厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 追加 給付 詐欺。 年金の額が間違えていたとのことで戻し先口座を書く書類が届きました。同封さ...

厚労省の不適切調査雇用保険追加給付をわかりやすく解説します!

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 追加 給付 詐欺

差出人は「厚生労働省職業安定局雇用保険課」となっている。 手紙の裏を見ると「同封の書類は、お客様の雇用保険に関する重要なものです」と赤字で記載されている。 「新手の詐欺か?」 記者は不審に思った。 会社員人生を15年近く続けているが、雇用保険を給付されたのは過去に一度だけだったと記憶していたからだ。 14年前、新卒で入社した会社を1年弱で退社し、ハローワークに通っていたころにお世話になった。 再就職後は無職の期間はなく、雇用保険を支払い続けてきた。 手紙を開封してみることにした。 すると、返信用の封筒など書類一式が出てきた。 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と書かれた書類を読んでみると、次のことが分かった。 毎月勤労統計調査をはじめとする厚労省が所管する統計について、2019年に不正が発覚した。 全数調査をしなければならないのに、一部抽出調査が行われていたのだ。 そのため、雇用保険や労災保険などで多くの受給者が支払い不足の状態に陥っていた。 厚労省は対象者に対して支払いをする準備を進めており、ハローワークで保有する氏名・生年月日などをもとに調査。 記者が追加給付の対象であることが分かったという。 用紙の「お客様の情報」という欄を見ると、記者の名前(片仮名)、生年月日、性別、受給時期が記載されていた。 受給時期は間違いがないことが確認できた。 支払いを受けるにはどうするのか。 同封されている「払渡希望金融機関指定(変更)届」に記入して厚労省に返信。 内容が確認された後、口座への支払い手続きが進められるという。 お金が振り込まれる金融機関の口座番号などを記載する必要があるということだ。 詐欺ではないかどうかを確認するため、厚労省に取材を行った。 全員への送付が完了するのがいつになるのか「現時点では分からない」(担当者)状況だ。 つまり、記者の手元にはたまたま20年1月に手紙が届いたが、今後も対象者に手紙が送り続けられる。 現在雇用保険を受給中の人への追加給付は終わっており、過去にさかのぼって対応が進められている。 毎月勤労統計調査の不備と雇用保険の追加給付にどんな関係があるのか。 担当者によると、給付額は同調査で明らかになった平均給与額を基に算出されている。 調査の不正で平均給与額が低く算出されていたため、多くの人に追加給付が必要になったという。 追加給付の総額は約300億円だ。 記者の場合、新卒で入社した会社を退職後、ハローワークに通って職探しをしていた。 自己都合退職だったため、すぐには雇用保険は給付されなかった。 その後、スムーズに次の職場が見つかったため、再就職手当が給付された。 再就職を早く決めたことへの「お祝い」と「ごほうび」の意味合いがあった。 厚労省の担当者によると、再就職手当の追加給付額の平均は約390円だという。 その他の追加給付額の平均は「特例一時金」(約500円)、「傷病手当」(約650円)、「高齢者雇用継続基本給付金」(約2万2660円)、「介護休業給付」(約360円)といったように幅がある。 詐欺に対する注意も必要だ。 厚労省は「本件に関して、厚生労働省、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署、全国健康保険協会又は日本年金機構から直接お電話することはありませんので、これらをかたる電話があった場合はご注意ください」と注意喚起している。 また、「雇用保険追加給付相談窓口」を設置したり、対象者に送られる手紙の中身を同省公式Webサイトで公開したりしているので、疑問があれば確認すべきだろう。 今回、記者には該当しなかったが、雇用保険の追加支払いの対象者かどうかを確認する「回答票(本人確認)」が送られるケースもある。 毎月勤労統計調査の不正は多くのムダな業務を生み出してしまっている。

次の

厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」という書類が届いたのが詐欺ではないかと疑った話。判別方法も考察してみた。

