東京 給料 ファクタリング。 ファクタリング東京の手数料やスピードってどう?口コミ評判情報|ファクタリング研究所

東京給料ファクタリングの給料ファクタリング

東京 給料 ファクタリング

手数料 公式アナウンスなし ファクタリングの種類 二社間取引 入金のスピード 最短30分 利用者の条件 勤めていれば可。 雇用形態は不問 必要書類 ・顔写真付きの身分証明書(免許証・マイナンバーカードなど) ・給料明細または給料の振り込みが確認できる通帳のページ(直近二か月分) 対応エリア 全国 定休日 土日祝日 営業時間 平日9:00~20:00 手数料については公式の記載はないものの、自社のウリを説明する中で「 最大限まで引き下げ」「 ぜひ他社と比べてみてください」と記載があるので、かなり自信をもっていることがうかがえます。 ケースにもよりますが、概ね他社と比較してもそん色のない、 最低でも相場の範囲の負担で済むでしょう。 必要書類については、同業他社のほとんどが用意を求める保険証が不要な点も嬉しいところです。 身分証明書と 給与明細等だけで良いので準備の手間も減りますね。 もし顔写真付きの身分証明書を所持していない場合も、申し込み時に相談することができるので諦めずに担当者に相談しましょう。 ] 運営会社 株式会社PLATINUM 代表者 宮腰秀継 所在地 〒136-0076 東京都江東区南砂3-2-5 電話番号 0120-075-666 メールアドレス info tokyo-pay. com 業界の現状として個人なのか法人なのか素性の分からない業者も多い中、東京給料ファクタリングは 法人形態で運営していますから、 大きな安心感を持つことができます。 責任元企業としての情報開示レベルも問題なく、電話番号は嬉しい フリーダイヤルが用意されています。 概ね1分40円程度かかる携帯電話の通話料でも、お金に困っている状況では電話代にかなり敏感になりますから、通話料無料で相談ができるのは嬉しいですね。 個人情報保護にも力を入れている企業ですので、情報漏洩の心配もいりません。 チャットボットのメリットは、 とにかく「カンタンで楽」です。 記入項目が一つずつ現れるため、 視覚的にも感覚的に分かりやすくストレスが少なくなります。 通常の申込みフォームでは、記入項目がズラッと画面いっぱいに表示されるため記入すべき項目を探すことも大変です。 一方、チャットボットなら記入する項目が順番に現れるため迷うこともありません。 当サイトで確認出来ているチャットボットを採用している業者は、法人・個人向けファクタリング会社を合わせても「」と「大吉」の二社のみ。 もし利用者をないがしろにするような対応を受けた人がいればすぐにネット上で報告されますから、現状で そのような情報がないことは プラスとしてとらえることができます。 これから利用した人の情報が色々上がってくると思いますので、楽しみに待ってみましょう。 運営元の顔となる公式HPを見ても、 利用者目線で必要な説明が分かりやすくなされており、他の業者と比較しても 好印象です。 責任元企業としての情報開示レベルも問題なく、必要な情報は開示されているので 安心です。 フリーダイヤルの電話番号については、利用者が無料で相談できるメリットがあるだけでなく、もし何か事件に発展するような事態になれば、フリーダイヤルの契約先として司法機関が追跡可能ですから、飛ばしケータイも可能な090番号など携帯端末だけで活動する業者と比べると 責任感が格段に高くなります。 個人情報の保護と秘密の厳守に力を入れている印象が強いのも 好印象です。 給料ファクタリングの利用にはどうしても名前や住所、勤め先などの個人情報の開示が必要ですが、一度開示してしまうと糸の切れたタコと同じで、自分でコントロールすることはできません。 伝えた相手次第ということになってしまうので、相手方の信用レベルが低いと相当のリスクを負うことになってしまいます。 東京給料ファクタリングはその点特に 情報の保護に力を入れていますので安心できます。 初回のコンタクト手段としては 電話と 直メール、 公式HPのフォームがあります。 問い合わせや相談の時点では、 無料通話ができるフリーダイヤルを利用するのがお勧めです。 そのまま電話で申し込みをすることもできますが、色々検討してフォームから申し込むこともできますので任意の方法を選択してください。 初回コンタクトの際に必要な資料を教えてもらえるので、スマホや携帯電話で資料の画像をとり、メールに添付する形で 送付します。 資料が到着後、事務局で 審査がなされ、問題なければ 契約、入金という流れになります。 当日中の入金を望む場合は、免許証などの身分証明書と給料明細などの必要資料をあらかじめ用意し、画像もとった状態で午前中に申し込むと良いでしょう。 手数料の清算は、二者間取引ですので 利用者が自分で手配する必要があります。 お給料はいつも通り自分の口座に振り込まれますので、給料を受け取り次第速やかに業者側の指定口座に振り込みます。 具体的な精算方法は契約時に指示があるので従うようにしてください。 必要書類が同業他社よりも少なく、手数料についてもライバルを意識して低負担で利用できそうですので、 実益面でも利点があります。 運営元も法人であり、情報開示もしっかり行っているので 安心感が強いです。 個人情報の保護レベルも他社と比べて力を入れていますので、 安全性はかなり高いと評価できます。 比較的新しく参入した事業者のためか、まだネット上で 口コミなどの報告が確認できませんが、利用者目線で無料のフリーダイヤルも用意されているので、今後相談者・利用者が増えるにしたがって色々な情報が上がってくると思われます。 給料ファクタリング初心者の方でも電話代を気にせず相談できますから、急に現金が必要になったら一度相談してみてはいかがでしょうか。

