ご笑納 類語。 「ご笑納ください」の例文・使い方・返事の仕方・類語|シーン別

「笑納」とは?意味や使い方!例文や解釈

ご笑納 類語

上司など目上の人に食べ物を送るときは、「ご笑味(しょうみ)ください」「お召し上がりください」を使うことをおすすめします。 「笑味」とは「笑納」と同じく、「つまらないものですが笑ってお食べください」という意味。 「召し上がる」は食べる・飲むの尊敬語で、「お召し上がりください」は「食べてください」の敬語表現です。 「ご笑味」と似た表現に「ご賞味(しょうみ)」がありますが、こちらはやや上から目線の表現で、料理を作った人がお客に勧めるときに使わます。 上司など目上の人には「ご笑味ください」「お召し上がりください」のほうがふさわしいでしょう。 丁寧な印象になる「ご笑納ください」を使った例文一覧 【お歳暮】ご笑納くださいを使った例文 「査収(さしゅう)」とは、金銭や物品、書類などをよく調べて受け取ることです。 敬語を作る接頭語「ご」と要望を表す補助動詞「~ください」を加えた「ご査収ください」は「よく調べたうえで受け取ってください」という意味。 「受け取ってください」という意味は「ご笑納ください」と同じですが、細かいニュアンスが異なります。 「ご査収ください」は丁寧な言い方でありながら、 「中身をチェックしてくださいね」と相手にお願いを含んでいます。 相手に中身を確認してほしいものを送るときに使うことが多いので、ビジネスシーンでよく使われます。 逆に贈り物などにはほとんど使わないので状況に応じて使い分けましょう。 「ご査収ください」の使い方• Please accept this little gift. (つまらないものですがご笑納ください)• It's just a little thanks. (ご笑納ください)• I got this for you. つまらないものですが)• I hope you like this small present. (ささやかなプレゼントですがご笑納ください)• I'm sending you a small present which I hope you will like. (心ばかりの贈り物を送りましたので、ご笑納いただければ幸いです)• This is just a little thing I got for you. (あなたにこんなものを見つけたのですが).

次の

「ご笑納」の意味と使い方・例文・「お納め」との違い|食べ物

ご笑納 類語

「お納め下さい」という表現と並んで、目上の人などに物を渡す際に使用されることが多い言い回しの1つに、「ご笑納下さい」という言い回しが挙げられます。 「ご笑納下さい」という言い回しに含まれている、「笑納」という言葉には、以下の引用のような意味があると、「goo辞書」にて解説されています。 引用から、「笑納」とは、「つまらない物ではありますが、笑いながら受け取って下さい」といった気持ちやニュアンスを含んでいる言葉だと、読み取ることが可能です。 「ご笑納」という言葉は、上記のような意味を持つ「笑納」に、丁寧さを表現する「ご」という言葉が加わった形だと考えられます。 人に贈り物をするとき、つまらない物ですが笑ってお納めくださいという気持ちを込めて用いる語。 ご査収下さい 「お納め下さい」の敬語表現への言い換えについて学んだところで、続いては「お納め下さい」を実際に目上の人に対して使用したとき、どのような使い方をすれば良いのか、考察していきます。 「お納め下さい」という表現は、一般的に目上の人に対して、物や金銭、贈り物や資料などを渡す際に使用される言葉だとされています。 しかし、「お納め下さい」という言葉を添えて唐突に相手に物を渡すのは、状況によっては不躾な印象を与えてしまうケースもあるでしょう。 ですから、目上の人に物を渡す際は、「もしよろしければお納め下さい」「つまらないものですがお納め下さい」など、一言添えた上で使用すると、より丁寧な印象になると考えられます。 「お納め下さい」の読み方 続いては、「お納め下さい」という言葉の正しい読み方について、ご紹介していきます。 会話などで使用する場合は、正しい読み方で使用しないと、意味が伝わらなかったり、無知な印象を与えてしまったりするケースもあります。 ですから、この機会にぜひ、「お納め下さい」の読み方について、確認しておきましょう。 結論から言うと、「お納め下さい」という言葉の読み方は、「おおさめください」だと考えられます。 「weblio辞書」では、「お納め下さいませ」という言葉に関するページが掲載されていますが、以下の引用にもあるように、「おおさめくださいませ」という読み方で掲載されています。 上記のような背景から、「お納め下さい」という言葉の読み方は、「おおさめください」が正しいと言えそうです。 手紙の文章でも、「お納め下さい」という言葉を使用することは、あると言われています。 そこで続いては、手紙における「お納め下さい」の使い方や例文について、考えていきましょう。 手紙で「お納め下さい」を使用する場合は、手紙とともに贈り物などを相手へ渡す場合が多いと考えられます。 自分が贈る物などに対して、「お納め下さい」が使われると考えられ、以下の例文のような使い方ができるとされています。 ・ささやかな物ではありますが、お送りいたしますので、お納め下さいませ。 ・つまらないものですが、お土産を同封いたします。 よろしければお納め下さい。 ・同封いたしましたものは、心ばかりの物ですが、どうぞお納め下さい。 「お納め下さい」は大変丁寧な言い回し.