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 追加 給付 詐欺

詐欺じゃないの?と思い厚生労働省 職業安定局雇用保険課HPを確認 まず最初に思ったのが「これって詐欺じゃないの?」ということでした。 今になって5年前、新卒で入った会社を辞めて他の会社に復帰した時のお金が追加で払われるなんてそんなことあるの?と思ったからです。 厚生労働省 職業安定局雇用保険課のHPを見ると 平成31年1月11日報道関係者に向けて雇用保険、労災保険などの支払いが上手くいっていなかったから追加給付するよ!という内容が発表されていました。 実際ののスクリーンショット 本当ぽい・・・ 私のところに封筒が届いたのが2020年の5月23日・・・全国の人に順次書類を送っていると書いてあったのでこんなもんかと 送られてきた宛名と住所があらかじめ書かれていたこと、しかも給付を受けていた時の旧姓だったので信じていいのかもと思いました。 【封筒の中身】雇用保険、労災保険等の追加給付について 届いた封筒の中には• 払渡希望金融機関届• 払渡希望金融機関届 記入例• 雇用保険制度の各種給付の概要• 返信用封筒 が入っていました。 宛先が書いてある書類の内容(表) お客様番号と安定所番号が書かれていました。 かいつまんで書くと ハローワークの情報から調査したところあなたは、追加のお金を払う対象であることが分かりました 書類を送ってもらったあと精査するけど追加の支払いがあるかどうかは分からないよ という内容でした。 宛先が書いてある書類の内容(裏) お客様情報(氏名、生年月日、性別、受給期間) 支払いまでの流れと留意点のところで重要なことが書かれていました!!• 追加給付は一人当たりの平均では1,300円程度( 総額であり一日当たりではない)• 金額の精査の結果、追加の給付がないこともある• 追加給付が振り込まれるまで口座の情報変えないで 結構てきとうに流し読みをしていたので注意する点少しあるやんとなりました。 私はいまだに通帳カードなどの情報変えていないやつもあるので 今回のことで「コロナ落ち着いたらそろそろ変えないとなー」なんて思っていたので危ないところでした。 基本手当(平均1,375円)• 高年齢求職者給付金(平均424円)• 特例一時金(平均491円)• 教育訓練支援給付金(平均1,230円)• 傷病手当(平均1,375円)• 就業手当(平均235円)• 再就職手当(平均605円)• 就業促進定着手当(平均413円)• 常用就職支度手当(平均235円)• 高年齢雇用継続基本給付金(平均10,661円)• 高年齢再就職給付金(平均10,661円)• 育児休業給付(平均3,207円)• 介護休業給付(平均1,365円) 平成17年3月31日までの給付金• 早期就業支援金(平均80円)• 早期再就職支援金(平均234円) どれが自分に当てはまるか分かりませんが基本赤文字で書いたあたりかな?と思っています。 一人当たりの平均値が高くなっているのはなんでだろうと見ていったとき、高齢者系の給付金が額が異常に高い・・・ 平均というのに騙されちゃだめだなと思いました。 そんなに貰えなさそうだ でももらえるものは一応貰っておこうということで2払渡希望金融機関届 記入例を見ながら書いていこうと思います。 払渡希望金融機関届を書いていく 2払渡希望金融機関届 記入例を見ると意外に気を付けることがあるなと思いました。 私の場合、旧姓で書類が届いているため払渡希望金融機関届の氏名も旧姓のまま、銀行口座の氏名変更をしていないものがあったので しっかり注意事項を読みながら書いていきました。 一番上の太枠は書かない• 届出者の氏名(フリガナ)を書いていく 振込先の口座の名義と同じ氏名とフリガナにしていきます あらかじめ旧姓でフリガナが書いてあってので二重線を引き訂正印を捺しました。 住所を書いていく 現在の住所と違う場合、二重線を引き訂正印を捺し現在の住所を書く• 電話番号を書く• 切手は不要です 黄色くなっているのでそのままくっつくのかなと思いきやうまくいかなかったのでセロハンでとめました 封筒が届いていない人もいる(住所不明など) 住所不明など情報を追い切れていない人もいるみたいです。 厚生労働省のHPでは以下のように書いてありました。 住所データがない受給者の方(推計延べ1,000万人以上)及び転居等で住所が不明となった受給者の方が多数おられます。 こうした方々については、記者発表やホームページ等を通じて、追加給付の可能性がある給付の種類や受給時期等をお示しし、 国民の皆様にお申し出いただくようご協力を呼びかけ、 受給者の方からお申し出をいただき、 受給実績やご本人であることの確認、追加給付額の計算を行った上で、追加給付を行うという流れを想定しています。 引用元: 普通に考えて1,000万人以上の人を全部追うの難易度高過ぎ!!と思いました。 まとめ 厚生労働省 職業安定局雇用保険課から謎の黄色い封筒が届きました! 内容は「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願いと(口座確認)」でした。 内容は、給付金ミスしちゃったから追加で払うね!というもので一人当たり平均して1,300円程度の追加給付があるかもしれません。 でもこの額は、総額であり一日当たりではないので注意です。 どんな感じのものが詐欺のやつか分からないので何とも言えませんが 今回きた書類は、暗証番号とか書かされるようなことはないし至って普通の内容だったので大丈夫だと思います。 余談ですが この追加給付ってあべさんがマスク配って怒られていますがそれと同様かなと・・・ この封筒を送るお金、調べる人、手続きする人の人件費など考えたら私たち対象者に払う額以上のお金がきっとかかるんだろうなと 追加のお仕事が増えるのはかわいそうだしあまり得をする人がいないなと感じました。 特別定額給付金の書類の書き方についても記事書いています。 自治体によってフォーマットは少し違うみたいですが・・・よかったら.

次の

14年前にもらった雇用保険のお知らせがなぜ今? 厚労省から送られてきた手紙の正体 (2/2)

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 追加 給付 詐欺

会社員人生を15年近く続けているが、雇用保険を給付されたのは過去に一度だけだったと記憶していたからだ。 14年前、新卒で入社した会社を1年弱で退社し、ハローワークに通っていたころにお世話になった。 再就職後は無職の期間はなく、雇用保険を支払い続けてきた。 手紙を開封してみることにした。 すると、返信用の封筒など書類一式が出てきた。 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と書かれた書類を読んでみると、次のことが分かった。 毎月勤労統計調査をはじめとする厚労省が所管する統計について、2019年に不正が発覚した。 全数調査をしなければならないのに、一部抽出調査が行われていたのだ。 そのため、雇用保険や労災保険などで多くの受給者が支払い不足の状態に陥っていた。 厚労省は対象者に対して支払いをする準備を進めており、ハローワークで保有する氏名・生年月日などをもとに調査。 記者が追加給付の対象であることが分かったという。 関連記事• セブンが実証実験を継続的に行う拠点がある。 実際に行ってみると「たばこは無言で買う時代」というコピーがあった。 どんな意味があるのか? 実際にたばこを買ってみた。 転職市場が活性化しており、何度か退職を経験した人も多いだろう。 退職時にこそ猛烈に仕事に取り組むべきだと筆者は主張する。 どういうことかというと……。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。 店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。 ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。 マンション内に「モンスター住民」が増えつつあるようだ。 実態はどうなっているのか。

次の