこいいんですね。 さらに棒を使って舞ってくださるんです、ご覧ください。  すごくないですか?!!!! 恥ずかしながらポールダンスというものを初めて生で見たわたし。 ダンサーさんの脚が自分の頭の上をしなやか~~~に通過……もはや口をあけて見守るしかありませんでした。 感極まった中馬が思わず「RION(リオン)を……!」というと、ダンサーのKumiさんは「ふふふ」と微笑みながら腰をむけてくれました。 ここまで刺青にきゅんときたのは初めて……! Kumiさんはバーレスク東京に入ってポールダンスを始め、今年で約4年になるんだとか。 そりゃあ筋肉ついた素敵な体されてるわけだよ。 代表が「経験よりやる気で採用」って言ってたけどこのレベルのやる気ね、ゆるゆるフリーライターには厳しいね。 さらにショーは続く Kumiさんの素敵さを堪能していると、どこからともなく煙幕が……! ついにバーレスク東京の夜が! はじまる……!!! バーレスク東京のショーは2つの雰囲気で楽しめる バーレスク東京のショーは、可愛いイメージとかっこいいイメージの演目が交互に出てくるよう構成されているそうです。 人それぞれ恋に落ちるタイミングってあると思うんですけど、笑顔は人をコロッといかせますわ。 こんな可愛いダンサーさんが、こんな至近距離でニコッて。 コロッ…… バーレスク東京のおかげで、「彼女の笑顔が好き」という惚気に100%の理解を示せるようになりました。 しかも、ダンサーさん達はカメラ目線がうまい!!!! これで お客さん達も写真撮影OK、SNS投稿もフリーって嬉しすぎる。 余裕そうに笑顔を振りまいてくれているダンサーさん達。 じつは、 曲目が3ヶ月ほどでドンドン変わっていくため各々ほぼ毎日のように練習されているそう。 そりゃあ体も鍛え上げられてるはず。 華やかな笑顔は努力の上になりたっているんですね……。 努力をすれば、こんな色気も、 出せるように なるのかな……。 フィナーレではダンサーさん達が客席に降りてきてくれます がっつりショーを堪能したところで、最後はフィナーレ! RION(リオン)を使うときがきました……! ダンサーさん達がひとりひとりお辞儀をしてから、客席に降りてきてくれます。 RIONをお渡しすることで、一緒に写真を撮ったりお話ししてもらうことができますよ。 お人形さんばりに顔が小さい~~~~! 中馬は一途なので、最初にポールダンスを披露してくれたKumiさんにつぎこみました。 本当にかっこいい……! せっかくなので、やましゅーさんにもRIONをわたしてみました。 童貞さん……じゃなかった、やましゅーさんどこみてるんだろう…… でも、楽しそうでよかった…… バーレスク東京で誕生日のお祝い ちなみに、誕生日のお客さんは壇上にあがって写真を撮ってもらうこともできます。 曲ももちろんなんですが、やっぱり MVの高クオリティもバーレスク東京ならではだと思います。 例えば、このバーレスク東京の千本桜とかかっこよくないですか? 「ロカフレやってて1番楽しかった!!!」 やましゅーさんをはじめ男性陣がもりあがっていたのは言わずもがな。 個人的に嬉しかったのは、女性のお客さんも沢山いて楽しんでいたこと。 可愛い女の子がキラキラがんばっている様子で勇気をもらうのは、わたしだけじゃないんですね……! あれだけ無駄毛もニキビもない全身を維持するのって、相当な努力とお金が絶対に必要。 ダンサーさん達の振る舞いや表情、場の雰囲気をふくめ、 圧倒的なプロ意識が輝く素晴らしいショーでした。 もうね、興味がある方は1回で良いから観てとしかいえない……いや、興味のある方だけでいいから……お願いだから…… 以上、あなたのイメージする東京に新しい場所が追加されるよう祈りながら、地元豪遊を終えることにします。 ありがとうございました! ・ ・ ・ 【追記】記事公開後の好評につきまして 終わったと見せかけてすみません。 ライターの中馬です。 今回の記事ですが、 「女性だけど行ってみたくなった!」 「お酒が飲めない自分でも楽しめそう」 などなど拡散していただいた皆様のおかげで、想像以上に暖かい反応をいただくことができました。 ライター冥利につきる~~!思わず祝杯をあげるレベルです。 さらにバーレスク東京のダンサーさん達からはこんなメッセージが。 ほら~~~、このウェルカムな雰囲気ですよ~~~。 バーレスク東京の何がいいって、玄人も楽しめるクオリティなのに初心者でも行きやすいダンサーさん達の優しさですよ~~~。