次の

「給料ファクタリング」で集団提訴 契約無効求める 東京地裁 :日本経済新聞

東京 給料 ファクタリング

当コンテンツは「ファクタリング研究所」が独自に取材・調査したものです。 当コンテンツ内の情報を無断で転載・転記したものは発見次第、損害請求をさせていただきます。 ファクタリング研究所管理人 タナカ ファクタリング研究所のページをご覧いただきありがとうございます。 このページを訪れてくださったあなたは、きっと資金調達でファクタリング東京の名を知り、信頼できる会社なのか?手数料っていくらくらいなのか?という疑問を持たれていることでしょう。 そこで、このページでは 「ファクタリング東京 」の 「手数料」「スピード」「信頼性」について独自調査した内容を徹底解説しています。 ファクタリング東京は、「株式会社ライズジャパン」が運営するファクタリング会社で、幅広い業種の債権を買取対象としているのが特徴です。 中小企業向けの資金調達で活用できるファクタリング会社です。 参考| もくじ• ファクタリング東京|独自調査結果 ファクタリング東京 30万円〜利用可能!少額の資金調達なら「ファクタリング東京」メインのファクタリング事業の他にも、建築資材の買取や、運送業のトラックの買取などでキャッシュフローの改善も行なっている会社。 あなたの会社の資金不足を総合的に改善したい場合は、ファクタリング東京はとても良いサービスです。 管理人から担当者へ 『小売業や卸売業の在庫も買取できますか?』と聞いてみたところ、 「状況によりますが、できる限り良いお返事ができるように頑張ります!!」と、快活な営業マンが答えてくれました。 総合評価 口コミ評価 2. 詳細を記述します。 実際にファクタリングを利用する際に、確認しておきたいポイントは以下の通り。 ファクタリング東京の特徴と重要チェックポイント 設立 平成10年5月(ファクタリング事業運営開始から5年) 取引業種 建築系(メイン業種) 取扱可能業種• 建築業• 運送業• 広告代理店• 個人事業主• 介護報酬• 医療報酬 その他、買取可能業種多数。 事務手数料 5,400円• 掛け目80〜85%程度 対応地域 全国(FAX・郵送でのやり取り&出張買取可能) 取引形態 2社間・3社間の各取引を選択可能 スピード• 100〜200万円の小口: 最短即日• 0%前後。 内訳は「事務手数料5,400円」と「掛け目80〜85%」 リピーターなどの場合、事務手数料はサービスで掛け目15%の設定が多いとのこと。 つまり、 最安15. 最安で15. 0%ですから、20〜25%の可能性もあるということで、割高感はあります。 一般的に、事前に知らされるファクタリングの手数料は、「事務手数料や雑費」と「掛け目」を分けて考えられる傾向にあるので注意が必要です。 ちなみに当ファクタリング研究所の独自調査で 一番の最安値を打ち出しているのは「 」の 1. 5%〜です。 [参考ページ:] ファクタリング東京のスピード 利用動機 ずっと取引のあった業者から大きな工事の依頼がありました。 外注費の手付金を支払わないと工事が進まなかったので資金繰りが必要になり、銀行などいろんな金策に回りましたが、支払期日まで用立てが間に合いそうになかったため、利用することにしました。 口コミ・感想 「ファクタリング」という聞きなれない資金調達方法だったために、最初は不安もありましたが、詳しく説明をしていただき安心して取引ができました。 とてもスピーディーな対応で、支払期日にも間に合い工事も順調に進んでいてこれからも大きな工事の受注ができそうです。 ***** ファクタリング東京へ突撃インタビュー! の管理人タナカがファクタリング東京さんに突撃インタビューへ。 介護報酬に関しては90%を実現できています。 ファクタリング東京に100万円の売掛金を出した場合 ちょっとシミュレーションしてみましょう。 ファクタリング東京 100万円の売掛債権 シミュレーション 項目 費用 差引金額 売掛債権満額 1,000,000円 1,000,000円 掛目 85% 850,000円 事務手数料 5,000円 845,000円 印紙税 400円 844,600円 出張費 (例)10,000円 834,600円 差引合計額(実質着金額) 834,600円 この金額が最短即日で資金調達可能ということですね。 詳細はファクタリング東京にお問い合わせください。 PR> ファクタリング研究所渾身の100社以上の独自調査結果をまとめた 対応地域や遠方の場合の対応方法は? 査定してみてからにはなりますが、柔軟に対応させていただいております! ファクタリング東京は資産売却を含めた活用が吉 ファクタリング東京は手数料こそ若干割高なファクタリング会社ですが、建築系特化!個人事業主特化!最適プラン提案!と、やはり直接インタビューしてみて初めてわかったことが多いです。 もちろん、2社間取引/3社間取引の選択ができますので、あなたの会社の資産状況、経営状況に合わせたファクタリングをすることができます。 ファクタリング東京活用法 ファクタリング東京を活用に最も適している経営者は、卸売業などの在庫や運送業のトラックなどの 資産の処分を含めた総合資金調達が向いているでしょう。 単発のファクタリングとしては手数料が割高ですから、 調達額が見合わない可能性もあります。 ファクタリングを検討するかしないか?を査定を出さずに悩んでしまう経営者の方も多いです。 ですが、あなたの 「会社の資金繰りの手段のひとつとしてファクタリングを活用できるか?」や 「一体いくらの資金を調達することができるのか?」は、査定を出さずには検討することもできません。 総合評価 口コミ評価 4. 66 手数料 手数料 2. 0%〜9.

