消毒 用 エタノール スプレー 容器。 100均のスプレーは「アルコール消毒液」の容器に使える?入れ物がないときの代用品!

【ウイルス】消毒用エタノールで除菌スプレーを手作り

消毒 用 エタノール スプレー 容器

消毒用エタノールは「アルコール消毒液」 消毒用エタノールは、一般的に「 エチルアルコール」と呼ばれるアルコールの一種。 殺菌消毒用として作られていて、「皮膚や器具などの消毒」をすることができます。 主に医療機関などで使われている商品です。 パッケージには、「創傷面の殺菌・消毒」と書かれてあります。 消毒用エタノール・値段はいくら?どこで買える? 消毒用エタノールの値段は、1000円(500ml)程度。 ドラッグストアや薬局で買うことができます。 消毒用エタノールの使い方は?液は薄めずにそのままつけるの? 「薄めるのか?そのままつけるのか?」 濃いアルコール液なので心配になるかと思います。 消毒用エタノールはそのまま使える! この消毒用エタノールは、「 原液のまま」でOKです。 上でも述べましたが、「すでに手指や器具の消毒用に希釈されている商品」。 そのまま手に付けることができます。 もし「無水エタノール」を消毒液として使いたい時は、濃度を薄める必要があります。 スプレー容器は「アルコール液OK」の物を使う ボトルで買った場合、スプレー容器に入れると使いやすくなります。 その場合は、エタノール・ アルコールOKの容器に入れるようにしましょう。 私は、空っぽになった容器を「再利用」しています。 エタノール・アルコール不可の容器もあるので、確認のうえ詰め替えてくださいね。 誤用の原因になったり品質が変わることがある」と注意書きがあります。 お知りおきください。 もともと「 ノズルがついた商品」もあるようです。 成分の違い• 酒税の有る無し 消毒用エタノールとIPの主な違いは、含まれる成分が若干違ったり、酒税がかかるか否かにあるようです。 IPには添加物としてイソプロパノールが含まれており、イソプロパノールは酒税がかからないため、その分「安く提供できる」とのこと。 <参考:> 消毒用エタノールとIP「どっちを買えばいいの?」 では、どちらを買えばいいのでしょうか? 値段の高い「消毒用エタノール」の方が、効き目がありそうな気がしますが・・・。 販売元のサイト()には、「 両者の殺菌効果は同じ」と書いてありました。 なので、店頭にどちらもある場合は、「 IPがお得」かなと思います。 私は、買う時に悩んで「取り合えず高い方(消毒用エタノール)」を選びました。 次は「 消毒用エタノールIP」を買う予定です。 効果が同じなら、100円でも安い方がいい。 その分、家計も助かりますからね。 (添加物の「イソプロパノール」が気になる方は、「消毒用エタノール」をお選びください。 ) 消毒用エタノール(IP含)「使用上の注意」 消毒用エタノールは、手軽に買えて使い方も簡単ですが「高濃度のアルコール」。 取り扱いには注意が必要です。 【主な注意事項】• 引火しやすい。 火のそばで使わない。 目や口など 粘膜につけない。 密栓し、直射日光の当たらない涼しい場所に保管するetc. 万が一、口や目など粘膜に触れたときは「 大量の水」で洗い流すこと。 飲み込んだ場合は、「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 特に、小さなお子様がいる場合は「 誤飲しないよう」置き場所に配慮してください。 その他にも注意すべき点はあります。 「パッケージの注意事項」を必ずお目通しの上、ご使用になってください。

次の

100均のスプレーは「アルコール消毒液」の容器に使える?入れ物がないときの代用品!