次の

バーレスク東京 人気メンバー一覧!料金(予算)はどれくらい?【マツコ会議】

バーレスク 東京 rio

「ウヒョー」 詳細はにあるので割愛しますが、結果…… わたし、中馬さりの( )が賞金および地元で豪遊する権利を 手にした 手にしたんだ けれど も わたしの地元って、いちおう東京なんですけどこんな感じなんですね。 誇れるものは横に広い イトーヨーカドーと野生のタヌキくらいなんです。 どうしよう……編集部は地元を紹介しろってうるさいし…… とか とか とかのが、ぜえぇぇっっったいに楽しいのに…… そんなとき、わたしの中に潜むマリーアントワネットが声をあげました。 「地元がつまらないなら、東京っぽい豪遊スポットを地元といいはればいいじゃない」 たしかに。 女の子の質がとんでもなく高いらしい• 色っぽいだけじゃない圧倒的パフォーマンスが見られるらしい• お客さんによるSNSへの投稿がオールOK 上記のような 私利私欲がメインです。 だって……、代表の方に聞いたところバーレスク東京には 毎月70名以上の女の子達から「働きたい!」というオファーがあるんですって! その中から、 や る気があること&容姿が綺麗であることをポイントに選ばれたのがバーレスク東京のダンサー達。 これは、さぞかし素敵な女性たちのパフォーマンスが観れそうじゃないですか……! バーレスク東京は地下2階。 緊張の面持ちで1歩1歩すすんでいくたび、ダンサーさん達のまぶしい笑顔が目に飛びこんできます。 入り口の前で受付を済ませ、いざ来店! 百聞は一見に如かずです。 まずは雰囲気をご覧ください。 扉を開けるとキラキラあふれる映画の世界 やっばい、超キラキラしてる……!こーーーれは、東京っぽいんじゃない?!! 今回は このバーレスク東京で、編集長兼カメラマンのやましゅーさん(童貞)と豪遊したいと思います! (…………えっ……) バーレスク東京の料金設定は意外とお財布に優しい すでに満喫しはじめていますが、 ここでお伝えしておきたい料金の話! バーレスク東京のお値段は意外とリーズナブルなんです。 今回、わたし達はステージ真ん前の席がもらえる 「ド迫力プラン」を事前予約しました。 ド迫力プランに含まれるのは以下の4つ!• ステージ真ん前の席代• ドリンク1杯• 光る棒(ペンライトみたいなやつ)• RION(リオン)10枚分 初めて行く人も、とりあえずこのド迫力プランの予約がおすすめです。 当日だと税込8,580円ですが、前日までにwebで予約すると6,480円で楽しめますよ! ちなみに、 RION(リオン)というのは バーレスク東京内で使えるチップのこと。 応援したいダンサーさんにプレゼントします。 1000円で10枚組。 追加購入は基本的にいつでもOK。 ド迫力プランにはもともと1000円分のRIONが含まれてますよ~! プラン内のドリンクは、タイミングをみてカウンターへもらいにいきましょう! シャンパンなどボトルの飲み物は追加料金。 豪遊するなら飲んでもいいかもですね! 他にも、女性のグループ向けにはもうすこし安い「女子会プラン」があったり、聞こえてくる音楽オンリーで楽しむ「音席」があったり。 バリエーションがあるので、場合によってはもっとリーズナブルにショーを楽しむこともできるかも! 「えらい。 そしてバーレスク東京がすごい。 豪遊とか言ってますけど、ロカフレはずっと財政難ですからね」 いよいよショー開始……! そんな感じであたりを物色していると、あっという間にショーの開始時間となりました。 バーレスク東京では1日に3回ショータイムを行っています。 1st 18:30入場 19:20開演 2nd 21:00入場 21:20開演 3rd 23:00入場 23:20開演 今回は1番はやい1st Show timeに参加してきました。 スタッフの方に聞いたところ、比較的すいていて狙い目なのは1st Show timeだそう。 2nd show timeからはお仕事おわりの方も来店されるため、より賑やかな雰囲気になるんだとか。 