大江山の歌 技法。 【百人一首 2番】春過ぎて…歌の現代語訳と解説!持統天皇はどんな人物なのか|百人一首解説サイト

百人一首『大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立』現代語訳と解説(掛詞/品詞分解など) / 古文 by 走るメロス

大江山の歌 技法

【現代語訳】 もう春が過ぎて、夏が来たらしい。 衣を干すという天の香具山に、美しく白い着物が干されているなぁ。 【解説】 天から降りてきたとされる伝説の山、天の香具山に、初夏になると衣替えのためか 真っ白な着物が点々と干されている情景を詠んだとされています。 初夏の緑と衣の白が相まって さわやかさと美しさを感じられますね! のちの女帝となる作者の持統天皇が季節の移り変わり(時の流れ)と風景のコントラスト、そして伝説の香具山に想いを馳せていたのが目に浮かびます。 持統天皇とは、どんな人物?? 第41代天皇。 父親は天智天皇、夫は天武天皇。 壬申の乱に勝利した天武天皇を支え、天武天皇崩御後は、政治の実権を握ります! その後、女帝となり日本最古の都、藤原京を築いたのでした。 まとめ! 上の句 春過ぎて夏来にけらし白妙の 下の句 衣ほすてふ天の香具山 歌人 持統天皇(645~702年) 決まり字 はるす 決まり字数 3 収載和歌集 新古今和歌集 【文法解説】 来けらし 来てしまったらしい。 推定の「らし」。 ほすてふ 干すという。 「という」の短縮形「てふ」。 読みは「ほすちょう」。 天の香具山 大和三山の1つで、現在の奈良県橿原市にある。 天上から降りてきたという伝説を持つ。