消毒 用 エタノール スプレー 容器

エタノール容器にPPは?使える素材と使えない素材は? ポリエチレン(PE)はエタノールを入れることが可能ですが、市販のエタノールの容器を確認すると、市販のエタノールは容器が高密度ポリエチレン(PE)、蓋がポリプロピレン(PP)というパターンが一般的です。 また、エタノールだけでなく様々な薬品類や洗剤等の容器も同じ材質のことが多いです。 (醤油や日本酒などの食品に使われる容器の材質はポリプロピレンやPET容器もあります。 ) ところで容器選びをする場合に欠かせないのがプラスチックの基礎知識です。 プラスチックにはPPやPEの他に10種類以上あるのですが、主に容器の材質として使われるものは次の5種類があるので一度確認しておきましょう。 4 ポリエチレンテレフタレート(PET) 5 ポリスチレン(PS) このうち、エタノールを入れることが出来るのは、 1 ポリエチレン(PE) 2 ポリプロピレン(PP) 3 ポリ塩化ビニル(PVC、ただし硬質のみ) 4 ポリエチレンテレフタレート(PET、ただし「アルコール対応可」のみ使うのが無難) です。 我が家で購入したエタノール(上記写真)の容器も、次の写真の通り、PEとPPが使われていました。 3 のPVCは硬質と軟質があり、軟質は使えません。 4 の PETについては基本的にアルコール類には使えるとされていますが、PET容器によっては「アルコール不可」と書かれている ものもあるため、購入前に必ず商品の「使用上の注意」を確認してください(2020年3月訂正)。 PETについてはプラスチック業界の一般的な性能表ではアルコール対応可となっていますが、ワインや焼酎用のペットボトルは容器内部をコーティングすることで長期間品質を保つことができています。 ですので、PET容器といっても使おうとしている容器に内部コーティングがされているか、どの程度なのかは分からないので、一般ユーザーとしては製造メーカーの注意書き「アルコール対応可」か「不可か」を頼るしか方法がありません(2020年3月修正)。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 また、その他エタノールが使えないプラスチック素材としては次のような種類があります。 スポンサーリンク エタノールの容器に100均のスプレーは使えるの? 100均のスプレー容器はエタノール不可の商品がほとんどで、「アルコールを多量に含むものには使用できません」という注意書きがあります。 ですので100均で探すのは難しいと思っていましたが、最近はエタノールOKのスプレー容器も出てきています。 全ての100均にあるかは不明ですが、先日ダイソーに行ったらアルコールが入れられるボトルが販売されていました。 お店によって品揃えは異なるのでどこのダイソーでも大丈夫か分かりませんが、可能性はあるので安く入手したい場合は、先ずはダイソーで探してみてくださいね。 ただし、100円ショップのスプレー容器の多くの材質は、 本体がPET、スプレー部分がPPやPE、蓋がPPという物が多いです。 以前私が実際に購入したのは無印良品でしたが、こちらも同様の材質でした。 注意書きがあるにも関わらず暫くの間入れてしまった場合、スプレー容器そのものには問題がなさそうに見えても、中に入れたエタノールの品質に問題が生じる可能性があります。 今回、どうなるか試したかったので入れて使っているのですが、2週間経過した時点では、見た目ではまだ何も変化がありません。 (PETの強度にも関係しているかもしれませんが、穴が開いたりヒビが入ったり、中身が変性する可能性もあるので真似するのは止めてくださいね。 また、直射日光が当たる場所や夏で気温が高い場合などは特に注意が必要でしょう。 アルコールは遮光性のある容器の方が良いという話ですが、同じアルコールであるメタノールは確かに光で変性するのですが、エタノールは光で変性するという記載がなく、変性することはなさそうなので、透明容器に入れても問題ないのかもしれません。 ) スポンサーリンク エタノールを確実に入れられるスプレーボトルは? 100円ショップ等でエタノールOKの容器が見つからない場合は次の方法がおすすめです。 最初に100mlの消毒用エタノールでスプレー容器入りの商品を買い、それが使い終わった時点で詰め替えて使う方法。 ちなみに、ネット通販だと送料が高く感じて勿体ない気がしたので、地元のドラッグストアに同じ商品があればそこで買う方が安上がりですよね。 でも、私の住んでいる街や周辺のドラッグストアを探したところ、残念なことにスプレー容器タイプは1軒もありませんでした。 