わくわくしながら待っていると、黒髪なびかせた美人がさっそうと現れました。 いや、美人って言っちゃうとそれまでなんですけど、 超美人です。 そして、 筋肉がすごい。 悲しいことにね。 でも、バーレスク東京のダンサーさんがやると違うんです。 あふれでる、色気。 フェロモンって 出過ぎるとかっこいいんですね。 さらに棒を使って舞ってくださるんです、ご覧ください。  すごくないですか?!!!! 恥ずかしながらポールダンスというものを初めて生で見たわたし。 ダンサーさんの脚が自分の頭の上をしなやか~~~に通過……もはや口をあけて見守るしかありませんでした。 感極まった中馬が思わず「RION(リオン)を……!」というと、ダンサーのKumiさんは「ふふふ」と微笑みながら腰をむけてくれました。 ここまで刺青にきゅんときたのは初めて……! Kumiさんはバーレスク東京に入ってポールダンスを始め、今年で約4年になるんだとか。 そりゃあ筋肉ついた素敵な体されてるわけだよ。 代表が「経験よりやる気で採用」って言ってたけどこのレベルのやる気ね、ゆるゆるフリーライターには厳しいね。 さらにショーは続く Kumiさんの素敵さを堪能していると、どこからともなく煙幕が……! ついにバーレスク東京の夜が! はじまる……!!! バーレスク東京のショーは2つの雰囲気で楽しめる バーレスク東京のショーは、可愛いイメージとかっこいいイメージの演目が交互に出てくるよう構成されているそうです。 人それぞれ恋に落ちるタイミングってあると思うんですけど、笑顔は人をコロッといかせますわ。 こんな可愛いダンサーさんが、こんな至近距離でニコッて。 コロッ…… バーレスク東京のおかげで、「彼女の笑顔が好き」という惚気に100%の理解を示せるようになりました。 しかも、ダンサーさん達はカメラ目線がうまい!!!! これで お客さん達も写真撮影OK、SNS投稿もフリーって嬉しすぎる。 余裕そうに笑顔を振りまいてくれているダンサーさん達。 じつは、 曲目が3ヶ月ほどでドンドン変わっていくため各々ほぼ毎日のように練習されているそう。 そりゃあ体も鍛え上げられてるはず。 華やかな笑顔は努力の上になりたっているんですね……。 努力をすれば、こんな色気も、 出せるように なるのかな……。 フィナーレではダンサーさん達が客席に降りてきてくれます がっつりショーを堪能したところで、最後はフィナーレ! RION(リオン)を使うときがきました……! ダンサーさん達がひとりひとりお辞儀をしてから、客席に降りてきてくれます。 RIONをお渡しすることで、一緒に写真を撮ったりお話ししてもらうことができますよ。 お人形さんばりに顔が小さい~~~~! 中馬は一途なので、最初にポールダンスを披露してくれたKumiさんにつぎこみました。 本当にかっこいい……! せっかくなので、やましゅーさんにもRIONをわたしてみました。 童貞さん……じゃなかった、やましゅーさんどこみてるんだろう…… でも、楽しそうでよかった…… バーレスク東京で誕生日のお祝い ちなみに、誕生日のお客さんは壇上にあがって写真を撮ってもらうこともできます。 曲ももちろんなんですが、やっぱり MVの高クオリティもバーレスク東京ならではだと思います。 例えば、このバーレスク東京の千本桜とかかっこよくないですか? 「ロカフレやってて1番楽しかった!!!」 やましゅーさんをはじめ男性陣がもりあがっていたのは言わずもがな。 個人的に嬉しかったのは、女性のお客さんも沢山いて楽しんでいたこと。 可愛い女の子がキラキラがんばっている様子で勇気をもらうのは、わたしだけじゃないんですね……! あれだけ無駄毛もニキビもない全身を維持するのって、相当な努力とお金が絶対に必要。 ダンサーさん達の振る舞いや表情、場の雰囲気をふくめ、 圧倒的なプロ意識が輝く素晴らしいショーでした。 もうね、興味がある方は1回で良いから観てとしかいえない……いや、興味のある方だけでいいから……お願いだから…… 以上、あなたのイメージする東京に新しい場所が追加されるよう祈りながら、地元豪遊を終えることにします。 ありがとうございました! ・ ・ ・ 【追記】記事公開後の好評につきまして 終わったと見せかけてすみません。 ライターの中馬です。 今回の記事ですが、 「女性だけど行ってみたくなった!」 「お酒が飲めない自分でも楽しめそう」 などなど拡散していただいた皆様のおかげで、想像以上に暖かい反応をいただくことができました。 ライター冥利につきる~~!思わず祝杯をあげるレベルです。 さらにバーレスク東京のダンサーさん達からはこんなメッセージが。 ほら~~~、このウェルカムな雰囲気ですよ~~~。 バーレスク東京の何がいいって、玄人も楽しめるクオリティなのに初心者でも行きやすいダンサーさん達の優しさですよ~~~。