次の

十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

大江山の歌 技法

歌番号:051 作 者:藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん) 原 文: かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを 読み方:かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ さしもしらじな もゆるおもひを 決まり字:2字 <品詞分類> かく(副)と(格助)だに(副助) え(副)やは(係助)いぶき(固名)の(格助) さしも草(名) さ(副)し(副助)も(係助)知ら(動・ラ四・未然)じ(助動・打消推量・終止)な(終助) 燃ゆる(動・ヤ下二・連体)思ひ(名)を(終助) <現代語訳> このように私があなたのことを思っていることだけでもあなたに言いたいのですが、言えずにいるのです。 伊吹山のさしも草ではないが、火のように燃え上がる私の思いを、あなたは知らないのでしょうね。 <語句語法> かくとだに:「かく」は「このように」という意味。 「だに」は「せめて…だけでも」という意味 えやはいぶきの:「え」は否定・反語の表現で「やは」と合わさり不可能の意味を表す。 「言う」に「伊吹」の「いふ」を掛けている掛詞。 伊吹:滋賀県にある伊吹山。 積雪量世界一の記録を持っている。 さしも草:「ヨモギ」のこと。 当時は夜明けとともに立ち去らなければならない風習だった。 知りながら:「ながら」は逆説の接続助詞。 理屈ではわかっているけれども…という気持ち あさぼらけ:夜が明けてきて、明るくなってくる頃。 歌番号:053 作 者:右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは) 原 文: 嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る 読み方:なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは いかにひさしき ものとかはしる <品詞分類> 嘆き(動・カ四・連用)つつ(接助) ひとり(名)寝る(動・ナ下二・連体)夜(名)の(格助) 明くる(動・カ下二・連体)間(名)は(係助) いかに(副)久しき(形・シク・連体) もの(名)と(格助)かは(係助)知る(動・ラ四・連体) <現代語訳> 嘆き嘆きして、一人で寝る夜の明けるまでのを過ごす私の時間がどれだけ長いものであるか、あなたはご存知でしょうか?ごぞんじないでしょうね。 <語句語法> 嘆きつつ:『つつ』は反復・継続の接続助詞。 「…しながら」と訳してはいけない。 <語句語法> かたければ:「難ければ」と書く。 難しい、予想できないという意味 今日を限りの命:今日を最後として命尽きるという意味。 もがな:願望を表す終助詞 歌番号:055 作 者:大納言公任(だいなごんきんとう) 原 文: 滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ 読み方:たきのおとは たえてひさしく なりぬれど なこそながれて なほきこえけれ 決まり字:2字 <品詞分類> 滝(名)の(格助)音(名)は(係助) 絶え(動・ヤ下二・連用)て(接助)久しく(形・シク・連用) なり(動・ラ四・連用)ぬれ(助動・完了・已然)ど(接助) 名(名)こそ(係助)流れ(動・ラ下二・連用)て(接助) なほ(副)聞こえ(動・ヤ下二・連用)けれ(副助・詠嘆・已然) <現代語訳> 滝の水が枯れて水音は聞こえなくなってから長い年月が経ってしまったけれども、その名声だけは流れ伝わっており、今でもやはり聞こえてくることだ。 <語句語法> 久しくなりぬれど:「ぬれ」が完了の助動詞「ぬ」の已然形となっている。 滝が枯れてしまってから長い時間が経っていることを表している。 名こそ流れて:「名」は評判や名声のこと。 「こそ」は強調の係助詞。 後世、この滝は「名古曾の滝」と呼ばれるようになる。 あの世への思い出として、死ぬ前にもう一度あなたにお逢いしたいと思うのです。 <語句語法> あらざらむ:「あり」は存在するという意味。 ここでは「自分の存在が無くなるであろうという」ことから、「まもなく死んでしまうだろう」という意味になる。 この世のほかの:「この世」は現世。 「この世のほか」は現世以外、つまり死後の世界となる。 今ひとたび:かなり切実な表現。 「せめてもの願いです、もう一度…」くらいの意味になる 歌番号:057 作 者:紫式部(むらさきしきぶ) 原 文: めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな 読み方:めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかな 決まり字:1字 <品詞分類> めぐりあひ(動・ハ四・連用)て(接助) 見(動・マ上一・連用)し(助動・過去・連体)や(係助)それ(代)と(格助)も(係助) わか(動・カ四・未然)ぬ(助動・打消・連体)間(名)に(格助) 雲がくれ(動・ラ下二・連用)に(助動・完了・連用)し(助動・過去・連体) 夜半(名)の(格助)月(名)かな(終助) <現代語訳> 久しぶりにめぐりあったのに、それがあなたかどうかも見分けがつかないうちに、雲の間に隠れてしまった夜半の月のように、あなたは姿を隠してしまったのですよ。 そう、それですよ。 忘れたのはあなたのほう、私がどうしてあなたのことを忘れるでしょうか? <語句語法> 有馬山:兵庫県神戸市北部あたりの地名。 猪名:有馬山のふもとを流れる猪名川。 「有馬山」と「猪名」は一緒に読み込まれることが多かった いで:勧誘・決意などを表す副詞。 「そう!」「さぁ!」などの意味になる そよ:笹原の笹が「そよいで立てる音」と「それ(指示代名詞)」を掛けている 人を忘れやはする:「人」は相手の男性。 この歌はそもそも男性側が「あなたが心変わりしたのではないかと不安だ」と言ってきたことに対する、反発の気持ちを表したものである。 あなたが来ると信じて待っているうちに夜がふけて、西に傾くまでの月を眺めてしまいました。 <語句語法> やすらはで:「やすらふ」で「ためらわない」という意味。 これに打消の接続助詞「で」が付いている 寝なましものを:「まし」は反実仮想の助動詞。 「ものを」は逆説。 ここでは、男は行くと約束していたのに来なかった。 「来ないとわかっていたら寝ていたのに」となる かたぶくまでの月:月が傾くこと。 時間の経過より月が沈む、つまり夜明けが近づいたことを示す 歌番号:060 作 者:小式部内侍(こしきぶのないし) 原 文: 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 読み方:おほえやま いくののみちの とほければ まだふみもみず あまのはしだて 決まり字:3字 <品詞分類> 大江山(固名) いく野(固名)の(格助)道(名)の(格助) 遠けれ(形・ク・已然)ば(接助) まだ(副)ふみ(動・マ四・連用)も(係助)み(動・マ上一・未然)ず(助動・打消・終止) 天の橋立(固名) <背景> 和泉式部の娘である作者が、歌合にでることになり、「和泉式部に代筆してもらわなくてもいいのか?お願いした?お手紙は帰ってきた?」とからかわれたことがあった。 作者は、『天の橋立は遠いし行ったことがない(踏み入る)し、母からの手紙(文)もみていませんよ』とからかった者の前で即興で詠んで、自分の才能を証して見せた。 なお、からかってきたものは『藤原定頼』(歌番号64番の作者)である。 <現代語訳> 大江山を越え、生野を通って行く遠い道のりなので、まだ天橋立の地を踏んだことはありません。 あなたからの手紙もまだみていません。 <語句語法> 大江山:京都府京都市西部にある山の名前 いく野の道:「生野」と「行く」を掛けている。 「生野」は京都府福知山市の地名。 まだふみもみず:「ふみ」は「踏み」と「文(ふみ:てがみ)」を掛けている。 また、「踏み」は「橋」の縁語である 天の橋立:京都府宮津市にある日本三景の一つ。 作者の母である「和泉式部」が当時住んでいた。