エタノールを購入する人は多くないのでスプレー容器タイプというのは置きづらいのかもしれません。 また、エタノールのスプレー式が見当たらなければ、 アルコール除菌スプレー等を購入して使い終わった後に入れ替えるという方法もあります。 リンク先の説明を見れば分かりますが、エタノールも対応しているという記載があります。 ただ、これは500mlか1000mlサイズしかありません。 小さいサイズは次の商品がPEで30mlとなっています。 ガラス製を探すなら、次のような香水アトマイザーがあります。 さいごに プラスチック容器は様々な種類がありますが、その種類によってはエタノールを入れると容器が劣化してしまい、短期間でヒビ割れしたり溶け出すケースがあります。 スプレー容器を購入する場合はよく注意書きを読んで選びましょう。 一科学者さま コメントありがとうございます。 お返事するのが遅くなって申し訳ございません。 専門家からの詳しいご指摘をいただき感謝しております。 記事の方は訂正させていただいておりますのでご確認ください。 また、Amazonの商品中で低評価が気になったお店については、実際に商品を購入させていただいております。 手元に届いたら、実際に使ってみてフィードバックを入れさせていただこうと考えてます。 (実際、Amazonの販売画像で「アルコール対応可」いう使用上の注意がないと心配、という気もするので。 ) あと、お店にも直接コンタクト取れればお話しさせていただくつもりです。 こちらのコメントで、一科学者さまへのお返事全てを書こうと考えていたのですが、あまりにも長文になってしまうため、として今回書かせていただきました。 お手隙の際にお読みくだされば幸いです。 (会社の記事なので、いいかげんな情報は書かないと思うのですが。 ) また、キリングループでDLCコーティングを開発した経緯として、飲料をペットボトルに入れると酸化などの影響で品質が低下するのを防ぐ目的、というのが書かれています。 そうなると、コーティングをしていないPET単体での性能というのは、どのくらい使用に耐えうるのかというのが疑問なのです。 (そもそも、メルシャンがワインをペットボトルに入れて販売開始したのも2010年のことですし。 それ以前は、ペットボトルにワイン等のアルコールを入れると問題あったから入れなかったのだろう、と想像しております。 ) ************************************ もし「PETの無延伸フィルムと成形したものの性能がどのくらい違うのか」について詳しい資料がありましたら是非お教えいただけると助かります。 また、プラスチック性能表を作るにあたっての耐性テストというのは「何年程度耐性がある」ということなのかも気になっております。 エタノールの場合、使用期限が2年程度となっているので、PET容器に移し替えた場合で使用期限まで2年間入れっぱなしでいる可能性もあり、PET単体でも2年間エタノールへの耐性があるのか心配なんですよね。 ************************************ 記事中でも書いたのですが、私自身は特に化学について学んでいる訳ではないので詳しくありません。 4年前には貧乏なので「安くて携帯用に使えるスプレー容器にエタノールを入れたいのに容器が見つからない!」と100均を中心にあちこち探し回ったので、「私と同じように困っている人がいるかもしれない」と思いこの記事を書いた、という経緯があります。 ですので、まさかPET容器で「アルコール対応可」がこんなに沢山出ているとは・・・と、コメントをいただきビックリした次第です。 (常にユーザー側思考であって、お店側の立場というのは想像しておりませんでした。 ) かなり長文なので、もの凄くくどくなってしまい、読んでいただく方々には申し訳なく存じますが(今回のお返事も非常に長くて申し訳ございません)、 お店の方々は「良い商品を沢山売りたい」意識なのに対して、 使う側は台所洗剤等の「混ぜるな危険」のようなことをやってしまっては危険だから、PETにエタノールを入れて大丈夫なのか?という心配をする人は多いと思います。 (ド素人ってこういう人多いのではないでしょうか。 ) 今はコロナウイルスの影響でマスクも不足になり、普通だったら不織布の使い捨てマスクを洗って使う、なんて数年前は考えられないことでしたし。 その当時、使い捨てマスクを洗う、という情報を発信したら総クレームの嵐ですよね、きっと。 ちょっと脱線しましたが、一方的な考えしかできていなかったこと、ご迷惑をお掛けしたことについて大変申し訳なく存じており、お詫び申し上げます。 大変長文になり失礼いたしました。