次の

Rio@バーレスク東京

バーレスク 東京 rio

Fresh! kです!!」 「是非ご来場くださいませ」 ~ バーレスク東京 ~ 💖 💖💗 💖💗💕 おはようございます!!!あでぃすです!!! えーと、朝8時半の秋葉原です。 せっかくの休みなのに6時半に起きました。 『!!!』って入力したのが恥ずかしくなるくらい眠そうな顔してますね。 生きてる? ノアちゃんの顔を思い浮かべることでキリっとしました。 改めて、おはようございます。 あでぃすと申します。 ということで、本日は Fresh! AKIBAで行われるという撮影会に行こうとしています。 バーレスク東京の超精鋭・ビジュアルクイーン6名がアトリエダームとコラボして、 バニーガールで撮影会をするという…なんか…もう…どないしたらええねん…ってイベントでございます。 つい先月にばかりだし、その時は 「撮影会怖いよぉ~~~もう無理ぃ~~~助けてぇ~~~一人じゃ絶対行けなかったぁ~~~」って泣き叫んでたくせに、それから僅か1か月後、普通に一人で朝も早よから馳せ参じてます。 人類、慣れって怖い。 いや、あでぃす 概念 のノアちゃんが絡んだ時のギアの入り方が怖い。 ノアちゃんのために撮影会に一人で行ける今の状態なら、ノアちゃんに 「私のために死んで」って言われたら3分ほど悩んでから鮮やかに死ねると思う。 死ぬぞ。 そんなことを考えてる場合ではなかった。 今回の目的地はソフマップのビルの少し奥くらいにあるはずなんですけど…。 前回のスタジオガーネットが秋葉原とは言い難いような辺境の路地にあったので 「撮影会ってそんなにアングラな催しなの…?」とビビらさせられたんですが、今回の会場は秋葉原の真正面のど真ん中なんですね。 あった。 とらのあな、じゃなくて6Fに Fresh!が。 そういやコミケ5日目まだ開催してないな…。 森宮缶とナンバーツーは買わねば…。 おっと、今回は二次元の薄い本の話じゃなくて三次元のバニーガールの話だった。 にしても、こういう場所に縁がある人生を送ることになるとは、つい半年前までは全く想像しとらんかったですね。 ・アイドルの撮影会を毎日開催しているらしい ・受付は6Fらしい ・見学も歓迎らしい …いや、もう一生来ないから。 その情報、別にいらない。 あ、ノアちゃんが関係する場合のみに限って、今後も事情は変わってくるけど。 さて、みなさまはきっとバニーガール美女の写真を漁るべくアクセスしてくれたと思うんですが、おっさんの自撮りを交えながらダラダラと前置きを垂れ流してすみません。 力不足で本当に申し訳なく思っております。 でも、もう少しおっさんの日記が続きます。 あ、ごめんなさいすぐ先に進むからちょっとだけ待って。 えーと、そんな感じで 「やっぱ帰りたい…」と涙目になりつつ受付まで来ました。 1部・2部・3部の各1時間構成で、参加費は 1部6000円。 たっけ。 3部通しにすると割引が利いて 1万5000円。 それでもたっっっけ。 馬鹿か。 チェキは 1枚2000円。 おい、ボッタくるのも大概にしろよ。 なお、私は イベントの受付開始5時間後に旅行中の中洲川端からアプリで3部通しの前売り券 先着30人限定 を買っておきました。 20って、もしかして私より先に前売り券を押さえてた人間が19人いたってこと…?おそろしか…。 ちなみに、この前売り券は前日に完売してましたね。 ということで、受付ではチェックインだけ …ではなく、 ノアちゃんのチェキ券を1部・2部・3部それぞれ買いました。 もうええわ。 勝手にしてくれ。 1部終わった後に撮ったので2枚しかないですが、こんなです。 