アロハ エコモ マイ 英語。 オハナのテーマソング♪_アロハ・エ・コモ・マイ

オハナのテーマソング♪_アロハ・エ・コモ・マイ

アロハ エコモ マイ 英語

ハワイのあちこちで見かけたり、耳にすることができるハワイ語。 旅行でも知っていると役立つ、定番のハワイ語をまとめました。 公開日:2018. 11 更新日:2018. 19 古代ハワイアンの人々の間で使われてきた「ハワイ語」は、いまでは英語とともにハワイ州の公用語に指定されています。 「aloha」は「Akahai(思いやり)」、「Lokahi(調和)」、「Olu'olu(喜び)」、「Ha'a ha'a(謙虚)」、「Ahonui(忍耐)」という5つのハワイ語の頭文字から成り立っており、ハワイの人々が持つ「アロハスピリット」を表す言葉として大切に扱われています。 さらにていねいに感謝を伝える言葉として、「たくさん」や「大きい」の意味を持つ言葉を組み合わせた「Mahalo nui loa(マハロ・ヌイ・ロア)」もあります。 ハワイの空港の到着ロビーや観光地などにサインが掲げられていたりします。 「〜〜にご協力をお願いします。 」という意味で「Please kokua〜〜」などと使われます。 ハワイの人々が神聖に扱う場所「ヘイアウ」(古代の神殿跡)への立ち入りを禁止するサインなどに書かれていることがあります。 「終わりましたか?」の意味で「Are you pau?」といった使い方をします。 ハワイでは英語の「Delicious(おいしい)」と「'ono」を組み合わせた「Onolicious(オノリシャス)」という言葉もよく使われます。 料理としての「ポケ」もあり、魚介の切り身をしょうゆやごま油などで合えたもので、ハワイのローカルフードとして人気です。 またバーなどで言う「ププ」はおつまみを指し、小さな一品料理などが多いです。 レストランやバーなどでは「パウハナ・タイム」、「パウハナ・メニュー」として、お酒や料理を割安で提供するハッピーアワーを実施しているところも多いです。 「talo(タロ)」とも呼ばれています。 蒸して潰して、練ったものは「ポイ(poi)」と呼ばれ、いまでもロコの食卓で食べられているほか、ハワイアン料理を提供するレストランなどでも食べることができます。 ビーチで甲羅干しをしている姿をよく見ることができますが、州の法律で近寄ったり触れたりすることは禁じられているのでご注意を。 大昔に欧米からやってきた渡り鳥ですが、当時のハワイ諸島に天敵となる動物がいなかったため、飛ばない鳥として進化をしました。 しかし近代、ネズミ退治のために輸入されたマングースによってネネの生態系が脅かされ、現在は保護の対象として大切に守られています。 ハワイ島の火山国立公園やマウイ島のハレアカラなどに生息しています。 「マグロが近くにいる場所を教えてくれる」と言い伝えられ、ハワイの漁師にとって神聖な存在として大切にされています。 たとえばホノルルの大きなショッピングモール「アラモアナセンター」でトロリー乗り場の場所を聞くと「マカイ(海側)だよ!」といった説明がされたりします。 カマアイナは「この大地に属する人」という意味で、ハワイ州民のことを指します。 また「No rain, no rainbow(雨が降らなければ虹も出ない)」ということわざもあるように、ハワイの人びとは虹を大切に思っています。 ときどき女性・男性の目印がなく、アルファベットで「kane」や「wahine」のみの表示しかされていないお手洗いもあるので、覚えておくと間違えずに済みます。 ジャンル• ジャンルを指定•

次の

【待ち時間情報も】魅惑のチキルームアロハ・エ・コモ・マイの概要・混雑攻略まとめ

アロハ エコモ マイ 英語

魅惑のチキルームってどんな内容? 魅惑のチキルームは、ハワイの4羽の小鳥たちが繰り広げるミュージカルショーに突然スティッチが飛び入り参加する賑やかなハワインアンショー。 「アロハ・エ・コモ・マイ」とは「ようこそ!」という意味がありゲストを歓迎している言葉でもあるんです。 ハワイアンミュージックにのせて小鳥たちの歌声と元気いっぱいのスティッチが披露するウクレレを見ることができますよ。 ハワイの雰囲気を感じながらスティッチたちに癒されましょう! 待機スペースでも休憩できるので、ちょっとした休憩にもおすすめです。 ショーの座席にもフワフワのクッションが付いているので、ゆっくりくつろぐことができますよ。 360度、どの位置からでも楽しめるショーとなっています。 一度に会場に入れる定員は318名。 年齢や身長などの対象制限はありませんが、ショーの中で真っ暗になるシーンや大きな音がするシーンがあるので、特に小さなお子様は要注意です。 また、ショーの最中フラッシュ撮影は一切禁止となっています。 ハワイの4羽の鳥たちがお気に入りの歌をゲストに披露しようとストーリーが進む中、不思議な事が起こり会場が真っ暗に! 突然落書きが書かれたり「何者か」が潜んでいる気配が…。 小鳥たちは神々の怒りに触れたと思いおびえてしまいます。 しかし、そんないたずらをしかけて来たのは皆さんも良く知っているあのお騒がせキャラクター。 そう、いたずらをしかけて来たのはスティッチです! 行方不明になっていたスティッチが魅惑のチキルームに迷い込んできてしまったのです。 行方不明になっていましたが、ショーの最中に乱入して小鳥たちと愉快な音楽を披露してくれます。 ハウオリ ハワイ語で「幸せ」を意味します。 羽の色が3色なカラフルなオウムでリーダー的存。 マヌ ハワイ語で「鳥」を意味します。 メガネをかけた青い鳥で少し弱気な性格。 マヒナ ハワイ語で「月」を意味します。 優しい性格のお姉さん的存在で、青い鳥ピンクのオウムで花を着けたおしゃれさん。 ワハヌイ ハワイ語で「おしゃべりな口」を意味します。 ちょっとお調子者な性格の赤と緑色のオウムで、みんなのムードメーカー。 魅惑のチキルームのハワイアンな音楽に癒されよう 魅惑のチキルームでは、ディズニーではおなじみの「オーディオアニマトロニクス」を使って小鳥やスティッチたちが動いています。 歌ったりしゃべったりするお花などの細かな動きもオーディオアニマトロニクスによるもの。 シアタータイプのアトラクションではありますが、魅惑のチキルームではスクリーンなどはなく、すべて人形たちが中央にある小さなステージでショーを行います。 ディズニーランドでは他にも「」や「」、「」でオーディオアニマトロニクスが利用されています。 実は、魅惑のチキルームは海外のパークにもありますが、パークによって人形の動きやバージョンが違いますよ。 スティッチが乗ってやってきた宇宙スクーターなどもあるので見つけてみてくださいね。 行方不明になってしまったリロがスティッチを探している証拠です。 冬は魅惑のチキルームの座席は温かい 声優さん好き必見!? 魅惑のチキルーのショー後半では、スティッチが小鳥たちと一緒に「アロハ・エ・コモマイ~スティッチ・エイサー」という曲をゲストに披露するシーンがあります。 筆者も歌を聞いた瞬間「神谷さんっぽいかも…?」と思ったのですが、やはり調べてみると神谷さんだったことを知りテンションが上がったことを覚えています! 魅惑のチキルームでは正式発表はないものの、「他にも有名人が声優を担当しているかも…?」というウワサもあるので、ぜひあなたの耳で検証してみてくださいね! まとめ.