次の

東京のファクタリング会社口コミ評判5選!個人の給料現金化にも対応

東京 給料 ファクタリング

給与ファクタリング業者(原告ミナミ実業)が、譲渡人(被告)に対し、7万円の債権を4万円で買取り、4日後に支払う契約で買戻し日の設定がなされ、債務者が支払いを怠ったことにより、業者が譲渡人に対し金銭の支払いを求める訴訟を提起した事案である。 判決 主文 原告の請求を棄却する。 訴訟費用は、原告の負担とする。 前提事実(争いがないか,証拠及び弁論の全趣旨により容易に認定できる事実)• 原告は,債権の買取り業及び各種債権の売買並びにその仲介等を目的とする 株式会社であり,一般個人から給与債権を買い取る いわゆる「給与ファクタリング」を業として行うものである。 原告は , 貸金業法3条1項所定の登録を受けていない。 被告は,株式会社Tの被用者で,同社から給与の支払を受けていた者である。 同社の給与の支給日は前月分につき翌月4日とされていた。 認定事実 (判決文抜粋)• 給与ファクタリングの仕組み は,経済的には貸付による金銭の交付と返還の約束と同様の機能を有するものと認められ,本件取引における債権譲渡代金の交付は,「 手形の割引,売渡担保その他これらに類する方法 」による 金銭の交付 であり, 貸金業法 や 出資法 にいう「 貸付け 」に 該当 する。 そうすると,原告は, 業として「貸付け」に該当 する 給与ファクタリング取引 を行う者であるから, 貸金業法 にいう 貸金業 を営む者に当たる。 年850%を超える割合による利息の契約をしたと認められる(なお,これ以前に行われた取引の利率も,いずれも年700%を超えるものであり,前記1 3 の最初の取引に至っては,年1800%を超える利率となる。 これは, 貸金業法42条1項の定める年109.5%を大幅に超過 するから,本件取引は同項により 無効 であると共に, 出資法5条3項に違反し,刑事罰の対象 となるものである。 したがって,原被告間の本件取引が有効であることを前提として,譲渡債権に係る給与を受領した被告に対して,債権譲渡の額面額を支払う合意の履行を求めたり,譲渡債権の額面額を 不当に利得した として 不当利得の返還を求める 原告の請求は,その前提を欠くものであって,理由がない。 年850%を超える利息の契約 は, 出資法5条3項に違反し,刑事罰の対象となる契約 であるから, 不法原因給付に 該当 し,いずれにしても,被告は交付を受けた 金銭 の 返還義務 を 負わない。 令和2年3月24日 東京地方裁判所 民事26部 裁判長 男沢聡子 給与ファクタリング業者(原告ミナミ実業)が、譲渡人(被告)に対し、6万3000円の債権を4万円で買取り、30日後に支払う契約で買戻し日の設定がなされ、債務者が支払いを怠ったことにより、業者が譲渡人に対し金銭の支払いを求める訴訟を提起した事案である。 判決 主文 原告の請求を棄却する。 訴訟費用は、原告の負担とする。 前提事実(争いがないか,証拠及び弁論の全趣旨により容易に認定できる事実)• 原告は,債権の買取り業及び各種債権の売買並びにその仲介等を目的とする株式会社であり,一般個人から給与債権を買い取るいわゆる「給与ファクタリング」を業として行うものである。 原告は , 貸金業法3条1項所定の登録を受けていない。 被告は,株式会社Pの被用者で,同社から給与の支払を受けていた者である。 