さっきのチケットアプリにさりげなく表示されてるけど、受付済ませたのは08:45:40だったみたいですね。 で、 「受付開始と同時に行くなんて、ヤル気ありすぎマンだと思われたらどうしよう…」と思いつつ入場したんですけど、 着いてみたら既に人一杯でした。 あ、そういう感じなんですね。 すみません、受付開始時間の後に着くなんてクソ雑魚怠慢野郎だったみたいです…ごめんなさい…端っこで目立たないようにしてますので…。 ということで隅っこで震えながら待つこと20分、開会式が始まったぜ!!! 壮大なオープニングであらかじめ紹介しときましたが、今回の撮影会はバーレスク東京のメンバーのみ。 しかも! Kazuki Rio Michiru ぷりん Noa みつき という、 聞く人が聞いたら 「そいつぁすげぇや!」って叫びながら卒倒するレベルの 超絶スーパーウルトラマキシマム激烈すごすごでメチャヤバな6人です。 祭典です。 もう祝祭です。 ノアちゃんは開幕から超絶かわいかったんですけど、何言ってるのか全然分かりませんでした。 寝てたのかな。 ちなみに、上の写真は前に陣取ってる人々の隙間から頑張ってズームで撮ってます。 状況としてはこんな感じです。 記者会見か何か? ということで、開会式が終わりまして、いよいよ 『祭り』もしくは 『戦い』と呼ぶべき時間が始まる訳ですが、そろそろいっときますか。 お待たせ。 今回のファーストショットです! 1部はエナメルメイドバニーちゃん! 黒髪+エナメルメイドバニーで大人なノアちゃんです! えっち! 若林智香!!!!!! 暗喩 あらかじめ言っておきますが、ノアちゃんだけ桁違いなので今後のコメントは慎みます。 無人のタイミングで撮ったラウンジスペース とにかく撮るんですよ。 写真を。 こんな感じの会場で。 ご親切にパネルがあった こんな感じで撮影スペースがあって、モデルが配置されていて、客は並んで、撮る。 ひたすらに、並んで撮る。 けっこうしっかり決まってる で、こんな感じでスケジュールが決まっていて、時間ごとに場所を移動したり衣装を替えたりする訳ですね。 G:マリン H:ゆめかわ で、それぞれこんな感じでコンセプトが違う、と。 衣装と場所に応じて撮り方を考える腕と愛が試されますね。 さっきから 「こんな感じ」としか書いてないけど、つまり、こんな感じです。 撮影会ビギナーの私には、日本語で説明する能力がありません。 視覚で分かって下さい。 様子の図です 時間は1部1時間。 25分経ったら場所替えをして、最後の10分は囲み撮り。 したり顔で分かったような解説してますけど、よく分かってないよ。 撮影時間は一人一回 40秒。 前回のガーネットは45秒でしたね で、 1時間って全然短いからな。 並んでる間にどんどん時間は進むし、 1回40秒の撮影タイムは体感3秒で終わるからな! だから、例えば10人並んでたら、40秒の撮影タイムのために400秒並ぶ訳ですよね。 20人だったら、40秒のために800秒並ぶ訳ですよ。 ほんと一瞬よ。 1時間なんて。 だからもう、全身全霊で3時間全力投球。 神に与えられし40秒、マジで無駄にできへん。 「かわいいいいいいいいいいいいいいいいい」と 「やったるぞおおおおおおおおおお」に支配されながらカメラを構え続けてたら一瞬で終わった。 そして、撮った写真はなんと、 2360枚でした。 この記事に載せている写真は、2360枚の写真を血を吐きながら厳選したヤツなので、そういう気持ちで暖かく見て下さい。 あ、 「厳選してコレかよ。 ド素人が」とか言わないで。 ド素人なので。 愛があればかわいく美しく撮れるのかというと、そういう訳じゃないです。 カメラは技術と経験です。 関係ないけどバーレスクに行くようになってから写真フォルダの見た目がヤバい 頑張ってたら3部の終盤にカメラの充電が切れたので、最後の方はスマホを起用しました。 良かった…今回の撮影会スマホ使用OKで…。 Noa: 1445枚 みつき: 217枚 ぷりん: 213枚 Kazuki:154枚 Rio:140枚 みちる:54枚 開会式:42枚 閉会式:66枚 その他:29枚 ノアちゃん優勝でした。 Q1.ノアちゃんだけ比喩じゃなく桁が違いますね A1.当然です Q2.