次の

小式部内侍が大江山の歌の事・ 現代語訳・品詞分解・読み方

大江山の歌 技法

このライフレシピのもくじ 【】• 和歌における「句切り」とは、どんなことを指しているのでしょう。 ここでは、意味の分かりやすい和歌、短歌を例にあげて、「句切り」を簡単に説明したいと思います。 和歌・短歌の形式について 百人一首などに代表される、「五・七・五・七・七」という決まった音数で作られた、日本古来の詩のことを「和歌」と呼びます。 明治時代になって、その定型詩をさす言葉は「和歌」から「短歌」へと変わっていますが、「五・七・五・七・七」などの約束事は同じです。 「句切れ」とは 上の説明にある通り、和歌・短歌は、「五・七・五・七・七」の言葉の音数で成り立っています。 それを、左から 「初句(五)」「二句(七)」「三句(五)」「四句(七)」「結句(七)」 と呼びます。 ( )の数字は音数です。 では、「句切れ」について説明をします。 白鳥は/哀しからずや/空の青/海のあをにも/そまずただようふ(若山牧水) 歌の意味は、「白鳥は哀しくないのだろうか。 空の青色にも、海の青色にも、染まらないで漂っているが。 」という感じです。 さて、歌の意味を参考にして、この一首のどこかに「。 」(読点)を入れるとしたら、どこに入るでしょうか。 下のようになります。 白鳥は/哀しからずや「。 」/空の青/海のあをにも/そまずただようふ(若山牧水) 「哀しくないのだろうか」と、一首の中で文章の意味がいったん切れる、 二句目の終わりに「。 」を入れます。 ということは、この歌は「二句切れ」ということになります。 「句切れ」とは、一首の中での「意味の切れ目」をさします。 名歌の例 「句切れ」が分かったところで、上記で説明をした「二句切れ」以外の、各「句切れ」に対して、一首ずつをご紹介します。 今回は、句切れとなる箇所で、歌を「改行」しました。 訳も同じようにしてあります。 これで「句切れ」が、はっきりするのではないでしょうか。 「初句切れ」の歌 その子二十/ 櫛にながるる/黒髪の/おごりの春の/うつくしきかな (与謝野晶子) 「その女性は二十歳(はたち)だ。 クシに流れていくような黒髪の誇らしげに見える青春とは、なんて美しいのだろう。 」 「三句切れ」の歌 長らへば/またこのごろや/しのばれむ/ 憂しと見し世ぞ/今は恋しき (藤原清輔朝臣) 「長く生きていれば、今現在もそのうち懐かしいと思うのだろう。 嫌だなあと思って過ごした時代が、今は恋しいのだから。 」 「四句切れ」の歌 はたらけど/はたらけど猶/わが生活/楽にならざり/ ぢっと手を見る (石川啄木) 「働いても、働いても、私の暮らしは楽にならない。 じっと手を見る。 」 「句切れなし」の歌 ゆく秋の/大和の国の/薬師寺の/塔の上なる/ひとひらの雲 (佐佐木信綱) 「秋の終わりの薬師寺の塔の上に、ひとひらの雲が浮かんでいるなあ。 」 句切れを見つけるには 現代に作られた短歌ならば、歌の意味もわかりやすいので、どこで切れているか分かりやすいと思います。 問題は、和歌の場合です。 これは歌の意味を知っていなければ、どこで切れるかわかりません。 それには、古語や文法や用法の知識が必要になってくるので、そちらも並行して勉強するのがよいと思います。 「句切れ」は、リズム感を生む 「句切れ」を使うと、リズム感が生まれます。 特に、「初句切れ」は、最初の言葉を強調したいときに、効果的です。 例えば「きみは海」、「花は四月」などを、最初に持ってきて、いったん意味を切ってみます。 すると、この「初句」がとても強調され、若々しい印象になるのではないでしょうか。 初句の後に「!」をつけたような印象になるのが、初句切れです。 きみは海「!」ゆったりとして/きらきらと/光っているけど/ときどき荒れる この歌を、同じ内容で、「句切れなし」にも変えることができます。 すると内容が同じでも、リズムと印象が変わることに気づくでしょう。 きらきらと/光っているけど/ときどきは/荒れてあなたは/海のようです 避けたい「句切れ」の使い方 一首に、いくつも「句切れ」がある 一首のうちに、2つ以上句切れがあると、ブチブチと歌が刻まれてしまい、リズム感もむしろ悪くなることが多いです。 もちろん、あえてそれを活かすという使い方もできますが、とても高度な技術が要るかと思います。

次の