同社の給与の支給日は前月分につき翌月15日とされていた。 認定事実 (判決文抜粋)• 給与ファクタリングの仕組み は,経済的には貸付による金銭の交付と返還の約束と同様の機能を有するものと認められ,本件取引における債権譲渡代金の交付は,「 手形の割引,売渡担保その他これらに類する方法 」による 金銭の交付 であり, 貸金業法 や 出資法 にいう「 貸付け 」に 該当 する。 そうすると,原告は, 業として「貸付け」に該当 する 給与ファクタリング取引 を行う者であるから, 貸金業法 にいう 貸金業 を営む者に当たる。 年850%を超える割合による利息の契約をしたと認められる(なお,これ以前に行われた取引の利率も,いずれも年700%を超えるものであり,前記1 3 の最初の取引に至っては,年1800%を超える利率となる。 これは, 貸金業法42条1項の定める年109.5%を大幅に超過 するから,本件取引は同項により 無効 であると共に, 出資法5条3項に違反し,刑事罰の対象 となるものである。 したがって,原被告間の本件取引が有効であることを前提として,譲渡債権に係る給与を受領した被告に対して,債権譲渡の額面額を支払う合意の履行を求めたり,譲渡債権の額面額を 不当に利得した として 不当利得の返還を求める 原告の請求は,その前提を欠くものであって,理由がない。 年850%を超える利息の契約 は, 出資法5条3項に違反し,刑事罰の対象となる契約 であるから, 不法原因給付に 該当 し,いずれにしても,被告は交付を受けた 金銭 の 返還義務 を 負わない。 令和2年3月24日 東京地方裁判所 民事26部 裁判長 男沢聡子 第5条 金銭の貸付けを行う者が、年109.5パーセント(2月29日を含む1年については年109.8パーセントと し、1日当たりについては0.3パーセントとする。 )を超える割合による利息(債務の不履行について予定される賠償 額を含む。 以下同じ。 )の契約をしたときは、 五年以下の懲役若しくは 1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科 する。 当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。 2 前項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、年20パーセントを超え る割合による利息の契約をしたときは、 5年以下の懲役若しくは 1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。 その貸付けに関し、当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。 3 前二項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、 年109.5パーセン ト (2月 29日を含む1年については年109.8パーセントとし、1日当たりについては0.3パーセントとする。 )を 超える割合による 利息の契約 をしたときは、 10年以下の懲役 若しくは 3千万円以下の罰金 に処し、又はこれを 併科 する。 その貸付けに関し、 当該割 合を超える割合による利息を受領 し、又はその 支払を要求した者 も、同様とする。

次の