みつきぷりんが枚数的には2番手なんですね A2.まあね Q3.今回の主役は客観的に考えてRio&Kazukiだと思うんですが、あまり撮らなかったんですね A3.もちろん主役なんですが、それゆえに大人気だったので、ずっと行列がすごくて…。 KazukiさんRioちゃんの列に並ぶとノアちゃんのための時間が無くなってしまう…という苦渋の決断です。 言うなれば、コミケで時間を考えてシャッターサークルに並ぶのを泣く泣く諦めた感じ。 ちなみに、2360枚を全部見直して選別していらないの削除してPCに移してそこからブログ用のサーバーに上げるのに 8時間かかりました。 もはや労働じゃん。 給料下さい。 おそらく。 開会式の前にラウンジに集まってる時も 「あの人バーレスクでよく見るな…」とか、 「あの人一回ド迫力プランで隣だったような気がする…」とか、 「あの人こないだ一人でシャンパンめっちゃ開けてたRioちゃん推しの人か…?」とか、途中でツイッター開いてみれば 「あれ?この人も今ここにいるの?ツイッターのアカウントと顔が一致しないから分からんけど…」とか、そういうのが無限にあったんですよ。 しかし、こちとら聞きしに勝る超一流のコミュ障なんですわ。 だからといってこっちから話しかける能力は皆無!話しかけられたら…嬉しいけどテンパる!助けてくれ! だがしかし、撮影会って、さっきも書いたけど 『ただ並んでるだけ』の時間の方が長い。 そして、1部開幕でノアちゃん列に並んだら10秒で目の前のお兄さんに 「あでぃすさんですよね?」とバレたのでした。 ひぃ! ということで、なんやかんや1日中ノアちゃん列で一緒になるたびにお話しさせて頂いたのが、 さんでした。 みっちーさんのお陰で孤独に負けなかった…!本当にありがたかったです…! Fresh! ノアちゃん、本当に本当にお疲れ様でした😖 そして、ありがとう😊 — みっちー MISTYBLUE0123 それはそれとして弊ブログをこっちがビビるくらい読み込んでくれてたので、まあ恥ずかしかったです。 定期的に申し上げておきますが、このブログの説明文 『一つ文章を書くたびに寿命と社会的評価が削れていくおブログです。 』なので。 そこんとこ宜しくお願い致します。 なんか、もしかすると今度一緒にバーレスク行くかもしれません。 ノアちゃんの輪ですね。 ・・・・・・ もう一人。 1部と2部の間の休憩中に別のお兄さんから 「17日の3部にいませんでしたか?」って話しかけられまして。 ブログを読んでくれた人かと思いきやそうじゃなくて、なんと、17日の3部 で、ステージの花道を挟んでちょうど反対側に座っていたというお兄さんでした。 「あ、すいません僕はちょっと記憶が…。 よく覚えてますね…!」と申し訳なくも返事をしたら、 「メイちゃんとずっと話してましたよね」と。 あ、ブロマイド4枚分サインしてもらってたから…。 しかも、メインは 蓮ちゃん推しだけど、今回の撮影会は先週のバーレスクで見たノアちゃんが気になって静岡から来たんだそうです。 すっげ。 そしてまた広がるノアちゃんの輪! 実は、前日にツイッターでノアちゃんに「静岡から行きます」ってリプ飛ばしてた人がいたのを覚えてたので、さりげなく 「あのツイッターの人だ…」って気付きました。 ということで、今後もこちらからはビビって何も出来ませんが、お声掛け頂けるとシンプルに喜びます。 あと、ブログへの苦情も歓迎です。 その時は、素直に土下座させて頂きます。 【閉会式です】 怒涛の4時間が終わりました。 一言ずつ頂いております。 みちるさんです。 ぷりんちゃんです。 感覚がマヒしつつあるけど、バーレスクの女の子って全部すごいですよね。 このスタイルこの美貌でバニーって、冷静に考えるととんでもない事態ですよ。 Kazukiさんの番です。 これも前の人をかき分けながら手を伸ばして何とか撮影してるので、光の加減とか無理でした。 ノアちゃんかわいい。 でも閉会式も何言ってるのか分かりませんでした。 体力の限界で脳にエネルギーが残ってなかったんだと思います。 みつきちゃんのターン。 ここまで律義に全員分並べてますが、見てもらいたいのは Rioちゃんだけめっちゃ動きがあるってことですね。 一人だけ立ってる時の仕草すらかわいい。 