次の

「ご笑覧」の意味と使い方・類語・例文・敬語・読み方|ビジネス

ご笑納 類語

「ご笑納ください」という文は日常的によく使われることが多いでしょう。 「ご笑納ください」を使った文はどんなものがあるのか例文をいくつか見てみましょう。 「ご笑納ください」例文1 先日は温かいお心遣いをありがとうございました。 心ばかりではございますが、ご笑納くださいませ。 「ご笑納ください」例文2 お変わりございませんか。 先日、家族で旅行に行って来ました。 珍しいお土産を見つけましたので送らせていただきます。 ご笑納くださいますと嬉しいです。 「ご笑納ください」例文3 日頃は大変お世話になり感謝いたしております。 ささやかではございますが、お中元を送らせていただきましたのでご笑納くださいませ。 「ご笑納ください」例文4 今年も早、師走の月となりました。 何かとお世話になりましたこと心よりお礼申し上げます。 気持ちばかりではございますが、ご笑納くださいますと幸です。 「ご笑納ください」は、どんなときに使われるのでしょう。 使い方を見てみましょう。 「ご笑納ください」とは、つまらないものではございますが笑って納めて下さいという意味があります。 「ご笑納ください」を使う相手は、親しい間柄であることが望まれます。 目上の人には使わな方が良いでしょう。 また、弔事には間違って使うことのないよう気をつけましょう。 香典やお供え物を送る際に一言添える場合、書いてしまわないよう注意するべき言葉です。 敬語 「ご笑納ください」を敬語で伝える場合はどんな言葉になるのでしょう。 「ご笑納ください」を目上の人や親しくない相手へ使うのは避けた方が良いとされています。 失礼だと感じる人もいるため、不快な気分にさせてしまってはせっかくの贈り物が台なしです。 失礼にならず、目上の人にも使える言葉を選びましょう。 「お受け取り下さい」・「お納め下さい」などが適しています。 「ご笑納ください」への返事の仕方 内祝いは、結婚や出産のときにいただいたお祝いのお返しとして贈る品物です。 内祝いをいただいたことのある人は多いでしょう。 おめでたいことは和やかな気持ちになります。 内祝いを贈る側になったときは、感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。 結婚内祝いと出産内祝いに分けて文例を見てみましょう。 結婚内祝い例文 この度は温かいお心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。 ささやかではございますが、内祝いの品を送らせていただきます。 どうぞご笑納くださいませ。 未熟な2人ではありますが、温かい家庭を築いていけたらとおもっております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 出産内祝い例文 この度は、長男の誕生に際しまして温かいお心遣いをいただきまして本当にありがとうございました。 心ばかりではございますが、内祝いを送らせていただきます。 ご笑納くださいますと幸いに存じます。 おかげさまで母子共に元気にいたしております。 今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 お中元 夏には、お中元を送る人が多いでしょう。 日頃お世話になっている人などへ感謝の気持ちを込めて贈ります。 お中元を贈る際にも一言添えておくと気持ちが伝わるでしょう。 お中元例文 厳しい暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。 日頃は何かとお世話になり、ありがとうございます。 心ばかりではございますが、お中元の品を送らせていただきました。 どうぞご笑納下さいませ。 まだまだ暑さもこれからです。 一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。 おすそわけ 「ご笑納ください」と同じような意味の言葉があるなら、そちらを選びたいときもあります。 贈る相手や状況に合わせて言葉を選ぶと良いでしょう。 どのような類語があるのか見てみましょう。 「ご笑納ください」は目上の人には向きませんが、類語なら目上や上司などに使っても失礼にならない言葉が多くあります。 目上の人にも使える例文をご紹介します。 お受け取り下さい 心ばかりではございますが、お礼の品を送らせていただきます。 どうぞお受け取り下さいませ。 お納め下さい 先日は、温かいお心遣いをありがとうございました。 ささやかではございますが、お礼の品を送らせていただきました。 どうぞお納め下さい。 相手別「ご笑納ください」の使い方 「ご笑納ください」を使うときに気を付けたいのは、相手により失礼になる場合があることです。 目上や上司、立場が上の人などに使うのには適していません。 相手により言葉を変える方が良いでしょう。 目上 目上の人に「ご笑納ください」を使うのは避けましょう。 「お納め下さい」・「お受け取り下さい」とした方が失礼にならず、相手も気持ち良く受け取れるでしょう。 「ご笑納ください」と「お納めください」の違い 「ご笑納ください」と「納めください」は似ているようですが何が違うのでしょう。 何か品物などを贈る際に、どちらを使えば良いのか迷います。 文意と相手に合わせて使い分けましょう。 「お納めください」は相手を選ばず使える言葉です。 どうぞ受け取って下さいという気持ちが込められた言葉です。 受け取ってほしい意を丁寧に表現した言葉なので、目上の人にも失礼になりません。 ビジネスシーンや、あらたまった場面にも使われます。 「ご笑納ください」は謙譲表現として用いられています。 つまらないものですが笑って受け取って下さいという意味が込められた、へりくだった言葉です。 そのため目上の人や上司、忌事には使わないように気を付けましょう。 「ご笑納ください」を活用しよう 何か品物を送るとき、お礼を送るときには一言添えておくと気持ちが伝わります。 お返しであれば、感謝の気持ちを伝えることが大切です。 「ご笑納ください」とは、何だか楽しくなるような言葉です。 そっと一言添えられていると嬉しい気持ちになることでしょう。 笑って受け取って下さいという気持ちが届きます。 誕生日や結婚・出産のお祝い品を送る際に活用したり、内祝いやお中元・お歳暮の品物を送る際にも活用できます。 立場が上の人には向きませんので、類語を活用しましょう。 活用に際しては、使う相手や状況に応じて「ご笑納ください」と類語を使い分けるようにしましょう。 感謝やお祝い、お礼の言葉が相手に伝わり喜ばれることでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の