次の

消毒用のエタノール(アルコール)スプレーを入れる容器の素材は何がいい!?100均で探してみた。

消毒 用 エタノール スプレー 容器

消毒用エタノールは「アルコール消毒液」 消毒用エタノールは、一般的に「 エチルアルコール」と呼ばれるアルコールの一種。 殺菌消毒用として作られていて、「皮膚や器具などの消毒」をすることができます。 主に医療機関などで使われている商品です。 パッケージには、「創傷面の殺菌・消毒」と書かれてあります。 消毒用エタノール・値段はいくら?どこで買える? 消毒用エタノールの値段は、1000円(500ml)程度。 ドラッグストアや薬局で買うことができます。 消毒用エタノールの使い方は?液は薄めずにそのままつけるの? 「薄めるのか?そのままつけるのか?」 濃いアルコール液なので心配になるかと思います。 消毒用エタノールはそのまま使える! この消毒用エタノールは、「 原液のまま」でOKです。 上でも述べましたが、「すでに手指や器具の消毒用に希釈されている商品」。 そのまま手に付けることができます。 もし「無水エタノール」を消毒液として使いたい時は、濃度を薄める必要があります。 スプレー容器は「アルコール液OK」の物を使う ボトルで買った場合、スプレー容器に入れると使いやすくなります。 その場合は、エタノール・ アルコールOKの容器に入れるようにしましょう。 私は、空っぽになった容器を「再利用」しています。 エタノール・アルコール不可の容器もあるので、確認のうえ詰め替えてくださいね。 誤用の原因になったり品質が変わることがある」と注意書きがあります。 お知りおきください。 もともと「 ノズルがついた商品」もあるようです。 成分の違い• 酒税の有る無し 消毒用エタノールとIPの主な違いは、含まれる成分が若干違ったり、酒税がかかるか否かにあるようです。 IPには添加物としてイソプロパノールが含まれており、イソプロパノールは酒税がかからないため、その分「安く提供できる」とのこと。 <参考:> 消毒用エタノールとIP「どっちを買えばいいの?」 では、どちらを買えばいいのでしょうか? 値段の高い「消毒用エタノール」の方が、効き目がありそうな気がしますが・・・。 販売元のサイト()には、「 両者の殺菌効果は同じ」と書いてありました。 なので、店頭にどちらもある場合は、「 IPがお得」かなと思います。 私は、買う時に悩んで「取り合えず高い方(消毒用エタノール)」を選びました。 次は「 消毒用エタノールIP」を買う予定です。 効果が同じなら、100円でも安い方がいい。 その分、家計も助かりますからね。 (添加物の「イソプロパノール」が気になる方は、「消毒用エタノール」をお選びください。 ) 消毒用エタノール(IP含)「使用上の注意」 消毒用エタノールは、手軽に買えて使い方も簡単ですが「高濃度のアルコール」。 取り扱いには注意が必要です。 【主な注意事項】• 引火しやすい。 火のそばで使わない。 目や口など 粘膜につけない。 密栓し、直射日光の当たらない涼しい場所に保管するetc. 万が一、口や目など粘膜に触れたときは「 大量の水」で洗い流すこと。 飲み込んだ場合は、「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 特に、小さなお子様がいる場合は「 誤飲しないよう」置き場所に配慮してください。 その他にも注意すべき点はあります。 「パッケージの注意事項」を必ずお目通しの上、ご使用になってください。

次の