その Rioちゃんが締めました。 なぜ4枚並べたかというと、 全ての表情がかわいいと思ったからです。 どうですか。 ノアちゃん真ん中で撮ってるくせによく言うわとか思ってますか。 仕方ないでしょそれは。 ということで、今回のレポート、おしまいです!ヤバい文章になったな!さようn 【エピローグ的な余談】 すげぃなおい。 ショック! しかし、諦め切れずに閉会式の終了後、会場スタッフが「午後の回の準備がありますので退出お願いしまーす!」と叫ぶ中、 「最後にワンチャンスだけ…!」と会場を徘徊すると…。 いました。 本日は早い時間から バニー撮影会 たっくさんのカメラマン様📸🥰ご来場頂きありがとうございました!六人のウサギ🐰ちゃんからメッセージです。 今回の撮影会、これにて ミッションコンプリートとなりました。 MANさんに会えてなかったら帰宅後に後悔の念で泣いてたと思う。 ついでに、ノアちゃんに差し入れしようと思って買ったけどタイミングがなくて渡しそびれたショコラBBを、 MANさんに差し入れすることに成功しました。 ちゃんとノアちゃんに渡ったのだろうか…? …こんどこそ終わりです!それではノアちゃんの写真をエンドロール代わりに流していきますので、文章はこれにてさようなら。 このクソなが&画像過多ブラクラ記事を最後まで読んでくれた0. 02%の方々へのボーナスです。 何がボーナスかって、あの… ちょっとえちちなのを… まあこれくらいは これ、囲み撮りタイムなんですけど、何かって言うと、横の人が「そのクマ押し倒せ!騎乗位!」とか言い出して、ノアちゃんが… 僕は心の中でマジでブチ切れてたんですが、ブチ切れながらシャッター切ってたので同罪だし、こうやって世にその出来事を広めようとしてるんだから、なんならさらに罪深い人間です。 うーーーん これも確か囲み撮りタイムでちょっとぷりんちゃんとみつきちゃんのとこ行って戻ってきたらこういう撮影をする空間になってて心の中で吐き気を催したんですけど心の中の動揺と怒りとアンビバレンスはともかく現実としてはその一員に加わってシャッターを切ったという事実があるので誰か僕の頭を斧で叩き割って下さい。 拝啓 親愛なる江戸川乱歩様 あなたの物語の中で、退屈なパレードを憎みながらも実は憧れた影男たちは 犯罪という猟奇の果てに死んでいきました 彼らほどに勇気のない僕は、退屈なパレードの一員になろうと思っています あなたは僕を軽蔑しますか? それでも、パレードの日、影男を密かに消せ! …なんでバニーガール撮影会の記事を筋少で締めることになるんだ? おわりです。 addis 競馬の仕事をしているアラサーです。 色々あるので詳細は書きませんが、まあそんな感じです。 だから月火が休みです。 大概のイベントには行けませんが、遊びに行くとどこも空いてるので楽というメリットはあります。 休みがズレってから一緒に遊ぶ相手はいないんですけどね。 野球:ヤクルトファン暦29年。 親子三代、母親の腹の中にいた時からのヤクルトファン、だそうです。 熱狂度は人生のタイミングによって乱高下してきましたが、2016年以降はプラチナ会員かつ年間50試合観戦ペースを貫いています。 2018年は56試合でした。 一口馬主:東京サラブレッドクラブに入会して現在6世代目。 現役4頭+引退2頭+幼駒3頭。 レッドエトワール 牝6引退 、レッドゲルニカ セン6 、レッドコルディス 牝5引退 、レッドサクヤ 牝4 、レッドルゼル 牡3 、レッドエーデル 牝2 、グリサージュ18 牝1 、レッドエルザ18 牡1 、サセッティ18 牝1。 サクヤのオークスでは一人競馬場で大号泣し、晴れて不審者の称号を得ました。 競艇:趣味です。 競馬が趣味から仕事になっちゃったので代わりにというか。 現在24場全場制覇を目指して、隙を見ては旅に出ています。 2017年1月31日、唐津訪問を以って全場制覇達成!今後は行きたい時に行きたいとこに行こう。 デート商法:記事を書いて以来「また引っ掛からせてくれよ!!!」と駅前を徘徊しているのですが、一向にアンケートのお姉さんが声を掛けてくれません。 風俗:すきではない。 知的好奇心です。 ほんとだって。 デレマス:すき シャニマス:最近すき ウマ娘:まだ?.

次の