次の

【ディズニーランド】魅惑のチキルーム:アロハエコモマイに登場する鳥の名前を覚えよう!【ハワイ感溢れるセリフも一緒に】

アロハ エコモ マイ 英語

魅惑のチキルームってどんな内容? 魅惑のチキルームは、ハワイの4羽の小鳥たちが繰り広げるミュージカルショーに突然スティッチが飛び入り参加する賑やかなハワインアンショー。 「アロハ・エ・コモ・マイ」とは「ようこそ!」という意味がありゲストを歓迎している言葉でもあるんです。 ハワイアンミュージックにのせて小鳥たちの歌声と元気いっぱいのスティッチが披露するウクレレを見ることができますよ。 ハワイの雰囲気を感じながらスティッチたちに癒されましょう! 待機スペースでも休憩できるので、ちょっとした休憩にもおすすめです。 ショーの座席にもフワフワのクッションが付いているので、ゆっくりくつろぐことができますよ。 360度、どの位置からでも楽しめるショーとなっています。 一度に会場に入れる定員は318名。 年齢や身長などの対象制限はありませんが、ショーの中で真っ暗になるシーンや大きな音がするシーンがあるので、特に小さなお子様は要注意です。 また、ショーの最中フラッシュ撮影は一切禁止となっています。 ハワイの4羽の鳥たちがお気に入りの歌をゲストに披露しようとストーリーが進む中、不思議な事が起こり会場が真っ暗に! 突然落書きが書かれたり「何者か」が潜んでいる気配が…。 小鳥たちは神々の怒りに触れたと思いおびえてしまいます。 しかし、そんないたずらをしかけて来たのは皆さんも良く知っているあのお騒がせキャラクター。 そう、いたずらをしかけて来たのはスティッチです! 行方不明になっていたスティッチが魅惑のチキルームに迷い込んできてしまったのです。 行方不明になっていましたが、ショーの最中に乱入して小鳥たちと愉快な音楽を披露してくれます。 ハウオリ ハワイ語で「幸せ」を意味します。 羽の色が3色なカラフルなオウムでリーダー的存。 マヌ ハワイ語で「鳥」を意味します。 メガネをかけた青い鳥で少し弱気な性格。 マヒナ ハワイ語で「月」を意味します。 優しい性格のお姉さん的存在で、青い鳥ピンクのオウムで花を着けたおしゃれさん。 ワハヌイ ハワイ語で「おしゃべりな口」を意味します。 ちょっとお調子者な性格の赤と緑色のオウムで、みんなのムードメーカー。 魅惑のチキルームのハワイアンな音楽に癒されよう 魅惑のチキルームでは、ディズニーではおなじみの「オーディオアニマトロニクス」を使って小鳥やスティッチたちが動いています。 歌ったりしゃべったりするお花などの細かな動きもオーディオアニマトロニクスによるもの。 シアタータイプのアトラクションではありますが、魅惑のチキルームではスクリーンなどはなく、すべて人形たちが中央にある小さなステージでショーを行います。 ディズニーランドでは他にも「」や「」、「」でオーディオアニマトロニクスが利用されています。 実は、魅惑のチキルームは海外のパークにもありますが、パークによって人形の動きやバージョンが違いますよ。 スティッチが乗ってやってきた宇宙スクーターなどもあるので見つけてみてくださいね。 行方不明になってしまったリロがスティッチを探している証拠です。 冬は魅惑のチキルームの座席は温かい 声優さん好き必見!? 魅惑のチキルーのショー後半では、スティッチが小鳥たちと一緒に「アロハ・エ・コモマイ~スティッチ・エイサー」という曲をゲストに披露するシーンがあります。 筆者も歌を聞いた瞬間「神谷さんっぽいかも…?」と思ったのですが、やはり調べてみると神谷さんだったことを知りテンションが上がったことを覚えています! 魅惑のチキルームでは正式発表はないものの、「他にも有名人が声優を担当しているかも…?」というウワサもあるので、ぜひあなたの耳で検証してみてくださいね! まとめ.

次の